W-15胎 5回目のパピーレクチャー

11月19日はパピーレクチャーでした。

今回のレクチャーは「地域レクチャー」で、大きな駅の周辺で繁華な場所や駅の構内、エスカレーター、階段などを体験するというものでした。

静岡組、甲府組、東京八王子組と3チームに分かれ、それぞれの場所でのレクチャーでした。

ちなみに甲府組は1日前の18日に行われました。

とちの木デッキに集合

ウェルシーとウッディの2頭は、東京八王子組です。

途中でウッディとママさんを拾い、一緒に八王子駅に向かいました。

とちのきデッキに到着し、訓練士さんを待ちます。

ウッディ

このとき、ウッディママさんはトイレに行っていて、私がリードをお預かりしましたが、ママさんの行方を気にしつつも「ぴ~」とも言わずおりこうさんに伏せて待っていました。

そして、ウッディと遊びたいオーラ全開のウェルシー。

駅周辺を歩いてみよう

最初に駅の周辺を歩きました。

訓練士さんがリードを持ちますが、なぜか飛びつくウェルシー。

歓迎なのか?興奮なのか?

前を歩くピンク色の服の人と犬が、ウッディとママさんです。

エスカレーターを体験

ウェルシーにとって初の体験になります。

ウェルシーのエスカレーターへの反応の私達の事前予想は

人と一緒に歩いている流れでさらっと乗れる。

そして乗ってから

しまった!怖かった!!

と慌てる。

でした。

そして、見事に予想通りで、パパと一緒にさらっと乗ったものの、乗ってしまってから怖くなり、慌てて駆け上がろうとしました。

パパにリードを短く持たれて

大丈夫だよ~♪

waitだよ~♪

などと言われています。

そして、これも予想通り2回目は乗り口で乗るのを拒否しました。

抱えるようにして、ささっと乗せ

大丈夫だよ~♪

waitだよ~♪

ウェルシーは

怖いよ~怖いよ~。

とそわそわしていましたが、何回か練習するうちに自分で乗れるようになりました。

でも、多分また日を改めて乗せると怖がると思います。

駅の構内とエレベーター

エスカレーターのあとは駅の構内に向かいます。

人が多く、半屋内なのでいろいろな音が響きます。

ウェルシーはとっても緊張していました。

へぇ~。

こんなに緊張するんだ~!

とびっくりしました。

エレベーターはウッディもウェルシーも、問題なく乗れました。

人4人と犬2頭でいっぱいいっぱいで、中での様子は撮れていません。

階段

ウェルシーは階段が苦手です。

のぼりは、ダ~ッ!と走ってのぼろうとします。

これは

わ~い!楽しいな~!!

ではなく、怖いんだと思うんですよね。

ダ~ッ!と駆け上がろうとすると人も引っ張られてしまうので、リードを短く持って行かせないようにすると、ウェルシーとしては駆け上がって早くそこから逃れたいのに、動きを止められることで頭がパニックになります。

先に上がってしまうからと、ターンして人が先に降りたりすると、上に行こうとしているのに下に引かれて余計に怖がります。

その辺の情報を訓練士さんにお伝えして、階段の練習をしていただきました。

途中までのぼって、はじっこで何か拾おうとしているのは

いいものみ~っけ♪

ではなく

嫌だ~!!

という気持ちを何か拾うことで紛らわそうとか、八つ当たりとか、そんな気分なのだと思います。

こんな時、つい

拾わないで~!!

と思ってリードを引いてしまったり、NOと言ったりしてしまいがちですが、犬は怖いとか嫌だという気持ちで頭が一杯になっているので、叱ったりしてはいけないのですね。

訓練士さんは、おもちゃを与えて

大丈夫だよ、楽しいよ♪

とウェルシーに伝えていました。

落ち着いたらまた昇り始め、ウェルシーがダ~ッ!とのぼろうとすると止めて褒めていきます。

上までのぼって降りて来ます。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、ウェルシーは身体にも尻尾にも力が入り、めちゃくちゃ緊張していました。

下りです。

もう、何も言いません。

写真が訓練士さんのご苦労を全て物語っていますよね(苦笑)

降りてきた訓練士さんは私に

ウェルシーは、99%嫌だ~!!と言っています。

と言いました。

やっぱり・・・。

訓練士さんから、最初は5段くらいでも人と一緒に昇降できればGood。

それを少しずつ増やしていければいいので、慌てずゆっくり慣れさせてあげてください。

とご指導をいただきました。

まとめのようなもの

パピー担当の(この日とは別の)訓練士さんから

ウェルシーはこの兄弟の中では1番繊細な仔です。

と言われたことがあります。

そのときは

えぇ~!!これで~?

と思いましたが、この日のレクチャーで納得してしまいました。

ウェルシーにとっては「怖い」と「嫌だ」と感じることが次々に起こる1日で、小さな頭がぷしゅぷしゅ言ってパンクしそうでしたもの。

この日の発見はもう一つあり、それは

ウェルシーは名前の反応が良く、コマンドがよく入ること。

ウェルシーは、怖いと思っているときでも人の言葉は聞こえているので、少しずつ心の幅を広げてあげられたらいいなと思いました。

まあ

のんびりいくかなあ~☆

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬のトイレってどうするの?ワンツーベルトに挑戦開始
NEXT
シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    レクチャーお疲れ様でした。
    ウェルシーちゃんの階段の様子見てると我が家にもいた子が。。。
    何となく嫌だ〜の根っこは恐怖からきてる感じを受けました。
    訓練士さんの対応が勉強になりますね。
    おもちゃ見せながら楽しいよ〜っていう。

    ウェルシーちゃんのコマンドが入るのすごいですよね〜。
    大変な1日だったと思いますが、ウェルシーちゃんよく頑張りましたね〜。
    ゆっくり休んでまたパパさんママさんと楽しい時間を過ごしてね〜♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      怖いと思うと階段の手前で
      行きたくないっ!
      と固まると思うじゃないですか。
      そういう仔もいましたが、ウェルシーは
      怖いよ~。嫌だよ~。
      と思いながら、ダッシュしちゃうんですよね。

      訓練士さんのご指導はいつも勉強になります。
      いろいろな経験をさせてあげたいと思いますが、楽しみながらゆっくり慣れていってもらうようにしていきますね。

  2. サナ父ちゃん より:

    お疲れさまでした。
    初めての事は出来なくても仕方ない。
    上手く褒めて持ち上げての繰り返しのうちにきっと何とかなると思います。

    名前呼んでリアクション良かったから、
    「good~!♪」
    めちゃめちゃ褒めてあげて、嬉しそうにしてくれだしたらいろんな事が一気に出来るようになりそうですよね♪

    きっと、ウェルシーちゃんだったら解ってくれると思います。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      習得の早い遅いはありますが、人が教えられるものはできるようになるはずなので、褒めて持ち上げてゆっくり練習していきますね。
      そして、難しいものは得意の「訓練士さんに丸投げ」でいきたいと思います。

関連記事

9回目のパピーレクチャー

12月11日 生後10か月齢になったS‐14胎の9回目のパピーレクチャーでした。 今回の

記事を読む

委託5日目の抱っこでお散歩

日本盲導犬協会では、1回目のワクチンを接種してからパピーウォーカーに委託になります。 2回目の

記事を読む

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお散歩コースは 住宅街

記事を読む

3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね

7月16日に3回目のワクチン接種のために動物病院に行ってきました。 本格的なお散歩がはじまるよ

記事を読む

3回目のパピーレクチャー

6月13日に3回目のパピーレクチャーが行われました。 今回から月齢が1か月遅いY-13胎のパピ

記事を読む

W-15胎 4回目のパピーレクチャー

9月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 今回は、3家族でのレクチャーでした。 それ

記事を読む

カミカミするのか~? ビターアップルシューッするぞ!!

絶賛甘噛み中のウェルシーさん。 この仔、人の手や足以外にも家具や敷居へのカミカミが止まりません

記事を読む

8回目のパピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。 レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります

記事を読む

夏のお楽しみ 氷を体験 

初めての氷も、子犬の反応はさまざまです。 ウェルシーはどんな反応を示したのでしょうか?

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれ

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑