わんこの拾い食い 好みもそれぞれ

公開日: : 第三話 シオン, 散歩

ウィンダムママさんから、現在パピーウォーキング中のヴィヴィアンちゃんが、お散歩中に他犬(猫)のフンを食べるようになって困っています。

とコメントをいただいたことがありました。

興味を持ってしまうと、やめさせるのがなかなか難しいということでした。

拾い食いにも好みがある?

シオンも小さい頃はいろいろなものを拾っていました。

そしてまだまだいろいろなものを拾いますが、食べてしまうことは少なくなってきています。

枝や落ち葉を食べてしまうことはあります。

この前は焼き鳥の串を拾いましたし、ガリガリ君の袋をパクしたこともあります。

拾った瞬間に

あ!!

と大きな声を出したらポトッと落としましたが、油断も隙もありません。

植物の種に執着

そんなシオンが執着するのがこちらです。

何のタネ?

これは一体なんなのでしょう?

大きさは1㎝くらいです。

何かの種なのか?

中央の穴の中に小さな種でも入っているのか、よくわからないのですが植物なのは確かです。

これを目ざとく見つけて拾うんですよね~。

あれ?

なんかアムアムしてる?

カリカリと音もしているしぃ~!!

と思って

OUT

と言ってもなかなか出してくれません。

植物って犬には危険なものもあるので怖いです。

口の中に手を突っ込んで取り上げますが、あまり無理に取ろうして慌てて飲み込まれても困るので、気を使います。

何かの実なのかと思って上を見上げても、それらしきものが見つからないんですよね。

どこに落ちているのかも予測がつかず、小さくて気付きにくいです。

道路のにおいを嗅ぐ子犬

拾い食い注意報発令~!

シオン~。

もうお兄さんなんだからさあ・・・。

パクリンチョは卒業しようよ。

チラ見する子犬

ふ~ん。

なんのこと?

みなさんのわんこには、こだわりの拾い食いってありますか?

ちなみに2頭目パピーツムギは乾燥ミミズが大好きでした。

早いんですよね。

見つけた瞬間、パクッ!

次の瞬間、もうお腹の中です。

もちろん今でも治っているわけがありません。

CCボランティアさん

ごめんなさい。

まとめのようなもの

子犬の拾い食いはある程度みんな通る道でしょうか?

食いしん坊のラブラドールには多いかもしれませんね。

人の方に意識を向けさせて

人と一緒に歩くことが楽しいこと。

と教えながら心の成長を待ちたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
日本ドッグトレーナー協会のイベントに参加しました
NEXT
犬の冬の散歩は億劫だよね?工夫して楽しもう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    パピーのお散歩は一瞬たりとも目が離せないから、PWさんは大変ですよね〜
    ケインは道路上のパクリンチョはほどんどないのですが、イネ科の雑草?を見つけると、パクッとすることがあるんです。
    シオンくんお好みの種?何なんでしょうね。
    結構 固そうに見えますね。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ケイン君はイネ科と思われるお好みの草があるのですね。
      シオンも笹の葉のようにス~っとした葉っぱをパクすることもあります。
      写真のものは何かの種のようなのですが、硬いです。
      今日もあちこちに落ちていました。
      回避回避(笑)

  2. sato より:

    ありますあります~
    マリンはティッシュです!
    他の白い物は全く拾わないのにティッシュは別物らしくて…
    家の中でもティッシュをわざとヒラリと落としてみたりしますが反応せず。
    外だけティッシュが気になるらしくて…匂いでもついてるのかしら、と思ってみたり、ガムが包んであって美味しいのかなと思ったり。
    ポイ捨てをこれ程まで憎んだことはありません(笑)

    • gd.vol より:

      satoさん
      ティッシュですか。
      家の中では拾わないのに、外では拾うというのが面白いですね。

      パピーが小さい頃は、なんでも口に入れてしまうので、ポイ捨ては本当に困りますね。
      わが家の近くは駅へ行くまでの道に国道があります。
      信号待ちをしている間に煙草を吸い、捨てていくのでしょうね。
      交差点に煙草の吸殻がたくさん落ちています。

      おまえら、おとなだろ!!
      ゴミくらい自分で片付けろ!!
      ですよね。

  3. I君母 より:

    ウーノも拾い食い大好きです。
    拾い食いする為に散歩に行っている気がする時があります。
    どんぐりなどの木の実も好きでガリガリ音を立てて食べます。
    1ヶ月程前からガムも口にするようになりました。
    目ざとく見つけて口にするんですよね・・
    最近、キシリトール入りのガムに人気がありますよね。
    犬の体には害があるので、口にしないように注意しています。
    先日の宿泊訓練から帰ってきてからは、少し落ち着いてきたんですが・・・
    徐々に、戻っていきそうです・(・・;)
    ご近所の柴犬ちゃん、トイプードルちゃんは拾い食いしません。
    拾い食いはラブパピーの専売特許なんでしょうか?

    • gd.vol より:

      I君母さん
      ラブラドールは「歩く胃袋」などと揶揄されるだけあって、なんでも口に入れる仔が多いのでしょうね。
      身体に害の無い物であれば、たまには仕方ないか~と思いますが、犬にとって害のあるものだと怖いですよね。

  4. miko より:

    好みありますね〜^^
    我が家に来た子たちは石でした。
    しかもすんごい小さな小石。
    秋になるとイガグリ。痛くないのか?と思います。
    ライリーは他の動物が残していったフンも一時期食べようとしてました。
    そして冬は雪。
    拾い食いで季節感じれますよ〜って言ってる場合じゃないですけど^^;
    シオン君のその種らしきものは何でしょうね〜。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      石や枝は多くの仔が拾いますね。
      小さい石だとちょっとした弾みで飲み込んでしまわないかヒヤヒヤしますね。

      拾い食いも季節感があるんですね。
      シオンが拾う種らしきものも、晩秋から見られ始めて最近はいろいろな所に1個2個という感じで落ちています。
      ドングリのように、まとまって落ちているというものではないんですよね。

      雪の多いライリー地方ですが、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうかもしれないので気を付けてあげてくださいね。

  5. ウィンダムママ より:

    取り上げていただいて、ありがとうございます!!

    現状、やっぱり興味はなくなりません・・・でも、音をたてたり声をかけることで、止まってくれるようになりました。
    行きたい!気持ちが勝ってしまうこともあります・・・
    でも、躊躇うことができるようになったのは、成長です!!

    できれば何も落ちていないとこを散歩できるのが一番なんでしょうが・・・どこかしらに落ちてますよね。未処理なものが。モラル・マナーの問題も感じますが、当たり前のことをきちんとしてくれる飼い主さんが増えることを願いつつ・・・今日も散歩という荒行に(泣)いってきます。

    ヴィヴィアン、音が苦手なので(バイクやヘリコプターなどなど)聞いたことがない音がした時だけ、アイコンタクト出来ました(涙)
    おかーさん、不安~!って泣き顔でしたが。
    この一歩、大事にしなきゃですね♪

    • gd.vol より:

      ウィンダムママさん
      ヴィヴィちゃん大きな進歩ですね。
      興味のあるものに心を奪われていても、ママさんの声が聞こえるところが素晴らしいです。

      一歩外に出れば何も落ちていないなんてありえないですものね。
      アイコンタクトでいい方向に行っている様子なので、出来たときをたくさん褒めてあげてくださいね。

      私はシオンが拾ってしまうとついイラッとしてしまいます。
      平常心で「NO」を言い、出してくれた時や、拾おうかな~と思ってやめたときなどをたくさん「Good」にしてあげないとですよね。
      頑張ります。

関連記事

抱っこされる子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

4月16日 2回目のワクチン接種のため、動物病院に行きました。 この日は暖かくお天気も良

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み|なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生え変

記事を読む

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

ママ~。 早くお散歩に行こうよ~。 (いつもリードを咥えてくるわけではありません)

記事を読む

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

ケージの中に座る子犬

犬のノミ・ダニ予防薬は何がいいの?メリット・デメリット・副作用は?

ノミやダニに寄生されると、犬が痒みや貧血、皮膚炎を生じるだけではなく、犬や人の命にかかわる病気を媒介

記事を読む

子犬生後10か月ホームセンターのカートに慣れました

日本盲導犬協会では子犬の社会化のために、子犬をいろいろな場所に連れて行くようパピーウォーカーに指導し

記事を読む

子犬用から成犬用へドッグフードの切り替え

身体の成長が落ち着いてくる生後7か月頃から フードを子犬用から成犬用へ。 そして

記事を読む

朝の日課 お見送り

パピーが家にいるときの夫の楽しみは、育てているパピーが玄関でお見送りやお迎えをしてくれること。

記事を読む

噛み犬って言われちゃうよ 西湖にて

  7月30日のボランティア夏祭りの前に、富士五湖の一つである西湖に寄ってみました。

記事を読む

眠くなると甘噛みカプ~!寝ぐずりする子犬

子犬も眠くなるとコテッと寝てくれる仔ばかりじゃないんですね? シオンは眠くなると、いきなり人の手を

記事を読む

子犬たち
出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をし

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑