クレートトレーニングはやっぱり必要

先日、夜の8時過ぎに家族が救急車で病院に搬送されたという連絡を受けました。

重篤なものではないので、心配しないでくださいね。

電話がきたので病院に駆け付けたいです。

でも、もう夜。

夜の間に帰って来られるかどうか行ってみないとわからないので、ツムギを一人で留守番させるのは不安です。

よし、連れて行こう!

ツムギをクレートに乗せて、病院まで1時間ちょっとの道のりを急ぎました。

病院に着きましたが、当然犬は建物内に入れないので、そのまま車の中でお留守番です。

ツムギはずっといいこに待っていてくれました。

途中で夫がツムギを外に出して、排泄をさせてくれました。

外でのワンも指示で出来るようになっているので、ツムギもトイレを我慢することもなく、その後ものんびりクレートで待っていてくれました。

念のためにツムギの翌朝のフードも持参しましたが、夜のうちに帰宅できました。

ツムギがクレートでおとなしく待つことができるようになっていてくれて、本当に助かりました。

つむたん、ありがとう。

(写真は使いまわし)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本盲導犬協会では、夜やお留守番、人が目を離す時は、パピーをケージやクレートに入れるように指導しています。

なので、パピーウォーカーさんたちは皆ハウスやクレートトレーニングをしています。

日頃からクレートに入ることを嫌々ではなく、Houseと言ったら進んで入ってくれるようにしておかないと、非常時だけクレートに入っていいこにしているというのは無理ですよね。

わが家でもハウスやクレートの練習は、協会の指導に沿って以下のような方法でしていました。

クレートを部屋に置いて扉を開けておいて、おもちゃを投げて取ってくる遊びや、おもちゃを持って中に入ったり出たり、自由に出入りして遊ばせました。

遊び疲れて眠くなると、ケージやクレートに入れて扉を閉めてそのまま眠るようにして、昼間も時々ケージやクレートで眠る体験を積ませていました。

ケージやクレートは自由に出入りしたり、遊んだり、のんびり眠ったりできる楽しい場所なんだよと印象付けていきます。

ケージの中でフードを食べさせるのも、ケージは楽しい場所というイメージをパピーに持たせるためです。

ケージでごはんを食べたり、のんびりくつろいで眠る経験を積んで、パピー達はケージやクレートに入って、落ち着いていられるようになっていきます。

私の周りでは、わんこは室内フリーで夜は一緒に寝ているよ。

という飼い主さんもいます。

いいなあ~と思っていましたが、犬がクレートに入っておとなしくしていることが出来ないと困ることもあるかもしれませんね。

閉じ込めるのは可哀想と言う人もいますが、ストレスがかからないように練習していけば、ケージやクレートを嫌いにはならないと思います。

今回のアクシデントがあって、24時間OKのわんこシッターを頼める人が身近にいないわが家では、自分の犬であったとしてもクレートトレーニングは必用だなと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後8か月齢の忘備録
NEXT
お見送り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    多頭飼いをしてきて、初代の犬たちはケージを置いていなかったので、
    留守番も部屋フリー、就寝時も一緒に寝ていました。

    今のランボーロッキーは、ケージを今に二つ置いて(置く場所も大切です)
    留守番はもちろん、散歩→ごはんの後はハウスで休む、ハウスレストが定着しました。
    一番安心できる場所がハウス=クレート(ケージ)ですね。
    ケージなので、入り口以外の3方は布で覆って少し暗くしていますが
    それが、巣穴のような感じで落ち着くんだろうと思います。

    ランボーは我が家のガードマン的存在で、しっかり運動させてくったくたに
    疲れさせても、物音やピンポンにすぐに反応してフンガー!と興奮し
    て吠えが出てしまうので、できるだけ家の中でピリピリしなくていいように、
    可能なマネージはまずやるようになりました。
    以前は、マネージは負け!と思っていた
    一緒に暮らすのだから、お互いの歩み寄りは大事ですね(^^)
    こちらもやれる事はちゃんとやってるからこそ、
    自信を持って、ブレズに「こうしろ!」って指示が出せるんですね(笑)

    部屋でフリーにしていた私も、今は犬たちに安心できる場所を作ってやれて
    よかったなあと思っていますよ。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      私はケージやクレートに入れて扉を閉めてしまうのは
      犬の自由を拘束しているような気がして、心苦しかったんですよね。

      でも、犬の方はのんびりくつろいでいるので、これでいいのかなと思うようになりました。

      ランボー君は、ガードマン気質なのですね。
      ちょっと吠えてくれる方が、誰か来た?とわかって有難いような気もしますが
      犬自身は神経が疲れるのかもしれませんね。
      できるなら、人がほぐしてあげたいですよね。

      人に愛されていることを感じてこそ、犬も人が大好きになりますよね。
      人が命令をして「ハイ!」と聞くだけの犬では
      ロボットみたいで犬の心が壊れていないか、心配になります。

      ロッキー&ランボー君
      素敵なママさんで幸せだね☆

  2. グラン♪のPWです より:

    まずは ご家族のお身体 お大事になさって下さいませね

    それと*もしも …ですが また つむたん♪を緊急で お預けしなければ! という事態が起きた場合には 我が家が 24時間わんこシッターとして 駆けつけますよ~☆

    協会のご意向も 伺いつつ…とりあえず!の つもりで どうぞ遠慮なく声を掛けて下さいね。

    つむたん♪ いつでもどこでも 良い仔ね( 〃▽〃)

    今回も きっと パパさん*ママさんは お利口さんなつむたん♪のお陰で とても 助かった事でしょう…。

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      ありがとうございます。
      実は一瞬考えましたが、ツムギも8か月齢ですし
      ステイの良い経験になるかも?とも思いました。
      これが真夏の熱帯夜だったら
      協会に連絡したのち、遠慮なくお願いしていたと思います。
      何かあったら24時間わんこシッターとして頼りにさせていただきますね。

関連記事

窓際の夢

特別なことが無い限り、朝のお散歩はパパさん担当です。 そろそろ帰って来るかな?

記事を読む

ごはんを待っていられるよ フードの与え方

初日にすごい勢いでごはん吠えしてしまったツムギさんですが、吠えたらいけないのだということを理解したの

記事を読む

他人の犬に勝手に触るな~!

お祭りの日、歩道に座って盆踊りを見ていました。 目の前をいろいろな人が通り過ぎますが、ツムギは

記事を読む

ストライキ 寝るなんて・・・やだ!

ある日のことです。 もう夜も遅くなってきました。 ツムギに最後のワンをさせて、ケージに入

記事を読む

楽しく遊べる犬のおもちゃ

二頭目の パピーを迎えるにあたって、おもちゃの確認(壊れているものは処分)と追加購入をしました。

記事を読む

そうだ!富士ハーネスへ行こう!

山中湖に一泊し、朝起きたら雨でした。 雨が降らなかったら山中湖で遊んで、忍野八海を回る予定でし

記事を読む

お散歩のおみやげ

元気に朝のお散歩に出かけたパパとツムギ。 やがて 「ただいま~♪」 と帰ってきまし

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

盲導犬 トイレのお話 パピーウォーカーも募集中

つむたん地方は、昨日は雨の朝でした。 土砂降りの雨だったので、朝の散歩はお休みにしました。

記事を読む

車酔いする犬

ツムギは瞼の裏側に小さいブツブツが出来ていて、委託の前から訓練センターの獣医さんに目薬を処方されてい

記事を読む

7/17BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

7月17日、19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」にて

高松丸亀町商店街「盲導犬育成募金活動」 ツムギ四国に行く

6月23日と24日、日本盲導犬協会の島根あさひ訓練センターのイベント

ふるさと納税で殺処分ゼロに協力できます

私たちの支払う税金は、その使い道を納税者が選ぶことはできませんが、ふる

6/26BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

6月26日、19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」にて

6/19BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

6月19日、19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」にて

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑