2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月16日

個別レクチャーをしていただいた後、キャンドルナイトに参加しました。

私達はレクチャーの後、昼休みを挟んでウェルシーを「待機の練習」と称して車内で待たせ、職員さんやボランティアさんと一緒にキャンドルを並べるのをお手伝いしました。

筒を並べ、中に水を入れてそこにキャンドルを浮かべます。

灯がともるとこんな感じになります。

今年は日本盲導犬協会の設立50周年です。

キャンドルを並べ終わって、ウェルシーを連れてラウンジに行きました。

どうしたウェルシー。

眠いか?

知り合いのボランティアさんやユーザーさんも来ていました。

繁殖犬ヒラリちゃんと、盲導犬リルハ号。

わが家の1頭目パピーのイズモの同胎姉妹のアイリーン号と母犬アリスちゃん。

アイリーンのパピーウォーカーさんも来ていたので、繁殖犬、パピーウォーカー、ユーザーと人同士も繋がりますね。

日本盲導犬協会では、パピーウォーカーはパピーを入所させた後、TP2通過時とキャリアチェンジが決まった時に、育てたパピーと面会することができます。

この日はたまたまパピーウォーカーさんが、TP2を通過した「うちのこ」との面会をしていました。

訓練中のこの仔

パピーウォーカーさんに会えて嬉しそうな笑顔ですね。

この後も訓練を楽しく感じられて、盲導犬になってくれたら嬉しいですね。

盲導犬を待っている人と、良いご縁を結べますようお祈りしています。

サナPWさんがいらしたので、我儘を言ってウェルシーと歩いてもらいました。

富士ハーネスは「楽しいレクチャーをする場所」というだけでも嬉しくて興奮するのですが、人も犬も多いのでさらに興奮気味のウェルシーが、初めてリードを持つ人と歩いた時にどんな状態になるのか確認したいと思いました。

芝生に行くとやっぱりパクリンチョしていそうですね(苦笑)

引っ張りも強く、パクリンチョもしていましたが、予想ほどにはハイパーにならず「ちょっとやんちゃな子犬の散歩」という範囲には収まっていたので少し安心しました。

外に出たヒラリちゃんと写真を撮らせていただきました。

サナPWさん、ありがとうございました。

トレーニングルームでのPR犬によるデモンストレーションが終わったので、ウェルシーを受け取ってトレーニングルームのキャンドルを並べるのを手伝いに行きました。

私達がキャンドルを並べている間、ウェルシーは待機の練習。

なんでも練習ということにしてしまいます(笑)

つまんない~!!

ラウンジへ戻ると、コンサートが始まっていました。

和やかで素敵なコンサートでした。

繁殖犬ケイン君にも会いました。

動くな~!

ブレテしまったではないか(苦笑)

兄弟犬のワット、ウォルト、ウィニーにも会えたのに、写真撮るの忘れた~~!!

W-15胎は、ウェルシー以外は男の子なのでみんな逞しい感じになっていました。

コンサートが終わると訓練犬によるデモンストレーションです。

出番待ち

訓練士さんのコマンドでカラーに頭を入れます。

Sit

この仔は、まだ訓練に入って2か月の仔ということでしたが、集中しています。

訓練士さんの歩く速さに合せて上手に歩きます。

真剣なお顔ですね。

Heel

なんとなく「どや顔」

フリーラン

わ~い!!

と走り回る訓練犬たちですが

訓練士さんから指示が出ると、しっかりそれぞれの担当の訓練士さんの元へ戻ります。

記念撮影

楽しそうな表情や、真剣な表情を見せる訓練犬たち、辛そうな仔は誰もいなくていつも嬉しくなります。

デモンストレーションの後は、キャンドルに灯をともします。

今年活動している盲導犬の数「951頭」

昨年より少なくなりました。

プログラム最後のコンサートの後に、会場にいる人全員でキャンドルリレーをしました。

センター長から始まって、繁殖犬、パピー、訓練犬、ユーザー、引退犬というように盲導犬の一生の順でキャンドルリレーをして、その後会場の皆さんのキャンドルにも灯をともすという趣向でした。

盲導犬の育成の輪がたくさん広がるといいですね。

先日、富士ハーネスの職員さんから

お手伝いをお願いします。

とお願いされた件はキャンドルリレーの「パピーウォーカー」のところをやって欲しい。

というものでした。

みなさんでキャンドルを持ち「きよしこの夜」を合唱し、今年のキャンドルナイトが終了しました。

お会いできたみなさん、楽しいひと時をありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
W-15胎 6回目のパピーレクチャー
NEXT
感動!現役盲導犬パピーウォーカー宅へ半日の里帰り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    今回はウェルシーちゃんのパピーレクチャー後に、キャンドルを並べるお手伝いもしてくださったのですね。ありがとうございました。
    たくさんのみなさんのおかげで素晴らしいキャンドルナイトになりましたね。
    訓練犬のデモも、みんな生き生きとして楽しそうで、見ている方も嬉しくなりました。
    こんな様子を一般の方々にももっと知っていただけたらいいですね。
    ケインの写真もありがとうございます♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      翌日のレクチャーに参加できなかったので、個別のレクチャーを16日にしていただきました。
      なので、朝から富士ハーネスにいたので、お手伝いをしました。
      それもまた楽しかったです。
      一般の方にもたくさん参加してもらえるといいですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    キャンドルナイトは本当にいろいろな意味で「濃い」1日にしてくれますね…

    楽しめたり、ほっこりしたり、癒されたり、考えさせられたり…

    盲導犬育成についての理解が本当に広がっていって欲しいですね…

    ウェルシーちゃん、元気があってパワフルでしたので引っ張られちゃいましたが、一度落ち着いたら後ならリード張らずに歩けましたし、人の左側を歩く事は判ってくれてるので、この先が楽しみ♪と思いました。

    いい機会をくださいまして、本当にありがとうございました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      楽しいだけではなく、濃い1日になりますね。
      盲導犬の育成についてたくさんの人に理解してもらえたら嬉しいですね。

      ウェルシーとお散歩していただいてありがとうございました。
      いろいろと課題はあるのですが、まずは楽しんで、そしてゆっくりウェルシーのペースで、伸ばしていってあげたいです。

関連記事

犬をノーリードにするということ

私が犬と暮らすようになってもうすぐ5年。 わが家の周りにもいろいろなわんこと飼い主さんがいて

記事を読む

犬もムッとするんだね グレーチングを練習してみました

日本盲導犬協会では、パピーに社会化の一環としていろいろな足裏の感触を体験させるように、パピーウォーカ

記事を読む

散歩で歩かないわがままな犬だと思うときもあるけれど

朝から冷たい雨が降り、ウェルシーは朝の散歩に行けませんでした。 そんな日はまったり過ごすことが多く

記事を読む

吠えをなんとかしたいその1 興奮吠え

ウェルシーには小さい頃から「吠える」という傾向があります。 最近のウェルシーが吠えるのは主に「興奮

記事を読む

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

もうすぐ生後4か月になるウェルシーは、お散歩にも慣れてきて、お散歩が楽しくなってきたところです。 お

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。 朝の散歩が辛くなってきました

記事を読む

仲良くなる子犬同士

4頭目パピーを育てる私がパピーウォーカーの原点に改めて気づいた日

11月5日のBSジャパンで、盲動犬ユーザーとエナ号を取材した番組 「運命の日ニッポンの挑戦者たち 

記事を読む

動画 とある盲導犬の引退~出会い、そして涙の別れ~

盲導犬関連の動画は探すといろいろあるのですが、私のお気に入りの1本をご紹介しますね。 タイトル

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

展望台から見る龍岡城五稜郭
犬連れ龍岡城五稜郭|展望台から美しい星を見よう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 長野

桜と犬
ラブラドールレトリバー7歳|嫌でもシニアを意識するステージに入りました

*記事には広告が含まれていることがあります。 2024年4月14日、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑