子犬のハウストレーニング|子犬がハウスを好きになる教え方

日本盲導犬協会では委託犬の誤飲事故を防ぐため、夜間やお留守番のときはハウスに入れるように指導しています。

パピーウォーカーは子犬を迎えたその日の夜から、子犬をケージで寝かさなくてはなりません。

なるべく早くハウスが好きになって欲しいですよね。

ハウスの役割

人が目を離す留守番時や夜間は、犬をケージやクレートに入れておくことで、誤飲事故やいたずらを防ぐことができます。

人の都合を言えば「安全のため」ということになります。

しかし、犬が閉じ込められている(実際は閉じ込めているのですが)と感じてしまうとハウスにいることがストレスになり、吠えたりハウスの中で暴れたりします。

犬の都合を言えば、犬には誰にも邪魔されない安心・安全な場所が必要です。

家庭犬の場合は、ハウスを使うかどうかは飼い主さんの考え方によりますが、日本盲導犬協会ではハウスを、犬が安心して落ち着ける場所と位置付けています。

ハウストレーニング

こちらは事前説明会での練習の様子です。

犬を制御しやすいように、リードをつけて練習しています。

  • おもちゃなどで誘い「ハウス」と声をかけてケージの中に誘導する。
  • ケージに入ったら良く褒めて扉を閉める。

ケージに入る子犬

犬には勝手にケージから出ず「OK」の指示で出ることを教え、出てきたところを褒めます。

ケージから出る子犬

ハウスが好きになるように教えていくためには、ちょっとコツが必要です。

パピーウォーカーは、夜間は子犬をケージで寝かさなくてはいけないため、パピーを委託されたその日から「ハウスのしつけ」が始まります。

ハウスでフードを与える

これは、ハウスがいいところだと犬に印象付けるためです。

イズモは最初の頃、ハウスと言ってもなかなかケージに入ってくれませんでしたが

イズモ、ごはんだよ。

ハウス♪

と言うと、すっ飛んでケージに入っていました。

ケージでフードを食べる子犬

ハウスはごはんを食べられるいいところなんだなあ~♪

さすが、食いしん坊のラブラドールですよね。

おもちゃを投げ入れて持ってきてもらうなど、遊びの延長もハウスへ足を入れる抵抗を減らすことができます。

日常的に短時間ケージに入れる練習をする

イズモから目を離す時は、事故や誤飲を防ぐために、必ずケージに入れていました。

しかし、待たなければいけないときだけケージに入れていると、ハウスが楽しい場所ではなくなってしまいます。

練習の初期は

  • 「House」の指示で入ってくれたら、すぐに出して褒める。
  • 時間を5秒10秒・・・1分などと伸ばす。
  • 物を取りに行くなど、ちょっとした用事のときにケージに入れてみる(1~2分、人がイズモの視界から消えることになります)

などと、少しずつ練習しました。

昼間も、遊んであげて眠くなったタイミングでケージに入れて、1日のうちに1~2回はケージで寝かせるようにしました。

ハウスで眠る犬

その時は、私もイズモのそばで洗濯物を畳んだり、家計簿をつけたり、本を読んでいたり、なるべくイズモのそばにいるようにして、目が覚めてもママはそばにいるよ、という状態にしていました。

物音で目覚めても、そばにいるとわかるとまた安心して眠っていました。

短時間から始めて、ケージの中は

誰にも邪魔されない落ち着く場所なんだよ~♪

と教えていくようにしました。

やってはいけないこと

  • 入ろうかな?どうしようかな?と躊躇する子犬のお尻を押すなどして、無理やりハウスに入れること。
  • いたずらをしたなどの理由で、ハウスに入れ「お仕置きの場所」にすること。

ハウスは指示されたら自発的に入るように、普段から「楽しい場所」にしておきます。

無理強いしたり、閉じ込めることを目的にすると、ハウスが嫌いになってしまいます。

ハウスは好きな場所になりました

大きくなってきたら、お昼寝をするのも部屋よりケージの中の方が良くなって、眠くなるとケージに入りたがりました。

しかし、面白いことに「ハウス」と言われないとケージに入ってはいけないと思っていたようです。

自由に入ってくれていいんですけどね(苦笑)

ケージに入りたくなるとケージの前まで行って

ハウスに入っていい~?

と振り向いていました。

振り向く犬

いいよ。

ハウス。

と言ってあげると、ケージに入っていました。

でも水が入っていると、出して床を綺麗に拭いてあげないと、入ってくれませんでした。

いいよ。

ハウス。

と言っても、もう一回振り向くんですよね。

昼間もハウスでは、こんな風にくつろいでいました。

ケージでくつろぐ犬

まとめのようなもの

ハウスの指示で、いつでもケージに入れるようになって、OKと言ったら出てくるというルールができました。

ハウストレーニングは、子犬がハウスは閉じ込められる場所ではなく、安心してくつろげる場所だと感じてもらうことが大切です。

楽しい場所、安心できる場所、と印象付けるように教えていきます。

視界を遮った方が落ち着く仔もいるので、毛布などで見えるところを覆ってあげるのもいいですね。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
あおむけ抱っこ
NEXT
要求吠え・甘噛み!子犬生後2か月の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

他犬に吠えるのは飼い主のせいかも?

イズモは生後8か月になる頃から、お散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまいました。 犬を見つけ

記事を読む

100%間違っていた子犬の甘噛み対策

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

さよならイズモ

犬は1歳前後でお別れというパピーウォーカーの定め!委託修了式

2014年7月27日 前日から山中湖近くに宿泊していた私たちは、富士ハーネスへ向かって宿を出発

記事を読む

クレイジー7か月~思春期がはじまるよ~

イズモのお気に入りのおもちゃ。 ホースを適当な長さに切って、両端を結んだだけのもの。 結

記事を読む

2回目のレクチャー

2013年10月20日 2回目のレクチャーでした。 残念ながらまた写真がありません。 わんこた

記事を読む

犬の伸び「後ろ足編」

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

留守番上手な子犬に育てるしつけともう1つの大切なこと

基本的に犬は留守番が苦手ですが、子犬ならなおさらですね。 一人になるのは寂しいので、シオンは留守番

記事を読む

膝の上で眠る子犬

盲導犬パピーと家庭犬の子犬の違いを考えてみた

パピーウォーカーは、盲導犬の候補犬として生まれた子犬を、生後2か月頃から1歳の誕生日前後まで、一般家

記事を読む

要求吠え・甘噛み!子犬生後2か月の悩み

2013年の8月24日に、わが家にイズモがやってきました。 私にとっては最初の1週間が、とても長く

記事を読む

CC犬イズモ

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを迎え

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑