散歩中に他犬を伏せ状態で待つ犬の気持ち

いつ頃からでしょうか?

夫がウェルシーと散歩中に、他犬が前から来ると伏せて動かなくなる。

と言っていました。

私との散歩のときには見られない行動なので

ふ~ん・・・。

と生返事をしていましたが、ついに目撃しました。

他犬を見つけるとつい伏せちゃう

パパさんと3人でお散歩に行きました。

すると、前方から知り合いのゴールデンちゃん(10歳)がやってきました。

10mくらいあると思いますが、耳が上がりゴルちゃんに注目中のウェルシーです。

あ!

伏せた!!

そして、ゴルちゃんが射程距離に入ると

おはよ~!!

おはよ~!!

ゴルちゃんは、ウェルシーのくんくんがしつこいので、途中で何回か迷惑そうに顔を背け、くんくんから逃げていましたが、始終穏やかで優しかったです。

やっぱり10歳の貫禄かな?

伏せ状態で他犬を待つ犬の気持ち

一般に伏せは、相手の目線より自分が下の位置になるので

あなたに危害を加えるつもりはありませんよ。

みたいな服従を表す意味だと言われます。

しかし、このケースでのウェルシーの伏せはそうではありません。

もう一度写真を見てみましょう。

お腹がちょっと上がってすぐ動ける状態です。

実は、待ちながら尻尾もフリフリなんです。

遊びたいな~。

遊んでくれるかな~。

落ち着け自分!

と相手の出方を見ながら、ワクワクとドキドキが入り混じったような気持ちに見えます。

パパさんによると、相手が知らん顔で通り過ぎると、それを伏せたまま目で追って

な~んだ、遊んでくれないのか。

という感じで何事も無かったようにまた歩き出すということでした。

ウェルシーは怖がりなところがあるので、他の犬に興味はありつつもちょっと怖かったりするのではないかと思います。

遊びたいけど、ちょっと怖い。

その気持ちの葛藤を落ち着かせたり、相手の出方を見るために伏せているのではないかと思うんですよね。

対策は?

何事も無ければそのままやり過ごせばいいと思いますが、相手が射程距離に入ったとたんに飛びついちゃう仔もいますよね。

いきなり立ち上がって吠える仔も見たことがあります。

そういう仔の場合は

回避

これに尽きます。

愛犬が他犬を見つけてから伏せるまでの距離

これがあると思うので、その距離に入る前に道を変える。

あ!犬だ!!

反射的に伏せる

これが習慣化してしまうと、他犬を見つける度にワクワクドキドキすることになります。

これって、犬自身も疲れますよね。

犬を見て伏せたくなる前に、自分の視界から他犬が消えてくれる。

その方が気持ちがフラットでいられるので、時間はかかると思いますが、心に余裕ができて徐々に回避までの距離が短くなったり、幅の広い道なら普通にすれ違えるようになる。

というように進歩していきます。

ウェルシーも「待ち伏せ」が定着しないようにしたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬は可哀想な犬なのか?キャリアチェンジ犬ツムギのひとり言
NEXT
苦手な階段の昇降を克服

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ツムギ母 より:

    ツムギも全く同じ動作をします!(ご存知だとは思いますが…苦笑)
    ツムギの場合は『ちょっと遊びたい。でも超怖い』かなぁ〜(^^)
    イベントでお会いする協会っ子はぜ〜んぜん平気なんですけどね。一般道ですれ違うワンコのほとんどには石になります。ごく稀に気の合うワンコもいますけどね。
    回避しなくても大丈夫!になりますように☆

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      ツムギさんの場合はお散歩デビュー当時からですよん。
      最初は意味が分からず
      伏せて待つなんて、なんていいこなんだ~。
      と思いました。
      しかし、ツムギの場合は完全に待ち伏せで相手が近付いてくると
      わ~~い!ツムギだよ~~~!!
      と飛びかかっていました。
      興奮で吠えることもありましたしね。
      お子ちゃまだったのでしょうね。
      石になるつむたんを見てみたいです。

      くーちゃんとも仲良くなってきたみたいですし、少しずつ経験させて散歩に支障がない程度になるといいですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    サナはTP2後の面会時に、訓練士しんの目の前で、当たり前のように後輩訓練犬が挨拶に来るのを伏せて待ってました(笑)。
    きっと直せる代物じゃないんだろーな…、と開き直ってたような記憶が…(笑)。

    あと、最近ウェルシーちゃん、ふわりと人の体に脚を添えてペロペロする技を覚えてしまったんですね…
    でも、誰にでもやる訳ではないですよね…
    サナもカミさんと私にしかしませんでしたから、ここは何とかなるかもですね~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      サナちゃん、今でも伏せちゃうんですかね?
      犬が来たら伏せる盲導犬(笑)
      さすがにそれはないかな?

      ウェルシーの飛びつき方は以前より穏やかになりましたね。
      でも、遊んでくれそうだと思うと誰にでも飛びついちゃうので、もう少し心の成長を待つ必要がありますね。
      何とかなってくれるといいのですけど・・・。

関連記事

生後10か月のウェルシーへ

2月14日でウェルシーは生後10か月になりました。 体重は 22.2㎏

記事を読む

ゆっくり川辺を歩く子犬

川遊び初体験|慎重な子犬が泳ぐまでの心の動きを観察してみた

3回目のワクチンが終わり1週間程度経つと、お散歩が全面解禁になります。 ウェルシーは、約生後3か月

記事を読む

犬にごはんをあげる前に「待て」は必要か?「待て」の役割とは?

犬の基本的なしつけで「待て」がありますね。 私は個人的には、ごはんに限らず「待て」は必要だと思って

記事を読む

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は 19.8㎏

記事を読む

座ってごはんを食べる子犬

ウェルシーは委託3日目くらいで名前に反応するようになりました。 しかし「ごはん」という言葉をまだ覚

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。 朝のお見送り。 パパ

記事を読む

後ろ足で体を掻く子犬

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあげたくなってしまいます。 身

記事を読む

かまってアピールをする犬は思い切りかまってあげよう

かまってほしいとアピールしてくる犬を、忙しいときにはしつこい、うざい、と思ってしまうかもしれませんが

記事を読む

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれぞれなのですが、シオンとウェル

記事を読む

お父さんは子ども(犬だけど)に甘い

わが家で約10か月間、家族の一員として生活を共にする盲導犬候補パピーたち。 わが家では今までに4頭

記事を読む

子犬たち
出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をし

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑