室内犬はケージ飼いと放し飼いどちらがいいの?

公開日: : 犬育て

犬を室内で飼育するにあたって

ケージに入れたほうがいいのか?

室内でフリーで生活させた方がいいのか?

悩みませんか?

犬のケージ飼いと室内フリー飼い

ケージを使う場合、人のライフスタイルによって犬がケージで過ごす時間も違ってくると思います。

室内フリーであっても

  • 全てフリー。
  • 場所を制限してフリー。
  • お留守番はケージで過ごす。

など、家族のライフスタイルや犬の性格によってさまざまだと思います。

カメラ目線の犬

「正解」はあるのでしょうか?

ケージを使う場合のメリットとデメリット

ケージは道具なので、使い方によってメリットもデメリットもあります。

1.メリット

  • 安全

特に子犬は何でも口に入れてしまうので、目を離すとき、お留守番、夜間などにケージに入れておくと、物理的にいたずらができないので安全です。

2.デメリット

狭い空間に閉じ込められて長時間「暇」になるとストレスになります。

ケージから出した瞬間に興奮して、部屋の中を走り回ったり興奮による噛みつきをする仔もいます。

フリーだとテリトリー意識が強くなる?

家の中を自由に動けるようにすると、家全体を自分のテリトリーと見なしてしまい、吠えがひどくなるということを聞きます。

テリトリー意識については、個人的には広さというより、その仔にとって家の中で安全で安心できる場所が無いことが大きいのではないかと思います。

ケージを使って安心できる場所を用意してあげるのもいいし、机の下が落ち着く仔もいます。

外の音や視界を遮ると大丈夫という仔もいます。

その仔の性格に応じて対策も違ってくると思います。

ケージを使いながら室内フリーに近い生活

日本盲導犬協会ではケージを使用します。

理由はやはり安全面で、人が目を離すとき、お留守番、夜間は犬をケージに入れるのがお約束です。

それ以外では、1日に何時間ケージに入れるなどの制限はありません。

室内フリーにするためには

  • 部屋を片付け犬目線で安全な環境を整える。
  • トイレのしつけができている。

これは最低条件です。

安全面からキッチンには柵を設け、トイレや浴室も扉を閉めて犬が自由に出入りできないようにするボランティア家庭が多いです。

フェンスの前に座る犬

わが家でのケージの使い方は、人の目があるときは扉を開けっぱなしにしてあって、出入り自由です。

ケージで眠る犬

ひとりでいたいときに、人の視界を全く遮れないことがストレスになる仔もいます。

ウェルシーも隠れ家っぽい方が落ち着くみたいなので、前面以外は毛布で視界を遮ってあります。

(敷物は人の目があるときのみ入れています)

毛布で覆われたケージ

このあたりは個体差があるみたいで、人の姿が見える方が安心するという仔もいました。

その他にも、部屋でくつろぐときの専用布団もあります。

マットで眠る犬

ブログ更新中のため、パソコンのアダプターがありますが、普段は片づけてあります。

冬は陽だまり

窓辺で眠る犬

夏はアルミプレート

など、季節ごとに心地いい場所に行きたいので、ケージ以外にもウェルシーが安心して落ち着ける場所を用意しています。

ケージの使用は犬の個性に合わせて

私の場合は、日本盲導犬協会のお約束を遵守する必要があるので

  • 人の目があるときは室内フリー。
  • 人の目が無い夜間や留守番時はケージに入ってもらう。

という暮らし方をしていますが、家庭犬の場合はケージの使用は、人のライフスタイルや犬の個性に合わせればいいのではないかと思います。

犬は穴蔵のようなところを好むと言いますが、狭いところが苦手な仔もいます。

うちはシオンがそうで、ケージに入ってはくれましたが、好きにはなってくれませんでした。

パピーの頃にみんなが楽しんだこのスペース(テーブルの下に折りたたんだ椅子を収納できるスペースがあります)にも、シオンは一度も入りませんでした。

隙間に入る犬

そういう仔は無理にケージに入れるより、その仔が好むような落ち着ける場所を用意してあげる方が、犬にとってもストレスにならないのではないかと思います。

ケージが安心できる仔であればケージを使ってあげれば良いでしょう。

まとめのようなもの

室内犬のケージについての考え方は

  • 犬は放し飼いにはせずケージ飼いをした方が良い

犬にはテリトリー意識があるので、放し飼いにすると守る範囲が広くなりストレスになる。

  • 犬は放し飼いにするべき

飼い主と共に行動できないことがストレスになる。

どちらの考え方もあって悩みますね。

家庭犬であれば、家族のライフスタイルや犬の個性に合わせて、ケージを使用するかしないかを決めていけばいいと思います。

パピーの頃は、目を離せないことが多かったのでケージが必要だったけれど、成犬になったらいたずらもしないので要らないわ。

などと、犬の成長によっても変わってくるかもしれませんし

今のその仔にとって、どんな環境が幸せなのか?

を考えることが大切です。

考え方としては、ケージを使わない場合も

  • 犬には安全で安心してくつろげるスペースが必要。

ケージを使う場合も

  • ケージは、犬が安全で安心してくつろぐためのスペースであって、犬を閉じ込める場所ではない。

だと思っています。

ケージを使う場合は、ケージは

安全で安心して過ごせる場所。

ということを犬に教えるようにハウストレーニングをしていきます。

間違ってもケージを「お仕置きの場所」にしないようにしましょうね。

関連記事→子犬のハウストレーニング|子犬がハウスを好きになる教え方

(写真は黒ラブはツムギ、それ以外はウェルシーです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
夏の犬のお散歩はクールベストでクールダウン効果!
NEXT
出産に備えて犬の体重を増やしたい!成果がでてきたよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

生後2か月の子犬の接し方 冒険と甘えとしつけ

シオンがわが家に来て約1か月。 家での生活にも大分慣れてきました。 毎日冒険 子犬がおうちに慣れて

記事を読む

部屋で伏せる犬

犬の要求を聞きすぎると犬がわがままになるらしい

わが家では「遊んで」「抱っこ」などの犬の要求は、可能な限り聞いてあげるスタンスなので、私は友人など

記事を読む

コスモスと犬

犬の性格は生まれつき?育て方で変えられる?人懐こい犬に育てるには

犬は飼い主に似る。 なんてよく言いますよね。 わんこの性格を育て方や環境で「人懐こい仔」に育てる

記事を読む

子犬の問題行動を治すキーワードは「落ち着き」

3月26日にシオンが家にやってきて、2か月ちょっとが経ちました。 6月1日でシオンは生後4か月齢に

記事を読む

隙間に入る子犬

子犬を迎えたら|しつけの前に「子犬にはできないこと」を理解しよう

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家に来るのは子犬でした。 パピーウォーキングにはいろいろ

記事を読む

眠る犬

犬の焼きもちは治せる?焼きもちをやく犬の気持ちと対処法

ウェルシーは焼きもちやきです。 パピーの頃にもこんなことがありました。 こちら→電話に焼きもちをや

記事を読む

伏せている犬

飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっしゃい。 わが家でお預かりし

記事を読む

ハウスは嫌なの!駄々をこねる犬

犬と一緒に生活をする中で、なるべく犬が嫌だなと思うことをしないで暮らせればいいのでしょうが、人の都合

記事を読む

かまってアピールをする犬は思い切りかまってあげよう

かまってほしいとアピールしてくる犬を、忙しいときにはしつこい、うざい、と思ってしまうかもしれませんが

記事を読む

見上げる犬

犬がわがままで反抗的で困っています

友人で うちの仔はわがままで困る。 という人がいます。 (謙遜なのかもしれませんが) 私は基

記事を読む

カートに乗る子犬
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

コロナ禍でおうち時間が増える中、犬や猫の飼育頭数は増えていますが、そ

飼主と並ぶ犬
ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。 ユオン君

河口湖
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、奥

新倉山浅間公園
犬連れ富士山と桜旅|新倉山浅間公園

ウェルシーだよ。 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、新

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑