真夜中のツー事件

2013年11月

秋も深まる11月8日未明。

イズモのケージでカタカタという音が・・・

ん?イズモ起きたのかな?

なんだか異臭が・・・

えっ!!

ガバッと飛び起き夫を起こしました。

「パパちゃん大変!イズモがツーしちゃった!!」

ケージのところに行くと、イズモの鼻先にツーが!!

「あ~~~!!食べちゃだめだよ!!」

1個くらい食べちゃったかも・・・

うわぁ~~~!!

大慌てでイズモをケージから出して抱きかかえ、その間に夫がツーを片付けケージの中を洗ってくれました。

イズモをケージに入れ、また布団に入り睡眠継続。

o0400030013074366454[1]

翌日9日も、やっぱり夜中の2時ごろ異臭が・・・

イズモぉ、またですか汗

再び夫と二人で真夜中のケージ掃除。

そして10日も・・・。

3日連続ですか!!

どうしちゃったんだろうね?

この日は夜の12時に起きてトイレでツーをして寝たんです。

今夜は大丈夫だろうと思ったにもかかわらず真夜中のツー。

よく都合よく出るものです。

10日は狂犬病予防注射のため富士ハーネスに行きました。

訓練士さんに状況を話すと

「大変ですが夜一度起きてトイレに誘導するなどして気長に対処してあげてください」

というお話でした。

「今までケージの中にツーされたことは無かったし、真夜中ということもあって私達が大騒ぎしたのもいけなかったかもしれませんね」

と言うと

「それはあるかもしれませんね。でもつい大騒ぎしちゃいますよね~」

と同情してくれました。

そしてその晩

「きっと今夜もツーするだろうから、片付ける間は抱っこしないでクレートに入れよう」

と夫が言いました。

その夜は車からクレートを降ろし、私たちの寝室に置きました。

そして、予定通り真夜中のツー。

私達は落ち着いてイズモをクレートに入れ、イズモのことは無視。

淡々とケージの中のツーを片付け床のすのこを洗い、そしてイズモをまたケージに入れ声もかけずにそのまま寝室に行き就寝。

その翌日からピタッと真夜中のツーは止まりました。

4日連続で真夜中に起こされ、さすがにきつかったです。

o0400030013074366455[1]

あれは何だったのでしょう?

その頃イズモの分離不安はだいぶ改善されていましたが、まだ少し不安定だったのかもしれません。

最初のきっかけが何だったか分かりませんが、夜中にツーをしたらパパやママが声をかけてくれたり抱っこしてくれた。

それが心地よかったので夜中にツーすれば構ってもらえるというように思ってしまったのかもしれませんね。

 

幼い頃、風邪をひいて寝ているとおかあさんがとても優しく接してくれるように感じました。

なので元気な時も「また風邪ひかないかな」なんて思ったりしたものです。

子供によっては

熱が出て学校を休む。

その後、どこも悪くないのに微熱が出てお昼を過ぎる頃になると下がる。

明日は学校に行けるだろうと思うと、翌朝も同じような状態になる。

それが何日も続くということもありますよね。

犬も小さい子もいっしょだなあ。

ビターアップル事件の時は心の傷が大きかったと思ったので手厚く対応しましたが、今回は明らかにただの甘え。

淡々と知らぬ顔で対応するのが正解だったようです。

そしてイズモはこの事件の後、1段階段を昇れた感じです。

心が安定してきて子犬らしいやんちゃさを前面に見せながら、私達との生活を楽しんでいくようになりました。

 

関連記事→トイレのしつけ

関連記事→分離不安症~ビターアップル事件~

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の社会化~ コンサートイベント~
NEXT
3回目のレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

2回目の家庭訪問

2014年1月 24日は訓練士さんによる家庭訪問でした。 家庭訪問、レクチャー、電話での

記事を読む

しつけ 飛びつき

生後5か月を過ぎた頃からイズモは飛びつくようになりました。 朝の挨拶「おっはよ~ぴょ~ん」に始

記事を読む

伸び

犬が伸びをしている姿って可愛いです。 イズモはコマンドで「ねんね」のポーズが出来るようになりま

記事を読む

ねんね しつけ番外編

盲導犬のコマンドに「ねんね」などというものはありません(念のため) これは偶然覚えてしまったも

記事を読む

子犬の社会化~来客~

回想ブログなので、あっという間に時が経ちます。 2014年になりました。 お正月にわが家

記事を読む

お散歩 引っ張らないで歩こう

2014年1月 今朝も楽しいお散歩の時間です。 寒いね。 パパは手袋をするよ。

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

ハウス

ハウスの躾け方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。 初めのうちは犬を制御しやすい

記事を読む

ワンツーベルトなんて嫌い 頑固さを見せる犬

ウェルシーは1月21日から27日まで、訓練センターで預かり訓練に行っていました。 ウェルシーは

記事を読む

トイレのしつけ

子犬がやってきてすぐに必要な躾けの一つがトイレの躾です。 わが家ではケージの横にペットシーツを敷き

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑