子犬の社会化~ コンサートイベント~

公開日: : 第一話 イズモ, 社会化

「社会化」というのは犬が自分の生活する環境に順応するということで、現れるものにいちいちびっくりしないように心の幅を広げていくということです。

その環境でどうしたらいいのか犬自身が考えて行動できるように、導いてあげるのが目標かなと思います。

子犬にいろいろな経験をさせる

2013年11月10日に、狂犬病の予防注射のため、富士ハーネスに行きました。

予防注射の予定日は6日だったのですが、都合が合わず10日にしてもらったので、兄弟犬全頭には会えませんでしたが、イズモは来ていた兄弟に会えて大喜びでした。

盲導犬の候補犬は、たとえ兄弟姉妹であっても犬同士で遊ぶのは禁止です。

お互いに「久し振り~」と挨拶をする程度で、じゃれ合いはNGです。

盲導犬は、お仕事中に他の犬と遊ぶわけにはいきません。

パピーの頃から、犬同士で遊ぶより人と一緒に遊ぶ方が楽しいと教えていきます。

訓練中は周りは犬だらけなので、他の犬とは一緒にいるけど、お互いに干渉はしないという感じの付き合い方なのではないかと(想像ですが)思います。

o0400030013072206061[1]

久し振りだね?

元気だった?

コンサートイベント

この日は富士ハーネスのラウンジでコンサートイベントがあったので、人が大勢いました。

予防注射の時間まで少し時間があったので、私達もわんこ連れでイベントを鑑賞しました。

私達は椅子に座り、わんこ達は足元に。

イズモ、Sit♪

イズモったら座ったと思ったら、すぐに立ち上がりウロウロ。

しかしリードを踏んでいるので動けず、伏せて私のスニーカーの紐をカジカジして遊んでいます。

イズモは最初の方の吹奏楽の演奏のうちは音楽に無反応でしたが、太鼓のステージになったら太鼓の音の大迫力に驚いてちょっと後ずさりしました。

そして

何?

とでも言いたそうな顔をして、また私のスニーカーの紐をカジカジ。

訓練士さんに

音は大丈夫なのね。

と言われました。

わが家は自衛隊機が飛ぶエリアの下にあるらしく、年中飛行機が轟音で飛んでいます。

国道も近いので、お散歩コースに国道が含まれていて、トラックがビュンビュン通る道の歩道をイズモと散歩しているためか、イズモは大きな音に慣れっこになってしまっているみたいです。

以前盲導犬ユーザーの方が、盲導犬と一緒にクラシックコンサートに行ったというお話をされていたことがあります。

イズモも大音量で鳴る音楽というものを間近で経験できましたし、大勢の人がいる場所というのも経験できて良かったかもしれませんね。

o0400030013072242890[1]

まとめのようなもの

子犬のうちに、音、見知らぬ物、人、動物など、生活の中で触れるであろうものをたくさん経験させると、心の安定した犬に育つと言います。

家庭犬は一緒にコンサートに行くことは無いかもしれませんが、路上演奏の近くを通ることもあるかもしれませんね。

繁華街には商店街に音楽が流れているところもあります。

そういった音も怖いものではないことを伝えてあげられるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
Love Love Love
NEXT
子犬が夜中にうんちしちゃうよ~!真夜中のツー事件

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ねんね しつけ番外編

盲導犬のコマンドに「ねんね」などというものはありません(念のため) これは偶然覚えてしまったものな

記事を読む

子犬のハウストレーニング|子犬がハウスを好きになる教え方

日本盲導犬協会では委託犬の誤飲事故を防ぐため、夜間やお留守番のときはハウスに入れるように指導していま

記事を読む

犬に芸を教えてみた!お手ができるならハイタッチもできる?

生後7か月、1月の終わり頃、訓練士さんが家庭訪問に来てくれました。 イズモは訓練士さんに「遊ぼう、

記事を読む

子犬の社会化~来客~

回想ブログなので、あっという間に時が経ちます。 2014年になりました。 お正月にわが家に来客が

記事を読む

人が大好き興奮しやすい犬 興奮をコントロールする練習中

ウェルシーだよ♪ ママとお散歩に行ったよ。 今日は、人にかまってもらうと興奮しやすいあたしが、興

記事を読む

子犬の社会化 芝生を体験

家から歩いて30分くらいのところにある市営の公園に行ってみました。 ここは芝生の上もわんこOK

記事を読む

おとなになったね 生後5か月の掃除機への反応

パピーの掃除機への反応もそれぞれですね。 ウェルシーは初めての掃除機体験では、びっくりしてへた

記事を読む

犬の性格は社会化期の過ごし方で決まる?社会化期を過ぎても諦めないで!

ウェルシーだよ。 小さいころのあたしは、なぜか階段の昇り降りが苦手だったみたい。 足裏

記事を読む

お砂場でのハプニング

ウェルシーは、刺激に敏感です。 環境の変化もそうですし、身体に受ける刺激にも敏感です。

記事を読む

犬の来客吠えへの対処

イズモがお散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまった生後8か月頃。 その頃から来客に向かって吠

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑