W-15胎 6回目のパピーレクチャー

12月16日

パピーレクチャーがありました。

W15胎のレクチャーは17日だったのですが、わが家は都合が合わず、個別で16日にレクチャーをしていただきました。

ウェルシー1頭のために訓練士さんが時間を割いてくださるという、この贅沢さ。

訓練士さん、ありがとうございます。

この日の富士山は、頭にベレー帽のような雲を被ったお洒落ないでたちでした。

ちょっと大きめの写真でご覧ください。

レクチャーの時間になり、訓練士さんが入ってくると、嬉しさ大爆発のウェルシーさん。

わ~い!わ~い!!

突進!!

そして当たり前のようにお口も出ます。

嬉しい、嬉しいの興奮噛み。

おまけにでんぐり返りも披露。

この喜びよう

可愛いと言えば可愛いのですが、もう少し落ち着いて喜びを表現できないのかねぇ・・・。

訓練士さんに

落ち着こうね。

と抱っこされました。

おなか、なでなで~。

ウェルシーの甘噛みは、遊んでとかかまってというもので悪気はないのですが、人にとっては好ましくないので、口ではなくて手を乗せるとか、座って尻尾を振るという表現に変えていけたらいいなと思っています。

訓練士さんは、ウェルシーがカミカミする前に「お手」をさせて

お手が使えそうですね。

と言いました。

うまく、ウェルシーに

口を使うのではなくお手をした方が可愛いよね。

と伝えられたらいいなと思います。

夢中作り

ウェルシーは遊ぶのが好きなので、コマンドがよく入るのがいいところです。

ただ、早く遊んで欲しくてSitやWaitをさせても人が動いてしまうと自分も動いてしまうので、コマンドを持続させるのが課題です。

訓練士さんが、おもちゃを隠して待たせたり、長めにwaitの時間をとったり、緩急をつけて実演してくださいました。

ワンツーベルトの練習

ウェルシーはワンツーベルトを着けてしまえば排泄はできるのですが、着けるのを嫌がります。

家庭訪問のときに

おもちゃを持たせながらベルトを着けてみる。

一人がおもちゃを使ってウェルシーの気を引いたり、顔周りをなでてあげている間にもう一人がベルトをつける。

というご指導をいただいたのですが、おもちゃを持たせてもなかなかうまくいかず、最近帰りの遅い夫はアテにできず、ちょっと壁に当たっていました。

そうお話したら、別の方法として

ウェルシーの腰を挟んで着ける。

という方法をご指導してくださいました。

なんだなんだ?

あたし、何されちゃってるの?

ちょっと不安顔のウェルシー。

ベルトをパッチンだよ。

ウェルシー

尻尾を入れるよ~。

ビニール袋の持ち手をフックにかけるよ~。

できたね~。

Good~♪

腰の一番細い部分を太ももで挟んであげると、ウェルシーは振り向いても人の手やベルトに口が届きませんね。

腰を拘束されるとむしろ安定してしまうのか、暴れることも無くスムースにベルトを着けることができました。

訓練士さんは、いつもその仔に合った方法を考えてくださるので心強いです。

家でも練習していきます。

散歩

ウェルシーは人に気持ちが向いている間はいいのですが、少し経つと落ちているものに気持ちが行ってしまい、拾い食いに繋がります。

拾い食いしそうなときに

OUT

と声をかけているのですが、やや頭打ちになっています。

そこで、ウェルシーが拾いそうなものを見たら

Come

のコマンドを出し、呼ぶということでウェルシーの気持ちを切り替えてみましょう。

というご指導をいただきました。

訓練士さんが見本を見せてくださいましたが、Comeと言うタイミングが絶妙です。

今まさに

拾おうかな~?

とウェルシーが考えた瞬間にコマンドを入れるんですよね。

これができたら私も訓練士になれるな(笑)

見るのと、自分が実際にやるでは大違いですね~。

でも、ウェルシーの拾い食いがもっと減ればお散歩は2倍くらい楽になり、楽しくなると思うので自分のスキルアップのためにも練習してみようと思いました。

訓練士さんのご指導を聞くのに夢中で、散歩の写真はありません。

キャンドルナイト

この日は、午後から富士ハーネス恒例の「キャンドルナイト」が催されました。

明日の記事でキャンドルナイトの様子をお話ししますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
抱っこをせがむ犬
NEXT
2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    さすが訓練士さんですね…
    引き出しの多さはやっぱプロだなぁ…と思います。
    ウェルシーちゃんの突進は今はまだスゴいかも知れませんが、サナもいつの間にか「ふわっ」と出来るようになりましたからね…

    あと2カ月後ぐらいには落ち着いてくるような気がします。

    これから先も楽しみですね~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      さすがプロですよね。
      一つの方法がうまくいかなくても、別の方法を考えてくださいますし、成長に応じても考えてくださいますね。
      いつも安心してパピーを育てることができます。

      突進・・・。
      わかりませんよ~。
      ツムギは面会のときにパパさんを押し倒しましたからね~(笑)
      ウェルシーも「わ~い!」のスイッチが入ってしまうと・・・。
      でも、もう少しはおとなになると思うので、成長を楽しみにしています。

関連記事

W-15胎 10回目 最後のパピーレクチャー

4月15日はW-15胎の最後のパピーレクチャーでした。 天気予報では暴風雨の予想だったので、お

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散歩に行っています。 この

記事を読む

犬連れ伊勢崎桜リレー

群馬県の伊勢崎市には公園が多くあります。 いろいろな早咲きの桜が咲いているので、ウェルシーと一

記事を読む

寝ぐずり噛み対策 お顔マッサージ

委託から6日目の6月8日、家庭訪問でした。 訓練士さんにウェルシーの様子を見ていただいて、現在

記事を読む

1頭の犬が人の心を繋いでいくんだね パピーウォーカーの喜び

ウェルシーの父犬のユオン君と、母犬のココアちゃんの繁殖犬ウォーカーさん宛てに、ウェルシーの委託直後か

記事を読む

うちの犬はかまってちゃん?

ある日の朝、ウェルシーと一緒にお散歩に行きました。 ウェルシーは、トコトコトコとしばらく人の横

記事を読む

ハウスは避難場所?

お手入れが嫌いなウェルシーは、爪切りも、歯磨きも、ブラッシングも、耳掃除も、みんな嫌いです。

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

散歩で落ち着かない犬の気持ちを考える 引っ張りを改善するには

お散歩に行くよ~。 と家を出ると、興奮で走り出したり、早足でタカタカ歩き出す仔はいませんか?

記事を読む

生後8か月のウェルシーへ

ウェルシーは、12月14日で生後8か月になりました。 体重は って、後ろ足が片方落ちてる

記事を読む

子犬のしつけには「おやつ」も「叱る」も必要ない!盲導犬パピーのしつけ方

子犬をおうちに迎えたら、人と楽しく暮らすためにはしつけも必要ですね。

盲導犬繁殖犬飼育ボランティアの条件と申請から委託まで

パピーウォーカーはメディアの影響もあり、広く知られるようになってきまし

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェル

室内犬の一日のタイムスケジュールとしつけのポイント

ウェルシーだよ♪ 室内犬のみんな、一日をどう過ごしているの?

皮膚の弱い犬にも安心!天然素材の犬用シャンプーを使ってみたよ

ウェルシーだよ♪ シャンプーしてもらったよ。 今回

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑