5回目のレクチャー

公開日: : 第一話 イズモ, パピーレクチャー

2014年1月19日

5回目のレクチャーでした。

途中で寄ったショッピングモールの駐車場に雪が積んでありました。

イズモにとって初めて見る雪でした。

o0400030013104690542[1]

うっひょひょ~音譜楽し~音譜音譜

やっぱり犬でした(笑)

この上がりきった尻尾を見てやってください。

大興奮です。

犬は喜び庭駆け回り♪・・歌にもあるけど本当にその通りなんですね。

o0400030013104690544[1]

さて、富士ハーネスに到着しました。

久し振りに兄弟姉妹と会えるので、ここでまた大興奮です。

こらこら!!

嬉しいのは解るけど、じゃれついちゃダメだよ。

o0400030013104690543[1]o0400030013104691411[1]

レクチャーの内容

  • おもちゃの持ってこい
  • 盲導犬ユーザーさんのお話

でした。

おもちゃの持ってこい

イズモはいつも遊びに集中してくれます。

少し引っ張りっこをしてあげてからおもちゃを投げました。

一目散に走っておもちゃをくわえるイズモ。

イズモ!

持ってきて!

Come

しかし・・・持ってきません。

そこで、もうひとつおもちゃを持ってイズモの気を引き

イズモ

Come

イズモさん、あろうことか今まで咥えていたおもちゃを放り出し、こちらの新しいおもちゃに大突進。

みんなの笑いをとってくれました。

(持ってこいになってないじゃん!)

ターンして持ってくるのはイズモのレベルではまだ難しいということで、犬、おもちゃ、人と一直線に並ぶ形にして訓練士さんが見本を見せてくれました。

イズモは上手におもちゃを持ってきました。

家だと空間が狭いせいなのか、ターンしておもちゃを持ってくることも出来るのですが、広い場所で周りに人や他の犬がいる環境というのはレベルが高いのですね。

上手に出来る仔もいました。すごいです!!

他の仔がプレーをしている間は、伏せて大人しく待っています。

プレーをしているパピーウォーカーさんが「OK」と言うと、自分が言われたと思って飛び出そうとするのが笑えました。

イズモの番じゃないよ。

o0400030013104691412[1]

盲導犬ユーザーさんのお話

盲導犬を持つようになって、どこへでも一人で行けるようになり生活の幅が広がり毎日を楽しく過ごしているということで、ユーザーさんはとても楽しそうでした。

出掛けるときは頼りになる「盲導犬」ですが、家にいるときはとても甘えん坊になり、いたずらっ子になり、今まで犬は好きでも嫌いでもなかったけど、今は犬がとても可愛いとお話されました。

そのお話の時のユーザーさんの顔は、一般の家庭犬の飼い主さんが嬉しそうに愛犬の話をする顔と同じでした。

日頃から盲導犬を家族の一員として、とても可愛がっている様子が伝わってきました。

盲導犬はユーザーさんにとっては「道具」ではなく、常日頃から無くてはならないパートナーなんですね。

盲導犬とユーザーさんは、お互いに絆を築いていく「相棒」であることが伝わってきた貴重な機会でした。

パートナーの盲導犬は2008年生まれのSちゃん。

ラブラドールとゴールデンのMIXブリードです。

他の方のブログは参考になるので、いろいろなパピーウォーカーさんのブログを読んでいて、Sちゃんのパピーウォーカーさんのブログもいつも読み逃げしていました。

ブログからはSちゃんを大切に育てていた様子が分かります。

そのSちゃんの盲導犬になった現在の姿を見て、イズモの未来(かもしれない)を想像していました。

イズモを大切に育てバトンを繋いでいこうと改めて思いました。

そして何よりイズモと一緒に過ごす時間をめいっぱい楽しもうと思いました。

犬も他犬の模倣をして学習する

ユーザーさんのお話もあったりで、この日はパピー達にとっては待ち時間の長いレクチャーになりました。

盲導犬にとっては「くつろいで待つ」ことも立派なお仕事です。

イズモも落ち着いて待つことができました。

訓練士さんに

イズモはずいぶん落ち着きましたね。

遊ぶのも落ち着いて遊べていましたし、待っている時も落ち着いていてとても成長しましたね。

と言われました。

訓練士さん、それはね・・・

B-12胎の先輩パピーたちと一緒におこなったレクチャーのお蔭なんですよ。

お兄さんお姉さんパピー達の様子を見て学び、こういう状況の時はこうしていた方が褒められると理解しての行動なんです。

関連記事→他犬の模倣(マネ)をして学習する子犬

イズモはそういう仔なんですよね。

そしてもちろん

「アウトも上手になりましたね」

も言われてしまいました。

明日(2013年1月20日)で生後7か月になるイズモさんです。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お座り 伏せ 休め?
NEXT
イズモぐるみ~つながる心~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    ついつい、焦ってイライラしてた私…

    もう少し心に余裕もって育てていかないといけませんね

    そして自分も成長しなきゃとおもいながら、いつもブログ読んで反省していますo(^-^)o
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    くるみさん
    完璧な犬もいませんが完璧な人もいませんよね。
    思うようにいかず焦ることもあるのも人間です。
    チョコちゃんと一緒に少しずつ成長していけばいいので、わんこライフを楽しみましょうね!
    犬時間は短いんです。
    楽しまないと勿体ないですもの。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. イーリィの父 より:

    3. 無題
    雪に興奮するイズモちゃん、これぞまさに犬!っていうリアクションですね。
    期待を裏切らないところがとても素敵です。

    パピーレクチャーではfetchもやるんですね。
    全く知りませんでした。
    イーリィもできるかな。
    帰ってきたら一直線に並べたところから挑戦してみようと思います。

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    イーリィの父さん
    イズモは雪も水も大好きでした。
    泳がなかったけど・・・。

    fetchはイーリィちゃんも出来ると思いますよ。
    家では廊下でやるとか、部屋なら壁に向かっておもちゃを投げると
    振り向かざるを得ないので、振り向いて持ってくると思います。
    広いお部屋があったら一直線に並べてやってみてください。
    楽しいです☆

    イーリィちゃんが戻ってくるのが待ち遠しいですね。

    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

盲導犬パピー入所間近!パピーウォーカー最後のあれこれ

2014年7月中旬。 イズモの入所があと2週間後に迫りました。 入所前の医療やお手入れなど シャン

記事を読む

T13胎4回目のパピーレクチャー

7月12日、T-13胎とY-13胎の合同レクチャーでした。 レクチャーの内容は 夢中

記事を読む

T-13胎8回目最後のパピーレクチャー

11月21日 8回目のパピーレクチャーでした。 今回の内容は 犬が自らカラーに

記事を読む

踏切で電車が通り過ぎるのを待つ子犬

盲導犬パピーの社会化トレーニングいろいろ

協会からは、お預かりパピーにいろいろなことを経験させるようにご指導をいただいています。 人と一緒に

記事を読む

パピーウォーカーのお別れは2回ある!面会そしてさようなら

ようやくこの日記も時間軸が追い付いてきました。 12月6日に、イズモとの面会をして来ました。

記事を読む

クレイジー7か月~思春期がはじまるよ~

イズモのお気に入りのおもちゃ。 ホースを適当な長さに切って、両端を結んだだけのもの。 結

記事を読む

T-13胎6回目のパピーレクチャー

9月13日は6回目のパピーレクチャーでした。 今回のレクチャーの内容は みんなでお散

記事を読む

3回目のレクチャー

2013年11月 17日は3回目のレクチャーでした。 この日は5か月ほど年上のB12胎のお兄さん

記事を読む

犬が掃除機を怖がって吠える場合の3つの対策

イズモが家に来て3日目か4日目に掃除機をかけると吠えるようになりました。 初日は大丈夫だったのです

記事を読む

お散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種まで抱っこでお散歩

犬を家庭に迎えて、人と一緒に仲良く生活するためには 人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え

記事を読む

伏せる犬
犬がいても蚊取り線香や蚊取りマットを使って問題ない?

暑くなってくると悩まされるのが、天敵「蚊」ですね。 刺されたときの痒

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑