盲導犬のトイレってどうするの?ワンツーベルトに挑戦開始

盲導犬は、目の見えない、見えにくい人と一緒にお出かけをするので、家庭犬と同じように外で自由に排泄をしてしまうと、ユーザーさんは片付けるのが難しいですよね。

そこで

  • 排泄は指示語でできるようにする。
  • 外で排泄をさせる場合は、犬の腰にビニール袋をつけたベルト(ワンツーベルト)をつけて指示で排泄させる。

ということになっています。

これは、パピーのうちから少しずつ練習していきます。

W-15胎は、初めてのレクチャーのときにワンツーベルトを貸し出されました。

どんな感じかつけてみた、まだブカブカの初レクチャーのときの写真です。

早くから貸し出していただいたので、4か月か5か月の頃に一度トライしてみたのですが、ウェルシーはベルトを噛んでしまって大暴れ。

排泄どころではなくなってしまったので「封印」していました。

実は私はウェルシーが4頭目のパピーでありながら、今までワンツーベルトを使って排泄をさせたことがありません。

たまたまなのでしょうが

訓練に入ってからでいいですよ。

ということで、ベルトの貸し出しが無かった仔もいますし、入所近くになった頃

ベルトを付ける練習だけしてください。

ということで、貸し出された仔もいます。

しかし今回は、訓練士さんから

できる範囲でいいのでやってみてください。

とリクエスト。

そろそろ指示での排泄はできるようになっているので、まずはベルトだけつけることにチャレンジしてみました。

ベルトを付けるのに大暴れ

まずは、必ず排泄するであろう朝一を狙いました。

ウェルシー、ワンツーしようね。

と言ってベルトを腰に回したら、大暴れされてしまいました。

ママ!

ワンツーって言ったじゃん!!

何これ?

こんなの付けるなんて聞いてないよ!!

とベルトをつけるため、腰に回す私の手を噛んで抵抗します。

それでも暴れるウェルシーを押さえつけて、なんとかベルトをつけて、サークルを開けました。

ウェルシーも排泄はしたかったとみえて(一晩していませんものね)そのままワンをして1回出て、シートを取り換えるともう一度サークルに入り、ツーもしてくれました。

Good~♪

おもいきり褒めてベルトをはずしましたが、かなりぶーたれてくれました。

しかし、排泄の後朝ごはんになったので、ご機嫌は直りました。

ちょうどいいご褒美になったね~♪

2回目のトライ

2回目の排泄は11時頃でした。

ウェルシー、ワンツーしよう~♪

と誘い、ベルトをつけました。

やはり暴れましたが、朝ほどではなくまあまあ許容してくれました。

しかし、この顔です。

やだなあ・・・。

超しょぼ顔。

ウェルシー、ワンツーだよ~♪

明るく言って、サークルを開けてワンツーコール。

ウェルシーさん

頑張ってくれました。

この日はここまでですね。

あまり頑張らせると、排泄そのものに嫌なイメージがついて、せっかくワンツーコールで上手に排泄ができるようになっているのが崩れても、こっちも大変ですものね。

ウェルシーはお手入れも苦手な方なので、できる範囲でゆっくり練習していきますね。

袋をつけると、今度はビニールのカサカサする音を嫌がりそうですね・・・。

うまく受け入れてもらえる方法や、こうするといいよというアドバイスがあったら教えてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ桜山公園散策 冬に咲く桜と紅葉を楽しむ
NEXT
W-15胎 5回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    もうワンツーベルトをチャレンジなんですね…

    早いですね…

    まだ月齢的にめっちゃ早いような気がするのですが…

    慣れるまで頑張れウェルシーちゃん!ですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      最近パピーウォーカーに求められるレベルが高いですよね。
      でも、早くから導入するように指導されて、できるようになったパピーウォーカーさんの話を聞くと
      ワンツーベルトで排泄できるとお出かけが楽♪
      とみなさん言うので、パピーウォーカーから
      早く導入したい。
      という希望もあるらしいです。
      ウェルシーも体感受性が強い方ですし、無理せずゆっくりとやっていきますね。

  2. ツムギ母 より:

    最初は抵抗しても、しっかり排泄も出来て、昼前の排泄時は朝ほど暴れず受け入れてくれたなんて、ウェルシーちゃん、スゴイじゃん!
    朝の顔は
    『何すんねん!怒!』ですね(^^)

    練習を始めるのは、その年の方針で変わるんでしょうか?それとも『この子なら大丈夫!』って判断?
    不思議だな〜。

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      最近はパピーの出産も増えているので、当然訓練犬も増えています。
      なので、以前よりはパピーウォーカーの方で出来ることは経験させてほしいという感じはあるように思います。
      そして、新しいことを受け入れられる早さや月齢は、その仔によっても違うので
      練習してみてください。
      ということもあれば
      無理しなくていいです。
      ということもあるのかな?
      と思っています。

      訓練センターでは、委託されるパピーがなるべく早く家庭での生活に慣れていけるように、委託前から様々な経験をさせてくれています。
      なので、私もなるべく訓練がしやすいように育ててあげられたらいいなと思っています。
      もちろん無理は禁物ですけどね。

関連記事

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカサになるので、今までの仔は1日

記事を読む

フードの切り替え 3回食から2回食へ

ウェルシーは、7か月齢から少しずつ子犬用のフードから成犬用のフードに切り替えていました。 そし

記事を読む

下痢しちゃいました

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

警戒心が強い犬の警戒を解く方法

わが家にお客さんが来ることになったので、滅多に使わない座布団を出しました。 ウェルシーは初めて

記事を読む

吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。 と言っても、たくさん吠えるわけではなく わん!

記事を読む

これも反抗期? ワンツーの自己主張

盲導犬のトイレは、犬が勝手に排泄をしてしまうとユーザーさんが排泄物を片付けるのは難しいので、指示で排

記事を読む

赤ちゃんからこどもへ脱皮中

協会からは あおむけ抱っこをたくさんしてください。 とお願いされています。 これは

記事を読む

犬はどうして後追いをするのだろう?後追いって治るの?

自分のマットですやすや寝ているのに、人が動くと目を覚ましてトコトコついて来るウェルシー。 いち

記事を読む

秋のお彼岸前の巾着田

曼珠沙華(彼岸花)で有名な埼玉県の巾着田に行ってきました。 川の流れが蛇行し、上から見ると巾着

記事を読む

ごはんだよ~ 見上げるおめめが可愛い

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれ

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑