引張りとか歩かないとかお散歩の悩みはいろいろあるけれど

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

ウェルシーと一緒に北本自然観察公園に行きました。

こちら→犬連れ北本自然観察公園 エドヒガンザクラで春を満喫

帰りに荒川を渡るのですが、土手の菜の花がとても綺麗でした。

遠くまで黄色の絨毯のように見えます。

遊歩道を歩いてみることにしました。

ウェルシーは車から降りると、狭いところから広い場所に出られた解放感と、知らない場所に来た不安感の両方で興奮が上がり、タタタ~っと走り出そうとします。

なかなかこれは改善されないのですが、座らせたり人に気持ちを向けてあげることで、落ち着いて歩けるようになってきました。

やや速足で、身体ひとつ分くらい人の前に出ていますが、尻尾も水平で表情にも余裕があり、引っ張ってはいませんね。

最近は、落ち着くのが早くなってきたと思います。

小さい頃はそわそわして、人の存在を忘れてしまう勢いでガンガン引張って歩こうとしました。

犬は人よりも耳も鼻もよく、人よりも外の情報が多く頭に入ってしまうので

いつもと違うぞ!

なんだなんだ?

どうなっているんだ?

と戸惑うのだと思います。

多分、ウェルシーはいろいろな刺激に敏感な仔なのだと思います。

敏感な仔が鈍感にはなりませんが、受け入れていける幅は広がってきているのでしょう。

ウェルシーにとっては大きな進歩だと思います。

日差しが強いので、ちょっと暑そうですね。

遊歩道をしばらく歩いて、土の場所に入ってみました。

くんくんくん・・・。

土や草の場所だとにおいを嗅ぐことが多いです。

におい嗅ぎばかりで歩かないのでは困りますが、ウェルシーは確認することで安心して歩けるみたいなので、様子を見ることにしています。

足場が変わると、びっくりしてパニックになることも多かったのですが、だんだん大丈夫なことが多くなってきました。

そのかわり、においを嗅いで納得するまで確認する感じです。

犬に生まれたウェルシーには、景色はどんな風に見えているのでしょうか?

同じ景色を見ていても、違うものに感じているかもしれませんよね。

ウェルシーには土の上を歩いてもらって、土や草のにおいで春を満喫してもらいました。

さあ、帰ろうか。

ウェルシー。

パパに話しかけている。

なんて言っているのかな~?

犬語はわからないけど、こんなとき目を合わせてあげてニッコリしてあげるとか、ほっぺや肩を軽く撫でてあげると犬は嬉しいみたいです。

犬が人に関心を向けていることに、人が気付いてあげないことが続くと、犬もだんだんと自分勝手に歩くようになってしまいます。

犬にとってのお散歩は、飼い主さんとコミュニケーションを取れる楽しい時間ですよね。

どの仔にとっても

自分に関心を持ってくれている。

大切にされている。

ということが幸せなことなんですよね。

君が大好きだよ。

と伝えてあげられるような、楽しいお散歩を心掛けてあげたいです。

引張りとか、歩きたくないとか、拾い食いとか、お散歩の悩みはいろいろとありますが、犬自身が

人とコミュニケーションを取って歩くことが楽しい!

ということに気付くと減ってきます。

それには人の働きかけが大切で、根気が要るんですけどね。

ウェルシー。

ちっちゃいな~。

22㎏しかないので、小さく感じます。

この身体で、精一杯自分の気持ちを表現しているのだと思うと、愛おしくなりますね。

ママ~。

早くおいでよ~。

わかった~。

今行くね。

可愛いうちのこ

ウェルシー。

毎日を楽しんで過ごしていこうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ北本自然観察公園 エドヒガンザクラで春を満喫
NEXT
犬連れお花見 いよいよソメイヨシノ満開

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ラフ♪のPWです より:

    ママさんの言葉(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)胸に響きました。君のことが大好き*大切に想っているよ… それをちゃんと伝わるように ひとも表現してあげないと*ですよね❁.*・゚
    愛しさのます今日この頃… ウェルシーちゃんには ちゃんと伝わっている事でしょう( ✿˘︶˘✿ )
    うちのラフにも♡全身アピールで伝えていきますね〜*Ü*

    ウェルシーちゃんと是非またこちらにお散歩しにいらして下さいませね♪‎🐾♪

    • gd.vol より:

      ラフ♪のPWさん
      私もラフ君のご家族の皆さんは、いつもパピーの気持ちを大切にしていらっしゃるので、とても学びになっています。
      なので、みんないいこに育っているのだなあと感じています。
      ぜひぜひ、またお会いしましょう♪

  2. サナ父ちゃん より:

    ワンコ達をいいコにするには、やっぱりいつも気に掛けて声を掛けて笑顔で応える事ですよね…
    なので抱っこの数だけワンコはいいコになる…

    失礼しました♪(笑)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      抱っこの数だけいいこになる!
      ほんとですね。
      毎度見事な抱っこ犬にしてお返ししています♪

関連記事

コミュニケーションが取れるようになってきた

盲導犬のお仕事のひとつに 「段差を教える」 というのがあります。 ある日シオンとお

記事を読む

最後のシャンプー 抜け毛も集めてみました

入所の準備が進んでいます。 ワクチン接種も終わって、次は最後のシャンプーです。 ウェルシ

記事を読む

犬が拾い食いをする理由と拾い食いをやめさせる方法

ウェルシーの場合、拾い食いの主な理由は好奇心ですが、なかなか拾い食いが無くならないんですよね。

記事を読む

くんくん ぴょんこぴょんこ お散歩デビュー

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デビューをしました。 道路

記事を読む

かまってアピールをする犬は思い切りかまってあげよう

かまってほしいとアピールしてくる犬を、忙しいときにはしつこい、うざい、と思ってしまうかもしれませんが

記事を読む

犬をノーリードにするということ

私が犬と暮らすようになってもうすぐ5年。 わが家の周りにもいろいろなわんこと飼い主さんがいて

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

犬も人も癒される!抱っこの数だけ絆が強くなるらしい?

わんこも寒くなってくると人の温もりが欲しくなるのでしょうか? 犬には癒し効果があると言われますが、

記事を読む

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお散歩コースは 住宅街

記事を読む

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所ですが、川を渡るのに飛び石が橋にな

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑