ハウス

ハウスの躾け方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。

初めのうちは犬を制御しやすいように、リードをつけて練習します。

①「ハウス」と声をかけてケージの中に誘導する。

②ケージに入ったら良く褒めて扉を閉める。

③「OK」と言って扉を開け、ケージから出す。

勝手にハウスから出ないように。

 

o0400030013052941583[1]o0400030013052941582[1]

事前レクチャーでの練習中の様子です。

無理やり感がありますね(笑)

訓練士さんの指導のもと、みんな一生懸命練習していました。

フードを食べるときと、夜寝るときは必ずハウスで、というお約束になっていました。

イズモは最初の頃、ハウスと言ってもなかなかケージに入ってくれませんでしたが

「イズモ、ごはんだよ。ハウス」

と言うと、すっ飛んでケージに入っていました。

ごはんとか遊ぶとか、犬にとって良いこと楽しいことの前には、必ず名前を呼ぶようにして、名前に良い印象を与えるように心掛けていましたが、自分の名前よりも先に「ごはん」という言葉を覚えてしまったようです。

さすが、食いしん坊のラブラドールですよね。

イズモから目を離す時は、事故や誤飲を防ぐために、必ずケージに入れていました。

しかし待たなければいけないときだけケージに入れていると、ハウスが楽しい場所ではなくなってしまうので、昼間も眠くなったタイミングでケージに入れて、1日のうちに1~2回はケージで寝かせるようにしました。

o0400030013052951459[1]

その時は、私もイズモのそばで洗濯物を畳んだり、家計簿をつけたり、本を読んでいたり、なるべくイズモのそばにいるようにして、目が覚めてもママはそばにいるよ、という状態にしていました。

物音で目覚めても、そばにいるとわかるとまた安心して眠っていました。

ケージの中は、誰にも邪魔されない落ち着く場所なんだよ~と教えていくようにしました。

大きくなると、ケージに入れてお留守番もさせられるようになりますが、お留守番の時だけケージに入れると「ケージ=一人にされる場所」と思ってしまい、ケージに入るのを嫌がるようになってしまいます。

人が一緒にいるときも、部屋にいる時間、ケージにいる時間、と両方作っていくことで、部屋もケージの中も自分にとって居心地の良い場所だと理解していくと、お留守番の時もケージでくつろいでいられるようになります。

イズモは特に「ハウス」を練習する時間は作っていなくて、生活の中で「ハウス」の指示でケージに入れ、「OK」の指示で出すことをしていたら、だんだん出来るようになりました。

面白かったのは、大きくなってきたらお昼寝をするのも部屋よりケージの中の方が良くなって、眠くなるとケージに入りたがったことです。

しかし「ハウス」と言われないとケージに入ってはいけないと思っていたようです。

ケージに入りたくなるとケージの前まで行って「ハウスに入っていい~?」と振り向いていました。

o0400030013052941584[1]

「いいよ。ハウス」と言ってあげると、ケージに入っていました。

でも、、水を出して床を綺麗に拭いてあげないと、入ってくれませんでした。

「いいよ。ハウス」と言っても、もう一回振り向くんですよね。

ハウスでは、こんな風にくつろいでいました。

o0400030013089119084[1]

ハウスの指示で、いつでもケージに入れるようになって、OKと言ったら出てくるというルールができてくると、生活の中のいろいろなシーンでとても楽でした。

関連記事→お留守番

関連記事→癒しのひととき

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
あおむけ抱っこ
NEXT
家庭訪問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ねんね しつけ番外編

盲導犬のコマンドに「ねんね」などというものはありません(念のため) これは偶然覚えてしまったも

記事を読む

ごめんねイズモ

再び、2013年10月に戻ります。 10月20日のレクチャーが終わって帰る途中、車の中で異臭が

記事を読む

9回目のレクチャー

2014年5月17日 9回目のレクチャーでした。 この日のレクチャーは静岡駅周辺での募金

記事を読む

フードの与え方

人でもわんこでも、ごはんは毎日の楽しみです。 ラブラドールは、歩く胃袋などと揶揄され、ほんとに

記事を読む

8回目のレクチャー

2014年4月20日 8回目のレクチャーでした。 今回はイズモ達の母犬アリスちゃん一家も参加

記事を読む

肉球の上で?

2013年12月 ねえねえパパちゃん。 なんだい?イズモ ねえ だっこ

記事を読む

わんこがやってくる

第一話 イズモ♀ これは2013年8月24日から、2014年7月27日までの期間。 盲導

記事を読む

キャリアチェンジ

私達を笑わせて楽しませてくれた盲導犬候補パピーのイズモが、この夏私達の元を巣立ってから3か月後、TP

記事を読む

4回目のレクチャー

2013年12月15日 河口湖を後にしてレクチャーに出席するため富士ハーネスに向かいました。

記事を読む

要求お手

犬が吠える理由の一つに要求吠えがありますね。 ごはん~ ケージから出して~ お散歩

記事を読む

犬のまばたきとお辞儀 これもコミュニケーション?

ウェルシーだよ♪ ママちゃん、ママちゃん、お散歩に行きましょうよ

うちのお散歩ルールはとっても緩い

ウェルシーだよ♪ ママと一緒に公園にお散歩に行ってきたよ。

生後3か月の子犬が遊びにきたよ

ウェルシーだよ♪ ある日、あたしのおうちの駐車場に車が停まった音

犬と子どもと夏祭り

ウェルシーだよ♪ あたしね、トライアル期間中の夏に、お祭りに行っ

警戒吠え改善の兆し?

ウェルシーがパピーだった頃から、ブログを読んでくださっている方はご存じ

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑