ペット保険は要る?要らない?選ぶときのポイントは?

公開日: : 健康管理

ペットも生き物ですから、病気になったり怪我をすることもあります。

ペットの治療費は全額自己負担になるので、思いがけず高額になることもありますね。

それをカバーするペット保険について考えてみました。

日向ぼっこをする犬

ペット保険とは?

ペットが病気や怪我をして、治療が必要な場合に

自らが負えない金額のリスクに備えるもの

になります。

  • よく起きることだし費用も少額
  • よく起きるし費用も高額【必要】
  • 滅多起きないし費用も少額
  • 滅多に起きないが費用も高額【必要】

「よく起きるし費用も高額」

というのは、高齢のペットが重い病気にかかるリスクなどでしょうか?

ペット保険は、基本的には1年ごとの更新契約になります。

病院の窓口で直接割り引かれる「窓口割引型」と自分で立て替える「立替請求型」の2つがあります。

ペットの治療費は高額

動物病院の診察代や治療費は病院が独自に決めているので、病院によって違いがあります。

伏せる犬

病気や怪我で入院手術した場合の費用で、私が知っている例では

  • ゴールデンレトリバーの前十字靭帯断裂の入院手術で40万ちょっと。
  • ダックスフントの胆石の入院手術で46万。

でした。

病院によって違いはあっても、入院手術となると高額な費用がかかるんですね。

ペットが大きいほど、治療費も高額になります。

また、高齢になるほど傷病のリスクが高くなるので、動物病院のお世話になる確率が高くなります。

ペット保険加入のメリット

ペット保険のメリットは、治療費が高額になる場合に

  • 費用負担を軽減して
  • 精神的に安心して

治療を受けさせてあげることができることです。

保険選びのポイントは?

ここからは、ちょっと言葉が難しくなりますが、頑張ってくださいね♪

ペット保険に加入しても、全ての医療行為が補償の対象になるわけではありません。

加入する際に知っておきたい「ワード」として補償割合補償限度額・限度日数(回数)があります。

ペット保険は、保険会社や契約プランによって

  • 補償範囲(通院・入院・手術など)
  • 補償対象(病気やけがの種類・薬の種類など)
  • 自己負担の金額
  • 補償が開始するまでの待機期間の有無
  • 補償回数の制限の有無

など、それぞれに違ってきます。

補償割合や補償限度額・限度日数(回数)も保険会社やプランによって異なります。

補償割合は、治療費の50%~90%を補償するものが多いですが、100%補償してくれる保険商品もあります。

「免責金額」や「限度額」などの設定がある場合は、治療費が所定の金額以下だと補償対象外になったり、所定の金額以上からは補償されないこともあります。

通院日数や入院日数(または回数)の制限がある場合は、上限を超えると請求できなくなったり、翌年度の保険料が割り増しになることもあります。

こんなはずじゃなかった~!

と思わないように、慎重に保険の内容を確認しましょう。

確認することは?

1.加入条件を調べる

保険によっては、現在健康でも過去に病歴があると加入できないこともあります。

一般的にペットの年齢が若い方が保険料は安く、年を重ねるごとに高くなります。

そして高齢になるほど、加入できるペット保険は限られていきます。

2.うちのこのなりやすい傷病を確認する

例えば犬だったら、レトリバー種は「股関節形成不全」、「白内障」、「胃拡張・胃捻転」、「皮膚炎・皮膚病」など、犬種によってなりやすい傷病の傾向があります。

「うちのこ」のリスクが高い傷病をカバーできているか、確認しましょう。

3.必要なポイントを定める

入院・手術を伴う癌や心臓病などは医療費が高額になるので、入院治療や手術の補償が手厚いペット保険が好ましいと考える人もいるでしょう。

皮膚のトラブルのように、1回の治療費は少額でも何度も病院に行かなければならないので、日数(回数)制限が無い方がいいと思う人もいるでしょう。

優先したいポイントを定めて保険商品を選びましょう。

一括見積で内容を比較検討する

インターネットからの加入ができるペット保険では、ウェブサイトなどで見積りが可能です。

補償内容は十分か、特約や付帯サービスの内容はどうなのか、保険料はどのくらいか、複数の保険商品を比較検討すると「うちのこ」に最適な保険がみつかるかもしれませんね。

インターネットでの申し込みや、マイクロチップを装着していると適用される割引などもあったりします。

ペット保険のデメリット

毎月の保険料がかかる。

これが一番です。

ペットが健康で過ごせれば「掛け捨て」になります。

  • ペットが高齢になれば掛け金も上がる
  • 継続できない場合もある

ということもあります。

補償割合補償限度額・限度日数(回数)などの制約があり、せっかく保険に加入しているのに使えないという場面もあります。

保険は万能ではないのです。

まとめのようなもの

最初に戻りますが、保険というのは自らが負えないリスクに備えるものです。

ペットに掛かるかもしれない医療費に不安が無い人は、ペット保険に加入する必要はありません。

「保険料」という無駄な出費はせず、必要な治療に費用をピンポイントで当てればいいのです。

ペット保険は

  • 高額な治療費の負担を軽減したい人
  • 最善の治療を受けさせてあげたい人

におすすめできる商品です。

保険はお守りと考えれば「掛け捨て」になったとしても、それはそれで喜ばしいことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ラブラドールの寿命は約12年!犬との死別が怖いと感じる私が今できること
NEXT
犬は可愛いけどお散歩は面倒?犬との散歩を楽しむ工夫

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

フードを食べる母犬

犬のフリーズドライフードはメリットだらけ?危険性も理解して与えよう

フリーズドライの技術を使ったドッグフードやおやつが人気があるそうですね。 日本盲導犬協会のボランテ

記事を読む

マットに伏せる犬

犬が手足を舐めるのはストレス?寝る前だけや舐め続けなければ心配無し

犬のしぐさを見ていると手や足を舐めていることがありませんか? ウェルシーは前足をペロペロ舐めている

記事を読む

犬が病院を嫌がる怖がる理由と病院の選び方

狂犬病ワクチン接種のため、ウェルシーを動物病院に連れて行きました。 ウェルシーは獣医さんが大好きな

記事を読む

犬の健康チェックと健康診断を心掛けよう

昨夜、夫がしみじみと ウェルシー 長生きしてくれよぉ~。 と言っていました。 犬が健康で長生き

記事を読む

犬の抜け毛が多い「換毛期」の時期はいつからいつまで?

ウェルシーだよ♪ あたしをブラッシングしていたママが言った。 ねえ、ウェルシー 最

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェルシーも狂犬病の予防接種を受ける

記事を読む

犬を健康的に太らせる!ウェルシー体重UP計画

ウェルシーだよ♪ 最近、メディカルチェックのため、神奈川訓練センターに行く機会があったよ。

記事を読む

犬の下痢予防のために気をつけている3つのこと

11月も半ばになって、だいぶ冷えるようになりましたね。 寒暖差が大きく人も辛いですが、みなさん

記事を読む

ラブラドールの標準体重はどのくらい?体重を増やしたい

ウェルシーだよ♪ ありがとう平成 こんにちは令和 だね。 令和元年はあたしにとって幸先が良さ

記事を読む

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

子犬の肉球
犬の肉球のひび割れの救世主【肉球ぷにぷにジェル】FREAi

犬の肉球って、ぷにぷにしていて気持ちいいですよね。 しかし、いつの間

桜と犬
犬の体にできものを発見!良性?悪性?様子見していい?

先日、ウェルシーの口の下の辺りにできものを発見しました。 犬の皮膚に

芝生に伏せる犬
おうち時間が増えてペットを飼いたいと思っているあなたへ

新型コロナウィルス感染症の影響により、おうち時間が増え「寂しい」とか

尻尾を上げて楽しそうに歩く犬
犬にとって適度な運動ってどのくらい?筋肉を鍛えて老化を遅らせたい

犬も人も健康な生活のためには「適度な運動をしましょう」と言われますが

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑