室内犬はケージ飼いと放し飼いどちらがいいの?

公開日: : 犬育て

犬を室内で飼育するにあたって

ケージに入れたほうがいいのか?

室内でフリーで生活させた方がいいのか?

悩みませんか?

犬のケージ飼いと室内フリー飼い

ケージを使う場合、人のライフスタイルによって犬がケージで過ごす時間も違ってくると思います。

室内フリーであっても

  • 全てフリー。
  • 場所を制限してフリー。
  • お留守番はケージで過ごす。

など、家族のライフスタイルや犬の性格によってさまざまだと思います。

「正解」はあるのでしょうか?

ケージを使う場合のメリットとデメリット

ケージは道具なので、使い方によってメリットもデメリットもあります。

メリット

安全

特に子犬は何でも口に入れてしまうので、目を離すとき、お留守番、夜間などにケージに入れておくと、物理的にいたずらができないので安全です。

デメリット

狭い空間に閉じ込められて長時間「暇」になるとストレスになります。

ケージから出した瞬間に興奮して、部屋の中を走り回ったり興奮による噛みつきをする仔もいます。

フリーだとテリトリー意識が強くなる?

家の中を自由に動けるようにすると、家全体を自分のテリトリーと見なしてしまい、吠えがひどくなるということを聞きます。

テリトリー意識については、個人的には広さというより、その仔にとって家の中で安全で安心できる場所が無いことが大きいのではないかと思います。

ケージを使って安心できる場所を用意してあげるのもいいし、机の下が落ち着く仔もいます。

外の音や視界を遮ると大丈夫という仔もいます。

その仔の性格に応じて対策も違ってくると思います。

ケージを使いながら室内フリーに近い生活

日本盲導犬協会ではケージを使用します。

理由はやはり安全面で、人が目を離すとき、お留守番、夜間は犬をケージに入れるのがお約束です。

それ以外では、1日に何時間ケージに入れるなどの制限はありません。

室内フリーにするためには

  • 部屋を片付け犬目線で安全な環境を整える。
  • トイレのしつけができている。

これは最低条件です。

安全面からキッチンには柵を設け、トイレや浴室も扉を閉めて犬が自由に出入りできないようにするボランティア家庭が多いです。

柵の前にいる犬

わが家でのケージの使い方は、人の目があるときは扉を開けっぱなしにしてあって、出入り自由です。

ケージで眠る犬

ひとりでいたいときに、人の視界を全く遮れないことがストレスになる仔もいます。

ウェルシーも隠れ家っぽい方が落ち着くみたいなので、前面以外は毛布で視界を遮ってあります。

(敷物は人の目があるときのみ入れています)

毛布で覆われたケージ

このあたりは個体差があるみたいで、人の姿が見える方が安心するという仔もいました。

その他にも、部屋でくつろぐときの専用布団もあります。

マットで眠る犬

ブログ更新中のため、パソコンのアダプターがありますが、普段は片づけてあります。

冬は陽だまり

窓辺で眠る犬

夏はアルミプレート

など、季節ごとに心地いい場所に行きたいので、ケージ以外にもウェルシーが安心して落ち着ける場所を用意しています。

ケージの使用は犬の個性に合わせて

私の場合は選択肢は無いのですが、家庭犬の場合はケージの使用は、人のライフスタイルや犬の個性に合わせればいいのではないかと思います。

犬は穴蔵のようなところを好むと言いますが、狭いところが苦手な仔もいます。

うちはシオンがそうで、ケージに入ってはくれましたが、好きにはなってくれませんでした。

パピーの頃にみんなが楽しんだこのスペース(テーブルの下に折りたたんだ椅子を収納できるスペースがあります)にも、シオンは一度も入りませんでした。

隙間に入る犬

そういう仔は無理にケージに入れるより、その仔が好むような落ち着ける場所を用意してあげる方が、犬にとってもストレスにならないのではないかと思います。

ケージが安心できる仔であればケージを使ってあげれば良いでしょう。

まとめのようなもの

室内犬のケージについての考え方は

  • 犬は放し飼いにはせずケージ飼いをした方が良い

犬にはテリトリー意識があるので、放し飼いにすると守る範囲が広くなりストレスになる。

  • 犬は放し飼いにするべき

飼い主と共に行動できないことがストレスになる。

どちらの考え方もあって悩みますね。

私は盲導犬協会の犬を飼育しているので選択肢はありませんが、家庭犬であれば、家族のライフスタイルや犬の個性に合わせて、ケージを使用するかしないかを決めていけばいいと思います。

犬の成長によっても変わってくるかもしれませし

今のその仔にとって、どんな環境が幸せなのか?

それを考えることが大切です。

考え方としては、ケージを使わない場合も

犬には安全で安心してくつろげるスペースが必要。

ケージを使う場合も

ケージは、犬が安全で安心してくつろぐためのスペースであって、犬を閉じ込める場所ではない。

だと思っています。

ケージを使う場合は、ケージは

安全で安心して過ごせる場所。

ということを犬に教えるようにハウストレーニングをしましょう。

関連記事→ハウスが好きになるしつけ方

(写真は黒ラブはツムギ、それ以外はウェルシーです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
夏の犬のお散歩はクールベストでクールダウン効果!
NEXT
出産に備えて犬の体重を増やしたい!成果がでてきたよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ツムギのゴールデンウィーク

ツムギだよ~♪ なんだかみんなお出かけしているみたいなの。 「なんで?」ってママに聞いた

記事を読む

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

どうすれば願いが叶うのだろう?要求吠えの代わりに

ウェルシーは家に来た頃、わりと吠える印象がありました。 たくさん吠えるわけではないのですが、何かと

記事を読む

犬育て その仔の良いところを見る

以前、訓練士さんに 「ツムギは少し繊細な仔ですが、ツムギの表情や行動を観察して、ツムギに負担な

記事を読む

犬をいいこに育てるには?

ウェルシーママです♪ 愛犬についてお悩みはありますか? 私は 吠える 噛

記事を読む

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれぞれなのですが、シオンとウェル

記事を読む

ストライキ!夜だけはケージで寝るのを嫌がる犬

イズモはハウスが好きな仔で、昼間は部屋で寝ていても本格的に寝るときは自らケージに入って眠る仔でした。

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

気を引きたいの!

最初 大変かな? と思ったシオンのトイレトレーニングですが、まずまず順調に進んでいます。

記事を読む

ハウスは嫌なの!駄々をこねる犬

犬と一緒に生活をする中で、なるべく犬が嫌だなと思うことをしないで暮らせればいいのでしょうが、人の都合

記事を読む

アイコンタクトをする犬
甘えん坊犬は幸せな犬!愛情を注いで育てるってどういうこと?

私はいろいろな方のブログを読むのが好きなのですが、あるブログに 甘え

クレートで眠る犬
犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生ま

富士山
犬連れ富士山(五合目)初心者も富士山を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 日本が誇る世界遺産! 富士山に連れて行ってもらったよ

伏せる犬
わがまま犬は愛情深い犬!どうせなら可愛いわがまま犬に育てよう

ウェルシーは、自己主張したり焼きもち焼いたり、そうかと思うと人の機嫌を

梅雨の時期に犬のためにしてあげられること

6月に入りましたね。 沖縄はすでに梅雨入りしていますが、西日本、東日

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑