フードの与え方

人でもわんこでも、ごはんは毎日の楽しみです。

ラブラドールは、歩く胃袋などと揶揄され、ほんとに食べるのが大好きですよね。

イズモも「ごはん」という言葉が耳に入ると、何をしていても「ハッ」とこちらを見ました。

イズモじゃないよ、こっちの話・・・などと苦笑していました。

では、フードの与え方です。

「ハウス」の指示で犬をケージにいれます。

(フードはケージの中で食べさせるように協会からお願いされていました)

まだハウスが出来なくても、ケージの床を叩いたりおもちゃで誘ったりして、犬をケージに入れます。

上手に入れたら「Good」です。

さらに言うと入ろうとしたところで褒めてあげると、犬が今していることは良いことだと認識しやすいです。

これは訓練士さんがいつもやっていました。

私達はつい結果を見てから褒めるのですが、訓練士さんは犬がやる気になったところを褒めていました。

こうしようかな?と思ったところで「Good」と言われると犬も気持ちを肯定されるので、いろいろなことを楽しく覚えられるのでしょうね。

見習いたいところです。

犬がケージに入ったらカラーを持ち、フードの入った食器をケージの床に置きます。

(犬は勝手にフードを食べられません)

「OK」と同時にカラーを持った手を離します。

この時、特に待たせる必要はありません。

「OK」という指示で食べていいよと犬に覚えてもらいます。

犬がフードを食べ始めたら、食器をゆすったりフードに触ったりして、人にフードを取られることはないんだよと教えます。

また、食べている時に頭や背中をなでて「Good」と言ってあげます。

「Good」という音をトイレ、ごはん、遊ぶなど心地よいこと、楽しいことに結びつけることで「Good」という何の意味も無い音が、良いこと、褒められているんだなというように、犬に認識させていきます。

少し大きくなるとカラーを持たなくても「OK」と言われるまで、食べちゃいけないんだなと理解できます。

写真を撮っているのでその間待っていますが、フードをガン見して「早くOKって言って~」という感じですよね。

o0400030013042551121[1]

「イズモ、OK」

o0400030013042551122[1]

もう少し大きくなったら、名前を呼んでこちらに注目させます。

「イズモ!」

o0425031913042551316[1]

「OK」(写真は別の日のものですが、要領は同じです)

o0400030013042551123[1]

「Good Good」

わんこが「自分の名前を呼ばれるのは、楽しいことだ」と思えるといいですね。

ちなみに食器は、盲導犬協会から貸与された早食い防止用のものでデコボコしていますが、それでも・・・食べるの早いです。

もう少し味わって食べればいいのに。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
トイレのしつけ
NEXT
なまえで叱らないで

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ママのひざ掛け

2013年 晩秋 ここがあたしのお気に入りの場所。 ママのひざ掛け。 フリースのブ

記事を読む

あおむけ抱っこ

訓練センターからは「あおむけ抱っこ」をたくさんしてくださいね。 とお願いされています。

記事を読む

2回目のレクチャー

2013年10月20日 2回目のレクチャーでした。 残念ながらまた写真がありません。

記事を読む

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりし

記事を読む

4回目のレクチャー

2013年12月15日 河口湖を後にしてレクチャーに出席するため富士ハーネスに向かいました。

記事を読む

お泊り~♪

2013年11月 17日の3回目のレクチャーは、午前中がレクチャーで午後が懇親会でした。

記事を読む

犬 思春期の処方箋

そんなものはありません(笑) ただね 初めて犬を育ててみて、犬も人間も成長過程は同じなん

記事を読む

シャンプー

2014年2月 雪遊びを楽しんだイズモさん。 パパにシャンプーをしてもらっています。

記事を読む

真夜中のツー事件

2013年11月 秋も深まる11月8日未明。 イズモのケージでカタカタという音が・・・

記事を読む

シーズン中の犬のある日の様子

ウェルシーだよ♪ 日差しがポカポカだけど風が強いよ。 2月

犬の発情出血について知っておいてね 2回目のシーズンが来ました

ウェルシーだよ♪ あたしね、2月15日から2回目のシーズンが始ま

犬の目から涙!それってアレルギー?PM2.5が犬に与える影響

先日ツムギのご家族からメールをいただきました。 メールによると、

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑