ハウス

ハウスの躾け方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。

初めのうちは犬を制御しやすいように、リードをつけて練習します。

①「ハウス」と声をかけてケージの中に誘導する。

②ケージに入ったら良く褒めて扉を閉める。

③「OK」と言って扉を開け、ケージから出す。

勝手にハウスから出ないように。

 

o0400030013052941583[1]o0400030013052941582[1]

事前レクチャーでの練習中の様子です。

無理やり感がありますね(笑)

訓練士さんの指導のもと、みんな一生懸命練習していました。

フードを食べるときと、夜寝るときは必ずハウスで、というお約束になっていました。

イズモは最初の頃、ハウスと言ってもなかなかケージに入ってくれませんでしたが

「イズモ、ごはんだよ。ハウス」

と言うと、すっ飛んでケージに入っていました。

ごはんとか遊ぶとか、犬にとって良いこと楽しいことの前には、必ず名前を呼ぶようにして、名前に良い印象を与えるように心掛けていましたが、自分の名前よりも先に「ごはん」という言葉を覚えてしまったようです。

さすが、食いしん坊のラブラドールですよね。

イズモから目を離す時は、事故や誤飲を防ぐために、必ずケージに入れていました。

しかし待たなければいけないときだけケージに入れていると、ハウスが楽しい場所ではなくなってしまうので、昼間も眠くなったタイミングでケージに入れて、1日のうちに1~2回はケージで寝かせるようにしました。

o0400030013052951459[1]

その時は、私もイズモのそばで洗濯物を畳んだり、家計簿をつけたり、本を読んでいたり、なるべくイズモのそばにいるようにして、目が覚めてもママはそばにいるよ、という状態にしていました。

物音で目覚めても、そばにいるとわかるとまた安心して眠っていました。

ケージの中は、誰にも邪魔されない落ち着く場所なんだよ~と教えていくようにしました。

大きくなると、ケージに入れてお留守番もさせられるようになりますが、お留守番の時だけケージに入れると「ケージ=一人にされる場所」と思ってしまい、ケージに入るのを嫌がるようになってしまいます。

人が一緒にいるときも、部屋にいる時間、ケージにいる時間、と両方作っていくことで、部屋もケージの中も自分にとって居心地の良い場所だと理解していくと、お留守番の時もケージでくつろいでいられるようになります。

イズモは特に「ハウス」を練習する時間は作っていなくて、生活の中で「ハウス」の指示でケージに入れ、「OK」の指示で出すことをしていたら、だんだん出来るようになりました。

面白かったのは、大きくなってきたらお昼寝をするのも部屋よりケージの中の方が良くなって、眠くなるとケージに入りたがったことです。

しかし「ハウス」と言われないとケージに入ってはいけないと思っていたようです。

ケージに入りたくなるとケージの前まで行って「ハウスに入っていい~?」と振り向いていました。

o0400030013052941584[1]

「いいよ。ハウス」と言ってあげると、ケージに入っていました。

でも、、水を出して床を綺麗に拭いてあげないと、入ってくれませんでした。

「いいよ。ハウス」と言っても、もう一回振り向くんですよね。

ハウスでは、こんな風にくつろいでいました。

o0400030013089119084[1]

ハウスの指示で、いつでもケージに入れるようになって、OKと言ったら出てくるというルールができてくると、生活の中のいろいろなシーンでとても楽でした。

関連記事→お留守番

関連記事→癒しのひととき

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
あおむけ抱っこ
NEXT
家庭訪問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

あおむけ抱っこ

訓練センターからは「あおむけ抱っこ」をたくさんしてくださいね。 とお願いされています。

記事を読む

ギャングエイジ

2013年12月 イズモは生後6か月になりました。 5か月を過ぎた頃から甘噛みはほとんど

記事を読む

癒しのひととき

イズモは夜8時から8時半頃に寝ます。 夫が帰宅するのは9時以降のことが多いので、夫が帰宅する頃

記事を読む

伸び

犬が伸びをしている姿って可愛いです。 イズモはコマンドで「ねんね」のポーズが出来るようになりま

記事を読む

お散歩 横断歩道を渡ろう

2013年12月 ママ~パパとお散歩に行ってきま~す。 今日も元気なイズモ耳。 絶

記事を読む

子犬の社会化~来客~

回想ブログなので、あっという間に時が経ちます。 2014年になりました。 お正月にわが家

記事を読む

ハウスが落ち着ける場所だといいね

だんだん蒸し暑くなってきたので、ウェルシーもマットやブランケットの上ではなく、冷たい場所を探して寝る

記事を読む

ごはんとハウス

生後3か月を過ぎてきて、最近シオンはケージの扉を開けたままでも、ごはんが来るのを待てるようになりまし

記事を読む

犬の寝相

イズモのお気に入りの場所は、私のフリースのブランケットでした。 しかし、もっとお気に入りの場所

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 失敗からの仕切り直し

私達の場合ですが、今までパピーの委託は全て土曜日でした。 土日は家族が揃う家庭が多いので、2日

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑