犬は優しく撫でてもらうのが好き 子供との触れ合い

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

公園に河津桜の花を見に行った私達ですが、公園にはたくさんの人が訪れていました。

家族連れもたくさん来ていたので、シオンも子供たちに触れ合ってもらいました。

パターン1

小さな男の子が寄ってきて、シオンを撫でようとします。

CIMG5120

シオンも子供が好きなので、男の子に寄って行こうとします。

シオンは小さい子に歯を当てることはありませんが、いきなり顔や頭を触るとふいに子供の方へ顔を向けたり、鼻から行くので子供さんはびっくりしてしまうんですよね。

身長から考えても、目の前にいきなり犬の顔が来ることになりますからね。

しかも子供から見れば「でっかい犬!」ですものね。

なので、シオンを座らせて

お顔には触らないで背中や肩を優しく撫でてね。

とお願いしました。

CIMG5125

しかし、なぜか子供って犬の頭や顔に触りたがりますよね。

案の定頭をチョンチョンとして、振り向いたシオンにびっくりして、飛びのいて黄色い声を上げます。

CIMG5126

そしてキャーキャー言いながら、辺りをバタバタと走り回ります。

子どもの突発的な黄色い声と、先読みできないバタバタした不規則な動き。

こういうものは苦手とするわんこも多いです。

小さなお子さんに大声を出さないようにとか、走り回らないようにお願いしてもできない場合は、愛犬がストレスに感じるようだったら、さっさと退散するのが正解です。

今回シオンは、まだ大丈夫そうだったのでもう少し粘ってみました。

今度は、その子のお姉ちゃんでしょうか?

二人でやってきて、シオンを撫でます。

犬が何かしようとしたら一目散に逃げるぞ!

みたいな二人の動きが写真で分かるでしょうか?

CIMG5142

この状況を犬は嫌います。

シオンの表情もストレスを感じている顔になっていますよね。

シオンは我慢しています。

子供たちは頭や顔をちょっと触って、シオンが振り向くとキャーキャー言いながらバタバタ走り回ります。

CIMG5144

子どもたちは犬が追いかけてこないこと、自分に危害を加えないことを見切っているので「この遊び」を楽しんでいますよね。

キャーキャー言って逃げてはまた触っていきます。

CIMG5145

シオンの口元はさっきよりさらにきゅっと後ろに引かれ、ストレスが最高潮な感じになっています。

私は夫に

パパちゃん

と言いました。

夫も私と同じことを思ったようで、子供たちに

ありがとね。

じゃあね。

と言って、この場を退散しました。

子供たちに触れ合ってもらいたいとは思うのですが

優しくね。

と言っても小さい子供さんには難しいのですね。

この間ほんの数分でしたが、意外にもシオンが我慢強くなったことがわかりました。

小さい頃は、自分のそばを子供が走って行くだけでもパニックになっていましたからね。

でも、辛かったよね。

シオン

ごめんね。

パターン2

次はちょっと大きいこの仔です。

やはり

お顔と頭は触らないでね。

とお願いしました。

シオンは落ち着いてなでなでされていますね。

CIMG5192

しかし、やっぱり子供は犬の頭を撫でたがる(苦笑)

シオンが振り向いても、この子たちは穏やかに優しく撫でてくれたので、シオンも落ち着いて撫でられることができました。

CIMG5194

最初の子供たちの時とはシオンの表情が全く違いますよね。

CIMG5197

ストレスは犬も辛いよね

今回のシオンは、パターン1もパターン2も傍目に見れば、子供たちに撫でられておとなしくしているお利口なわんこです。

でも、シオンの気持ちはパターン1とパターン2では大きく違っていたことでしょう。

犬は人が思っている以上にいろいろなことを我慢して、あるいは頑張って生活しているんだなと思いますよね。

人と一緒に生活をしている以上、ストレスをゼロにすることはできませんが、犬が辛いと思う程のストレスには晒さないであげたいと思います。

犬は人に撫でられるのが好きだと思いがちですが、苦手な仔もいます。

苦手なことに慣れてもらいたい時も、時間をかけてゆっくりがいいですよね。

私達も可愛いわんこに癒されるのであれば、わんこも人に癒されて欲しいですよね。

犬にとって、人との暮らしが辛いものであっては絶対にいけないと思います。

家族の一員として大切に思いやりを持って犬に接していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
河津桜でお花見 最後の休日
NEXT
待機の練習をしてみました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. sato より:

    シオン君のストレススマイルがよくわかる写真ですね(>_<)

    マリンは黒かったので、大きくて怖いーと子どもたちにキャーキャー逃げ回られてました(^^;)

    なのでうちの子供たちはマリンがきてくれたおかげで、犬の扱い方をたくさん学んだと思います。

    犬はとても我慢強い分、私たちがなるべく早く気が付いてストレスを取り払ってあげたいですね。

    • gd.vol より:

      satoさん
      黒ラブ、可愛いのに損ですよね。
      うちも2頭目のツムギはいろいろな場所で会う子供たちに
      「怖い~」
      と言われていました。
      こんなに可愛いのに(笑)

      マリンちゃんのお蔭で学んだことが、お子さんたちにはたくさんあったのでしょうね。
      お子さんたちは、とても優しい子に育ってくれると思います。
      マリンちゃんからのプレゼントかな♪

      人も犬も穏やかに暮らしていけるといいですよね。

関連記事

ゴミ箱は高い場所に?

パピーウォーキングを始めるとき、子犬を迎えるにあたって部屋の環境を整えました。 子犬は何にでも興味

記事を読む

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが小さい頃は 自己主張が強

記事を読む

体感受性が強い犬

一週間の訓練センターへのお泊りから帰ってきたシオンです。 訓練士さんからいただいた課題は二つあ

記事を読む

犬におもちゃとおもちゃではないものを区別するように伝える

わが家にはウェルシー用の大きめのぬいぐるみが、現在2つあります。 白いクマさんは胸のところに「I♡

記事を読む

子犬の問題行動を治すキーワードは「落ち着き」

3月26日にシオンが家にやってきて、2か月ちょっとが経ちました。 6月1日でシオンは生後4か月齢に

記事を読む

家族の見送りを日課にする犬

パパが毎朝仕事に出かけるとき、イズモは私と一緒にパパの見送りをしていました。 見送りは日課 あたしの

記事を読む

盲導犬ふれあいキャンペーンに参加しました

10月10日 所沢西武での「盲導犬ふれあいキャンペーン」に参加しました。 この日

記事を読む

犬との散歩は飼い主にも喜びです

わが家では朝の散歩は夫の担当です。 起きて、排泄もして、ごはんも食べ終わると、シオンは

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

伏せる犬
人懐っこい!多和田悟氏をもメロメロにする人たらし犬

ウェルシーは人が大好き。 明るくて素直な性格なので、誰にでも近づいて

伏せる犬
犬の妊娠時のおりものについて獣医さんに聞きました

ウェルシーの交配から2週間が経った頃、室内でペットシーツの上でワンをし

富士ハーネスの入り口に座る犬
ラブラドールレトリバーの交配と妊娠中の様子

日本盲導犬協会では、ボランティアの自宅出産も可能ですが、富士ハーネスに

芝生を歩く犬
犬が芝生や草を食べるのはなぜ?犬が草を食べるのは問題ないの?

お散歩中に草をパクってやる仔はいませんか? お腹が空いていなくても何

座る犬
犬が嫌いな音と好きな音 音に敏感な犬との暮らし

ウェルシーは、生活音にいちいちビクビクするわけでもありませんし、雷や花

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑