犬 思春期の処方箋

公開日: : 第一話 イズモ, 犬育て

そんなものはありません(笑)

ただね

初めて犬を育ててみて、犬も人間も成長過程は同じなんだなと感じました。

大人になりかける頃は身体がどんどん大人の身体になっていきますね。

第二次性徴ってやつですよ。

きっと身体の中は大転換、ホルモンのバランスだって変わってきますよね。

それが心にも与えるイライラ感や、自分を持て余すような感覚。

それはきっとこの時期の犬にもあって、発散させる必要があるのだろうな。

そう感じました。

中学生や高校生が部活などで、スポーツや創作活動に打ち込んでいくと、思春期をうまく乗り越えていくことが多いですよね。

運動したり頭を使って身体にも頭にも心地よい刺激と疲れを与えること。

それは犬にとっても大切なのかな?と感じました。

もちろんそれで明日から落ち着いたいい仔になるわけではありませんけど。

運動といえば、まず散歩ですね。

適切な時間はその仔によってそれぞれですが、帰ってきたら犬が「疲れた~」と床に寝そべるくらいが適当な運動量です。

と訓練士さんが言っていました。

この頃のイズモは40~50分の散歩を1日2回していました。

人と一緒に歩くということを心がけながらも、住宅地にある公園の中では「OK」のコマンドでイズモが自由に行きたいところに行って人が後をついて行ったり、イズモのペースで歩いたり止まったりしました。

大きな公園や危なくないところでは一緒に走ったり、またわざとゆっくり歩いてみたりと変化をつけてみるとイズモも私達と一緒に楽しんでくれました。

o0400030013114518097[1]

頭を使う遊びもいろいろ考えて楽しみました。

イズモは何かして欲しいことがあると手を出してくる仔でした。

ねえねえお兄ちゃん、あそぼ。

o0400030013114518098[1]

2回目の家庭訪問の時も訓練士さんに「遊ぼう、遊ぼう」と手を出しました。

訓練士さんは「お手」と言ってイズモにお手をさせ

「今度こっち、右、左、右、もう一回右」

などと次々に手をかえさせたり、同じ手を出させたりしてイズモと遊びました。

イズモは途中で分からなくなって「がぅ~」ってなっていましたけどね。

「犬も今度どっちって言うかな?と集中したり頭を使うので一緒に楽しんでみてくださいね」

と訓練士さんが言うので、さっそく翌日から「お手ゲーム」で遊びました。

イズモがあまりにも楽しそうなので、悪乗りした私はイズモにいろいろな「芸」を仕込んでしまいました。

次回からイズモが覚えた「芸」を紹介します。

しかしこれは「芸」であり出来る必要はないことですし、遊ぶことがそんなに好きではない仔に教えようと思うとストレスになるかもしれません。

イズモにとっては楽しいことであり、私達とのコミュニケーションにもなったというだけのもので、あくまで「おまけ」であることをお断りしておきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
反抗期かな?コマンドを無視する子犬
NEXT
犬に芸を教えてみた!お手ができるならハイタッチもできる?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    思春期あるかな~て私も思いました

    避妊手術して丸1年…秋になり、やはりなんか手術してるのに、ほとんどなくなってたマーキングが増えたり、たまに腰を振ってみたりと変化が…手術しても時期になると、ホルモンバランスの関係かな?と思うことが、だから数日前から散歩の時間を増やしました。
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    くるみさん
    チョコちゃんは毎日お散歩に連れて行ってもらえて幸せですね~。

    手術してもそういった症状が出るのですね。
    無理せず楽しみながら乗り切っていけますように。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. くるみ より:

    3. 無題
    >gd.volさん

    実際はわかりませんが、人間がホルモンバランスに影響されるよう、あるのかも?て私の思ったことなんですけどね
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    くるみさん
    私も影響あると思います。
    人と同じように哺乳動物ですからね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  5. スピカ より:

    5. 無題
    ランボーロッキー、まだ顕著ではないけど、2頭の様子に違いが出てきましたよ。ランボーの思春期が近いかな~と感じています。
    前のラとロの思春期。山散歩でよく自分が試されました。これはいかんと、ボスは私だ!を知らしめる場面をよく作りました(^_^;)谷にかけてある丸太を渡るとか…彼らが出来ないことを私がして遂げる→助けてやる→ママ凄い!みたいな。

    今思い出すと、笑ってしまいます。
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  6. gd.vol より:

    6. Re:無題
    スピカさん
    そういう方法もあるんですね。
    勉強になります。

    うちは成長と共に従順な仔になりましたが
    警戒吠えをするときに
    「別に吠える必要はないんだよ」
    ということがうまく伝えられませんでした。
    頼りにしてもらえなかったのかな~と反省です。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  7. スピカ より:

    7. Re:Re:無題
    >gd.volさん

    いえいえ、勉強、参考にはなりません。
    gd.volさんのイズモちゃんとの関わり、ずっと勉強になります。(*^_^*)
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  8. gd.vol より:

    8. Re:Re:Re:無題
    スピカさん
    試行錯誤だったので失敗も多かったと思います。
    イズモを見送った今は、もっとこうしてあげたらよかったのかな?
    とか・・・思うこともあります。
    次につなげていきたいです。

    犬の成長は早いですからね。
    兄弟のやんちゃぶりなど、ブログを楽しみにしています。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

伏せている犬

飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっしゃい。 わが家でお預かりし

記事を読む

水遊びをする犬

河口湖で遊ぼう

2014年5月18日 静岡駅での募金活動とレクチャーが終わって河口湖に一泊しました。 い

記事を読む

【子犬を迎える準備】もうすぐわんこがやってくる

「第一話」は、2013年8月24日から、2014年7月27日までの期間、盲導犬パピーウォーカーとして

記事を読む

子犬の心の成長を見守っていこう

ある日、シオンとお散歩に出かけました。 途中で出会った70代くらいの男性に 可愛い犬だね

記事を読む

2回目の家庭訪問

2014年1月 24日は訓練士さんによる家庭訪問でした。 家庭訪問、レクチャー、電話での

記事を読む

子犬は散歩デビュー前 どこにも行けないゴールデンウィーク

ツムギだよ~♪ なんだかみんなお出かけしているみたいなの。 なんで? ってママに聞いたら ゴ

記事を読む

散歩に出かける子犬

人見知り犬は人見知りを克服できなかったが頭を使った

イズモは委託当初から人見知りの傾向がありました。 人見知りですが「人が嫌い」なわけではなく、初めて

記事を読む

人にくっついて寝る犬

要求吠えをダメとしつけたら要求お手を編み出した子犬

犬が吠える理由の一つに要求吠えがありますね。 ごはん~ ケージから出して~ お散歩に行こうよ~

記事を読む

怖がりで刺激に敏感な犬には納得して受け入れるのを待つ

ウェルシーだよ♪ 朝起きたら、2階のベランダから見える遠くの山に雪がかかっていたよ。 近郊で

記事を読む

要求吠えを飼い主が誘発している

子犬は自分の気持ちを、吠える、噛むなどの方法でしか表現する方法を知りません。 要求して吠えないこと

記事を読む

聖神社
犬連れ秩父聖神社|金運アップのパワースポットだよ!

ウェルシーだよ♪ 埼玉県秩父市の「聖神社(ひじりじんじゃ)」に行って

散歩する犬
成犬のしつけは犬と仲良く暮らすことを目指す

子犬の頃にうまくしつけたと思ったのに、成犬になってから言うことを聞か

座る犬
犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

知り合いのラブラドゥードゥルちゃんは、首の周りの毛が赤っぽくなってい

散歩する犬
うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと

うちの犬は幸せだと感じているのだろうか? と思うことはありませんか?

撫でて褒めてもらう犬
犬が飼い主にマウンティングする理由は愛情表現?

暑い時期になってからだと思うので、1か月くらい前からだと思うのですが

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑