お散歩の悩みはストレスが原因かも?

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。

なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

お散歩の問題は、犬がストレスを感じて起こる場合もあるそうです。

そこで、犬が散歩中にストレスを感じるときの行動には、どんなものがあるのかを調べてみました。

  • ひんぱんにマーキングする。
  • 散歩中にウンチを3回以上もする。
  • よく体をブルブルっと振るわせる。
  • 首のあたりをカッカと掻く。
  • 飼い主の後ろにぐるっと回り込む。
  • ジグザグに歩く。
  • 落ち着きなく匂いをかぐ。
  • やたら拾い食いをする。
  • マウンティングする。
  • 飼い主に飛びつく。
  • リードを噛む。
  • 円を描くように走り回る。
  • 常同行動。
  • 突進(ダッシュ)する。

いろいろとあるんですね。

青字の部分がシオンがやっちゃうことです。

CIMG1789

その他にもシオンには

どんどん早足になる。

というのもあり、これも何かに興味があってそっちへ行きたいという場合もありますが、セカセカと余裕が無い感じで早足で歩くときもあります。

セカセカ早足も、不安だったり落ち着かなかったり、一種のストレスだと思うんですよね。

では、どうしてお散歩にストレスを感じるのでしょう?

シオンはお散歩があまり好きじゃないように見えます。

不安が強いです。

知らないにおい、車、バイク、自転車、飛行機、鳥や猫、突然家の玄関が開いたり、雨戸やシャッターを開ける音、etc・・・。

ありとあらゆる日常のものが刺激になり、青字の行動に出てしまうんですよね。

におい嗅ぎや拾い食いも

これ、なんだろう?

という興味でするときと、ストレスでするときは明らかに違います。

ストレスの場合は「やたらに」という形容がしっくりきます。

全く余裕が感じられませんし、表情もイライラした感じになっています。

ちっとも楽しそうじゃない・・・。

慣れない場所に行くと、しばらくせわしなくクンクンしながら歩きます。

ここはどこだ?

と不安なんだと思うんですよね・・・。

CIMG1940

ストレスが原因であるのならば、ストレスをかけないようにするのが一番なのでしょう。

そうは言っても、外に出ればいろいろと刺激があります。

ストレスがゼロという訳にはいきませんよね。

やはり慣れてもらうしかないので、今のところなるべく静かな住宅街を、あまりコースを変えずに散歩しています。

時間はかかっていますが最近だいぶ慣れてきたようで、お散歩が楽しそうになってきました。

まだ、シオンにとって大きすぎる刺激に出会うと物を拾ったりしますが、落ち着くのも早くなってきましたし、歩き方にもだいぶ落ち着きがでてきました。

シオンの場合は、早足散歩になると興奮が上がりやすく、些細な刺激に反応してしまうので、ゆったり歩くのが目標です。

早足になった時はリードを固定して止めますが、ガツンと止めてしまうとそれでまたイライラしちゃうので、ガツンと止めないように気を付けています。

シオンの場合、リードの使い方も少し工夫が必要です。

見かけによらず、デリケートなんですよね・・・。

もう少し時間がかかりそうですが、根気よくですね。

お散歩は短くても

楽しかった~♪

と思える経験を積んでいけば、きっと「普通の散歩」が出来るようになると思います。

それでも、以前は

お散歩に行くよ。

と言っても外に行きたがりませんでしたが、最近はいそいそと出ていくようになったので、だいぶ進歩ですよね。

CIMG1922

他にもこんなこいるかな?

お散歩が楽しくて、人にとっては好ましくないことをやってしまう仔もいると思います。

しかし

お散歩が楽しいからというわけでもなさそうだな~。

と思う時はもしかしたら、お散歩の悩みはストレスが原因かもしれないですね。

改善傾向にあるので、シオンが心からお散歩を楽しめる日がくるのを、ゆっくり待つことにします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
掃除機にじゃれつく子犬|最終ステージまであと一歩?
NEXT
子犬が不安を感じているときの表現それぞれ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    うちも、ストレスなのかな?

    思い当たるとこばかり…確かに、お山では、普段の散歩より言うこと聞くな〜

    好きに走れたりするからかな?

    まだまだ、飼い主が勉強ですね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      必ずしもストレスから、一覧に上げた行動をとるとも限らないのでしょうが、可能性はあるかもしれません。
      チョコちゃんはお山に行くのが大好きなようなので、たくさん行けるといいですね。

      くるみさんは上から目線ではなく、チョコちゃんと対話をするように接していらっしゃるので、私も見習っています。

      わんこは大人になっても日々成長変化しているので、ずっと勉強かもしれませんね。

  2. miko より:

    これは私調べなので大いに語弊があるんですが。。。
    男の子って繊細な子が多いような気がしてます。
    刺激に対して慎重だったり、気にしすぎて受け入れられなかったり。。。があるような気がします。
    女の子は割と嫌だと主張も激しいですが、嫌だ嫌だと言ってるだけのとこが多いような。。。
    (我が家に来た犬だけかもしれませんね^^;)
    ライリーは地面へ下ろした時、感触にこだわりがあったようで
    お散歩拒否がありました。リードを持つと座り込んで動かなくなったりもしました^^;
    今ではいろんな場所へ出かけるのは大丈夫になりましたが、
    グレーチングだったり鉄板があると拒否をしてきます。
    すぐ解決するような裏技があればな〜って思うんですけど
    こればっかりは時間が解決の鍵ですね〜。
    シオンくんの見上げてる写真とっても楽しそうで可愛いです。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      うちには繊細な仔ばかり来るよ~(汗)

      シオンはやんちゃで好奇心や探究心が強く、人間の男の子~!という感じの仔です。
      オレ様のくせに気が小さいあたりも、人間の男の子~!という感じ(笑)
      (人間の)女の子は可愛く振る舞っていても、意外とふてぶてしいですからね。
      一般的に女性はか弱そうに見えても逞しく、男性は去勢を張っていても繊細みたいなイメージがありますね。

      犬も同じなのかな~?

関連記事

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた

小さな牧場に行ったときのことです。 周囲をお散歩しました。 柵の向こうに馬がいるので、やたらと気

記事を読む

眠くなると甘噛みカプ~!寝ぐずりする子犬

子犬も眠くなるとコテッと寝てくれる仔ばかりじゃないんですね? シオンは眠くなると、いきなり人の手を

記事を読む

触られるのは嫌?体感受性が強い犬

体感受性というのは体への刺激に対する感じ方のことです。 シオンは、体に受ける刺激に対して敏感な方だ

記事を読む

クリスマスプレゼント

今年、2016年のクリスマスは土日になりましたね。 愛犬と、家族と、カップルと、お友達と・・・

記事を読む

犬との信頼関係を築くには犬の意思を尊重してあげる

犬と仲良く暮らすためには「信頼関係」が大切って言いますよね? しつけ本などにも書いてあります

記事を読む

雨上がり 水たまりで遊ぶ子犬

シオン地方では例年9月の中頃から終盤にかけて、概ね二週間くらいという年が多いのですが、雨がよく降りま

記事を読む

生後11か月のシオンへ

1月1日でシオンは生後11か月齢になりました。 体重は ここのところ、ほ

記事を読む

気が小さいけど適応能力は高いかも?

シオンは車酔いをしなかったので、車でのお出かけは最初から楽で助かりました。 車酔いはしませんで

記事を読む

2016 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月17日、18日に富士ハーネスで開催された「キャンドルナイト」に行ってきました。 1時過ぎに富

記事を読む

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

富士山と桜
犬連れ富士山と桜旅|忍野八海

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は忍野

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑