犬が飼い主を見送るときに飼い主に向かって吠えるのはなぜ?

前回、飼い主さんが出かけるときに見送りもしない、そっけない態度の犬の記事を書きました。

こちら→飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

今回は、飼い主さんが出かけるときに、飼い主さんに向かって吠えちゃうわんこの気持ちを考えてみました。

飼い主を見送る犬

見送りのときに飼い主さんに向かって吠える犬の気持ち

犬が吠えるのには理由がありますし、吠えるのは別に悪いことではなく、人の言葉を話せない犬は自分の気持ちを「吠えること」で表現しています。

飼主さんを見送るときに吠える犬は、どんな気持ちで吠えるのでしょう?

1.寂しい

犬は一人になるのは嫌いなので、基本的にお留守番は苦手です。

一人になるのは寂しいよ~。

と吠えていると考えられます。

クレートに入る犬

また、寂しいと遠吠えをすることもありますが、遠吠えは所在確認の意味があり

自分はここにいるよ。

と仲間に知らせ、同調して仲間が吠えることで仲間の居場所を知るという意味があるということです。

2.抗議

置いていかないでよ。

と抗議したり

連れて行ってよ。

と要求して吠えている場合もあります。

強気に見える表現をしていても、根本にあるのは一人になるのは寂しいという気持ち。

犬の気持ちに立って対策を考えていきましょう。

見送りのときに飼い主さんに向かって吠える犬の対策

  • 出かけるときに吠えるだけなのか?
  • 出かけた後も執拗に、あるいは断続的に吠え続けるのか?

様子を見ます。

1.出かけるときだけ吠える

見送りに来るときに吠えるけれど、行ってしまえば落ち着いて留守番ができるのであれば心配は要りません。

吠えていても

じゃあ行ってくるね。

いいこに待っていてね♪

とさっさと出かけます。

いつまでも犬をかまっていると犬も期待を持ち、余計に

行かないで~。

となるので、アッサリと対応するのがポイントになります。

飼い主を見送る子犬

わんこは、吠えてはみるものの待っていれば飼い主さんが戻ってくることを知っているので、お留守番はできます。

2.お留守番中も吠えている

飼い主さんが出かけてしまった後も、執拗に吠えたり断続的に吠える場合は、お留守番がその仔にとってハイレベルだということになります。

短時間のお留守番から徐々に慣れてもらう必要があります。

その仔によって方法を考えていく必要はありますが、ポイントは

  • 出かけても飼い主は必ず戻ってくることを犬に理解させること。
  • 吠えると飼い主が戻ってくるという学習をさせないこと。
  • 戻ってきたら褒めて、遊んであげるなどコミュニケーションをとってあげること。

などです。

関連記事→お留守番が苦手な子犬!寂しいから吠えちゃう!!

ハウスでお留守番の場合

ハウスでお留守番をさせる場合に

ハウスに入れられる=お留守番=一人にされる=嫌だ!

になってしまうとハウスが嫌いになってしまいます。

日常的にハウスでくつろぐ時間を作り、ハウスは落ち着ける場所というように犬に学習してもらいます。

毎日普通にハウスでくつろいで、お留守番のときもそこでくつろぐんだよね~。

というのが理想です。

ケージでくつろぐ犬

ハウスは犬を閉じ込める場所ではなく、犬が安心してくつろぐ場所です。

物理的にいたずらなどをされないのでハウスは便利ですが、使い方の趣旨を間違えないようにしましょう。

留守番前にコミュニケーションを取る

お留守番の前に、しっかり時間をとってお散歩をしてあげると、犬の心も満たされ体も疲れるので、眠って待てたりします。

お留守番という、その仔にとっては不安な状況の中でも「眠れた」ことが自信につながっていくので、留守番前の散歩や遊びなどのコミュニケーションはおすすめです。

「行って来ます」の儀式は?

まだお留守番が得意でないうちは、ハウスを上手に使って出かけることを知らせずに出かけてしまうのも方法の一つです。

「行ってきます」の儀式はわんこを不安にさせるもの。

ハウスで遊んでいたり、お昼寝していたら、その間に飼い主さんが出かけていて戻ってきていたという作戦が、犬の心に負担が少ない場合もあります。

しかし

お留守番お願いね。

などと声をかけた方が落ち着いて待てる仔もいます。

犬たちもそれぞれに個性があるので「うちのこ」に合った方法を模索していくことになると思います。

まとめのようなもの

犬が見送りのときに飼い主さんに向かって吠える場合は、一人になる寂しさ、抗議、自分も連れて行って欲しいなどの気持ちがあります。

叱るのではなく、犬の気持ちに立って対策を考えてあげましょう。

対策は個々の犬に合う方法を模索することになりますが、犬が

飼い主さんは出かけても、また戻って来るから大丈夫。

と思えるように持って行ってあげましょう。

出かけるときの吠えはゼロにならなくても、犬が安心してお留守番ができればOKです。

(写真は、ウェルシー、2~3枚目シオン、ツムギです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?
NEXT
盲導犬キャリアチェンジ犬を迎えるには?条件と申請から譲渡まで

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

犬のしつけに「言い聞かせ」は有効か?

ウェルシーはお留守番が苦手です。 寂しくなって吠えてしまうんですよね。 今は眠ってから出かけたり

記事を読む

アイコンタクトをする犬

甘えん坊犬は幸せな犬!愛情を注いで育てるってどういうこと?

私はいろいろな方のブログを読むのが好きなのですが、あるブログに 甘えん坊の犬は幸せ というお話が

記事を読む

寝ている犬

犬だって夢も見るし寝言も言うよね

わんこの寝ている姿、可愛いですね。 癒されます。 そして寝ながらク~ンと言ったり、ウォッと吠えたり、

記事を読む

ハウスは嫌なの!駄々をこねる犬

犬と一緒に生活をする中で、なるべく犬が嫌だなと思うことをしないで暮らせればいいのでしょうが、人の都合

記事を読む

トイレサークル内に伏せる子犬

就寝時はケージで寝かせるお約束になっているんですけど?

日本盲導犬協会では、留守番させるときや夜など人の目が届かないときはパピーをケージに入れるという約束に

記事を読む

ボール遊びをする子犬

公園でボール遊びと自由散策

ウェルシーと一緒に大きな公園に行ってみました。 残暑の厳しい日でしたが、木が多く日陰があり、芝

記事を読む

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれぞれなのですが、シオンとウェル

記事を読む

芝生でゴロゴロする犬

なぜ犬は芝生に背中をゴロゴロ擦り付けるの?

家の近くに河川敷の公園があります。 河川に沿って芝生が植えられているので、ときどきウェルシーを連れ

記事を読む

あおむけ抱っこ

訓練センターからは「あおむけ抱っこ」をたくさんしてくださいね。 とお願いされています。 あおむけ

記事を読む

後ろ足で体を掻く子犬

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあげたくなってしまいます。 身

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑