赤ちゃんがやってきた!賢い犬はどう対応する?

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

夏に遊びに来てくれた赤ちゃん連れのお客様が、久しぶりに遊びに来てくれました。

そのとき、赤ちゃん10か月、シオン6か月でした。

関連記事→来客は子犬の社会化のチャンス!赤ちゃん連れの来客

今回は赤ちゃんも1歳3か月を過ぎて、よちよち歩いています。

シオンも11か月齢なので、赤ちゃんと仲良くできるかな?

赤ちゃんを連れたお客さんがやってきた

チャイムが鳴ると、ダッシュで玄関へ向かうシオン。

シッポをブンブン振りますが、飛びつかずにGoodでした。

お客様をお部屋にご案内します。

CIMG4546

なんだろう?

この小さいおてて。

そ~っと赤ちゃんの手のにおいをくんくんするシオンです。

ミルクのにおいがするのかな?

シオンも部屋に入ってね。

CIMG4552

ところが

くんくんしていて立ち止まり、なかなか部屋に入らないんですよね。

自分の家なのに(笑)

好奇心が強いシオンですが、最近は石橋を叩くことも覚えてきたので、赤ちゃんという見慣れない生き物に対してちょっと慎重になっています。

好奇心と慎重さが、いいバランスになってきたのかな?

ね~、シオン。

寒いから早く部屋に入ろうよ。

CIMG4554

赤ちゃんは、犬よりも写真を撮っていた私に興味を持ち、よちよちとやってきました。

ようやく部屋の中に入ったシオン。

赤ちゃんは、大きな犬が寄ってきても怖がらず、シオンをそっと触ったりつねったり、シオンのヒゲをつまんだりしました。

まだ犬を「いいこいいこ」と撫でるという表現はできないみたいでした。

CIMG4568a

赤ちゃんとシオンはお互いを確認すると、あとは知らん顔というか、程よい距離をとって同じ部屋に一緒にいるという感じになりました。

赤ちゃんがごはんの時も

CIMG4584

シオンは、コタツに手をかけたりコタツの上の物をいたずらしませんでした。

なんだろう?

何やってんのかな?

っていうか、この人間の恰好をした小さな生き物って何者?

興味と戸惑いの気持ちが交錯しているような様子でした。

赤ちゃんが寝てしまって、大人の時間になっても

CIMG4585

パパのお膝にべったりで、くんくんはしましたが、おとなし~くしていました。

お客様はシオンがもっと元気に動き回ると思っていたようです。

前回おいでいただいた時は、ケージに入れられていましたしね。

おとなしくしていてくれたので、お客様も

いいこだね~。

と褒めてくださいました。

シオンの気持ち

ここまで書くと、わが仔自慢みたいですが、実はシオンは戸惑いと寂しい気持ちでいっぱいでした。

赤ちゃんという見慣れない生き物は、周りの人に大事にされているみたいだから、ちょっかいかけてはいけないんだろうな~。

この生き物、突然ケタケタ笑ったり、キーキー大きな声を出したりして、ちょっと怖いかも?

でも、ぼくに悪気はないみたいかな~。

大丈夫だよね?

それはいいんだけどさ

他の大人たちはともかく、パパもママも赤ちゃん赤ちゃんって赤ちゃんばっかりかまって、ぼくのこと忘れてない?

でもな~。

ここでパパやママの気を引こうとして、パパやママの服を引っ張ったりすると叱られちゃうかも?

いいこにしていると、みんながときどき

いいこだね

ってなでてくれるから、この態度でいるのが正解なんだよね?

でもぼく、なんか我慢している気がする。

なんかな~。

寂しいな~。

いつもと違うよな~。

人間の言葉にするとこんな感じでしょうか?

賢い犬

赤ちゃんがいる間、シオンに笑顔は無かったので、シオンが一生懸命我慢をしていることが感じられました。

でも、シオンは自分がどうするべきなのか考えて、来客の時間を過ごしてくれました。

私達がシオンに「NO」と言うことは一度もありませんでしたし、赤ちゃんやお客様に迷惑もかけませんでした。

ケージに入れられることもありませんでした。

賢い犬です。

シオンが生まれ持ってきた「賢い」という資質。

隙あらば自分が優位に立とうとしたり、人によって態度を変えたり、扱いにくいと感じる場面もあるのですが、今回は良い方にその能力を発揮してくれました。

オレ様だったシオンがずいぶんと成長したものですよね。

シオンには、まだまだ伸びしろがたくさんあるような気がします。

えっ?

やっぱりわが仔自慢?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
パピーウォーカーをやって良かったことのひとつは褒める経験を積めること
NEXT
花粉だけじゃない!犬アレルギーにも空気清浄機は効果あり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. オプト♪のPWです より:

    いいんです*いいんです(*˘︶˘*).。.:*♡ 我が仔自慢♪♪
    本当にシオンくんの心の動きや行いを良く見て感じとられていて ママさん素晴らしいです҉٩(*´︶`*)۶҉ ҉

    シオンくんもとってもGoodだったね*Ü*
    小さな赤ちゃんに優しく出来てお兄ちゃんしてたんだね♡
    偉いよ〜 それGoodなんだよね✲*゚
    パパとママからも沢山褒めて貰えてきっと自信がついたね…
    シオンくんが日々お兄さんになっていくのを心から楽しみにしているよ〜*˙︶˙*

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      シオンは自分が中心でいたい仔なんですよね。
      大人二人と犬一頭なので、気を付けていてもついついシオンを中心に生活が回ってしまっています。

      シオンにとって来客は、少し寂しい思いもしましたが良い経験になっ
      たと思います。
      夏に比べるとお兄さんになりました。

  2. sato より:

    シオンくん、お利口さんでしたね!シオンくんの赤ちゃんに対する対応にウルウルしてしまいました。
    実は年末年始マリンにも同じ事がありました。
    実家にマリンを連れてきてもOKがでたのでお泊まりしましたが、妹の赤ちゃん数人がいたので、マリンも赤ちゃんに一生懸命対応し、とてもお利口さんにしていました。
    しかし、前足を舐め壊してしまい、数カ所ハゲてしまいました。
    訓練士さんには、マリンも緊張したりストレスがあったのではとのことでした。
    マリンにも寂しい思いをさせていたと反省しました。
    大人になったなぁと思っても、その子の気持ちに常に寄り添う事は大事だなと感じています。

    • gd.vol より:

      satoさん
      シオンは自分の家でしたが、マリンちゃんは環境も変わり、シオンより大変だったと思います。
      訓練士さんがおっしゃるように、緊張もストレスもあったと思います。
      よく頑張りましたね。

      わんこは人が思う以上に、一生懸命人に寄添ってくれますよね。
      私も今回の来客で、しみじみと思いました。
      人も犬の気持ちに寄添って、大切にしてあげないとですね。

  3. miko より:

    賢い!シオン君〜。
    ちゃんと赤ちゃんのことを見ていて、
    自分がどうするのがいいか実行できていて
    頑張れるとシオン君さすがです!!
    我が家のライリーはまだお子ちゃまなので我慢ができません^^;
    入所までにはシオン君のように大人になってほしいものです。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      来客は非日常なので、良い経験になりますね。
      シオンもたくさん我慢をしたと思いますが、少しおとなになったかな?と思います。

      ライリー君も成長を感じるところがたくさんありますよね。
      お泊りから帰ってきたら、また一回りおとなになっていることでしょう。
      楽しみですね。

  4. サナ父ちゃん より:

    シオぴ~の寂しさを気付いてあげられるママさんと、状況を判断して我慢出来たシオぴ~…

    素晴らしいです♪

    いっぱい、甘えさせてあげてくださいね♪
    シオぴ~に、ご褒美~♪

    パピーウォーカーやって、良かったと思える瞬間ですよね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      犬は我慢しているけど笑顔を作る、という芸はできないので、表情を見ているとやっぱりわかりますね~。
      にもかかわらず、状況を見て我慢ができるようになったこと、大きな成長だと思います。

      どの仔も抱っこ犬になって帰っていきますが、それでいいですよね?

関連記事

犬連れ軽井沢 紅葉の雲場池と旧軽井沢銀座

軽井沢(長野県)は避暑地として有名ですが、日差しが落ち着いた秋に訪れるのも良い場所です。 秋の軽井沢

記事を読む

お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

雲場池と旧軽井沢銀座を散策しました。 こちら→犬連れ軽井沢 紅葉の雲場池と旧軽井沢銀座

記事を読む

犬にとって家は休む場所

3月2日付の日本盲導犬協会の協会ブログに、仙台訓練センターでの預かり訓練の様子の第二弾の記事がUPさ

記事を読む

ちょっと怖いな 激しい雨と風の音

シオぴ~地方に台風がやってきました。 何しろ、8月の平均雨量以上の雨の量が1日で降りましたから

記事を読む

犬との信頼関係を築くには犬の意思を尊重してあげる

犬と仲良く暮らすためには「信頼関係」が大切って言いますよね? しつけ本などにも書いてあります

記事を読む

人とコミュニケーションが取れる犬になってきた

わんことコミュニケーションが取れるようになってくると、犬との暮らしが楽しくなりますね。 人の言葉を

記事を読む

膝の上にいる犬

たくさん話しかけられる犬は長生きするらしい

わんこの飼い主のみなさん、愛犬にたくさん話しかける人ですか? たくさん話しかけられる犬は長生きの傾

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

おもちゃのアウト・オッケー 教え方2つのコツ

日本盲導犬協会では、パピーを迎えたら おもちゃを使ってたくさん遊んであげてくださいね。 とお願い

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

洗濯かごに入れられる子犬
パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎の

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑