犬育て その仔の良いところを見る

公開日: : 犬育て

以前、訓練士さんに

「ツムギは少し繊細な仔ですが、ツムギの表情や行動を観察して、ツムギに負担なく人が求める姿に変えていく方法をたくさん考えていただき、良いところを伸ばしていますね」

と言っていただいたことがあります。

訓練士さんは犬だけではなく、パピーウォーカー育ても上手なので

「こうするともっと良くなります」

というご指導と共に、パピーウォーカーの良いところや努力しているところを褒めてくださり、パピーウォーカーのやる気を引き出してくださいます。

私はイズモのときは全く初めての犬育てで、難しいと感じることや、うまくいかなくて悩むことも多く、訓練士さんにはいつも

「イズモの良いところを見てあげてくださいね」

と言われていました。

しかし、当時はなかなかイズモの良いところを見てあげられていませんでした。

こうあって欲しいと、犬に望む気持ちの方が大きかったのだと思います。

一方的に人の要望を犬に押し付けるのではなく、その仔の気持ちに寄添って、やる気を引き出していくことが必要なのでしょうね。

上から目線で「従わせよう」というのは、どこかに破綻をもたらしますよね。

それなのに絶対に人が上じゃないといけないと思っていて、できるだけ従わせようと思っていました。

犬を従わせるのではなく、犬の方から喜んで従ってくれるように持っていかなくては意味がありませんよね。

それに気づいた時、イズモは心から私達との生活を楽しんでいくようになっていきました。

「犬ってね、大変なこともあるけれど、心が通い合うと本当に素敵なパートナーになれるんだよ」

イズモが身を持って私に教えてくれたのだと思っています。

イズモからの贈り物を大切にしなくちゃですよね。

o0400030013045774136[1]

私のブログを読んでくださった方で、多分男性の方だと思うのですが、メッセージをいただいたことがあります。

私は今は犬を飼っていませんが、定年退職したら犬を家族に迎えようと思っています。

私は犬を厳しく躾けるつもりでいました。

ツムギママさんのブログを読んで、考え方が変わりました。

犬を迎えたら、愛情をたくさんかけて育てようと思います。

なんだかね・・・。

嬉しかったですね。

おうちにいられる時間が増えたら、利己的ではない愛情をたくさん注いで、わんことの暮らしを楽しんで欲しいなと思いました。

私は犬については全く無知のところから犬育てが始まっていますから、うまくいったところもいかなかったところも、試行錯誤したところもたくさんありますし、これからもあるでしょう。

それはみんな私の宝物なので、なるべく詳細にブログに書いていこうと思っています。

次の仔の時の参考にもなりますし、私のブログを読んでそうだよねと思ってもらったり、反面教師にしたり、良くも悪くも犬を育てている人の参考になればいいなと思います。

DSCF9945

ツムギにも良いところがたくさんあります。

「悪いところなんてありません」

と思ってしまう程です。

はい。

もちろん親バカです。

欠点があっても見方を変えれば個性なので、その仔のありのままを受け止めて、心の幅を広げてあげられたらいいなと思います。

その方が犬の欠点を数えて良いところを見失うより、ずっと犬育ては楽しいですよね。

完璧な人もいないように、完璧な犬もいませんしね。

PC052895

お気付きかと思いますが青文字のところ、人育てにも犬育てにも通じるところなんですよね。

さすが訓練士さん、はるかに上を行っていますよね!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬も日向ぼっこが好き
NEXT
おもちゃで遊ぶ冬の午後

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    新しい年になりました。
    遅ればせながら、おめでとうございます。

    今年もよろしくお願いします(*^_^*)

    背中をまあるくしたツムたんの姿。たまらないですね(*^_^*)
    ひとつ前の記事でしょうか、ツムたんはママの抱っこよりパパの抱っこがいい?
    なんでしょう、うちもパパの抱っこがいいようですよ。
    暖かいのと、広々していて寝心地がいい、ということだと思います!(^_^;)
    そういう物理的な理由にしておきましょう!笑

    その仔のいいところを見る。
    本当にそうですね。
    犬に欠点なんて一つもないと思ってます。
    もし、んん~?あれぇ~?と欠点と思われるところがあるとすれば、
    それはそのまま、私たち人の方の問題なんですよね。
    ランボーロッキーと暮らしていて、ランボーは本当によく人を見るなあと
    最近ことに思います。
    自分の意識や心模様がそのまま反映されていると思ってよいくらいです。笑

    犬との関わりは、その人その家族それぞれだと思いますが、
    犬たちの気持ちを無視するような行いは、あってはならないことですね。
    では、犬の気持ちって?
    それをわかりたいから学ぶんだなあと思ってます。笑
    これからも、もっと深く繋がれるよう、2頭と楽しく共に生きていこう!と思います。

    ツムたんとのかけがえのない時間。いっぱいいっぱい楽しんでくださいね。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      新年おめでとうございます。
      ことしもよろしくお願いいたします。

      犬を育ててみて、犬の気持ちがもっとわかったら、もっと犬との暮らしが楽しいだろうなと思うようになりました。

      犬はみないいこですものね。
      うまくいかないところがある時は、人の方に原因があるのでしょうね。

      ランボー君は人のことをよく観察しているのですね。
      大好きな家族をもっとよく知りたいと思っているのかもしれませんね。
      人は犬ほど相手(犬)のことを観察していませんし、気にかけていませんよね。
      そのくせ、言うこと聞いてよと思う・・・犬から見たらかなり身勝手な生き物かもしれませんね。
      私ももっと学んでいきます。

  2. くるみ より:

    来月7日で3才になるチョコ…少し落ち着くかな?と思ってたら、ここ数日また悩みの種が…

    主人が夜勤になると、寂しいのか…休みの時に甘やかすからか、ワガママや吠えがひどくなり…困ってるワタシ…です

    • gd.vol より:

      くるみさん
      チョコちゃん、お父さんがいないと寂しいのですね。
      おとうさんには勝てないかもしれませんが、チョコちゃんの好きなことをしてあげて、心が満たされるといいですね。
      チョコちゃん、素直なので心が満たされれば落ち着いてくると思いますよ~。

      あと1か月でお誕生日なんですね。
      生後1か月ちょっとで保護されたチョコちゃんを迎えて、頑張ってきましたね。
      大変なこともたくさんあったと思います。
      チョコちゃん、こんなに人懐こく育ち、賢くなって、いいおうちに迎えられて幸せわんこですね。
      これからも、チョコちゃんと楽しく過ごしてくださいね。

  3. グラン♪のPWです より:

    訓練士さんの お気持ちやお言葉…いつも 私も心をくすぐられ(*^^*) 素直に 頑張ろう! という気持ちにさせて頂いています~( 〃▽〃)

    良い所をたくさん見つけて 伸ばしてあげる子(仔)育て…☆ 一番大切なことですよね…

    もうすぐ迎えるパピーとの暮らしの中で いつも心に留めていこうと 改めて想いました。

    大切なことを もう一度想い出させて下さって ありがとうございます( 〃▽〃)

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      グラン家にもうすぐ来るパピーも、きっといいところがいっぱい。
      その一つ一つを健やかに伸ばして、いいこに育てるのだろうな~。
      グラン家にパピーが来るのが、私も楽しみです。
      お会い出来たら、いっぱいなでなでしちゃおっと♪

関連記事

犬にとって家は休む場所

3月2日付の日本盲導犬協会の協会ブログに、仙台訓練センターでの預かり訓練の様子の第二弾の記事がUPさ

記事を読む

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオ

記事を読む

家族の見送りを日課にする犬

パパが毎朝仕事に出かけるとき、イズモは私と一緒にパパの見送りをしていました。 見送りは日課 あたしの

記事を読む

犬は優しく撫でてもらうのが好き 子供との触れ合い

公園に河津桜の花を見に行った私達ですが、公園にはたくさんの人が訪れていました。 家族連れもたく

記事を読む

犬を叱るときは名前で叱らないで

子犬はかじるのが大好きです。 早くも2日目には、引出の取手や、敷居をカジカジ。 甘噛み防止スプレ

記事を読む

主従関係って何よ?

2013年9月 イズモがわが家にやってきて1か月が経ちました。 イズモは9月20日で、生後3か月

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

伏せる犬

わがまま犬は愛情深い犬!どうせなら可愛いわがまま犬に育てよう

ウェルシーは、自己主張したり焼きもち焼いたり、そうかと思うと人の機嫌をとるように甘えてみたりします。

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

散歩する犬

犬と子供が上手に触れ合うためのステップ

ウェルシーは人が大好きです。 子供も大好きなのですが、人に対しては嬉しさが先行して興奮してしまい、

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑