人から離れられない子犬に家はくつろげる場所だと教えよう

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

シオンが家に来て3週間ちょっと。

生活にはだんだん慣れてきたと思いますが、シオンはとっても寂しがり屋さんです。

人から片時も離れられない子犬

人がちょっとでも動くと、大急ぎでどこへでもちょこまかついてきます。

眠くなると

抱っこ~抱っこ~。

とピーピー言います。

うっかり床に座ろうものなら、無言でよじ登って人の膝をベッドにして眠ります。

熟睡したらハウスに入れたり、わんこ用のブランケットの上に置いたりしています。

生活の中で一人で眠るどころか、床に伏せてくつろぐということさえありません。

シオンにとって、家は生活の場所だけど、人にくっついていないと落ち着いていられないんですよね。

人のそばが安心できるのは良いことではありますが、抱っこ抱っこでは何もできませんね。

シオンの当面の目標は

おうちはくつろげる場所

です。

眠る子犬

見知らぬ環境を安心できる場所だと学んでもらう

1日のうち2~3回、シオンが家の中を勝手に探検する時間を作っています。

自分なりに家の中を確認して、納得してもらったほうが不安も減るでしょうからね。

そのときはなるべく干渉しませんが、危なくないように目は配っています。

目だけは離さないようにしておかないと、何をしでかすかわからないのがパピーですものね。

階段から降りられない子犬

階段を昇ったはいいけど、降りられなくなっていましたよ(笑)

しょーがないなあ。

抱っこで降ろしてあげました。

人の姿が見えないと不安になる

ひとしきり探検して疲れると、私のところにきて

ママ抱っこ~。

ぴ~~。

となります。

そして抱っこでねんね。

熟睡したらハウスorブランケット。

その繰り返しです。

探検中も私が少しでも移動すると、探検をやめて大急ぎでそばに走ってきます。

ママー!ママー!!

どこ行くの?

どこにも行かないってば。

少しずつ自信をつけよう

そんな寂しがり屋のシオンですが、少し変化の兆しが出てきました。

ある日、ほんの少しの時間でしたが、私達の食事中に自分のブランケットの上で伏せてくれました。

床に伏せる犬

いつも部屋をウロウロと歩き回り、椅子の足を齧ったり、柵に両手をかけて立ったり、柵を齧ったりします。

その都度

シオン

と声をかけてもらい

齧らないでね。

などと言われることで、人は自分を気にしてくれている(無視されていない)ことを確認しているんですよね~。

人の食事中はケージに入れておくのが一番安全です。

しかし

今はシオンに、部屋でくつろげるようになることと同時に、人がそばにいてもいつも構ってもらえるわけではない。

シオンは家族の「中心」ではなく家族の「一員」

ということも少しずつ学んで欲しいので、敢えて同じ部屋にフリーにしています。

日向ぼっこをする子犬

家の中を探検していたシオンが、初めて自分から床に伏せました。

窓辺でひなたぼっこをしながら、床を舐めています(笑)

シオンに気付かれないように、そっと写真を撮りました。

ぽかぽかと暖かい日差し。

このまま、うとうとと眠ってくれるといいなあ。

自分が不安だと思っていた場所で、眠ることが出来るようになると、自信がつきますからね。

そう思っていると、シオンったら床に敷いてあるクッションフロアの端を齧り始めたじゃありませんか!

やめて~!!

と思いました。

シオン

と呼んだら

ん?

とこちらを見たので

それは齧らないでね

と言ったら、こちらにやってきて

思った通り

ママ抱っこ!

になってしまいました。

惜しかったな~。

まとめのようなもの

シオンは物怖じしないタイプに見えたので、こんなところでスモールステップを踏むことになるとは思いませんでした。

態度は大きくても、寂しがり屋で新しい環境に慣れるのに時間がかかるタイプなのでしょうね。

しかし、人を頼ってくれるというのはコミュニケーションを取りやすい仔なのかもしれませんね。

パピーは身体も心も日々成長しているので、シオンが家でくつろげるようになるのをのんびり待とうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
病院初体験 2回目のワクチン接種
NEXT
眠くなると甘噛みカプ~!寝ぐずりする子犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    「オレさま」(笑)に思わず笑ってしまいました。
    シオン、どんどん新しい体験をしていますね(^^)
    パパさんやママさんの、ゆとりある眼差しを感じます。
    ゆっくりでいいから「おうちがくつろげる場所」になるといいですね。
    家族の中心ではなく家族の一員、本当にそうですね。
    仔犬が来るとついつい家族の中心になってしまいがちですが、
    それもきっと、徐々にわかっていくんだろうと思います。
    ママさんたちの意識が違いますから(*^_^*)

    甘ったれで、本当に可愛いです。
    ロッキーランボーがうちに来た頃のことを思い出しますね。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      シオンは、今までにわが家に来たパピーの中で、一番自己主張が強い仔のように感じます。

      その一方で、自分が中心でいたい気持ちが満たされないと不安になるいう一面も持っているので、シオンの心を満たしつつゆっくり人との暮らし方を学んでもらおうと思っています。
      入所の頃までにどんな風に成長するのか楽しみです。

      ロッキー&ランボー
      子供からパートナーになってきましたね。
      ママさんのブログを読むのがとても楽しみです。

  2. サナ父ちゃん より:

    まだまだ男の子の赤ちゃんですね♪
    暑い季節になれば、きっとひとりの時間を作って過ごすようになるんでしょうね。

    それまでは甘えん坊でもいいかなぁ~
    って感じですよね。

    ホントに人間性豊かな感じのシオンですね♪
    どんな仔になっていくのか、とっても楽しみです♪

    シオン!
    注射にビビってたら、サナ姉に笑われっぞ!(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      強気なくせに、甘えん坊で寂しがり屋さんなところが可愛いです。

      お膝に来なくなると寂しいですし、お膝にばっかり居られると何もできず、こっちがストレスになる・・・。
      人間もなかなかのわがままものですよね(笑)

      そんなシオンがどんな仔に成長するのか、温かく見守ってやってくださいね。

      シオン!
      そうだ!注射にビビってる場合じゃないよ。
      サナ姉様に笑われてしまう~!

関連記事

初期対応は同じ 甘噛みとマウンティングそれから飛びつきも

シオンは委託直後から甘噛みをする仔でしたが、実はマウンティングもしました。 犬はなぜマウンティ

記事を読む

お散歩 小型犬に吠えられちゃったね

シオンと一緒にお散歩に行きました。 家を出るとタッタカタッタカ歩きます。 これは

記事を読む

犬のしつけに「言い聞かせ」は有効か?

ウェルシーはお留守番が苦手です。 寂しくなって吠えてしまうんですよね。 今は眠ってから出かけたり

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

日本ドッグトレーナー協会のイベントに参加しました

アニマルプラザ「犬のようちえん」白金教室で開催されたイベント 「盲導犬」について知ろう・考えよ

記事を読む

やれば出来る仔

田貫湖で遊んでの帰りがけに、シオン様ご愛用のウッディタフスティックが小さくなってしまったので、盲導犬

記事を読む

お友達かな? ヤモリと対面

この記事には爬虫類の画像があります。 苦手な方はご注意くださいね。 シオン~。 何

記事を読む

探検が大胆になってきたよ

部屋の中を探検中のシオンです。 パピーと一緒に遊ぶのも楽しいのですが、目の端に入れながら知らん

記事を読む

生後6か月・犬もギャングエイジ?子犬の成長に寄り添っていこう

ギャングエイジとは、小学3年~4年生あたりの子どもに表れる状況です。 今までは家が近いとか、親同士

記事を読む

生後3か月齢 落ち着きがでてきた

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。

記事を読む

部屋で伏せる犬
犬の要求を聞きすぎると犬がわがままになるらしい

わが家では「遊んで」「抱っこ」などの犬の要求は、可能な限り聞いてあげ

座る犬
犬も夏バテする?夏バテの症状と対策

雨の季節になり、蒸し暑い日が増えてきましたね。 気温と湿度が上がり、

くつろぐ犬
【ACジャパン広告】盲導犬について誤解しているかも?

2020年7月1日より、ACジャパン支援による日本盲導犬協会のCMの

顔を拭かれる犬
犬が臭い理由は何?対策には独断と偏見あり

犬は動物なので、当然体臭があります。 これが嫌だったらぬいぐるみかロ

散歩する犬
犬が幸せな雨の日の過ごし方|退屈だなんて感じない!

梅雨に入りましたね。 雨が続く季節も愛犬と楽しく過ごしていきたいです

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑