トイレのしつけ

子犬がやってきてすぐに必要な躾けの一つがトイレの躾です。

わが家ではケージの横にペットシーツを敷き、サークルで囲んだトイレサークルを設置しました。

ちなみに、ケージとサークルは盲導犬協会からの貸与です。

トイレの躾は盲導犬ならではのもので、指示でいつでもどこでも排泄ができるようにするというのが目標です。

目の見えない盲導犬ユーザーさんは、犬が勝手に排泄をしてしまうと排泄物を片付けることが難しいためです。

パピーの頃から毎日少しずつ練習していくので、イズモも家に来た日から早速練習です。

トイレの躾け方は、事前レクチャーで教えていただきました。

犬の様子をよく観察して、そわそわと落ち着きが無くなったりウロウロしたり、床の臭いをクンクン嗅いだり・・・。

また犬が排泄をしやすいのは、寝起き、身体を動かした後、食べたり飲んだりした後などです。

そういった時に、犬をトイレサークルに入れて「ワンツーワンツー・・・」とコマンドをかけます。

うまく排泄ができたら「Good」と褒めます。

排泄中に背中などを優しくなでて「Good Good」と褒めてあげると、今していることが良い行為だと、犬が認識しやすいです。

犬の様子を観察→気配があったら犬をトイレサークルに入れて「ワンツーワンツー」→できたら褒める。この繰り返しです。


来たばかりの頃は膀胱も小さく未熟なので、ワン(オシッコ)の回数は多いです。

イズモは30分おきということもありました。

なるべく失敗を経験させないように、トイレを覚えるまでは、犬に付切りが望ましいです。

それでも失敗はつきものですから、失敗しても大きな声をあげたり、叱ったりせず犬をケージに入れ、淡々と片付けるに限ります。

そう・・・何事もなかったかのように。。。

リアクションをすると、犬に何か特別なもの?という印象を与えさらに失敗する確率が増え、悪循環に陥りがちです。

片付けるときに犬をケージに入れないと、雑巾などにじゃれつき、叱ることになりがちです。

なるべく叱らずにすむ環境を作った方が、犬も人も楽だと思います。

長時間車に乗せられて、訓練センターからわが家に到着したイズモ。

ワン、出るよね。

早速トイレサークルに入れて「ワンツーワンツー」出た出た!「Good」初褒めですね。

初日のトイレの失敗は無しでした。

2日目は油断して失敗させてしまいましたが、イズモは2日でトイレを覚えてくれました。

その後入所した時に訓練士さんから「排泄が上手」と褒められるのですが、多分イズモが持って生まれたものだと思います。

犬にも個性があり、早く覚える仔、時間がかかる仔、いろいろです。

なかなか覚えられなくても、ダメな仔というわけではないので、のんびりおおらかにです。

盲導犬式トイレトレーニングは「ワンツー」という音と、排泄を結びつけることによって

「ワンツー=排泄」と犬が覚えて、指示で排泄ができるようになっていきます。

大きくなってからは

「お出かけするよ~ワンツーしておいで」

と言うとトイレに行ってくれるので出かける前にトイレを済ませて出かけられましたし、長時間の外出もたとえばSAで排泄をさせてから次の場所へ・・・ということが出来るので安心して犬とお出かけできました。

これはなかなか便利です。

イズモは外でのツー(ウンチ)が難しかったけどね。

訓練で上手に出来るようになったかな?訓練士さん、苦労をかけます。。。


小さい時のトイレシーンの写真がなくて、7か月くらいになってからのものですが、こんな感じです。

t02200165_0400030013041538695[1]

もう、サークルが狭そうですね。

ワンツーワンツーワンツー・・・Goodです。


大きくなっても失敗することもあるけどね。
関連記事→真夜中のツー事件

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ようこそイズモ
NEXT
フードの与え方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. イザベルマミー より:

    1. 写真!
    ワンツーの写真、撮ってるのは私くらいかなーって思っていたら、イズモちゃんちも撮ってましたね(笑)
    それも大きくなってからの写真なんですよね。それだけ余裕が出てきたからなんでしょうね。
    今きているステイ犬、ワンツーがものすごく上手でびっくりです。
    排泄のトレーニングが出来ていると本当に楽だなって思います。
    ああ、懐かしい日々ですね。。。。
    http://wankoiiko.exblog.jp/

  2. gd.vol より:

    2. Re:写真!
    イザベルマミーさん
    ワンツーの写真、これ一枚だけです。
    こんな恥ずかしい恰好?と思っても
    あとあと思い出になりますね。
    撮っておいて良かったです!

    イズモは小さい時の写真があまりないんです。
    私達も余裕が無かったのでしょうし
    カメラを向けると、何それ?何それ?新しいおもちゃ?と突進してきてしまって・・・。
    小さい頃は、抱っこと寝ている写真ばかりです。

    ワンツーは最初の関門ですね。
    イズモはあっという間に躾けられたのですが
    のちに大きく崩れ、苦労することになります。
    追々書いていきます。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

再会 We love Izumo!

ようやくこの日記も時間軸が追い付いてきました。 12月6日に、イズモとの面会をして来ました。

記事を読む

8回目のレクチャー

2014年4月20日 8回目のレクチャーでした。 今回はイズモ達の母犬アリスちゃん一家も参加

記事を読む

伸び 後ろ足編

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

二歳の誕生日~つながる心~

6月20日はイズモの誕生日です。 2歳になりました。 イズモ、そしてI-12胎のみんな

記事を読む

2回目のレクチャー

2013年10月20日 2回目のレクチャーでした。 残念ながらまた写真がありません。

記事を読む

小さな猛獣

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

真夜中のツー事件

2013年11月 秋も深まる11月8日未明。 イズモのケージでカタカタという音が・・・

記事を読む

ギャングエイジ

2013年12月 イズモは生後6か月になりました。 5か月を過ぎた頃から甘噛みはほとんど

記事を読む

いずも

幸せの片道切符

ステイわんこの1号さんを送り届けた1月4日の夜、富士ハーネスから電話がありました。 イズモの譲

記事を読む

お手ができるなら その2

お手ができるのなら、こんなこともできるかな? イズモDown あご。 Go

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑