生後2か月のウェルシーへ

公開日: : 第四話 ウェルシー

ウェルシーは6月14日で生後2か月齢になりました。

体重は4.8㎏

そんなに嫌そうな顔をしないでくださいっ。

大きくなっても体重計に乗れるようになってもらう予定ですからねっ。

CIMG5930

CIMG5931

まだまだ軽くて小さいですね。

明日6月17日で委託から2週間になります。

おうちに慣れてきた

委託から1週間を過ぎた頃から、家の雰囲気に慣れてきたようで、よく眠るようになりました。

来た頃は、遊んで寝て、食べて寝て、という感じではありましたが、細切れな感じでした。

それが2~3時間まとめて眠れるようになってきたので、おうちがくつろげる場所になってきたのだと思います。

そんなウェルシーの現在の印象は?

頭が良さそう

委託から3日目に、なんとなくおもちゃのアウトができるようになりました。

CIMG5878

家庭訪問があった6月8日(委託から6日目)は訓練士さんに「おもちゃのアウト・オッケー」で遊ぶ様子を少しですが見ていただけました。

ケージから出るのは「OK」と言われてからね。

というルールもだいぶ理解してきました。

ウェルシーは、理解力が高そうな気がします。

小さなことも嬉しい

夜はケージで寝ていますから、朝ケージを開けるためケージの前に行きますよね?

ケージ越しに向かい合うと、ウェルシーはお行儀よく座るのですが、尻尾がフリフリフリ♪

ケージを開けて「OK」と言うと、ダッシュで出てきて私の膝にぴょん!

おはよ~!おはよ~!

またママに会えて嬉しい~!!嬉しい~!!

と大歓迎です。

少し抱っこを満喫して、ワンツーです。

ここでも排泄が終わって「Good~♪」と褒めると尻尾をフリフリフリ♪

名前を呼べば尻尾をフリフリ。

ごはんが出てくれば尻尾をフリフリ。

おもちゃを見せれば尻尾をフリフリ。

パパが帰宅すれば尻尾をフリフリフリ♪

日々、ちょっとしたことでも尻尾をたくさん振っています。

日常の小さな「楽しいこと」を心から楽しいと思えるようで、ここはウェルシーの良いところだと思います。

心が安定しているかも

尻尾をたくさん振って「嬉しい」を表現してくれるウェルシーですが、ケージから出たりパパが帰宅したときに飛びつきませんし、嬉しくて興奮が上がりすぎて噛んでしまうとか、興奮で吠えてしまうということもありません。

フリフリフリ~♪

でも次の瞬間には興奮が下がるみたいなんですよね。

怖かったり、びっくりすることがあると、座り込んだり固まったりして「ビビってる~」と思うのですが、パニックになることは今のところありません。

小さいのにわりと心が安定しているように感じます。

わが家では初のタイプだな~。

初心者向けの犬?

犬は人から見たら「なんで?」と思うようなものが怖かったり苦手だったりすることがあります。

人から見たら理由もわからないのに、突然スイッチが入ったように走り回ったり、噛んできたり吠えたり。

叱ると逆切れのように反撃に出てきたり・・・。

うちはイズモとシオンがそのタイプで、シオンのほうがより顕著でした。

ツムギはいろいろなものを怖がり固まるタイプで、人から見て攻撃的と感じる行動は無い仔でしたが、やはり些細なものを怖いと思うので、日常のちょっとしたことがストレスになっていたと思います。

なので、パピーを迎えて生活に慣れるまでは、バタバタ動き回ったり、大きな声を出したり、構いすぎて興奮させすぎないようにしました。

パピーが一日でも早く落ち着いた生活を送れるように気を配りました。

しかし

ウェルシーにはそういう気遣いを全くしていないのに、なんとなく生活に馴染んでいっています。

CIMG5884

ちょっと痩せ気味のウェルシー。

しっかり食べて子犬らしくふっくらして欲しいです。

触られるのも大丈夫

私は犬と暮らすまでは、犬はみんな撫でられるのが好きなのだと思っていました。

ところが、そうではなかった!

初めて迎えたパピー、イズモは人見知りだったこともあって、撫でてあげようなどと思って手を伸ばすと噛みついてきました。

あんた誰よ!

あたしに気安く触らないでよ!!

という感じで威嚇してくるので、当時はかなり凹みました。

シオンも機嫌が悪いと

触らないでよ!ガブ!!

という仔でした。

そういう仔は時間をかけて

撫でられるって気持ちいいよね。

と伝えていかなくてはいけませんが、ウェルシーはいろいろいじっても嫌がらないので

こんなに楽なんだなあ。

と思ってしまいます。

夜鳴き、甘噛みなど、この月齢なら当たり前という大変さはもちろんありますが、今のところ気難しさを感じないので、犬を初めて飼育するという人にも向くタイプの仔かもしれませんね。

覚えがいいのでしつけやすそうですしね。

難しいと感じるところが出てくるのはまだこれからだと思うので、悩みも出てくると思いますが、今のところ頭が良く、気立ても良く生活しやすい仔という印象です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ハウストレーニング
NEXT
頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. Lママ より:

    ウェルシーちゃん、ひとつひとつの行動が可愛い❤️
    つぶらな瞳でジッと見つめて、尻尾フリフリなんてされたら、ハートをズキューンと射抜かれちゃいますね(笑)
    それにしても、もう体重計に乗ってる〜〜‼︎
    ウェルシーちゃん、お利口さん❤️
    エル夫も乗れるかな〜、やってみます。

    • gd.vol より:

      Lママさん
      この仔、今までにないタイプ。
      あどけなくて可愛い~んですよぉ。
      鬼パピが崩れそうです(笑)

      体重計は、大きくなってしまうと怖がって乗らないので、教えるのなら早めがいいですよ。
      おもちゃで釣って乗せていますが、まだWaitがいまいちなので、数字が出る前に降りてしまい、やりなおすこと数回。
      かなりぶーたれているウェルちぃです。

  2. サナ父ちゃん より:

    確かに、「おはよ~♪わ~い♪」
    って喜んでくれると人もめっちゃ嬉しいですよね♪

    人が喜んでくれているのを見て、ワンコって「もっと喜んでもらお~♪」って人の事理解しようとしてくれるんですよね…

    そこがとってもかわいいですよね♪
    これから更にコミュニケーションが緊密になって毎日が更に楽しくなりそうですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      そうですね~。
      人も嬉しい、犬も嬉しい♪
      になって、コミュニケーションが取れるようになると、毎日が楽しくなりますね。

  3. ツムギ母 より:

    『頭が良さそう』『小さな事も嬉しい』『心が安定している』『触られるのも大丈夫』…これって、今度は『もしかしたら、もしかして⁈』なんじゃないですか⁈期待しちゃうな〜^_^ もちろん、CC犬をした仔達を否定的に言っている訳ではないので、そこはご了承下さいm(_ _)m CC犬など盲導犬になるのはストレスな訳よ、と違う未来選択をしてきた多くのワンコちゃん達は、みんな、それぞれ選んだ犬生を謳歌しているわけで…。
    ウェル嬢、もう少し頑張って太って大きくなってね♪

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      ウェルシーで4頭目のパピーになりますが、みんな持って生まれたものはそれぞれで、みんなオンリーワンですね。
      どの仔もみんな良い仔で可愛いです♪

      パピーウォーカーの私たちにできることは
      その仔の良いところを伸ばしてあげること。
      人と一緒に生活することは楽しいことだと教えてあげること。
      多分それだけです。

      そしてその仔らしく伸び伸び育った仔たちが、盲導犬の訓練を経験して、それが楽しくストレスにならなければ盲導犬の道を選びますし、なんか違うな~とかストレスを感じるなあと思えば、また違う道を選んでいくということになります。

      この仔達はどんな道を選んでも、自分を待っていてくれる人がいて、自分に合ったステージで楽しく暮らしていける。
      すごく素敵なことだと思います。

      ウェルシーも少しずつ体重が増えてきています。
      元気にすくすく育って欲しいです♪

  4. オプト♪のPWです より:

    ママさん*これは 鬼パピ崩れますね〜(•ө•)♡
    ウェルちぃちゃん♪真っ白で…サラッふわっな触り心地なのでしょうか…
    良いなぁ♡*°一日中抱っこしていたいわぁ〜
    ちょこちょこと歩きまわる姿を想像したり…
    尻尾をいっぱい振って ニコニコ見上げるお顔を想像したり…
    もう想像するだけで 私も笑みがこぼれちゃいます〜

    ママさんの寝不足はそろそろ解消されそうですか?
    お疲れをためないように気を付けてお過ごし下さいませね*❀٭

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      子犬って可愛いところだけを想像してしまいますが、家の中を齧りまくったり、おもらししたり、ガブリンチョしてくることも想像して~(笑)
      でも、でも、それもまた可愛いですし、大変な時期を一緒に過ごしていくからこそ愛情も深まりますね。

      夜鳴きは(ピーも)しなくなりました。
      しかし、夜11時~12時に排泄させて、深夜2時~3時に排泄させて、5時頃にまた排泄。
      という流れがまだ続いています。
      夜中の2時とかにツーするな~!!
      と思ってしまいます。
      うっかり気付かないと絶対食べるし!!
      朝まで眠ってくれるようになるのには、もう少しかかりそうです。

関連記事

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

ママ~。 早くお散歩に行こうよ~。 (いつもリードを咥えてくるわけではありません)

記事を読む

犬もどや顔するよね 自慢する犬

ウェルシーは、パパが帰宅すると夕食までの少しの時間、遊んでもらうのを楽しみにしています。 自分

記事を読む

吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。 と言っても、たくさん吠えるわけではなく わん!

記事を読む

ワンツーベルトを嫌がるのもかまってちゃん?

ある日、お散歩の前にウェルシーを排泄に誘いました。 ウェルシー、お散歩に行くよ。 ワンツ

記事を読む

子犬の後追いはいつまで続く?

ウェルシーは後追いをする仔で、文字通りどこにでもついて来る仔でした。 子犬なので、ちょこまかついて

記事を読む

犬連れ軽井沢 2日目 アーススマイルヴィレッジと碓氷湖

9月2日と3日に、ウェルシーを連れて初めての1泊旅行に行きました。 2日目もいいお天気になりま

記事を読む

犬の怖がりは治るかな? 物を怖がる犬への対処法

ウェルシーには怖がりなところがあります。 人は簡単に「ビビリ」って言いますが、犬としてはむしろ

記事を読む

1頭の犬が人の心を繋いでいくんだね パピーウォーカーの喜び

ウェルシーの父犬のユオン君と、母犬のココアちゃんの繁殖犬ウォーカーさん宛てに、ウェルシーの委託直後か

記事を読む

赤ちゃんからこどもへ脱皮中

協会からは あおむけ抱っこをたくさんしてください。 とお願いされています。 これは

記事を読む

どうすれば願いが叶うのだろう?要求吠えの代わりに

ウェルシーは家に来た頃、わりと吠える印象がありました。 たくさん吠えるわけではないのですが、何かと

記事を読む

伏せている犬
飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっ

伏せる犬
犬は家族の中で誰が一番好き?

愛犬は家族全員に対して同じ態度をとりますか? 家族の中で誰かは犬に好

犬へのコマンドは命令というよりコミュニケーションになっている

パピーウォーカーは子犬を委託されると、子犬に少しずつ「Sit」「Wai

ハードルを飛ぶ犬
ラブラドールレトリバーってどんな犬?性格と飼い方のポイント

ラブラドールレトリバーは、盲導犬に一番多く使われている犬種です。 警

ボールを咥えて泳ぐ犬
犬にライフジャケットは必要?犬用ライフジャケットの選び方

先日、本栖湖に遊びに行きました。 ウェルシーの体重が、昨年に比べ約4

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑