犬がハウス好きになるしつけ方

寝るときやお留守番のときにハウスに入れるって、なんだか可哀想な気がしませんか?

でも、イズモは「ハウス」が好きな仔に育っていきました。

ハウスの役割は、犬が安心してくつろげる場所ですが、子犬の場合は誤飲事故が起こりやすいということで、協会からは事故防止のためにも、夜間やお留守番のときはハウスに入れるようにお願いされていました。

ハウスのしつけ方

ハウスのしつけ方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。

初めのうちは犬を制御しやすいように、リードをつけて練習します。

  1. 「ハウス」と声をかけてケージの中に誘導する。
  2. ケージに入ったら良く褒めて扉を閉める。
  3. 「OK」と言って扉を開け、ケージから出す。

勝手にハウスから出ないように。

ケージに入る子犬ケージから出る子犬

事前レクチャーでの練習中の様子です。

無理やり感がありますね(笑)

訓練士さんのご指導のもと、みんな一生懸命練習していました。

ハウスでフードを与える

これは、ハウスがいいところだと犬に印象付けるためです。

イズモは最初の頃、ハウスと言ってもなかなかケージに入ってくれませんでしたが

イズモ、ごはんだよ。

ハウス♪

と言うと、すっ飛んでケージに入っていました。

ごはんとか遊ぶとか、犬にとって良いこと楽しいことの前には、必ず名前を呼ぶようにして、名前に良い印象を与えるように心掛けていましたが、自分の名前よりも先に「ごはん」という言葉を覚えてしまったようです。

さすが、食いしん坊のラブラドールですよね。

短時間から練習する

イズモから目を離す時は、事故や誤飲を防ぐために、必ずケージに入れていました。

しかし、待たなければいけないときだけケージに入れていると、ハウスが楽しい場所ではなくなってしまいます。

昼間も眠くなったタイミングでケージに入れて、1日のうちに1~2回はケージで寝かせるようにしました。

ハウスで眠る犬

その時は、私もイズモのそばで洗濯物を畳んだり、家計簿をつけたり、本を読んでいたり、なるべくイズモのそばにいるようにして、目が覚めてもママはそばにいるよ、という状態にしていました。

物音で目覚めても、そばにいるとわかるとまた安心して眠っていました。

短時間から始めて、ケージの中は

誰にも邪魔されない落ち着く場所なんだよ~♪

と教えていくようにしました。

大きくなると、ケージに入れてお留守番もさせられるようになりますが、お留守番の時だけケージに入れると「ケージ=一人にされる場所」と思ってしまい、ケージに入るのを嫌がるようになってしまいます。

人が一緒にいるときも

  • 部屋にいる時間
  • ケージにいる時間

と両方作っていくことで、部屋もケージの中も自分にとって居心地の良い場所だと理解していくと、お留守番の時もケージでくつろいでいられるようになります。

お留守番は、空腹でなく、排泄も済んで、お散歩などで心地よい疲れになっている状態で、短時間から進めていきました。

イズモは特に「ハウス」を練習する時間は作っていなくて、生活の中で「ハウス」の指示でケージに入れ、「OK」の指示で出すことをしていたら、だんだん出来るようになりました。

ハウスは好きな場所

大きくなってきたら、お昼寝をするのも部屋よりケージの中の方が良くなって、眠くなるとケージに入りたがりました。

しかし、面白いことに「ハウス」と言われないとケージに入ってはいけないと思っていたようです。

ケージに入りたくなるとケージの前まで行って

ハウスに入っていい~?

と振り向いていました。

振り向く犬

いいよ。

ハウス。

と言ってあげると、ケージに入っていました。

でも水が入っていると、出して床を綺麗に拭いてあげないと、入ってくれませんでした。

いいよ。

ハウス。

と言っても、もう一回振り向くんですよね。

昼間もハウスでは、こんな風にくつろいでいました。

ケージでくつろぐ犬

まとめのようなもの

ハウスの指示で、いつでもケージに入れるようになって、OKと言ったら出てくるというルールができました。

ハウスが落ち着ける場所になると、生活の中のいろいろなシーンでとても楽でした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
あおむけ抱っこ
NEXT
要求吠え・甘噛み!子犬生後2か月の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

8回目のレクチャー

2014年4月20日 8回目のレクチャーでした。 今回はイズモ達の母犬アリスちゃん一家も参加してく

記事を読む

女の子だもん 初めてのシーズンを迎えた犬の様子

2014年2月 イズモは生後8か月を7日過ぎた、2月27日に初めてのシーズンを迎えました。

記事を読む

7回目のレクチャー

2014年3月23日 7回目のレクチャーでした。 久し振りに兄弟姉妹に会えて大喜びの犬たち。

記事を読む

犬の伸び「後ろ足編」

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

いずも

幸せの片道切符

ステイわんこの1号さんを送り届けた1月4日の夜、富士ハーネスから電話がありました。 イズモの譲

記事を読む

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを

記事を読む

2回目の家庭訪問

2014年1月 24日は訓練士さんによる家庭訪問でした。 家庭訪問、レクチャー、電話での

記事を読む

抜け毛ごっそり

2013年 11月半ば頃になるとイズモの抜け毛が凄い量になりました。 先輩パピーウォーカ

記事を読む

5回目のレクチャー

2014年1月19日 5回目のレクチャーでした。 途中で寄ったショッピングモールの駐車場に雪が積

記事を読む

他犬に吠えるのは飼い主のせいかも?

イズモは生後8か月になる頃から、お散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまいました。 犬を見つけ

記事を読む

撫でると人の手を甘噛みしちゃう犬にはおもちゃを噛んでもらう

ウェルシーを連れて埼玉県の智光山公園(ちこうざんこうえん)に行きました

くつろぐ犬
下痢しちゃうし犬を太らせるのも難しい

ウェルシーの入所時の体重は22.4㎏でした。 繁殖犬になったウェルシ

座る犬
成犬なのにしかも他人様に甘噛みしちゃう犬

ウェルシーの課題として 甘噛みが治らない。 というのがあります。

座る犬
面倒見ているのは私なのに愛犬に嫌われ仲直りしたいです

私の友人はトイプードルを飼育しています。 名前はみかんちゃん。 ご

青葉珈琲朝霞店
犬連れ青葉珈琲朝霞店・木陰のテラスでゆったりランチ

ウェルシーだよ♪ 5月12日は母の日だったよ。 ママのお母さんを誘

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑