ハウストレーニング

協会からは、犬から目を離すときやお留守番のときは、パピーをケージやクレートに入れるようにお願いされています。

なので、ハウストレーニングをしていくのですが、最初からハウスで上手に待機できる仔は少ないですよね?

ウェルシーはケージはわりと早く慣れてくれましたが、クレートを拒否しました。

狭いし、圧迫感があるのが嫌なのかな?

ハウストレーニングの手順

ケージやクレートに閉じ込められると思ってしまうと、どうしてもイヤイヤになってしまう仔が多いと思います。

現実には閉じ込めているのですが、それが苦痛に感じないように、パピーにケージやクレートは怖いところじゃないよ。

楽しい場所、くつろげる場所なんだよ。

と印象付けていくと良いそうです。

クレートを使って遊ぶ

遊びながら時々クレートにおもちゃを投げ入れて、中に入って取ってもらうのをゲームにします。

一歩でも入れたら褒めて、おもちゃを咥えたら褒めて、持って出て来たら褒めて・・・。

とにかく褒め倒します。

しかし、ウェルシーさん。

クレートの入り口で固まり

いいです。

あたし、おもちゃ、いらないです。

とUターン。

あれれ。

強制的に入れて褒める

では、次の作戦です。

自力では入ってくれないので、抱っこで中に入れて扉を閉めて

CIMG5807

(そんなに不満そうな顔をしなくても・・・)

ちょっとの時間だけ扉を閉めて、すぐに出してあげて褒め倒します。

1秒でも入れたら「Good」

クレートに入るだけで褒められるなんて、犬っていいなあ。

CIMG5809

この時、扉を開けたら勝手に出て来ないように「OK」と言ったら出て来るように教えていきます。

そして5秒、10秒・・・と入る時間を少しずつ伸ばしていきます。

苦手なものは少しずつやっていきます。

ごはん作戦

クレートの中でフードを食べてもらって

CIMG5752

クレートの中は怖いところじゃないよ。

中に入るといいことがあるんだよ~。

と教えていきます。

そんなこんなしているうちに、委託から1週間が経つ頃には、クレートの中でくつろいで眠れるようになりました。

CIMG5828

CIMG5829

ぐっすり寝たので、このままお留守番をしてもらいました。

1時間弱で戻ってきましたが、まだ眠っていてくれました。

こうやって、だんだん一人でもいられるようになってくると、楽になってきますね。

少しづつお留守番に慣れてもらおうかな?

クレートが怖かったら

どうしてもクレートを怖がるようであれば、クレートは上下に分かれるので下の部分だけにして、中にタオルなどを敷いて居心地のいい空間にして、おもちゃやフードを使って中に入るのに慣れるところから始めましょう。

という訓練士さんからのご指導でした。

圧迫感が無くなる方が入りやすいかもしれませんよね。

幸いにウェルシーはそこまでレベルを下げなくても入れるようになりましたが、どうしても苦手という仔は試してみてくださいね。

敷物やおもちゃを入れたまま、パピーから目を離さないように気を付けましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ごはんだよ すくすく育ってね
NEXT
生後2か月のウェルシーへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナはちっちゃい頃はハウスは難しかったです。
    ハウスはご飯食べるところになっちゃいました(汗)。

    寝る時は人のお膝の上!だもん‼でしたね(笑)。

    サナが狭くて密着度が高いところが好きだったので大きくなってからは勝手にクレートで寝てくれるようになりました(汗)。

    ハウスは最後まで得意ではありませんでした。
    でも、もうひと工夫すれば良かったかなぁ…と今となっては思ってしまいます。

    抱っこばっかしてたのが仇になっちゃったケースですね(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      うちもイズモ以外はハウスはあまり好きではなかったです。
      指示で入ることはできるようになりますが、眠くなったら自ら入る仔はイズモだけでした。
      やっぱり抱っこがいいよね~。
      ウェルシーだってよじ登ってきますもん。

  2. ツムギ母 より:

    ウェルシーちゃんの『強制的にHouse』させられた時の不服そうと言うか、不安そうなお顔が何だかシオン君と重なってしまいました。同じイェローだからかしら?不服でも読み手としてはたまらない可愛さです♪

    こうして、時間とありったけの愛情で『トレーニング』をやって頂けるワンコちゃんって本当に幸せで将来心の大きなワンコへと成長して行くんだろうな〜。何て幸せなの〜、ウェルシーちゃん♪

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      つい、この前まで兄弟姉妹とくっついていたパピーにとって、ハウスで一人にされるのは、ほとんどの仔にとって不安なのではないかと思います。

      少しずつ、ウェルシーのペースで練習してきましたが、今はハウスで落ち着いていられるようになりました。

関連記事

委託直後のトイレトレーニング状況

富士ハーネスでは生まれたパピーに、訓練士さんやスタッフのみなさんが排泄のしつけも導入してくださいます

記事を読む

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

W-15胎 3回目のパピーレクチャー

8月27日 3回目のパピーレクチャーでした。 今回はウッディ家がお休みだったので、5家族

記事を読む

犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

9月24日のレクチャーのときにW‐15胎のパピーたちは、クレートが大きいサイズのものに交換になりまし

記事を読む

委託4日目に掃除機を体験してみました

掃除機を怖がる仔は多いようなので、少し家に慣れてきた委託から4日目に掃除機を体験させてみました。

記事を読む

委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。 ウェルシーは家に来て2

記事を読む

W-15胎 2回目のパピーレクチャー

7月30日 2回目のレクチャーでした。 今日はどこに行くんですか? クレートの中で

記事を読む

おとうさんが帰宅すると大喜びする犬

夜8時過ぎ。 ウェルシーは私の膝の上ですやすやと眠っていました。 パパの車が駐車場に入り

記事を読む

夏のお楽しみ 氷を体験 

初めての氷も、子犬の反応はさまざまです。 ウェルシーはどんな反応を示したのでしょうか?

記事を読む

パピーウォーカー 第四話がはじまるよ

2か月半くらいの休暇になりましたが、わが家に新学期が始まります。 わが家にとって4頭目になるパ

記事を読む

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでした

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカ

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあ

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか?

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑