ペット保険は要る?要らない?選び方のポイントとおすすめのペット保険5選

公開日: : 健康管理

ペットも生き物ですから、病気になったり怪我をすることもあります。

ペットの治療費は全額自己負担になるので、思いがけず高額になることもありますね。

それをカバーするペット保険について考えてみました。

日向ぼっこをする犬

ペット保険とは?

ペットが病気や怪我をして、治療が必要な場合に

自らが負えない金額のリスクに備えるもの

になります。

  • よく起きることだし費用も少額
  • よく起きるし費用も高額【必要】
  • 滅多起きないし費用も少額
  • 滅多に起きないが費用も高額【必要】

「よく起きるし費用も高額」

というのは、高齢のペットが重い病気にかかるリスクなどでしょうか?

ペット保険は、基本的には1年ごとの更新契約になります。

病院の窓口で直接割り引かれる「窓口割引型」と自分で立て替える「立替請求型」の2つがあります。

ペットの治療費は高額

動物病院の診察代や治療費は病院が独自に決めているので、病院によって違いがあります。

伏せる犬

病気や怪我で入院手術した場合の費用で、私が知っている例では

  • ゴールデンレトリバーの前十字靭帯断裂の入院手術で40万ちょっと。
  • ダックスフントの胆石の入院手術で46万。

でした。

病院によって違いはあっても、入院手術となると高額な費用がかかるんですね。

ペットが大きいほど、治療費も高額になります。

また、高齢になるほど傷病のリスクが高くなるので、動物病院のお世話になる確率が高くなります。

ペット保険加入のメリット

ペット保険のメリットは、治療費が高額になる場合に

  • 費用負担を軽減して
  • 精神的に安心して

治療を受けさせてあげることができることです。

ペット保険のデメリット

毎月の保険料がかかる。

これが一番です。

ペットが健康で過ごせれば「掛け捨て」になります。

  • ペットが高齢になれば掛け金も上がる
  • 継続できない場合もある

ということもあります。

補償割合補償限度額・限度日数(回数)などの制約があり、せっかく保険に加入しているのに使えないという場面もあります。

保険は万能ではないのです。

保険選びのポイントは?

ここからは、ちょっと言葉が難しくなりますが、頑張ってくださいね♪

ペット保険に加入しても、全ての医療行為が補償の対象になるわけではありません。

加入する際に知っておきたい「ワード」として補償割合補償限度額・限度日数(回数)があります。

ペット保険は、保険会社や契約プランによって

  • 補償範囲(通院・入院・手術など)
  • 補償対象(病気やけがの種類・薬の種類など)
  • 自己負担の金額
  • 補償が開始するまでの待機期間の有無
  • 補償回数の制限の有無

など、それぞれに違ってきます。

補償割合や補償限度額・限度日数(回数)も保険会社やプランによって異なります。

補償割合は、治療費の50%~90%を補償するものが多いですが、100%補償してくれる保険商品もあります。

「免責金額」や「限度額」などの設定がある場合は、治療費が所定の金額以下だと補償対象外になったり、所定の金額以上からは補償されないこともあります。

通院日数や入院日数(または回数)の制限がある場合は、上限を超えると請求できなくなったり、翌年度の保険料が割り増しになることもあります。

こんなはずじゃなかった~!

と思わないように、慎重に保険の内容を確認しましょう。

確認することは?

1.加入条件を調べる

保険によっては、現在健康でも過去に病歴があると加入できないこともあります。

一般的にペットの年齢が若い方が保険料は安く、年を重ねるごとに高くなります。

そして高齢になるほど、加入できるペット保険は限られていきます。

2.うちのこのなりやすい傷病を確認する

例えば犬だったら、レトリバー種は「股関節形成不全」、「白内障」、「胃拡張・胃捻転」、「皮膚炎・皮膚病」など、犬種によってなりやすい傷病の傾向があります。

「うちのこ」のリスクが高い傷病をカバーできているか、確認しましょう。

3.必要なポイントを定める

入院・手術を伴う癌や心臓病などは医療費が高額になるので、入院治療や手術の補償が手厚いペット保険が好ましいと考える人もいるでしょう。

皮膚のトラブルのように、1回の治療費は少額でも何度も病院に行かなければならないので、日数(回数)制限が無い方がいいと思う人もいるでしょう。

優先したいポイントを定めて保険商品を選びましょう。

一括見積で内容を比較検討する

インターネットからの加入ができるペット保険では、ウェブサイトなどで見積りが可能です。

補償内容は十分か、特約や付帯サービスの内容はどうなのか、保険料はどのくらいか、複数の保険商品を比較検討すると「うちのこ」に最適な保険がみつかるかもしれませんね。

インターネットでの申し込みや、マイクロチップを装着していると適用される割引などもあったりします。

おすすめのペット保険5選

上の一括見積の中から人気の高い保険をピックアップしてみました。

1.ペットサポートのPS保険

  • 補償額は【最大110万円】リーズナブルな保険料で通院・入院・手術・車イス費用を手厚く補償!
  • 2020年 オリコン顧客満足度®ランキング ペット保険 第1位
  • 膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニア・ガン もちろん歯科治療による治療費用も対象!
  • ペットセレモニー費用も補償の対象!(任意セット)
  • 免責金額はありません。【一生涯】継続できるので安心!

2.ペット&ファミリー「元気ナンバーワンスリム」

  • 病気・ケガの治療費の70%を終身継続で補償!(プラン70に加入した場合)
  • 補償限度額内であれば、保険金の支払回数制限なし、1日あたりの支払限度額もなし! ※2
  • 10歳以上の保険料は変動なし、終身継続で安心! ※2
  • 相談無料の「ワンニャン相談室」や各種施設優待の「T&Dクラブオフ」などご契約者様サービスが充実!

※2 詳細はサイトにてご確認ください

3.アイペット「うちの子」&「うちの子ライト」

  • 【全国すべての動物病院で利用可能】どちらの動物病院で受診されても補償が受けられます。
  • 【12歳11か月まで新規加入可能】年齢が不明な場合は獣医師による推定年齢で加入可能!
  • 【簡単申込】健康情報の告知のみでOK!診断書提出は必要ありません!

4.FPC「フリーペット保険」

  • お手頃な保険料で通院・入院・手術をカバーする充実の補償!
  • 70%補償と50%補償、選べる2つのプラン!
  • 保険料が上がり続けない年齢区分ごとの料金設計!12歳以上の保険料は変動なし!
  • 小型犬・猫の場合、年齢による保険料の上昇は2回のみ!
  • 免責金額なし!少額の治療費でもご請求いただけます。
  • 全国すべての動物病院に対応!

5.楽天ペット保険

  • 獣医師相談サービスや病院検索サービスに加えて、元気なときでも「楽天」だから使える充実の契約者限定サービスがついています。
  • 免責金額なし!それぞれのニーズに合わせた3つのプランをご用意。

まとめのようなもの

最初に戻りますが、保険というのは自らが負えないリスクに備えるものです。

ペットに掛かるかもしれない医療費に不安が無い人は、ペット保険に加入する必要はありません。

「保険料」という無駄な出費はせず、必要な治療に費用をピンポイントで当てればいいのです。

ペット保険は

  • 高額な治療費の負担を軽減したい人
  • 最善の治療を受けさせてあげたい人

におすすめできる商品です。

保険はお守りと考えれば「掛け捨て」になったとしても、それはそれで喜ばしいことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ラブラドールの寿命は約12年!犬との死別が怖いと感じる私が今できること
NEXT
犬は可愛いけどお散歩は面倒?犬との散歩を楽しむ工夫

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

本格的な夏が来る前に!犬の熱中症の予防と対策を学んでおこう

梅雨真っ盛りのウェルシー地方です。 だんだん暑くなってきて、熱中症が心配ですね。 犬の熱中症の

記事を読む

おもちゃを齧る犬

犬が誤飲したときの怖い症状!基本はすぐに病院へ!

ウェルシーだよ♪ ママとおもちゃで遊んで、少しカミカミしていたよ。 ママが ウェルシー♪

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがありました。 犬は保護団体に保

記事を読む

伏せる犬

犬の足裏バリカンのコツと部分用バリカンの選び方

犬の肉球は、地面から受ける衝撃を和らげたり、汗をかいたり、滑り止めの役割を果たしています。 足裏の毛

記事を読む

抱っこされる子犬

意外と簡単!自分でできる犬の耳のケア

ウェルシー地方は夏の暑さがハンパないです。 おまけに湿度が高いので、サウナ状態になります。 人に

記事を読む

座る犬

寒さ対策になるかな?犬にネックウォーマーを着用させてみました

ウェルシーだよ♪ 12月の上旬はまだまだ暖かかったけど、かなり寒くなってきたよ。 年末寒波がやっ

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

犬の伸び「前足編」

犬が伸びをしている姿って可愛いです。 伸びをするのは珍しいことではありませんが、犬はどんなときに伸

記事を読む

抱っこされる子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

4月16日 2回目のワクチン接種のため、動物病院に行きました。 この日は暖かくお天気も良

記事を読む

梅雨時の犬の下痢や嘔吐と皮膚トラブルを予防しよう

シオン地方も梅雨入りしたらしいです。 梅雨入りして1週間くらい経ちますが、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

温泉に入る犬
犬用温泉「スパ・ドッグズラン秩父」日帰り温泉「梵の湯」とオートキャンプも楽しめるよ

ウェルシーだよ♪ 埼玉県秩父市に、わんこがドッグランと温泉を楽しめる

来宮神社鳥居
樹齢2000年の大楠に願いを!犬連れ熱海來宮神社

ウェルシーだよ♪ 静岡県熱海市にある來宮(きのみや)神社にお参りに行

十割そばさくだ
修善寺温泉街道の十割そば「さくだ」ワンコイン&お犬様歓迎だよ

ウェルシーだよ♪ 修善寺温泉街道をたくさん歩いたあたしたち。 こちら

独鈷の湯
犬と歩く修善寺温泉街道|伊豆の小京都を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 修善寺温泉は今から約2000年前に弘法大師が発見し

アイコンタクトする犬
犬のリードは何がおすすめ?日常使いのリードの選び方

わんことのお散歩に欠かせないリードですが、あなたはどんなリードを使っ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑