シオン

2016年2月1日生

ラブラドールレトリバー(♂)

父犬 ラルゴ

母犬 サンゴ

S‐14胎

1頭目パピーのイズモとは父犬が同じ。

母親違いの姉弟になります。

2016年3月26日~2017年3月12日まで パピーウォーキング

CIMG0351

CIMG1391

CIMG2316

CIMG5372

名前の由来

紫苑(キク科)

直径2~3cmくらいの薄紫色の小さな花が夏の終りから秋にかけて咲きます。

小さな花をたくさん咲かせる紫苑のように、たくさんの愛の花を咲かせ、人に愛されますように。

花言葉は「君を忘れない」

siond

siona

今回のパピーウォーキングには

BSジャパン「まさはる君が行く!ポチたまペット大集合!」

の取材が期間を通して入っています。

取材対象のパピーは、長女のサンディ。

サンディを中心に兄弟姉妹の成長ぶりをお楽しみください。

CIMG2443

進路 CC犬

IMG_5303

家に迎えたばかりの頃のシオンは自己主張が強く、しかも「噛む」という手段で自分を主張してきました。

あまりのカミカミの激しさに途方に暮れ、この仔は自分たちの手におえないのではないかと思いました。

果たして今後人と一緒に楽しく暮らせるようになるのだろうか?

と不安に思ったりもしました。

しかし、丁寧にシオンと向き合ううちに、穏やかで聞きわけのいい仔に成長してくれました。

改めて犬の持つ素晴らしさと、愛情は必ず伝わるということを、私達に教えてくれた仔でした。

ストーリーはこちら→目次 第三話 シオン

スポンサードリンク

スポンサードリンク


パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑