W-15胎 6回目のパピーレクチャー

12月16日

パピーレクチャーがありました。

W15胎のレクチャーは17日だったのですが、わが家は都合が合わず、個別で16日にレクチャーをしていただきました。

ウェルシー1頭のために訓練士さんが時間を割いてくださるという、この贅沢さ。

訓練士さん、ありがとうございます。

この日の富士山は、頭にベレー帽のような雲を被ったお洒落ないでたちでした。

ちょっと大きめの写真でご覧ください。

レクチャーの時間になり、訓練士さんが入ってくると、嬉しさ大爆発のウェルシーさん。

わ~い!わ~い!!

突進!!

そして当たり前のようにお口も出ます。

嬉しい、嬉しいの興奮噛み。

おまけにでんぐり返りも披露。

この喜びよう

可愛いと言えば可愛いのですが、もう少し落ち着いて喜びを表現できないのかねぇ・・・。

訓練士さんに

落ち着こうね。

と抱っこされました。

おなか、なでなで~。

ウェルシーの甘噛みは、遊んでとかかまってというもので悪気はないのですが、人にとっては好ましくないので、口ではなくて手を乗せるとか、座って尻尾を振るという表現に変えていけたらいいなと思っています。

訓練士さんは、ウェルシーがカミカミする前に「お手」をさせて

お手が使えそうですね。

と言いました。

うまく、ウェルシーに

口を使うのではなくお手をした方が可愛いよね。

と伝えられたらいいなと思います。

夢中作り

ウェルシーは遊ぶのが好きなので、コマンドがよく入るのがいいところです。

ただ、早く遊んで欲しくてSitやWaitをさせても人が動いてしまうと自分も動いてしまうので、コマンドを持続させるのが課題です。

訓練士さんが、おもちゃを隠して待たせたり、長めにwaitの時間をとったり、緩急をつけて実演してくださいました。

ワンツーベルトの練習

ウェルシーはワンツーベルトを着けてしまえば排泄はできるのですが、着けるのを嫌がります。

家庭訪問のときに

おもちゃを持たせながらベルトを着けてみる。

一人がおもちゃを使ってウェルシーの気を引いたり、顔周りをなでてあげている間にもう一人がベルトをつける。

というご指導をいただいたのですが、おもちゃを持たせてもなかなかうまくいかず、最近帰りの遅い夫はアテにできず、ちょっと壁に当たっていました。

そうお話したら、別の方法として

ウェルシーの腰を挟んで着ける。

という方法をご指導してくださいました。

なんだなんだ?

あたし、何されちゃってるの?

ちょっと不安顔のウェルシー。

ベルトをパッチンだよ。

ウェルシー

尻尾を入れるよ~。

ビニール袋の持ち手をフックにかけるよ~。

できたね~。

Good~♪

腰の一番細い部分を太ももで挟んであげると、ウェルシーは振り向いても人の手やベルトに口が届きませんね。

腰を拘束されるとむしろ安定してしまうのか、暴れることも無くスムースにベルトを着けることができました。

訓練士さんは、いつもその仔に合った方法を考えてくださるので心強いです。

家でも練習していきます。

散歩

ウェルシーは人に気持ちが向いている間はいいのですが、少し経つと落ちているものに気持ちが行ってしまい、拾い食いに繋がります。

拾い食いしそうなときに

OUT

と声をかけているのですが、やや頭打ちになっています。

そこで、ウェルシーが拾いそうなものを見たら

Come

のコマンドを出し、呼ぶということでウェルシーの気持ちを切り替えてみましょう。

というご指導をいただきました。

訓練士さんが見本を見せてくださいましたが、Comeと言うタイミングが絶妙です。

今まさに

拾おうかな~?

とウェルシーが考えた瞬間にコマンドを入れるんですよね。

これができたら私も訓練士になれるな(笑)

見るのと、自分が実際にやるでは大違いですね~。

でも、ウェルシーの拾い食いがもっと減ればお散歩は2倍くらい楽になり、楽しくなると思うので自分のスキルアップのためにも練習してみようと思いました。

訓練士さんのご指導を聞くのに夢中で、散歩の写真はありません。

キャンドルナイト

この日は、午後から富士ハーネス恒例の「キャンドルナイト」が催されました。

明日の記事でキャンドルナイトの様子をお話ししますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
抱っこをせがむ犬
NEXT
2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    さすが訓練士さんですね…
    引き出しの多さはやっぱプロだなぁ…と思います。
    ウェルシーちゃんの突進は今はまだスゴいかも知れませんが、サナもいつの間にか「ふわっ」と出来るようになりましたからね…

    あと2カ月後ぐらいには落ち着いてくるような気がします。

    これから先も楽しみですね~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      さすがプロですよね。
      一つの方法がうまくいかなくても、別の方法を考えてくださいますし、成長に応じても考えてくださいますね。
      いつも安心してパピーを育てることができます。

      突進・・・。
      わかりませんよ~。
      ツムギは面会のときにパパさんを押し倒しましたからね~(笑)
      ウェルシーも「わ~い!」のスイッチが入ってしまうと・・・。
      でも、もう少しはおとなになると思うので、成長を楽しみにしています。

関連記事

5回目のレクチャー

2014年1月19日 5回目のレクチャーでした。 途中で寄ったショッピングモールの駐車場に雪が積

記事を読む

お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

お散歩デビューをした当初のパピーの歩き方は、その仔その仔で本当に個性があります。 ウェルシーの

記事を読む

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお散歩コースは 住宅街

記事を読む

生後10か月のウェルシーへ

2月14日でウェルシーは生後10か月になりました。 体重は 22.2㎏

記事を読む

補助犬用トイレとワンツーベルト 

ウェルシーだよ~。 ママがね お散歩に行くからワンツーしておいでって言ったの。 い

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞かな

記事を読む

拾い食い対策は「NO」ではなく「OUT」

最近のウェルシーは、普段のお散歩での拾い食いは減ってきました。 お散歩コースはいくつかあります

記事を読む

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所ですが、川を渡るのに飛び石が橋にな

記事を読む

犬のお手はどっちの前足を出すのが正解なの?お手の教え方は?

ウェルシーの兄弟犬のワットが お手、ハイタッチ 前足を変えて お手、ハイタッチ

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

窓辺に立つ犬
子どもと犬は仲良し?子どもと犬が一緒に過ごすメリットとデメリット

先日、ご両親と3歳の男の子が遊びに来ました。 大きな犬は子どもにとっ

CC犬イズモ
盲導犬キャリアチェンジ犬を迎えるには?条件と申請から譲渡まで

盲導犬の候補犬として生まれてきても、実際に盲導犬になるのは全体の3~4

ケージでくつろぐ犬
犬が飼い主を見送るときに飼い主に向かって吠えるのはなぜ?

前回、飼い主さんが出かけるときに見送りもしない、そっけない態度の犬の記

伏せている犬
飼い主が出かけるときに見送りをしない犬は薄情なの?

夫が仕事に出かけるとき、私は玄関で見送ります。 気を付けて行ってらっ

伏せる犬
犬は家族の中で誰が一番好き?

愛犬は家族全員に対して同じ態度をとりますか? 家族の中で誰かは犬に好

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑