刺激に敏感だけど散歩は好きなので

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。

パピー達のお散歩コースは

  • 住宅街コース
  • 大型スーパーコース
  • 川沿いの土手コース
  • 駅コース
  • 芝生の公園コース

ザックリこんな感じです。

ウェルシーはお手入れも苦手ですし、排泄ベルトもまだ苦戦中です。

やはり体への刺激に敏感なようで、これはお散歩にも表れています。

スーパーの入り口のマットの上に乗って、足の裏の感触が違うことにびっくりしたり、踏切で線路の溝に足が入ってしまってびっくりしたり、砂や芝生の感触に興奮したりします。

正体のわからない音や、聞き慣れない音に驚いたりもします。

小さい頃はあまり気にしていなかったのに、大きくなってまたげるようになったら、グレーチングも避けるようになりましたしね。

住宅地以外の、駅とか芝生の公園とかスーパーなどは、そこを目的地にすると1時間くらいの散歩コースになります。

最近はだいぶ歩けるようになったので、いろいろな体験を増やすようにしています。

踏切

間近で電車を見て、迫力にちょっとびっくりしましたね。

土手

川沿いに土手があります。

遊歩道のように整備されているわけではないので、散歩コースの中で土の道を体験できるところです。

においを嗅ぎたい要求も、ここで満たしてあげますが、難は他のわんこの落し物が多いこと。

ここはトイレだと思っている人が多いのかなあ?

最初の頃は土や草のにおいに興奮したり、草むしりばっかりしていましたが、最近は落ち着いて歩けるようになってきました。

だいぶ減ってきましたが物を拾うのもまだあります。

途中で立ち止まったり、びっくりしちゃうこともあります。

でも、ウェルシーはお散歩が好きなので助かります。

人に意識を向けることもできるようになってきていますが、ウェルシーは音や体に感じる刺激などに敏感なので

いろいろな刺激はあるけど、そんなに怖いことはないよね。

と伝えるところをゆっくり進めていこうと思っています。

苦手なことはゆっくりがいいですからね。

そして

ウェルシーの「お散歩が好き」という気持ちを大切に伸ばしていけたらいいなと思っています。

人のペースに合せて歩いて

人と一緒に歩くと楽しいね。

というところへ持って行けるのには、もう少し時間がかかりそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬
NEXT
犬の身体にとって階段の昇降は負担|階段を怖がるのは当然かも

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. Lママ より:

    ウェルシーちゃん、お散歩好きなん⁈
    ぼくも大好きやねん。
    いろんなお散歩コースがあってええなぁ〜。
    ウェルシーちゃんはパクリんちょ、もう飽きたん⁈
    ぼくはまだ好きやねん。
    ほんで、最近またパクパクするからって、草とか土のところはあんまり連れて行ってくれへんねん。
    残念や〜〜。 byエル夫

    • gd.vol より:

      Lママさん
      エル夫君
      あたしもまだまだパクリンチョはしたくなっちゃうよ。
      特に初めての場所に行ったときは、ついつい増えちゃうよ。
      落ち葉くらいなら実害はないけど、変なものを飲み込まないように、お互いに気をつけようね~。
      byウェルシー

  2. サナ父ちゃん より:

    きっと気が付いたら、いつの間にか気になってたところが

    出来ていた!
    直ってた!

    ってなるかも知れないですね、今の感じでしたら。

    ウェルシーちゃんもここまで考えてもらえて、きっととっても幸せだと思います♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      成長と共に慣れて「大丈夫」になるのか
      それとも、より過敏になるのか、今のところ判断できません。
      「お散歩が楽しい」を壊さないようにしていれば、自分で乗り越えて行けるような気もしています・・・。
      わんこの「育つ力」を見守っていきますね。

  3. ケインママ より:

    ウェルシーちゃん、お散歩好きでよかったですね〜
    お散歩コースも豊富でいいですね♪
    これなら毎日のお散歩でたくさんの経験を積めますよね。

    ケインもだいたい5種類くらいのコースがあります。
    ただ、続けて同じコースには行きたがらないんですよ〜
    ケインの場合は縄張りを巡回してるのかもね(笑)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      苦手なこともあるのですが、お散歩が好きというのはありがたいです。
      どこにも行きたがらないわんこじゃ、犬と一緒に暮らす楽しみが大幅減ですものね~。

      ケイン君、しっかり気持ちを表現しますね。
      縄張り巡回、なるほど~。
      やっぱりおとなの雄犬っていう感じですね。

  4. ツムギ母 より:

    グレーチングの時のウェルシーさん、屁っ放り腰〜!(^^)
    小さい時は案外平気よ!だったのにね〜。あの頃はグレーチングの事を気にする余裕がなかったのかな⁈
    いろいろ気になっちゃうかも?ですが、お散歩大好き娘のウェルシーさん。たくさんの経験をパパさんママさんと経験して、いつかは気にならなくなるんでしょうね。しっかり左側を歩いている写真も増えていると感じます。good♪good♪だよ〜。

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      そうですね。
      小さい頃は、多分グレーチングを気にする余裕もなかったのでしょうね。
      ふと気づいてみたら
      この上歩くと足が痛いじゃない!
      避ければいいんじゃね?
      と思ったのでしょうね。
      散歩そのものは、だいぶ犬の散歩らしくなってきました。

      経験を積むことによって克服できることもあるし、小さい時は平気だったものが大きくなって怖くなることもあるんですよね。
      これは多分人も同じで、私は子供の頃は虫は大丈夫で、手で捕まえたりしていましたが、今は見るくらいは平気ですが、触りたくありません~!

      犬も、その仔によって
      絶対にやだ!
      ということもあるので、楽しい経験の中で体験できるようにしてあげたいなと思っています。

関連記事

お散歩って楽しいかも

ツムギだよ~♪ お散歩っていうのに初めて行ってみたよ。 今まで抱っこで行っていたところを

記事を読む

大きな体で甘えん坊!ラブラドールレトリバーの重さがたまらなく可愛い

ラブラドールレトリバーは、盲導犬に一番多く使われている犬種なので賢いイメージがありますが、この体でも

記事を読む

吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。 と言っても、たくさん吠えるわけではなく わん! と一

記事を読む

犬の散歩の時間と回数はどのくらいがいいの?

生後7か月齢のウェルシーは、身体は成犬に近づいています。 1回の散歩は40分~60分くらいで、1日

記事を読む

飼い主に意識を向ける子犬

お散歩デビューから4日目!子犬に外の楽しさを知ってもらおう

お散歩デビューから4日目 6月27日のウェルシーの様子です。 道路に降ろすとまずくんくん。 毎

記事を読む

飼い主を見上げる子犬

子犬1歳現在のリーダーウォークの状況と散歩中のカムの練習

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。 リードは張らず、軽く

記事を読む

生後7か月のウェルシーへ

ウェルシーは、11月14日で生後7か月になりました。 体重は 綺麗に「2

記事を読む

犬もでんぐり返りをする!?

朝のお散歩も終わって、ごはんも食べ終わって、パパが仕事に行く前のひととき。 ウェルシーはパパの

記事を読む

歩道橋の前に座る犬

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散歩に行っています。 この

記事を読む

犬が今まで出来ていたことが出来なくなる理由と対策

愛犬が、今までできていたことができなくなる(やらなくなる)ということはありませんか? 子犬の場合は

記事を読む

おもちゃで遊ぶ犬
犬の耳から茶褐色の耳垢が~!犬の外耳炎の原因・治療・予防法

蒸し暑くなる梅雨時期は、犬も皮膚や耳にトラブルが起こりがちです。 ウ

林泉寺本堂
犬連れ林泉寺「越後の龍」上杉謙信が眠るお寺を訪ねてみたよ

ウェルシーだよ♪ パパとママと一緒に新潟県の春日山城址に出かけたよ。

上杉謙信像アップ
犬連れ春日山城址|「越後の龍」上杉謙信の居城を満喫

ウェルシーだよ♪ 戦国時代の名将、上杉謙信の居城、新潟県にある春日山

散歩する犬
犬は飼い主に似るって本当?犬の性格は環境や年齢によって変わるの?

犬は飼い主に似ると言いますが、本当でしょうか? また年齢によって性格

菅館跡地図
犬連れ菅谷館跡|中世の武将畠山重忠の館跡を散策

ウェルシーだよ♪ ウェルシー地方は梅雨に入っちゃったけど、埼玉県にあ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑