犬は優しく撫でてもらうのが好き 子供との触れ合い

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

公園に河津桜の花を見に行った私達ですが、公園にはたくさんの人が訪れていました。

家族連れもたくさん来ていたので、シオンも子供たちに触れ合ってもらいました。

パターン1

小さな男の子が寄ってきて、シオンを撫でようとします。

CIMG5120

シオンも子供が好きなので、男の子に寄って行こうとします。

シオンは小さい子に歯を当てることはありませんが、いきなり顔や頭を触るとふいに子供の方へ顔を向けたり、鼻から行くので子供さんはびっくりしてしまうんですよね。

身長から考えても、目の前にいきなり犬の顔が来ることになりますからね。

しかも子供から見れば「でっかい犬!」ですものね。

なので、シオンを座らせて

お顔には触らないで背中や肩を優しく撫でてね。

とお願いしました。

CIMG5125

しかし、なぜか子供って犬の頭や顔に触りたがりますよね。

案の定頭をチョンチョンとして、振り向いたシオンにびっくりして、飛びのいて黄色い声を上げます。

CIMG5126

そしてキャーキャー言いながら、辺りをバタバタと走り回ります。

子どもの突発的な黄色い声と、先読みできないバタバタした不規則な動き。

こういうものは苦手とするわんこも多いです。

小さなお子さんに大声を出さないようにとか、走り回らないようにお願いしてもできない場合は、愛犬がストレスに感じるようだったら、さっさと退散するのが正解です。

今回シオンは、まだ大丈夫そうだったのでもう少し粘ってみました。

今度は、その子のお姉ちゃんでしょうか?

二人でやってきて、シオンを撫でます。

犬が何かしようとしたら一目散に逃げるぞ!

みたいな二人の動きが写真で分かるでしょうか?

CIMG5142

この状況を犬は嫌います。

シオンの表情もストレスを感じている顔になっていますよね。

シオンは我慢しています。

子供たちは頭や顔をちょっと触って、シオンが振り向くとキャーキャー言いながらバタバタ走り回ります。

CIMG5144

子どもたちは犬が追いかけてこないこと、自分に危害を加えないことを見切っているので「この遊び」を楽しんでいますよね。

キャーキャー言って逃げてはまた触っていきます。

CIMG5145

シオンの口元はさっきよりさらにきゅっと後ろに引かれ、ストレスが最高潮な感じになっています。

私は夫に

パパちゃん

と言いました。

夫も私と同じことを思ったようで、子供たちに

ありがとね。

じゃあね。

と言って、この場を退散しました。

子供たちに触れ合ってもらいたいとは思うのですが

優しくね。

と言っても小さい子供さんには難しいのですね。

この間ほんの数分でしたが、意外にもシオンが我慢強くなったことがわかりました。

小さい頃は、自分のそばを子供が走って行くだけでもパニックになっていましたからね。

でも、辛かったよね。

シオン

ごめんね。

パターン2

次はちょっと大きいこの仔です。

やはり

お顔と頭は触らないでね。

とお願いしました。

シオンは落ち着いてなでなでされていますね。

CIMG5192

しかし、やっぱり子供は犬の頭を撫でたがる(苦笑)

シオンが振り向いても、この子たちは穏やかに優しく撫でてくれたので、シオンも落ち着いて撫でられることができました。

CIMG5194

最初の子供たちの時とはシオンの表情が全く違いますよね。

CIMG5197

ストレスは犬も辛いよね

今回のシオンは、パターン1もパターン2も傍目に見れば、子供たちに撫でられておとなしくしているお利口なわんこです。

でも、シオンの気持ちはパターン1とパターン2では大きく違っていたことでしょう。

犬は人が思っている以上にいろいろなことを我慢して、あるいは頑張って生活しているんだなと思いますよね。

人と一緒に生活をしている以上、ストレスをゼロにすることはできませんが、犬が辛いと思う程のストレスには晒さないであげたいと思います。

犬は人に撫でられるのが好きだと思いがちですが、苦手な仔もいます。

苦手なことに慣れてもらいたい時も、時間をかけてゆっくりがいいですよね。

私達も可愛いわんこに癒されるのであれば、わんこも人に癒されて欲しいですよね。

犬にとって、人との暮らしが辛いものであっては絶対にいけないと思います。

家族の一員として大切に思いやりを持って犬に接していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
河津桜でお花見 最後の休日
NEXT
待機の練習をしてみました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. sato より:

    シオン君のストレススマイルがよくわかる写真ですね(>_<)

    マリンは黒かったので、大きくて怖いーと子どもたちにキャーキャー逃げ回られてました(^^;)

    なのでうちの子供たちはマリンがきてくれたおかげで、犬の扱い方をたくさん学んだと思います。

    犬はとても我慢強い分、私たちがなるべく早く気が付いてストレスを取り払ってあげたいですね。

    • gd.vol より:

      satoさん
      黒ラブ、可愛いのに損ですよね。
      うちも2頭目のツムギはいろいろな場所で会う子供たちに
      「怖い~」
      と言われていました。
      こんなに可愛いのに(笑)

      マリンちゃんのお蔭で学んだことが、お子さんたちにはたくさんあったのでしょうね。
      お子さんたちは、とても優しい子に育ってくれると思います。
      マリンちゃんからのプレゼントかな♪

      人も犬も穏やかに暮らしていけるといいですよね。

関連記事

散歩で歩かないわがままな犬だと思うときもあるけれど

朝から冷たい雨が降り、ウェルシーは朝の散歩に行けませんでした。 そんな日はまったり過ごすことが多く

記事を読む

梅雨の晴れ間と雨の日と

ぼくの住む街も梅雨入りしたらしい。 梅雨入りして1週間くらい経つけど、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

S-14胎8回目のパピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。 レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります

記事を読む

要求あご?

シオぴ~。 お昼寝中。 こんな格好で寝ていましたが 突然起き上がってやって

記事を読む

抱っこされる子犬

犬を褒めても喜ばない?犬が喜ぶ褒め方を考えよう

盲導犬協会での犬育て、そして訓練は「犬を楽しませること」から始まります。 訓練士さんは とにかく

記事を読む

ストライキ!散歩から家に帰りたくない犬

生後11か月を過ぎた頃から赤ちゃん返り現象が起きたイズモですが、この頃はストライキも度々していました

記事を読む

ちょっと怖いな 激しい雨と風の音

シオぴ~地方に台風がやってきました。 何しろ、8月の平均雨量以上の雨の量が1日で降りましたから

記事を読む

犬連れ紅葉の養老渓谷散策

11月も終盤になり、今年の紅葉もラストスパートでしょうか? シオンを連れて、紅葉スポットとして

記事を読む

きらめきをポケットにつめこんで

今日は楽しいひな祭り♪ ひな祭りの頃は、いよいよ日差しが春らしくなってきます。 昨日は雨

記事を読む

盲導犬ユーザーさんのお話を聞いてきました

2月5日、来月入所を控えたS-14胎のパピーとパピーウォーカーさん達が、訓練センターに集合しました。

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑