生後10か月のウェルシーへ

公開日: : 第四話 ウェルシー

2月14日でウェルシーは生後10か月になりました。

体重は

22.2㎏

生後7か月齢からほぼ変わりません。

多少変動はありますが22㎏~22.5㎏の間で一定です。

スレンダーボディで羨ましいっす★

そう言えば2月に入った頃から鼻がかなり茶色くなりました。

もう一度アップで見る?

生後4か月(8月頃)はこんな感じ。

日照時間なのか?

成長と共に色が後退するのか?

不思議ですね。

生後10か月の近況

1月の終りに預かり訓練がありました。

ウェルシーは音や新しい環境が苦手なのですが

人が関与してあげることで受け入れていく力を持っている。

という訓練士さんのお話でした。

知らない音は怖いよ~

先日パパとのお散歩で駅の階段を降りていたとき、後ろからハイヒールの女性がコツコツという足音を立てて降りてきたそうです。

ウェルシーはびっくりして、踊り場で走り回ったそうです。

見えない位置(後方)で、比較的静かな駅の構内に響くハイヒールの音。

私達は音の正体を知っていますから何とも思いませんが、未体験のウェルシーには「怖い音」だったのでしょうね。

パパはすぐにウェルシーのカラーを持って動きを止めて「Sit」と言って座らせたら、落ち着いてくれたそうです。

ちょっとした音に驚いて慌ててしまうのは「はあ・・・」なところですが、そんなときでもパパの「Sit」の声が聞こえて座れるのは「Good」なところですよね。

怖がりな気質は変えようがないと思うので、私達にできることは

楽しい体験の中でいろいろなことを経験させていく。

それに尽きると思います。

なるべく心の幅を広げてあげられるようにアプローチをしていきますが

どこまで広がるのか?

どこまで伸びしろがあるのか?

慣れていけるもの。

どうしても慣れられないもの。

これもやはりその仔が持って生まれた幅があると思います。

また「怖い」と思うことは仕方ないとしても、大丈夫と分かったらすぐに心がフラットな状態に持って行ける。

そんな風にアプローチしてあげられたらいいなと思います。

協調性がでてきた?

ウェルシーはマイペースなところもあり、訓練士さんには

自分に正直

と言われました。

楽しいことは楽しいし、嫌なものは嫌だよね?

これも

素を出せている。

ということで、悪いことではないと思います。

でも、家族の中で自分の主張ばかりを言っていたら、生活は回りませんよね?

成長と共に

家族の中で楽しく暮らしていくためには、自分はどうするべきなのか?

それを考えるようになってきて、人の要望を理解して受け入れていくようになってきました。

まだまだ自分の世界に生きていますが、ウェルシーなりに少しずつ変わっていくだろうなと思うところです。

反抗期は?

そう言えば生後6か月を過ぎる頃からのいわゆる「反抗期」も大変と感じることはありませんでした。

元気でお転婆ではありましたが

できるけどやりたくないも~ん。

とか

いちいち指示しないでよ。

あたしはこうしたいって言ってるでしょ。

みたいな感じは少なかったと思います。

9か月の終り頃から、やや落ち着きもでてきて心の成長を感じます。

そろそろ「凪」の時間に入るのかな?

と期待してしまいますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
2/13BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ
NEXT
階段より怖いかも?飛び石を体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    マイペースなヤツと訓練士さんに言われちゃったんですね(笑)
    サナも訓練士さんにマイペースなヤツと言われてました(笑)
    やりたい事は喜んでするけど、イヤな事はしない!と固くな(笑)

    でも、不思議と月齢10ヶ月あたりから、人との信頼感が出来上がってくるからなのか、ちょっと言うことわかってくれて行動するようになりますよね…

    それでも水は最後までダメでしたが(笑)

    ワンコもそれぞれで根本は直らないかも知れませんが、いいところを伸ばしてあげる事はパピーウォーカー、一番得意なところかと思います。

    これからもウェルシーちゃんのいいトコロ、いっぱい伸ばしてあげてくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      言われちゃいましたね~(笑)
      程度にもよりますが、そんなに悪いことではないですよね?

      個体差はあるのでしょうが、10か月くらいになると聞きわけが良くなってくるように感じています。
      信頼関係ができてくるのと、心の成長なのでしょうね。

      苦手を得意にするのはなかなか難しいですが、少しでも「大丈夫」という気持ちにしてあげたいですし、得意なことは伸ばしてあげたいですね。

関連記事

2017 ボランティア夏祭り 富士ハーネス

8月5日に富士ハーネスで開催されたボランティア夏祭りに行ってきました。 ウェルシーにとっては初

記事を読む

犬連れ国営昭和記念公園 黄金色の銀杏並木散策

11月5日、東京は秋晴れのお天気に恵まれました。 昭和記念公園に行ってきました。 ちょうど紅葉が

記事を読む

旅立ちは雨 委託修了式

5月13日はW‐15胎の委託修了式でした。 朝からどんよりと曇り、天気予報通り雨もちらついてき

記事を読む

突然ですがパピーウォーカーを卒業します そしてこれからのこと

2018年5月に、4頭目パピーのウェルシーを入所させ、次のパピー待ちのわが家でしたが、この度パピーウ

記事を読む

3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね

7月16日に3回目のワクチン接種のために動物病院に行ってきました。 本格的なお散歩がはじまるよ

記事を読む

盲導犬パピー ショッピングモールを闊歩する?

ある日の休日、ウェルシーと一緒にショッピングモールに出かけました。 ここは、屋根付きの通路と店

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

吠えをなんとかしたいその1 興奮吠え

ウェルシーには小さい頃から「吠える」という傾向があります。 ウェルシーが吠えるのは主に「興奮」

記事を読む

秋のお彼岸前の巾着田

曼珠沙華(彼岸花)で有名な埼玉県の巾着田に行ってきました。 川の流れが蛇行し、上から見ると巾着

記事を読む

委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。 ウェルシーは家に来て2

記事を読む

災害時にペットと一緒に避難できる?飼い主の心得とは?

2019年10月6日3時にマリアナ諸島の東海上で発生した台風19号は、

フードを食べる犬
盲導犬繁殖犬飼育ボランティアが繁殖犬と生まれてくる子犬のために心掛けていること

ウェルシーだよ♪ あたしたち盲導犬の繁殖犬は、普段は家庭犬と同じよう

座る犬
犬は可愛いけどお散歩は面倒?犬との散歩を楽しむ工夫

今年はお彼岸を過ぎても残暑が続いているのですが、10月に入り日差しは強

日向ぼっこをする犬
大型犬の治療費は高額!ペット保険に入るべき?

犬も生き物ですから、病気になったり怪我をすることもあります。 ペット

伏せる犬
ラブラドールの寿命は約12年!犬との死別が怖いと感じる私が今できること

わが家の4頭目パピーのウェルシーが繁殖犬になり、わが家に戻ってきて1年

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑