人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。

だんだん成長し、歯の生え変わりも終わる頃には甘噛みも減ってきますよね。

シオンも甘噛みをする仔で、成長と共にしなくなってきましたが、夫に対してだけはやめられません。

むしろ夫の対応が、シオンにとって甘噛みを楽しいものにしてしまっていました。

関連記事→人が強化してしまう子犬の甘噛み

それから夫も努力して

噛んでもいいことないよ。

ということをシオンに伝えるようにしてきました。

一時期よりは甘噛みも減り、パパと仲良くくつろげる時間も増えてきたものの、興奮したり、寝ぐずりのカミカミがなかなか治りません。

特に興奮してしまうと、加減もわからなくなってしまうようで、結構な痛さで噛んでしまうんですよね。

多分、噛んだら相手にしないというだけでは「人を噛むのはイケナイこと」というのが完全には伝わっていないのでしょうね。

そこで、ボランティア夏祭りの時に訓練士さんに相談しました。

CIMG1851

月齢が小さい時の甘噛みは、叱ってもまだ犬が理解できないので、私達も叱らずに対応をしてきました。

関連記事→甘噛みは叱っていいの?いけないの?

現在のシオンは、人の手は撫でてくれるものということは解ってきています。

それにもかかわらず、自分の気持ちを表現するために、パパに対しては噛んでいいと思っているという状況です。

訓練士さんは

シオンが噛んできたら、カラーを掴んで自分の体の近くに引き寄せ動かさない。

という方法をご指導してくれました。

カラーを掴んでいる手を噛んでくるかもしれませんが、それ以上噛めないようにして落ち着くのを待つ。

訓練士さんが実演してくれましたが、シオンは

えっ?

勝手が違うぞ!

というような顔で一生懸命考えていました。

そして

訓練士さんを噛んじゃいけないのかな~?

というような態度になり、それ以上噛みませんでした。

その日から早速試してみました。

カラーを持つ手をしつこく噛んでくる時は、もう片方の手で自分の膝などを叩いて

パン!!

びっくりしてやめます。

これは、噛むことで興奮状態になるシオンを

ハッ!

と我に返すということです。

シオンはパパの対応が変わってきたので、どうしたらいいのか考えています。

ペロペロしてパパをなだめてみたり・・・。

パピーウォーカーは、犬に人を舐める習慣をつけないようにお願いされているのですが、甘噛みが落ち着くまで少し許容することにします。

噛んじゃダメ!

舐めてもダメ!

では、シオンも辛いと思うので。

DSCF1366

どのくらい噛んだら叱られる(カラーを掴まれる)のか試してみたり・・・。

いろいろと模索しているみたいです。

ただ、明らかに

なんだか今までとは違うぞ!

と思っているみたいなので、今が正念場かもしれませんね。

訓練士さんが言うように

根気よく毅然と

ですね。

この方法もその仔によっては、もっと噛むようになる場合もあるそうなので、うまくいかないようだったらまた相談をしてくださいということでした。

DSCF1357

眠くなるとぐずってパパを噛んじゃうシオン。

さっさとお膝に来て寝ればいいのに

と思うのですが、まだまだおこちゃまなのでしょうね。

シオンの心の成長も待ちつつ、噛んではいけないということをしっかり教えていきたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
噛み犬って言われちゃうよ 西湖にて
NEXT
室内の涼しい場所を探し求めてさまよう夏の犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    いい方向に行きそうですね。
    良かったです♪
    パパさんへの甘え方をシオぴ~が学んでくれたらもう大丈夫でしょう。

    夏祭りの様子では

    「あれ?」

    って感じたことがなかったので、視野を広げさせてあげて、いろんな経験、体験をさせてあげても大丈夫そうかな…と。

    「おはよ~♪」と「お帰り~♪」のペロペロッ♪はサナには普通にさせてました。
    私とカミさん以外には…

    あっ、でも

    「初めまして~♪サナだよっ♪」

    って場合には誰にでもやってたっけ…(汗)

    でも、それで人間に寄り添おう、優しくしようという気持ちを伸ばしてあげられたかなぁ…と思ってます。

    顔ペロッ♪=飛びつき
    なのでダメなのでしょうけど、サナは後ろ足で立って前足を肩に「ふわり」と置いてペロッ♪でしたので、サナなりに人に対する接し方を自分で考えてくれたんだと思います。

    なので、シオぴ~もきっとそのうち…♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      夏祭りからもうすぐ1週間経ちますが、パパさんとシオンの攻防は続いています。
      朝は噛まなくなってきましたが、夜の寝ぐずり噛みがもうちょっとですね。
      劇的に良くなることは無いので、やっぱり根気ですね。

      最近、お散歩をだいぶ楽しんでくれるようになってきたので、そろそろいろいろなところへ連れて行ってみようと思います。

      サナちゃん、可愛いですね。
      今日もユーザーさんを気遣いながら、楽しくお出かけかな?

関連記事

ストライキ 寝るなんてやだ! 対策中

家族の夕食が終わりくつろぎタイムになると、人のお膝でまったり眠るシオンですが、人が寝るときに最後の排

記事を読む

甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 ツムギ

記事を読む

夜鳴き大王 一人で眠れるかな? 特訓中

シオンの夜鳴きのその後の様子です。 夜鳴きは、最初の日と3日目がひどかったです。 訓練士

記事を読む

落ちているものを拾う子犬 大物ゲット

生後8か月齢、最近のシオンは拾い食いはだいぶ減りました。 しかし、落ちているものを全く拾わなく

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

1回目のパピーレクチャー

委託から2週間が経った4月10日 初めてのレクチャーがありました。 今回は母犬のサンゴち

記事を読む

たくさんのありがとうを伝えたくて

シオンとの面会に行ってきました。 最初に、中庭で訓練の成果を見せていただけました。 シオ

記事を読む

生後12か月のシオンへ

2月1日 S-14胎の1歳の誕生日です。 委託式の日、みんな小さかったですね。

記事を読む

子犬 不安な気持ちの表現それぞれ

お散歩デビューしたばかりのシオンは、人の足元にまとわりつき、靴ひもを引っ張ったり リー

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 お散歩も落ち着いてきたよ

生後5か月を過ぎてもパパにだけカミカミしていたシオンですが、ようやく噛まなくなりました。 悩み

記事を読む

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあ

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか?

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は

物価の上昇は賃金上昇に結び付くのか?ドッグフードも値上げ

2017年10月現在、身の回りのいろいろなものが値上がりしています。

犬がため息をつくのはリラックスの証拠?抱っこや寝る前なら心配無し!

犬のため息を聞いたことありますか? まるで人間のように「ふぅ~」

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑