盲導犬キャリアチェンジ犬を迎えるには?条件と申請から譲渡まで

公開日: : 盲導犬ボランティア

盲導犬の候補犬として生まれてきても、実際に盲導犬になるのは全体の3~4割と言われます。

盲導犬にならなかった犬たちは、PR犬になったり介助犬などになる仔もいますが、多くの犬たちは家庭犬として一般家庭に譲渡されます。

CC犬イズモ

盲導犬キャリアチェンジ犬はこんな人におすすめ

夫の友人(既婚男性)は、以前14歳の愛犬を亡くしました。

最近、また犬との暮らしを考えているということです。

現在、奥様もパートタイムで働いているので、子犬を育てるのは負担が大きいことから、成犬で、ある程度のしつけができている犬を譲ってもらえると嬉しいなあ。

と思っているそうです。

だったらYou

盲導犬のキャリアチェンジ犬がお勧めだよ!

盲導犬のキャリアチェンジ犬は

  • 子犬から育てるのは難しい、あるいは子犬から育てることにはこだわっていない。

こんな人におすすめできるわんこです。

問題があるからキャリアチェンジになるんでしょ?

そうです。

但し、盲導犬として向かないところがある。

というだけのことです。

盲導犬もお仕事をしていないときは家庭犬と同じように暮らしていますから、盲導犬になった犬は、家庭犬としても良犬であることは確かでしょう。

しかし、目の見えない、見えにくい人と歩くというのは、家庭犬とは違うセンスも求められます。

キャリアチェンジになる理由はさまざまですが、犬として問題があるという訳ではありません。

キャリアチェンジ犬は盲導犬には向かないだけなので、家族と仲良しになって家族に幸せをもたらせてくれるでしょう。

では、キャリアチェンジ犬を家族に迎えるためにはどうしたらいいのでしょう?

住居の近くの盲導犬協会を知る

盲導犬の育成団体はいくつかあり、方針も少しづつ違っています。

お近くの盲導犬協会のホームページを閲覧したり、問い合わせてみると良いと思います。

こちら→全国の盲導犬施設

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアの条件

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアになるためには、ある程度の条件があります。

例えば私たちがボランティアをさせていただいている、日本盲導犬協会でのキャリアチェンジ犬飼育ボランティア条件についてはHPによると

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアの基本条件

1.室内飼育ができるご家庭

盲導犬の育成プログラム上、子犬の頃より室内飼育で生活してきています。

室外飼育になると疎外感から問題行動を起こす可能性があります。

室内飼育ができるご家庭の登録をお願いします。

2.留守がちでないご家庭

キャリアチェンジ犬は人のそばにいることが大好きです。

安心して生活ができるよう、留守がちでないご家庭に登録をお願いします。

3.節度のある愛情をもって飼育できるご家庭

犬の体重管理(適切な食事や運動の管理)、健康管理(ワクチン接種・ノミダニ・フィラリア予防など)、日頃の犬のケア(被毛の処理など)には十分留意していただけることも条件です。

*譲渡が決まりましたら、マンスリー賛助会員(月額1,000円)にご入会いただいております。

出典 日本盲導犬協会ホームページ

*マンスリー賛助会員というのは、月額1,000円の寄付で盲導犬の育成を応援するというものです。

キャリアチェンジ犬を無料で譲ってもらえると思っている人もいるのですが、犬がそこまで成長するためには、育成費用、健康管理、去勢避妊手術など多くの費用がかかっています。

寄付という形で盲導犬の育成を応援してくださるご家庭に譲渡するということになります。

協会によって、譲渡時に一括で寄付の場合などもありますが、犬を譲ってもらうのにある程度費用がかかることは頭に置いておきましょう。

ボランティアの申請と登録をする

まずは、電話で問い合わせをして、自分たちの希望や譲渡の流れなどを確認しましょう。

家族会議を開き、キャリアチェンジ犬を迎えようということになったら申請書を提出します。

多くの協会では、ホームページにボランティア登録申請書があります。

これをプリントアウトして記入し、協会に送付します。

追って協会から連絡が来るので、お互いに詳細を確認し合って問題が無ければ「登録」になり、犬が来るのを待つことになります。

犬の紹介と面会

ご家族との相性や希望条件を考慮し、犬とのマッチングを行います。

条件が合った登録者に、キャリアチェンジ犬が紹介されます。

連絡が来たら、協会に出向きキャリアチェンジ犬と面会します。

そのときに飼育のアドバイスもしていただけるので、質問があればどんどんしましょう。

その日に犬を連れて帰ってもいいし、後日改めて迎えに来てもOKです。

【注意点】

協会には、常に譲渡待ちのキャリアチェンジ犬が待機しているわけではありません。

訓練の状況でキャリアチェンジになる犬が出るので、協会からの連絡待ちが長期に渡る場合もあります。

トライアル期間・譲渡へ

犬を迎えトライアル期間に入ります。

問題が無ければ、譲渡契約を結び正式に家族の一員になります。

譲渡後も年に1回程度、協会から状況確認があるので協力しましょう。

まとめのようなもの

わが家でお預かりしたパピーたちは、ウェルシー以外はみんなキャリアチェンジになりました。

そしてみんな、新しいご家族の元で大切にされ幸せに暮らしています。

  • 盲導犬にならなかった犬は、その後どうなるのか?
  • 盲導犬にならなかった犬を、家族に迎えるにはどうすればいいのか?

今までブログの中で断片的に触れていましたが、いつかちゃんと記事にしたいと思っていました。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアは、盲導犬の育成には欠かせない大切なボランティアです。

大型犬と暮らそうと考えていて、子犬から育てることにこだわらないのであれば、犬を家族に迎える選択肢の一つとして考えていただけるといいなと思います。

家庭犬になることを決めた犬たちに、幸せをたくさん与えてあげてください。

そして

可愛いキャリアチェンジ犬がやってきて、生活に慣れたらパピーウォーカーさんに(直接ではなく、協会を通してでもいいので)

あなたが育てた犬は元気で幸せに暮らしています。

とご一報を入れてくださると感謝です。

関連記事→盲導犬飼育ボランティアの最終バトンを受け取る人たちへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬が飼い主を見送るときに飼い主に向かって吠えるのはなぜ?
NEXT
子どもと犬は仲良し?子どもと犬が一緒に過ごすメリットとデメリット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

盲導犬PR犬アッサムの卒業式に行ってきました

富士ハーネスで行われたキャンドルナイトの2日目には、PR犬アッサム君の卒業式が行われました。 機会

記事を読む

盲導犬になれなかった犬はどうなるの?

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取る

記事を読む

2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月16日 個別レクチャーをしていただいた後、キャンドルナイトに参加しました。 私達はレクチャ

記事を読む

日本ドッグトレーナー協会のイベントに参加しました

アニマルプラザ「犬のようちえん」白金教室で開催されたイベント 「盲導犬」について知ろう・考えよ

記事を読む

富士ハーネス

富士ハーネスに新しいPR犬が誕生しました

ウェルシーだよ♪ みなさんにお知らせがあるよ! あたしの弟、ウィニーがPR犬になったよ。 詳し

記事を読む

盲導犬ふれあいキャンペーンに参加しました

10月10日 所沢西武での「盲導犬ふれあいキャンペーン」に参加しました。 この日

記事を読む

盲導犬PR犬カンナの卒業式に行ってきました 

秋晴れの11月1日 富士ハーネスのPR犬カンナちゃんの、最後のデモンストレーションと卒業式に行って

記事を読む

富士ハーネス見学 その1 パピーレクチャー

3月13日に富士ハーネスに行ってきました。 富士ハーネスでは現在3組の母犬とその子犬たちが生活

記事を読む

寄付と税金と・・・

クリスマスですね。 わが家にはサンタさんも来ませんし、クリスマスと言っても普通の日なのですが、

記事を読む

カートに乗る子犬
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

コロナ禍でおうち時間が増える中、犬や猫の飼育頭数は増えていますが、そ

飼主と並ぶ犬
ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。 ユオン君

河口湖
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、奥

新倉山浅間公園
犬連れ富士山と桜旅|新倉山浅間公園

ウェルシーだよ。 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、新

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑