おうちはくつろげる場所

シオンが家に来て3週間ちょっと。

生活にはだんだん慣れてきたと思いますが、シオンはとっても寂しがり屋さんです。

人がちょっとでも動くと、大急ぎでどこへでもちょこまかついてきます。

眠くなると

抱っこ~抱っこ~。

とピーピー言います。

うっかり床に座ろうものなら、無言でよじ登って人の膝をベッドにして眠ります。

熟睡したらハウスに入れたり、わんこ用のブランケットの上に置いたりしています。

生活の中で一人で眠るどころか、床に伏せてくつろぐということさえありません。

シオンにとって、家は生活の場所だけど、人にくっついていないと落ち着いていられないんですよね。

シオンの当面の目標は

おうちはくつろげる場所

です。

CIMG0556

1日のうち2~3回、シオンが家の中を勝手に探検する時間を作っています。

自分なりに家の中を確認して、納得してもらったほうが不安も減るでしょうからね。

そのときはなるべく干渉しませんが、危なくないように目は配っています。

目だけは離さないようにしておかないと、何をしでかすかわからないのがパピーですものね。

CIMG0642

階段を昇ったはいいけど、降りられなくなっていましたよ(笑)

しょーがないなあ。

抱っこで降ろしてあげました。

ひとしきり探検して疲れると、私のところにきて

ママ抱っこ~。

ぴ~~。

となります。

そして抱っこでねんね。

熟睡したらハウスorブランケット。

その繰り返しです。

探検中も私が少しでも移動すると、探検をやめて大急ぎでそばに走ってきます。

ママー!ママー!!

どこ行くの?

どこにも行かないってば。

そんな寂しがり屋のシオンですが、少し変化の兆しが出てきました。

ある日、ほんの少しの時間でしたが、私達の食事中に自分のブランケットの上で伏せてくれました。

CIMG0679

いつも部屋をウロウロと歩き回り、椅子の足を齧ったり、柵に両手をかけて立ったり、柵を齧ったりします。

その都度

シオン

と声をかけてもらい

齧らないでね。

などと言われることで、人は自分を気にしてくれている(無視されていない)ことを確認しているんですよね~。

人の食事中はケージに入れておくのが一番安全です。

しかし

今はシオンに、部屋でくつろげるようになることと同時に、人がそばにいてもいつも構ってもらえるわけではない。

シオンは家族の「中心」ではなく家族の「一員」

ということも少しずつ学んで欲しいので、敢えて同じ部屋にフリーにしています。

CIMG0672

家の中を探検していたシオンが、初めて自分から床に伏せました。

窓辺でひなたぼっこをしながら、床を舐めています(笑)

シオンに気付かれないように、そっと写真を撮りました。

ぽかぽかと暖かい日差し。

このまま、うとうとと眠ってくれるといいなあ。

自分が不安だと思っていた場所で、眠ることが出来るようになると、自信がつきますからね。

そう思っていると、シオンったら床に敷いてあるクッションフロアの端を齧り始めたじゃありませんか!

やめて~!!

と思いました。

シオン

と呼んだら

ん?

とこちらを見たので

それは齧らないでね

と言ったら、こちらにやってきて

思った通り

ママ抱っこ!

になってしまいました。

惜しかったな~。

シオンは物怖じしないタイプに見えたので、こんなところでスモールステップを踏むことになるとは思いませんでしたが、パピーは身体も心も日々成長しているので、シオンが家でくつろげるようになるのをのんびり待とうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
病院初体験 2回目のワクチン接種
NEXT
眠くなると甘噛みカプ~! 寝ぐずりする子犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    「オレさま」(笑)に思わず笑ってしまいました。
    シオン、どんどん新しい体験をしていますね(^^)
    パパさんやママさんの、ゆとりある眼差しを感じます。
    ゆっくりでいいから「おうちがくつろげる場所」になるといいですね。
    家族の中心ではなく家族の一員、本当にそうですね。
    仔犬が来るとついつい家族の中心になってしまいがちですが、
    それもきっと、徐々にわかっていくんだろうと思います。
    ママさんたちの意識が違いますから(*^_^*)

    甘ったれで、本当に可愛いです。
    ロッキーランボーがうちに来た頃のことを思い出しますね。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      シオンは、今までにわが家に来たパピーの中で、一番自己主張が強い仔のように感じます。

      その一方で、自分が中心でいたい気持ちが満たされないと不安になるいう一面も持っているので、シオンの心を満たしつつゆっくり人との暮らし方を学んでもらおうと思っています。
      入所の頃までにどんな風に成長するのか楽しみです。

      ロッキー&ランボー
      子供からパートナーになってきましたね。
      ママさんのブログを読むのがとても楽しみです。

  2. サナ父ちゃん より:

    まだまだ男の子の赤ちゃんですね♪
    暑い季節になれば、きっとひとりの時間を作って過ごすようになるんでしょうね。

    それまでは甘えん坊でもいいかなぁ~
    って感じですよね。

    ホントに人間性豊かな感じのシオンですね♪
    どんな仔になっていくのか、とっても楽しみです♪

    シオン!
    注射にビビってたら、サナ姉に笑われっぞ!(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      強気なくせに、甘えん坊で寂しがり屋さんなところが可愛いです。

      お膝に来なくなると寂しいですし、お膝にばっかり居られると何もできず、こっちがストレスになる・・・。
      人間もなかなかのわがままものですよね(笑)

      そんなシオンがどんな仔に成長するのか、温かく見守ってやってくださいね。

      シオン!
      そうだ!注射にビビってる場合じゃないよ。
      サナ姉様に笑われてしまう~!

関連記事

留守番は苦手なの!

朝から用事があり、あまりシオンの相手をしてあげられませんでした。 その上に出かけなければなりま

記事を読む

お散歩 いろいろ体験中 風鈴だよ

ある日、シオンとお散歩をしていました。 すると 突然シオンが立ち止まりました。

記事を読む

パピー委託式 縁は異なもの味なもの

2016年3月26日 S‐14胎の委託式が行われました。 私達にとって3頭目のパピーウォ

記事を読む

車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 後

記事を読む

お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

先日、盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」にて開催された「盲

記事を読む

日本ドッグトレーナー協会のイベントに参加しました

アニマルプラザ「犬のようちえん」白金教室で開催されたイベント 「盲導犬」について知ろう・考えよ

記事を読む

駄々をこねる犬 おうちに帰りたくないよぉ

ツムギとパパが、そろそろ朝のお散歩から帰って来るかな~と思って家の外に出てみました。 帰って来

記事を読む

気が小さいけど適応能力は高いかも?

シオンは車酔いをしなかったので、車でのお出かけは最初から楽で助かりました。 車酔いはしませんで

記事を読む

雨の日はおうちでまったり

台風の影響で雨模様のシオン地方です。 雨がやんでいる隙に、パパとささっと朝のお散歩に行きました

記事を読む

天使のつぶやき

ぼくはパパとママが大好き。 少しはお兄さんになったから、ハウスでお留守番もできるけど、やっぱり

記事を読む

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでした

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカ

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあ

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか?

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑