ラブラドールレトリバーの抜け毛の多さがハンパなくてイライラする

公開日: : 第一話 イズモ

11月半ば頃になるとイズモの抜け毛が凄い量になりました。

先輩パピーウォーカーさんから話は聞いていました。

換毛期の抜け毛はハンパないよ!

しかしですね・・・

聞いてみるだけじゃわからないものです。

「ハンパない」のレベルがね。

ほんと、ハンパなかったです(笑)

o0400030013082800571[1]

ダブルコートの犬は抜け毛が多い?

ラブラドールレトリバーはダブルコートと言って、まっすぐ伸びたオーバーコートと、ふわふわしたアンダーコートの2種類の毛が生えています。

通常、春と秋に換毛期があり、この時期(11月)は古くなったオーバーコートがたくさん抜けて、新しいオーバーコートに作り替え、アンダーコートもたくさん生えてくる時期だったのですね。

短毛種と長毛種

長毛種は毛周期のサイクルが長いので、一気に抜けるときの抜け毛は少なめと言われています。

しかし長いだけに絡まりやすく、丁寧なブラッシングが必要ですね。

ラブラドールレトリバーは短毛種なので、毛周期が短く抜け毛は多くなる傾向と言われています。

抜け毛対策

1.ブラッシング

毎日ブラッシングをする。

これに尽きますよね?

o0400030013082800570[1]

この頃は、なかなかじっとしていられなくてブラッシングも一苦労でした。

身体を押さえてなるべく手早くやっていました。

o0400030013082800572[1]

そして、毎日ブラッシングをしても毛を取り切れるわけもなく、部屋を掃除しても、すぐに毛だらけになってしまいます。

歩くだけでも抜ける。

身体をブルブルするともっと抜ける。

人の体に付いた毛が部屋のあちこちに落ちるので、イズモを入れていないはずの部屋にも毛が舞いました。

o0400030013082803639[1]

これには閉口しました。

ご・・・ごはんの中にもイズモの毛が~~!!

うぎゃ~!!

犬が好きな人は、抜け毛が部屋中に舞うことも全く苦にならないのかもしれませんが、私には結構なストレスでイライラすることが多かったです。

ブラッシングをしても取り切れないのなら、しなくても変わらないのでは?

とも思いましたが、死毛がたくさん体に残っていると蒸れて臭くなってきます。

蒸れると皮膚トラブルの元にもなります。

ブラッシングは、抜け毛を取り除くだけではなく血行を良くしたり、皮膚トラブルを予防したり、お手入れをすることで皮膚のトラブルに気付くこともあるので大切ですね。

2.掃除の工夫

わが家では、部屋にカーペット類をほとんど使っていません。

一緒に生活しているのがパピーなので、お漏らしをすることもありましたし、それに犬の体って意外と脂っぽいですよね?(ラブラドールだから?)

歩いたり、横になったり、毎日生活していると意外と犬がよくいる場所が汚れます。

カーペットは掃除が大変というイメージがあり、またフローリングだと滑るので表面が少しデコボコしたクッションフロアを床に敷いています。

水ぶきOKですし、住居用の洗剤も使えます。

部分的にタイルカーペットも使っていますが、汚れた部分だけ洗えるので助かりますね。

フローリング(クッションフロア)だと、風で毛が舞い部屋の隅に集まりますし、棚の上などにも舞い降ります。

なので、クイックルワイパーで上を拭いて、床は掃除機をかけるという感じでひたすら掃除しまくり、布類はコロコロや粘着テープを使い、イズモのマットはラバーブラシでこすって毛を集めていました。

結局

こうしたら楽チン!

という方法は思いつかず、普通のことを地道にやっていました。

イズモと過ごす最初で最後の冬がはじまるんだなあ。

と思うと、ちょっぴり抜け毛も愛おしかったけど、地味にストレスでした。

毛が生え変わるとふわふわイズモになって、ぬいぐるみみたいになりました。

でも抱いても温かくないんですよね。

アンダーコートを密集させて、自分の体温を逃がさないようにして、寒さから体を守るという設計になっているので、表面は温かくないんです。

自分だけかい!

o0400030013082837636[1]

ママ、あたしは湯たんぽじゃありませんよ~。

しかし・・・動物の身体ってうまく出来てるなあ。

まとめのようなもの

ラブラドールレトリバーの抜け毛は「ハンパない」です!

春と秋の換毛期は、毎日大量の毛が抜けますが、1年を通して少しずつ生え変わっているので、抜け毛が少ない時期はあってもゼロになることは無いです。

1回徹底的にブラッシングをしたら1週間はしなくても大丈夫!

などと都合のいい方法はありません。

結局、毎日のブラッシングとこまめな掃除しか思いつきませんでしたが、抜け毛にイライラしても仕方ないと思い、次第に諦めに変わりました(笑)

抜け毛の大変さ以上に、犬という生き物は可愛いので

大変だけど許す!

と親ばかになっちゃいましたね。

犬ってズルい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
引っ張り散歩は犬も辛くない?散歩の引っ張りは直る?
NEXT
ママのひざ掛け

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. イーリィの父 より:

    1. 無題
    抜け毛、すごいですよね。
    我が家の娘、毛の量は少ないほうだと思うのですが、それでも家のあちこちで毛が発見されています。

    ところで、冬、表面があまり温かくない、というのには気づきませんでした。
    屋内の日向で抱っこして寝ると温かかった、という記憶があるんですが、実は、お日様の力だったのかもしれませんね。
    今度の冬、イーリィで試してみようと思う、今日この頃です。
    http://yaplog.jp/breedingwalker/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    イーリィの父さん
    先輩PWさんに「抜け毛はハンパないよ」と言われていたのですが、ラブは短毛だしまあ大丈夫でしょ!と思っていた自分を悔いました(;^_^A

    毛の表面は多分周りの温度くらいです。
    ダウンジャケットを着ると、ジャケットの中は温かいのに外は冷たいのと同じかな?

    ぜひイーリィちゃんで試してみてください。

    イズモ地方は寒かったらしく、冬の間は兄弟姉妹で一番もっさり毛太りしていました。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

ストライキ!夜だけはケージで寝るのを嫌がる犬

イズモはハウスが好きな仔で、昼間は部屋で寝ていても本格的に寝るときは自らケージに入って眠る仔でした。

記事を読む

9回目のレクチャー

2014年5月17日 9回目のレクチャーでした。 この日のレクチャーは静岡駅周辺での募金

記事を読む

甘える子犬

犬の寝相|ヘソ天が可愛すぎ!仰向けで寝る犬はどんな気持ち?

イズモのお気に入りの場所は、私のフリースのブランケットでした。 しかし、もっとお気に入りの場所があ

記事を読む

クレートに入る子犬

写真館にて

ただの親バカの記録です。 興味のある方だけご覧になって笑ってくださいね。  

記事を読む

CC犬イズモ

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを迎え

記事を読む

パピーウォーカー 育てたパピーと久しぶりの再会 キャンドルナイトのサプライズ

キャンドルナイト2日目。 PR犬アッサム君の卒業式に参加した後、ラウンジでランチをいただいていまし

記事を読む

犬に芸を教えてみた!お手ができるならハイタッチもできる?

生後7か月、1月の終わり頃、訓練士さんが家庭訪問に来てくれました。 イズモは訓練士さんに「遊ぼう、

記事を読む

犬の伸び「後ろ足編」

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

ママのひざ掛け

2013年 晩秋 ここがあたしのお気に入りの場所。 ママのひざ掛け。 フリースのブ

記事を読む

抱っこで眠る犬

子犬が夜中にうんちしちゃうよ~!真夜中のツー事件

子犬の排泄が整ってきたと思っても、思わぬことが起こります。 生後4か月も過ぎたある日、事件が起きま

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑