生後3か月齢の子犬に落ち着きがでてきた

公開日: : 第三話 シオン

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。

5月8日のレクチャーの日に帰ってきましたが、月齢の小さなパピーにとって2週間という期間はとても大きく、身体も一回り大きくなっていましたが、心も成長していました。

子犬生後3か月齢の成長

シオンは5月1日で3か月齢になりました。

8日のレクチャーの日に測った体重は9㎏でした。

いたずらっこのシオンですが、いたずらが激減しました。

それから、甘噛みも減りました。

寝ぐずり噛みも少なくなってきました。

関連記事→眠くなると甘噛みカプ~! 寝ぐずりする子犬

いたずらも甘噛みもゼロになったわけではありませんが、だいぶ楽になった気がします。

これ、かなり嬉しいです!

ステイウォーカーさんは、パピーを何頭も育てたベテランの方だったので、2週間の間にシオンを上手にしつけてくださったのだと思いますし、シオンの心も月齢と共に成長していると思います。

目標はひとりでくつろげること

犬は「ひとりになること」が嫌いな仔が多いですし、特に子犬はひとりになることに不安を感じやすい仔が多いですね。

しかしシオンは、今までのパピーたちと比較しても

ひとりにされる

ということを極端に不安に感じる仔でした。

なので、当面の目標は

おうちはくつろげる場所

です。

関連記事→人から離れられない子犬に家はくつろげる場所だと教えよう

これが最近少しずつ進歩してきました。

ステイに行く前から少しずつハウスに慣れてきていましたが、帰ってきたらケージやクレートですぐにくつろげるようになりました。

犬から目を離す時はケージやクレートに入れるようにしているのですが、このとおり。

顔はちょっと不満気ですが・・・(苦笑)

クレートに入る子犬

そのうちに

寝ちゃいます。

クレートで寝る子犬

ハウスに入ること自体が嫌いなので、まだまだ「House」の指示で自分から入ることは難しいのですが、入ってしまえば諦めることができて

まいっか、のんびりしていれば・・・。

という感じになってきたようです。

お膝にのぼらないと眠れなかったのに、床で眠ることも出来るようになりました。

床の上で寝る子犬

まだ人が動くと目覚めて後を追ってくるのですが、シオンにとってはすごい進歩です。

苦手なところを克服しつつあるのですから・・・。

これが、人の動きで目が覚めても

別にぃ~。

という感じになって、再び目を閉じて眠れるようになると、いよいよ本当の家族だな。

おうちはくつろげる場所

当面の目標の達成も近そうです。

まとめのようなもの

子犬の生後3か月は、まだまだ赤ちゃんのようですが、それでも「こども」に近づいています。

ゼロにはならなくても、いたずらや甘噛みが人に好まれないことなのだということが分かってきます。

家の中で落ち着いている時間も増えてきました。

シオンは不安を感じやすい仔のようなので、安心して生活できる環境を整えていくのは大切かもしれないですね。

安心できれば、またぐ~んと心の成長を見せてくれる気がします。

【おまけ】

こっちの大型犬も、どこででも寝るよ。

うたた寝する飼い主

ちょっとやそっとじゃ起きないし、落ち着きすぎ(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬がブラッシングを嫌がるのなら気持ちいい時間だと思わせよう
NEXT
朝の日課 お見送り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    月日の成長の中で、ダメなことを学んでくれてると思うこと、増えていきますよね。シオンちゃんも今からもっといい仔になりますね!

    しかし、我が家のおてんばは、どうしても他犬を見つけてしまうと吠える、玄関チャイムが鳴ると吠える…いろんなことを試しても、なおるどころかひどくなる…いま体調が悪いので特に気になる私

    心の余裕って大事ですね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      体調はいかがですか?
      ブログの更新がなかったので心配していました。

      子犬の頃は心身ともに成長著しいですが、成犬になっても心は成長しますね~。
      チョコちゃん、チャイムに吠えちゃいますか~。
      チョコちゃんはおとうさんが大好きなので、お父さんが帰って来るたびにチャイムを鳴らしてもらって
      チャイムの音=おとうさん
      っていうのはどうですか?
      チャイムが鳴るのは楽しいことの前触れみたいな・・・。
      もう実践済みかな?

      他犬に吠えるのも飼い主さんには悩みですが、怖くて吠えている仔の場合は、怖いものは怖いので慣れさせようと思うと余計にひどくなってしまうんですよね~。
      難しいですよね。

関連記事

散歩嫌いな子犬が散歩好きになる工夫

犬はみんなお散歩が好きだと思っていましたが、どうやらシオンはあまりお散歩は好きではないみたいです。

記事を読む

お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

先日、盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」にて開催された「盲

記事を読む

掃除機初体験

委託から1週間が経った頃、初めて掃除機を使いました。 それまで掃除しなかったんかい!! そうなん

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 お散歩も落ち着いてきたよ

生後5か月を過ぎてもパパにだけカミカミしていたシオンですが、ようやく噛まなくなりました。 悩み

記事を読む

絶賛後追い中の子犬 人がいなくても落ち着けるように練習中

家中をどこまでもついてくるシオン。 可愛いいです。 でもね 成長とともに、いちいち家族を追いか

記事を読む

子犬の甘噛み・マウンティング・飛びつきの初期対応は皆同じ

家に迎えられた頃の子犬は、当然ですが人との生活のマナーを知りませんよね。 小さくても子犬にも「嬉し

記事を読む

パピー委託式 縁は異なもの味なもの

2016年3月26日 S‐14胎の委託式が行われました。 私達にとって3頭目のパピーウォ

記事を読む

生後7か月のシオンへ

9月1日でシオンは生後7か月になりました。 体重は22㎏ 家に来た頃のシオンは、動きが活発でやん

記事を読む

生後11か月のシオンへ

1月1日でシオンは生後11か月齢になりました。 体重は ここのところ、ほ

記事を読む

道路のにおいを嗅ぐ子犬

わんこの拾い食い 好みもそれぞれ

ウィンダムママさんから、現在パピーウォーキング中のヴィヴィアンちゃんが、お散歩中に他犬(猫)のフンを

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑