子犬のしつけ伏せ「Down」いつからどう教える?

公開日: : 第一話 イズモ, コマンドに従う

犬のしつけの中で「コマンドに従う」ものがいくつかあります。

Sit(お座り)Down(伏せ)Wait(待て)Come(おいで)

などが基本的なものになるかと思います。

子犬に伏せをいつどう教える?

伏せるという姿勢は無防備な格好になるので、お座りよりも教えるのが難しいですね。

生後4か月のレクチャーのときには、イズモは家でもなかなか出来ませんでしたし、外でも滅多に出来ませんでした。

伏せの教え方

生活の中で自然に教える

Downも特別に教えていなかったんです。

要領はSitと同じで、日常の中でイズモが伏せた瞬間に「Down」と言って「Good」と褒めていました。

家の中でおとなしく伏せているということは、それだけで「良いこと」なので、座ったり伏せたりすると褒めていました。

そのうちに、伏せている姿勢と「Down」という音が結びついて、褒められるので「これ正解!」と覚えました。

しかし、生後4か月のレクチャーの頃は、指示で確実にできる状態にはなっていませんでした。

おもちゃを使って教える(カラーを持つ)

「Down」は「Sit」より若干難易度は高いですが、子犬を迎えて生活に慣れてきたら、おもちゃで遊びながら教えることができます。

委託資料にはおもちゃを使って「Down」を教える方法が書いてあります。

  • Sitで犬を座らせる。
  • 左手でカラーを持ち、右手でおもちゃを持ち床に向かって下げる。
  • 伏せようとしたら「Down」と声をかける。

これは挑戦してみましたが、イズモは歩いておもちゃを取ろうとします。

しかしカラーを持たれているので進めない。

どうしたらおもちゃを取れるのかな?

と考えて、伏せれば口が届くじゃんひらめき電球というのが狙いなのですが

なんで~!

その手を離してよ~!!

という感じで仰向けにひっくり返って、カラーを持つ手を噛んでくるんです。

教科書通りにいかないよ~!!(泣)

という訳で

2回目、生後4か月のレクチャーのときに訓練士さんに実演していただきました。

イズモは同じように仰向けになり、訓練士さんにカプカプしましたがなんと訓練士さん!仰向けイズモのお腹をなでて「Good Good」と褒めるんです。

そしてイズモもおもちゃが届き、おもちゃをゲット。

さらに「Good」

どんな格好でもいいです。床に寝た状態を褒めてあげてください♪

そっか。

最初から完璧を求めちゃいけないのね。

やる気になっていることを褒める!

これ大事だな~。

そして、この1回でイズモは「Down」を完璧に覚えました。

頭の中で「ガッテン」ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球だったのでしょうね。

大好きな訓練士さんに褒められたしね。

次の日から家でやっても、仰向けになったりせず「Down」で伏せておもちゃへGO!です。

Goodです。

次からはカラーを持たずに完璧なDown。

一発で覚えましたね。

さすが訓練士さんだな~!!

o0400030013068262928[1]

おうちでも練習。

おもちゃを使って「Down」

ブレてしまいましたね。

o0400030013068266664[1]

7か月頃の写真ですが、遊びの中でコマンドで「Down」

おもちゃをパパが持っているので、おもちゃをガン見しておもちゃを投げるのか、それとも「OK」で取らせてくれるのか、指示を待っています。

伏せてはいますが、指示が出たらすぐ動こうと思っているので後ろ足がこの状態。

飛びかかろうとしているわけではありませんよ。

おもちゃを使って教える(体育座り)

人がやや足を伸ばした体育座りをして、膝の下をおもちゃをくぐらせ、犬に取らせるようにします。

おもちゃを取ろうとして犬が伏せた瞬間に「Down」とコマンドを被せ「Good」と褒めておもちゃで遊んであげます。

生活の中で役立つ「Down」

指示で「Down」ができるようになると、犬に落ち着いていてほしいときに落ち着いてもらうことができます。

座るよりもリラックスできる姿勢なので、長時間動かないでいてほしいときなどに役に立ちますね。

o0400030013068262929[1]

スーパーのベンチで、買い物が終わって戻ってくる私をパパと一緒に待っています。

伏せておとなしく待つことができるようになるとお出かけもラクになります。

o0400030013068272472[1]

人が食事をしている間もテーブルの下でおとなしく待てるようになります。

o0400030013068272471[1]

万一のため、リードは足で踏んでおきましょう。

まとめのようなもの

伏せ「Down」ができると、犬の動きを止めてその場でリラックスして待たせることができるようになります。

指示でできるようにするのは「Sit」より難易度は上がりますが、子犬を迎えて生活に慣れてきた頃から、遊びの中で教えることができます。

上手にできたら褒めますが、犬のテンションが上がって立ってしまうと

伏せたことを褒めたことにならない

ので、褒めるときは優しく「Good」と言ってひと撫でするくらいでちょうどいいかもしれません。

伏せるという動作は、犬にとって日常的な動作なので、自発的に伏せた瞬間に「Down」(伏せ~♪)と言って「Good」と褒めてあげるのもいいと思います。

家の中で、落ち着いて伏せていること自体も「いいこと」なので

Downしてるの、Goodだね♪

と褒めていました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬のしつけ待て「Wait」いつからどう教える?
NEXT
子犬のしつけ呼び戻し「Come」いつからどう教える?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

子犬の飛びつきをやめさせるのは無視が一番効果があった

生後5か月を過ぎた頃からイズモは飛びつくようになりました。 朝の挨拶「おっはよ~ぴょ~ん」に始まっ

記事を読む

ベルト式ァラー

あと半年しか居ない子犬のために新しいカラーを購入しました

2013年12月20日でイズモは生後6か月になります。 身体もだんだん大きくなり、委託前に購入した

記事を読む

4回目のレクチャー

2013年12月15日 河口湖を後にしてレクチャーに出席するため富士ハーネスに向かいました。 イズモ

記事を読む

伏せて休む子犬

子犬のしつけ呼び戻し「Come」いつからどう教える?

犬のしつけの中で「コマンドに従う」ものがいくつかあります。 Sit(お座り)Down(伏せ)Wai

記事を読む

トイレサークルに座り込む子犬

ストライキ!夜だけはケージで寝るのを嫌がる犬

イズモはハウスが好きな仔で、昼間は部屋で寝ていても本格的に寝るときは自らケージに入って眠る仔でした。

記事を読む

伏せる犬

「待て」は重要!我慢をさせることが犬にもメリットになる

愛犬は「待て」は得意ですか? ウェルシーは人と一緒に何かをするのは好き(作業意欲が強い)ですが、一

記事を読む

他犬の模倣(マネ)をして学習する子犬

私の教え方が下手だったため、なかなかおもちゃのアウトが覚えられなかったイズモですが、兄弟犬のマネをし

記事を読む

パピーウォーカーのお別れは2回ある!面会そしてさようなら

ようやくこの日記も時間軸が追い付いてきました。 12月6日に、イズモとの面会をして来ました。

記事を読む

主従関係って何よ?犬育て初心者を悩ませるこの言葉

2013年9月 イズモがわが家にやってきて1か月が経ちました。 イズモは9月20日で、生後3か月

記事を読む

ストライキ!散歩から家に帰りたくない犬

生後11か月を過ぎた頃から赤ちゃん返り現象が起きたイズモですが、この頃はストライキも度々していました

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑