人見知り犬は人見知りを克服できなかったが頭を使った

公開日: : 第一話 イズモ, 社会化

イズモは委託当初から人見知りの傾向がありました。

人見知りですが「人が嫌い」なわけではなく、初めての人には慎重でその人に安心できれば心を開くという感じでした。

オイ!のおじさんと忍者おばあちゃん

イズモは優しく接してくれる人はすぐ仲良くなれましたが、イズモから見て威圧的と感じる人や無礼な感じの人が苦手でした。

オイ!のおじさん

イズモがお散歩デビューした頃、近所の男性に声をかけられました。

その方はラブラドールを飼っていたことがあり、その犬は何年か前に天寿を全うしたとのこと。

そんなお話を聞いていると、男性はイズモに向かって

オイ!

と声をかけ、近寄ってきました。

びびりのイズモ、私の後ろに隠れます。

しかし男性は、なおも近付き上から手を出して

オイ!!

後ずさるイズモ。

すみません、まだお散歩に出始めたばかりで、家族以外の人に慣れていないのでまた今度・・・。

と言ってお散歩にでかけました。

これが「オイ!のおじさん」です。

この方は会うたびイズモに「オイ!」と言い、上から手を出してくるのでイズモはよっぽど嫌だったのでしょうね。

そのうち「オイ!」と言われると吠えるようになりました。

吠えられても全く意に介さないおじさん、会うたびに「オイ!」と言っては近付いてきます。

ご近所さんなので知らん顔も出来ず、でもイズモが吠えるので「こんにちは~」と挨拶だけして足早に通り過ぎていました。

o0400030013099525364[1]

忍者おばあちゃん

イズモに声をかけてくださる高齢の女性がいました。

この方は足が悪いのですがリハビリを兼ねてお散歩をしているらしく、町内のあちこちでお見かけするのです。

どこにでも現れて忍者みたいだね。

と夫が言ったのをきっかけに、わが家では「忍者おばあちゃん」と言っていました。

やはりお散歩デビューをした頃お会いし、イズモに声をかけていただきました。

まあ、可愛いわね~。

なんていうお名前?

イズモは尻尾フリフリで寄って行ってくれました。

「オイ!のおじさん」と「忍者おばあちゃん」

お互いのおうちは、ほとんどお向かいなんですよね。

当然「オイ!のおじさん」は自分には吠える犬が、お向かいのおばあちゃんにはおとなしくナデナデされているのを見る機会もありました。

ちょっと気まずかったですね。

苦手な人をスルーするようになった人見知り犬

そしていつの頃からイズモは「オイ!のおじさん」に声を掛けられても知らん顔をするようになりました。

おじさんの家の近くまで来ると、まず玄関の辺りにおじさんがいるかいないかチェック。

いなければ普通に、いるのが分かると前だけを見て目もくれず知らん顔で歩いていきます。

「オイ!」と言われても見上げもせず、当然吠えもせず足も止めず、おじさんがそこにいないかのように振る舞うんですよね。

ここで足を止めてイズモが吠えるよりはいいので、私も挨拶だけして通り過ぎていました。

この「無視する」という対応は、嫌な人にどう対応したらいいのかイズモなりに考えた行動なのでしょうね。

「忍者おばあちゃん」には相変わらずフレンドリーでしたから。

アタマ使っているのね、イズモさん。

ある日私が一人だったとき、おじさんに

(犬は)大人になったね。

前は吠えていたけど、最近はすまして歩いているね。

と言われました。

あなたのことが嫌いなんです。

と言いたかったけど言えなかった私です。

この方、最後までイズモの名前を覚えてくれなかっただろうな~。

o0400030013099555090[1]

あたしの名前は「オイ!」じゃありません。

byいずも

まとめのようなもの

小さい頃人見知りだったイズモは、いろいろな人に触れ合ってもらっているうちに、人によっては初対面でも尻尾を振って対応できました。

しかし、ちょっと嫌だなと思う人には大きくなっても

触りたければ触れば~?

という感じで、ラブラドールとは思えない無愛想さでした。

威圧的だったり上から目線と感じる人は嫌いで、しつこくされたり怖いと感じると、後ずさったり吠えたりしました。

人が好きな犬に育てる。

というのは、盲導犬パピーとして目標の一つだったのですが、イズモ自身が考えて「スルーする」という方法を用いていたので、無理をしない方がいいかなと思いました。

人見知りを克服はできませんでしたが、イズモなりに頑張ってくれたんだなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の社会化~来客~
NEXT
お座り 伏せ 休め?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. そらら より:

    1. 無題
    (^O^)イズモは賢いな…チョコは私に隠れて走って行こうとしましたから吠えて無駄と思ったのか…
    おい!おじさんとまったく同じ…オイ!と自信満々に上から手をだし触ろうとズンズン迫って来る…見知らぬ大工さん

    犬ってよく人を見てるんですね
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    そららさん
    隠れますよね。
    「ママ助けて~」って。
    チョコちゃん、吠えなかったのですね。
    偉い!!
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. スピカ より:

    3. 無題
    どこでも、同じような『おじさん」がいますね。(^_^;)

    「オイ!」
    掛け声も一緒。

    イズモちゃんも「わたしにはかまわないで」と無視出来てよかったですね。ママが足を止めずにさっさと通り過ぎるのが、またgoodですね。(*^_^*)

    うちの近所のおじさんも、「オイ!」と言って目の前に来て、覆いかぶさるように前かがみになり、頭に手をやろうとする。
    嫌なんだよな~それ。

    うちの2頭も吠えまではしないけど、舌をペロッと出して居心地悪いシグナル出します。
    「止まると石ころ食べちゃうので~」とさあ~っと通り過ぎちゃいます。(^_^;)
    その後、2頭に向かって大きなあくびをして見せてみんなでリラックス。(*^_^*)

    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    スピカさん
    他人に犬への礼儀をお願いするのは難しいので、こちらが犬が辛くないように対応をとってあげないといけないのですね。

    犬の方にも少しずつ慣れて欲しいと思って、夫も私もイズモの上から頭を触ったりしましたが、家族は大丈夫でも知らない人には嫌がりました。

    吠えちゃったり、吠えなくても姿勢を低くして警戒態勢に入ったりしましたね。

    ランボー君&ロッキー君兄弟は吠えないので、とても偉いです。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  5. インディーPW より:

    5. 無題
    思わず笑ってしまいました。

    ラブを飼っている人、以前飼っていた人は必ずって言っていいほど声をかけてきますよね。
    気持ちわかります。目が自然にいってしまうんですよね。

    「オイ!おじさん」内心ショックだったかも? 

    イアル・インディーは人見知りをしませんでした。イズモは繊細なんんですね。
    インディーの場合「遊んで!」と吠えるのが困りました。

    明日、帰るステイわん君は男の人が苦手で近づく人によく吠えました。女の人は平気です。
    主人も初対面の時は吠えられました。
    担当訓練士さんは男性なのに?でした。

    先週わん君を連れて人混みがある所に行ってきました。わん君キョロキョロして訓練士やPWさんを探している様でした。切ないです。 
    協会の考えも理解できるんですけど…盲導犬にならなかった犬はPWさんの所へ行くのが犬にとって一番幸せなのではと最近思うですよね。

    犬欠乏症だった我が家を救ってくれた、わん君に感謝です。イエローラブなので寝顔がインディーにそっくりなんです。♥

    そして来月パピーの委託が決まりました。
    イーリィの仔かは分かりません。訓練士さんに「内緒」と言われました。

    PW終了と同時に全部、忘れてしまうのでイズモママさんのプログ参考にさせていただきます。
    http://ameblo.jp/ichandog/

  6. gd.vol より:

    6. Re:無題
    インディーPWさん
    以前イズモはインディーとは違うシーンで吠えると言ったのは、このことなんです。
    インディーは「イズモ~」とか「ね~遊ぼう~」という吠え方だったので、大きくなれば(心が大人になれば)直ると思っていました。
    訓練に入って直って良かったですね。

    イズモは全ての男性に吠えるわけではないので、威圧感を感じる人に対する「怖い」と思う気持ちが別に怖くはないんだね、と理解できるかどうかが鍵かなあ。。。

    掃除機もとても怖がっていましたが平気になりましたし、苦手な人を無視するというワザも編み出した?のでクリアできるといいなあ。

    イズモの心の成長と訓練士さんの腕に期待しています。

    頑張れイズモ!

    盲導犬にならなかった仔の受け入れ先については、私にはどうあるのが一番良いのかわかりませんが、ステイ君に良い縁があり幸せになることを祈っています。

    明日お別れなんですね。
    少しでも縁があった仔はみな可愛いですね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  7. ドラっち より:

    7. 大爆笑!
    ブログ見て思わず大爆笑しちゃいましたが…。オイおじさん…我が子にも「オイ」です。きっと(笑)我が子もササッと去りますから(笑)

    忍者おばさん…コピー??アチコチあらわれ、確かに何人かいるのかしら?って思いますね…(笑)あぁ~
    おもしろかった(o^o^o)

    イズモちゃん賢い(^^)v
    http://ameblo.jp/doramotch/

  8. gd.vol より:

    8. Re:大爆笑!
    ドラっちさん
    爆笑ありがとうございます!!

    子供と犬はよく解ってる?
    http://ameblo.jp/wan0824/

  9. ドラっち より:

    9. 無題
    >gd.volさん
    オイおじさん、忍者おばさんに捕まると大変で、ナカナカにたどりつかないので…廻り道しちゃうのざます(オホホ)
    我が子もなぜか足が止まります(笑)
    犬と子は解ってる(笑)
    http://ameblo.jp/doramotch/

  10. gd.vol より:

    10. Re:無題
    ドラっちさん
    なるほど。
    オホホ・・・ですね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  11. イーリィの父 より:

    11. 無題
    オイのおじさんに対する対応、ひょっとして、世に言う
    「華麗にスルー」というやつじゃありませんか?
    いやぁ、スルーを決め込めるとは、イズモちゃん、オトナですねー
    きっと一生懸命に対処法を考えたんでしょう。
    それを考えると可愛すぎるー

    ちなみに、僕が末期の犬欠乏症にかかっていたころは、
    たとえラブ連れの人であっても、恥ずかしくて声をかけられずに指をくわえて眺めているだけでした(爆)
    http://yaplog.jp/breedingwalker/

  12. MOMO より:

    12. こんにちは☆
    読ませてもらいました。面白かったです(^o^)
    人のブログって読んでて楽しいですよね(*゚▽゚*)
    副業の事や日々の出来事を書いてるので、一度遊びにきて下さい!
    http://ameblo.jp/yad49dk/

  13. gd.vol より:

    13. Re:無題
    イーリィの父さん
    イズモはこの方が苦手でしたね。
    きっと一生懸命対応策を考えたのでしょうね。
    健気なやつ。

    イズモを連れて歩いていると、熱い視線(笑)を送ってくる人っていましたね。
    「良かったらナデナデしてあげてください」
    と言うとみなさん楽しそうにイズモをナデナデしてくださいました。
    イズモは人見知りな所があったので、いろいろな人に触れ合ってもらえることはこちらも大歓迎だったのです。

    もしその頃、イーリィの父さんにお会いしたら抱きしめちゃってもOKでしたよ。

    日盲のHPの16日付スタッフブログを見ましたよ。
    イーリィちゃんのパピー、可愛い!!
    来月末くらいに委託になるのでしょうか?
    もしかしたら1頭インディー家に行くかもしれませんね?
    訓練士さんにはイーリィちゃんのパピーかどうか教えてもらえなかったようですが
    その頃委託になる仔って他にいるのかな??

    イーリィちゃんのパピー、育ててみたかったです。
    これから魔の確定申告の時期を迎えるので、わが家がパピーウォーカーに復帰するのは最速でも年度明けなんですよね。

    http://ameblo.jp/wan0824/

  14. gd.vol より:

    14. Re:こんにちは☆
    MOMOさん
    ブログ拝見しました。
    料理が美味しそうでした。
    写真も綺麗ですね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

掃除機にじゃれつく子犬 最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

委託6日目のお部屋探検

委託された日と翌日のウェルシーは、ケージが置いてある部屋から一歩も出られませんでした。 廊下の

記事を読む

ガールズトーク

パピーウォーカーさんの子供達。 一番小さかった子はまだ幼稚園児でした。 とても明るくて人

記事を読む

シャンプー

2014年2月 雪遊びを楽しんだイズモさん。 パパにシャンプーをしてもらっています。

記事を読む

子犬の社会化 わんダフルネイチャーヴィレッジ

繁殖犬ケイン君のブログでご紹介されていた「わんダフルネイチャーヴィレッジ」(東京都)に行ってみました

記事を読む

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所ですが、川を渡るのに飛び石が橋にな

記事を読む

犬の車酔いを治してあげよう

遠出はしないという人でも、病院に行くなど、犬を車に乗せなくてはいけないことってありますよね。 犬も

記事を読む

病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

記事を読む

掃除機初体験

委託から1週間が経った頃、初めて掃除機を使いました。 それまで掃除しなかったんかい!!

記事を読む

2回目のレクチャー

2013年10月20日 2回目のレクチャーでした。 残念ながらまた写真がありません。 わんこた

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑