散歩で落ち着かない犬の気持ちを考える 引っ張りを改善するには

お散歩に行くよ~。

と家を出ると、興奮で走り出したり、早足でタカタカ歩き出す仔はいませんか?

心に余裕がない状態でセカセカ歩く仔もいますよね。

タカタカ歩く場合は

わ~~い!お散歩だ~!!

と楽しい興奮の場合が多いですし、セカセカ歩く場合は、犬も緊張状態だったり不安が強い状態のことが多いです。

どちらも心がフラットな状態ではないので、落ち着いた気持ちで楽しくお散歩ができるようにしたいですね。

ウェルシーは足の裏の感覚が敏感らしく、芝生に入ると興奮で走り出し、砂や土の上に行くと興奮して走り、お店の玄関の前に敷いてあるマットにうっかり乗っては興奮して走る、という状態が続きました。

走らないまでも道路のにおいをひたすら嗅ぎながら、セカセカとリードを引っ張って歩くなんていうこともありますね。

人の横を落ち着いて歩けないと

しつけがうまくいってない?

と思ってしまいますよね。

リードを引っ張らずに歩いてもらう練習には「リーダーウォーク」があります。

関連記事→犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

しかし、技術だけではなく犬の気持ちにフォーカスすることも大切ですね。

ウェルシーは、慣れない足の裏の感触や初めての場所が苦手なので、心の中がソワソワしてしまうのだと思います。

何度もいろいろな場所に行っているうちに、何となく慣れて

いつの間にいいこに歩くようになったよね。

という仔もいるのですが、ウェルシーは「経験させる」だけでは難しいので、訓練士さんに相談しました。

足裏感触

芝生や砂など足場が変わる前に、止まる、座らせる、などして「Come」など声をかけて一緒に入る。

リードは短めに持って、もし走り出そうとしたら止まる、座らせるなどする。

ウェルシーの場合は興奮がポンと上がっても「Sit」などのコマンドが入るので、一旦座らせて動きを止めてから

じゃあ、一緒に行こうね。

という感じにすると、冷静になれることが多いそうです。

人が係わってあげることで、次第に興奮せずに歩けるようになると思うので、根気よくやってみてください。

というご指導をいただきました。

初めての場所

道路のにおいを嗅ぎながら歩くのは「自分で落ち着こうとしている」ということなので、様子を見ていきましょう。

ということです。

10分とか15分とかすると、落ち着いて歩くようになりますし、成長と共に落ち着くのは早くなったと思います。

車から降りたとき

  • 狭い車内から広い場所に出た。

ということと

  • ここはどこ?

ということで興奮が上がり、降りた途端にダ~っと走り出します。

止めたり座らせてもなかなか落ち着かず、イライラして落ちているものを次々に拾ったりします。

これも人が関与すると改善するでしょう。

ということで

危なくなければ少し遊んで発散させてから歩き出してみましょう。

というご指導をいただきました。

なので

車から降りる

走り出そうとする

止める

座らせる

Come

また走り出そうとする

ここで少しウェルシーのペースに合せ早足にして、10歩くらい行き、急に止まる。

意外にウェルシーは人の動きを見ているので、人が止まると慌てて止まります。

そこで

Come

今度は反対方向へ歩く

ウェルシーが前に出ようとしたら、向きを替え

Come

歩く、座らせる、呼ぶ

歩き方も早足で歩いたり、ゆ~っくり歩いてみたり

などをしていると

なんだなんだ?

新しい遊びか?

と思うみたいで、人に集中してくれるので、2~3回繰り返すと落ち着いて歩くようになります。

ウェルシーの頭の中に「人が不在」になってしまうので、人に気持ちを持って来られるようにすると落ち着きを取り戻せるのかもしれませんね。

駐車場なので他の車も出入りするので、安全に気をつけなければいけませんが、この方法で手応えがありそうなので、しばらく続けてみようかなと思いました。

また歩き出すと早足になったりもしますが、今度はリードにじんわりテンションをかけて

ゆっくり歩こうね。

とその都度伝えていくだけで、普通に犬の散歩レベルでは歩けるので、少しずつ練習してみようと思います。

残りの期間でどのくらい改善するかはわかりませんが、ウェルシーはお散歩は好きなので

初めての場所でも、ゆったりした気持ちで歩けるとお散歩はもっと楽しいね。

と伝えていけるように頑張っていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
逗子の隠れた?名所 犬連れ披露山公園散策
NEXT
ワンツーベルトなんて嫌い 頑固さを見せる犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    読ませて頂いて、「なるほど~♪」と気付かせて頂く事がたくさんありました。

    落ち着かせるには人から寄り添ってあげてコマンド出す…

    落ち着いたら新たにコマンド出して行動してもらう…

    以前、多和田さんが、「犬が言うこと聞いているのは、聞く耳がある時に指示しているからですよ~♪」と仰ってたのを思い出しました。

    おそらく、こういう事なんでしょうね…

    まだ召集令状が届いて入所するまでは時間ありますので、楽しみながらいろいろチャレンジしてみるのも良いかもですね~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      犬は人の話を聞く準備ができていないと、人の言葉も耳に入ってこないですね。
      あ!人も同じですね。

      気持ちがいっぱいいっぱいになっているときに
      落ち着いて
      と伝える方法(ウェルシーの場合はコマンドで座らせるなど)を具体的にご指導していただいたので、前進して行けそうです。
      人も犬と一緒に成長ですね♪

関連記事

犬がため息をつくのはリラックスの証拠?抱っこや寝る前なら心配無し!

犬のため息を聞いたことありますか? まるで人間のように「ふぅ~」なんてため息をつかれると、笑っ

記事を読む

最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻尾ブンブン わ~

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞

記事を読む

3回目の家庭訪問

3回目の家庭訪問がありました。 私達が感じる今のところのウェルシーの課題は 興奮しや

記事を読む

委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。 ウェルシーは家に来て2

記事を読む

みごとな脱ぎっぷり 換毛期真最中

脱いでいるのは、わんこですよ。 ここのところ、急に気温が上がってきたからなのでしょうか?

記事を読む

電話に焼きもちをやく犬

犬の心は人間に劣らないくらい豊かですよね。 喜怒哀楽をいろいろな表現方法で表してくれます。

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

お砂場でのハプニング

ウェルシーは、刺激に敏感です。 環境の変化もそうですし、身体に受ける刺激にも敏感です。

記事を読む

犬もどや顔するよね 自慢する犬

ウェルシーは、パパが帰宅すると夕食までの少しの時間、遊んでもらうのを楽しみにしています。 自分

記事を読む

6/19BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

6月19日、19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」にて

1頭の犬が人の心を繋いでいくんだね パピーウォーカーの喜び

ウェルシーの父犬のユオン君と、母犬のココアちゃんの繁殖犬ウォーカーさん

入所から10日 前向き 今を生きる犬

ウェルシーが入所して10日経った5月23日、富士ハーネスの訓練士さんか

盲導犬ユーザーが感じた委託修了式

2018年5月13日、私達は4頭目パピーのウェルシーを送り出しました。

旅立ちは雨 委託修了式

5月13日はW‐15胎の委託修了式でした。 朝からどんよりと曇り

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑