お散歩は引っ張らないで歩こう!引っ張り改善の対策

公開日: : 第一話 イズモ, 引っ張り

イズモは、生後5か月頃からお散歩の引っ張りが目立つようになりました。

この記事は2014年1月(生後7か月頃)ですが、なかなかお散歩の引っ張りが改善せず、練習中の様子です。

散歩の引っ張りを改善したい

今朝も楽しいお散歩の時間です。

寒いね。

パパは手袋をするよ。

イズモ、Heel

はいはいパパちゃん、解ってますって

o0400030013112631046[1]

お!

出来る仔イズモさん

コマンドでヒールポジションにつきましたね。

あなたの指定位置はそこですよ。

パパちゃん、了解!!

o0400030013112628500[1]

と言いながら何走っているんですか!

イズモさん、引っ張ってますよ~!!

o0400030013112629651[1]

対策その1.クールダウンさせる

イズモ、Sit

座って少し落ち着こう。

Good

コマンドで座り、なでなでして褒めてもらっています。

足を止められたので「不満です」という顔をしていますね。

お散歩は楽しいのでしょうね。

歩き始めがいつもテンションが高く、マイペースに引っ張ります。

引っ張ったら止まって、座らせるなどでクールダウンをさせるようにしました。

これは2回目の家庭訪問の時の訓練士さんのアドバイスです。

o0400030013112629652[1]

対策その2.反対方向に歩く

さて、気を取り直して歩きはじめる二人

イズモは向かって左、パパは右に行こうとしていますね。

イズモが何かに気を取られて違う方へ行こうとするときは、リードを引っ張らずイズモとは違う方に行き距離をとります。

そうすると犬は置いて行かれると思って「待って~」とついてくるので、ついてきたところを褒めます。

これも訓練士さんのアドバイスです。

o0400030013112628501[1]

住宅街なので交差点から自転車などが飛び出してくることもあるので、左手はいつでもリードを短く握れるように備えていますが、リードを引っ張ってはいません。

ここでイズモがついてこないときは止まって座らせたり、ヒールポジションにつけて仕切り直します。

信号待ちですね。

o0400030013112629653[1]

今日のレポートはここまでです。

まとめのようなもの

家庭訪問でお散歩の指導を訓練士さんにしていただきました。

イズモは歩き始めはグイグイ引っ張ってしまいマイペースですが、落ち着いてくるといい感じに歩ける時間もあるので

  1. 引っ張ったら止まるまたは反対方向に歩く
  2. クールダウンさせる
  3. 上手に歩けている時によく褒める

それを繰り返せば上手に歩けるようになるということでした。

夫は日頃イズモを甘やかしているように見えて、お散歩のときはイズモの動きをよく観察していて叱らずに上手にイズモをリードしていました。

見直したぜ、パパちゃん!!

私達が特に気を付けたのは「上手に歩けている時によく褒める」ことでした。

ちゃんと歩いていると当たり前のように思ってしまって、つい褒めるのを忘れてしまいます。

イズモも目を合わせてくるので、Goodと褒めてあげないとです。

褒められる→どうや!!→行動が強化される

イズモは褒められて伸びるタイプのようです。

小さい子供がおとうさんやおかあさんと一緒に歌を歌ったりおしゃべりをしながら、手を繋いで並んで楽しそうに歩いていく・・・。

そんなイメージでイズモと一緒に歩けるのが目標でした。

日々の積み重ねで、上手に歩けるようになったのは生後10か月頃になってしまいました。

やっぱりね・・・根気は必用なんですよね。

リードなんてついていないかのようにイズモと一緒に歩けるようになったときは、犬とお散歩するって楽しいなと思いました。

イズモも引っ張っている頃より楽しそうで、お散歩の時の顔がいい顔になりました。

引っ張らずに歩けるようになってくると、犬も人もお散歩が楽しくなりますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の飛びつきをやめさせるのは無視が一番効果があった
NEXT
反抗期かな?コマンドを無視する子犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    うちも、テンションあがると引っ張るので、やってみます
    (*^o^*)

    気長に気長に…焦らずです
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    くるみさん
    ぜひお試しください。
    でもチョコちゃんに合わなかったら、別の方法も考えてあげてくださいね。
    お散歩は楽しいのが一番です。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. くるみ より:

    3. 無題
    >gd.volさん

    そうですね。
    さんぽが苦になると嫌ですもんね
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    くるみさん
    飼い主さんが楽しいとわんこも楽しい!!
    多分(*^▽^*)
    http://ameblo.jp/wan0824/

  5. スピカ より:

    5. 無題
    褒めること、とっても大事ですよね。

    自分ではあまり意識していないのですが、家族や周りからは、お喋りで、表情豊かで喜怒哀楽がはっきりしていて、ひょうきんと言われています。(^_^;)
    犬たちからも、わかりやすいようです。(特に褒められている時など)

    褒める時も高い声出したりせず、声のトーンは普通だけど、妙に説得力がある?それに顔がすごい!と夫に言われました(-_-;)

    犬も表情をよく見てますよね~大げさに「ニッコリ」すると犬も笑います。(*^_^*)
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  6. gd.vol より:

    6. Re:無題
    スピカさん
    高い声は犬を興奮させるのであまり好ましくないんだそうですね。

    犬は分かりやすい人が好きですよね。
    そして表情をよく見ていまねす。
    ここは叱ってはだめだと堪えたつもりでも、表情がムッとしてしまい犬に見抜かれていました。
    む・・難しい。

    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

ママのひざ掛け

2013年 晩秋 ここがあたしのお気に入りの場所。 ママのひざ掛け。 フリースのブ

記事を読む

お座り 伏せ 休め?

イズモ Sit Good! Down Goodだね~。

記事を読む

さよならイズモ

犬は1歳前後でお別れというパピーウォーカーの定め!委託修了式

2014年7月27日 前日から山中湖近くに宿泊していた私たちは、富士ハーネスへ向かって宿を出発

記事を読む

2回目のレクチャー

2013年10月20日 2回目のレクチャーでした。 残念ながらまた写真がありません。 わんこた

記事を読む

人にくっついて寝る犬

要求吠えをダメとしつけたら要求お手を編み出した子犬

犬が吠える理由の一つに要求吠えがありますね。 ごはん~ ケージから出して~ お散歩に行こうよ~

記事を読む

パピーウォーカーのお別れは2回ある!面会そしてさようなら

ようやくこの日記も時間軸が追い付いてきました。 12月6日に、イズモとの面会をして来ました。

記事を読む

リーダーウォークができない理由は子犬に負けているから?

シオン地方では、2月も終盤になってくると寒いながらも日差しが強くなってきます。 そして、春を感じる

記事を読む

3回目のレクチャー

2013年11月 17日は3回目のレクチャーでした。 この日は5か月ほど年上のB12胎のお兄さん

記事を読む

犬が掃除機を怖がって吠える場合の3つの対策

イズモが家に来て3日目か4日目に掃除機をかけると吠えるようになりました。 初日は大丈夫だったのです

記事を読む

散歩に出かける子犬

人見知り犬は人見知りを克服できなかったが頭を使った

イズモは委託当初から人見知りの傾向がありました。 人見知りですが「人が嫌い」なわけではなく、初めて

記事を読む

撫でられる犬
犬が家族によって態度を変えるのはなぜ?私は犬にバカにされているの?

犬が人によって態度を変える。 というのは多くの飼い主さんが経験してい

パピーウォーキング終了式
委託終了式|盲導犬パピー2回目の別れ

2021年1月17日に、富士ハーネスと仙台訓練センターにて、ウェルシ

ボールを持って走る犬
【動画】犬の「持ってこい」の教え方は?犬と楽しく遊ぼう

持って来い遊びは、飼主さんがボールなどを投げて持ってきてもらう遊びで

伏せる犬
大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接

ボール遊びをする犬
ラブラドールレトリバー3歳9か月|もう若いって言えないわ!

2021年を迎えました。 明けましておめでとうございます。 ウェルシ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑