8回目のパピーレクチャー

公開日: : 第三話 シオン, パピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。

レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります。

  1. 兄弟姉妹への執着が強く、興奮で吠えること。
  2. 担当訓練士さんへの焼きもちが強く、他の犬でデモをすると焼きもちから吠えること。

です。

夫と対策を考えつつレクチャーに臨みました。

この日のレクチャーの内容は

  1. 車への乗り降り
  2. だるまさんが転んだゲーム
  3. 歯磨き指導

でした。

1.車への乗り降り

パピーが大きくなると重くなるので、自分で車の乗り降りが出来ると楽ですよね。

「House」の指示で車に飛び乗り「Come」の指示で降りるように練習します。

訓練士さんがサンディを使って見本を見せてくれました。

サンディは自分で車に飛び乗ることを理解していないので、まず抱えて前足をかけさせます。

その時、サンディ家のお子さんが反対側から呼ぶようにします。

DSCF1770

足をかけさせた時点で訓練士さんは「Good~♪」とたくさん褒めていました。

褒められてやる気になるサンディ。

この時点で尻尾をブンブン振っています。

DSCF1772

訓練士さんは、ちょっとお尻を持ち上げて飛び乗らせて、またたくさん褒めます。

サンディ、いいお顔ですね。

「Come」の指示で飛び降ります。

DSCF1773

サンディ

Good~♪

最初は??と思っているのですが、理解すると出来るようになりますね。

さて

大好きな担当訓練士さんが、サンディと楽しそうに車の乗り降りの練習をしているのを、シオンが黙って見ていられるわけがなく、予想通り

わん!

と一声、大きな声で吠えました。

なんでサンディなのさ!

ぼくは?!!

です・・・。

次の瞬間、パパに身体を抱えられて

シオン~、吠えなくていいよ~。

などと話しかけられています。

シオンは少しピーピー言いましたが、そばにあった練習用の台で乗り降りしてパパに遊んでもらっていました。

DSCF1783

他の楽しいものを与え、訓練士さんから気をそらし

訓練士さんが他の仔と何かする→おもしろくな~い→吠える!!

というシオンの中にできてしまった公式を崩す作戦です。

レクチャールームなどで何もない時は、抱っこするかおもちゃを与え、気をそらすようにして

別に吠えなくてもいいんだな~。

とシオンに思ってもらえるように持っていきたいです。

サンディのお見本を見た後、各家庭で練習です。

DSCF1776

DSCF1777

シオンは車の乗り降りは既にできるのですが

ママが向こうから呼んでくれないと乗りたくないもん!

とか

今は乗りたくないもん!

とか、わがままが出ます。

やれば出来る仔、やりたくない仔なので、訓練士さんにご指導をお願いしました。

シオンがやだ!と言っている時に

出来るでしょ!

乗りなさい!!

と強要すると、ますます嫌だ嫌だになってしまうので、一旦気持ちを切り替えて人の方に注意を向けて、ちょっと歩いたりして乗せる。

または、人も一緒に車の中に身体を入れて、一緒に乗ろうね~という雰囲気を作る。

というご指導をしていただきました。

確かに出来るようになっていることなので、気分を変えたり楽しい雰囲気を出すとあっさり乗ってくれました。

犬が何かに固執している時に犬の気分を変えるということは、大切なんだなあと感じました。

2.だるまさんが転んだゲーム

コーンをならべ、鬼役の訓練士さんが「だるまさんが転んだ」と言っている間に次のコーンに進み、犬を座らせます。

ポイントは犬の注意を人に向けて、コマンドを聞ける状態になっているか見極めてSitの指示を出すということです。

DSCF1796

DSCF1799

DSCF1802a

DSCF1803a

みんな上手にできました。

3.歯磨き指導

みんなで車座になって、訓練士さんのお話を聞きます。

犬同士の距離が近いのですが、お隣さんと遊びたがらず落ち着いて待つのが犬の方のお勉強です。

少しソワソワする仔もいましたが、やがてみんな落ち着けました。

シオンも

遊びたいよ~。

と吠えずに、伏せることができてGoodでした。

DSCF1804

歯磨きは最終的には歯ブラシを使って出来るようになることが好ましいそうです。

既に歯ブラシで磨いているという仔もいました。

前段階として、歯磨きシートを使って歯の外側を拭く方法を学びました。

犬のマズルを優しく持って、唇をまくりあげるようにしながら、シートを指に巻いて拭いていきます。

苦手な仔は無理せず、犬が眠い時に少しずつやっていって慣れさせていくと良い、という訓練士さんからのご指導でした

今回使った歯磨きシートです。

小さいパックも販売されています。

最後に犬のケアをしてレクチャーは終了です。

関連記事→7回目のパピーレクチャー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
秋冬の風物詩 ひなたぼっこする犬
NEXT
ドッグカフェ体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    レクチャーお疲れ様でした^^
    シオン君の課題の吠え対策なるほど〜って思いました。
    ライリーも吠えちゃうんですよね。。。
    もしくはピーピー言ってみたり。
    吠えないように気をそらすっていうのは確かに!って思いました。
    私たちは今週末にレクチャーがあるんですが、どんな内容になるのかな〜って楽しみです。
    歯磨きシートっていうのは初めてみました。
    便利なものがあるんですね〜^^

    • gd.vol より:

      mikoさん
      レクチャー、楽しかったです。
      そちらのレクチャーも楽しみですね。

      シオンの吠えは、興奮によるものなので、叱ったところで治らないと思うんですよね。
      興奮している神経を「ハッ」と我に返すこと。
      それと
      興奮して吠えている自分にさらに興奮するので、興奮の対象から離れる、あるいは気をそらす。
      しばらくそれでいってみようと思います。
      早く我に返る体験と、興奮を未然に防ぐ体験を積んで行くことで
      なんてことないじゃん!
      というようになればいいですけどね。
      どうなるかな~。

      私も歯磨きシートは初めて使いました。
      家ではコットンをぬるま湯に浸して拭き拭きしていました。
      パッケージに
      洗浄成分は食品なのでなめても安心
      と書いてありました。
      いろいろと便利グッズがあるんですね。

関連記事

お散歩 いろいろ体験中 風鈴だよ

ある日、シオンとお散歩をしていました。 すると 突然シオンが立ち止まりました。

記事を読む

天使と悪魔が同居する子犬

最近仲良しの二人。 男同士で何かと張り合って(?)いたのに やっぱり男同士だよね~♪

記事を読む

生後12か月のシオンへ

2月1日 S-14胎の1歳の誕生日です。 委託式の日、みんな小さかったですね。

記事を読む

お散歩の課題 拾い食い

お散歩中の拾い食いの悩みはありませんか? シオン 目につくものは何でも拾います。

記事を読む

お散歩 小型犬に吠えられちゃったね

シオンと一緒にお散歩に行きました。 家を出るとタッタカタッタカ歩きます。 これは

記事を読む

きらめきをポケットにつめこんで

今日は楽しいひな祭り♪ ひな祭りの頃は、いよいよ日差しが春らしくなってきます。 昨日は雨

記事を読む

赤ちゃん連れの来客 生後6か月の子犬をどうする?

日頃来客の少ないわが家に、お客さんが来ることになりました。 家に知らない人が来るというのは、パ

記事を読む

エレベーターと鏡

ある日、地元のショッピングモールに行ったときに、エレベーターを利用してみました。 扉が

記事を読む

初めてのレクチャー

2013年9月15日は、委託されて初めてのレクチャーでした。 兄弟姉妹の何頭かは、4日のワクチ

記事を読む

いたずらっ子のわけは・・・不安で落ち着かないから

パピーの委託前に、子犬は何にでも興味を示し齧って家具などを破壊したり、口に入るものを何でも食べてしま

記事を読む

犬は人の言葉を理解しているんだよ

ウェルシーだよ♪ 今日ね、パパと一緒に朝のお散歩に行ったあと、パ

犬の下痢予防のために気をつけている3つのこと

11月も半ばになって、だいぶ冷えるようになりましたね。 寒暖差が

犬連れ城峯公園と桜山公園 紅葉と冬桜を楽しめます

ウェルシーだよ♪ 冬桜と紅葉が同時に見られるところに連れて行って

要求吠えは人に嫌われない方法に直そう

ウェルシーだよ♪ よい仔のみんな、おうちの人にお願いがあるとき、

盲導犬チャリティーカレンダー「message」2019

盲導犬育成チャリティーカレンダー「Message」2019が、11月2

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑