人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。

だんだん成長し、歯の生え変わりも終わる頃には甘噛みも減ってきますよね。

シオンも甘噛みをする仔で、成長と共にしなくなってきましたが、夫に対してだけはやめられません。

むしろ夫の対応が、シオンにとって甘噛みを楽しいものにしてしまっていました。

関連記事→人が強化してしまう子犬の甘噛み

それから夫も努力して

噛んでもいいことないよ。

ということをシオンに伝えるようにしてきました。

一時期よりは甘噛みも減り、パパと仲良くくつろげる時間も増えてきたものの、興奮したり、寝ぐずりのカミカミがなかなか治りません。

特に興奮してしまうと、加減もわからなくなってしまうようで、結構な痛さで噛んでしまうんですよね。

多分、噛んだら相手にしないというだけでは「人を噛むのはイケナイこと」というのが完全には伝わっていないのでしょうね。

そこで、ボランティア夏祭りの時に訓練士さんに相談しました。

CIMG1851

月齢が小さい時の甘噛みは、叱ってもまだ犬が理解できないので、私達も叱らずに対応をしてきました。

関連記事→甘噛みは叱っていいの?いけないの?

現在のシオンは、人の手は撫でてくれるものということは解ってきています。

それにもかかわらず、自分の気持ちを表現するために、パパに対しては噛んでいいと思っているという状況です。

訓練士さんは

シオンが噛んできたら、カラーを掴んで自分の体の近くに引き寄せ動かさない。

という方法をご指導してくれました。

カラーを掴んでいる手を噛んでくるかもしれませんが、それ以上噛めないようにして落ち着くのを待つ。

訓練士さんが実演してくれましたが、シオンは

えっ?

勝手が違うぞ!

というような顔で一生懸命考えていました。

そして

訓練士さんを噛んじゃいけないのかな~?

というような態度になり、それ以上噛みませんでした。

その日から早速試してみました。

カラーを持つ手をしつこく噛んでくる時は、もう片方の手で自分の膝などを叩いて

パン!!

びっくりしてやめます。

これは、噛むことで興奮状態になるシオンを

ハッ!

と我に返すということです。

シオンはパパの対応が変わってきたので、どうしたらいいのか考えています。

ペロペロしてパパをなだめてみたり・・・。

パピーウォーカーは、犬に人を舐める習慣をつけないようにお願いされているのですが、甘噛みが落ち着くまで少し許容することにします。

噛んじゃダメ!

舐めてもダメ!

では、シオンも辛いと思うので。

DSCF1366

どのくらい噛んだら叱られる(カラーを掴まれる)のか試してみたり・・・。

いろいろと模索しているみたいです。

ただ、明らかに

なんだか今までとは違うぞ!

と思っているみたいなので、今が正念場かもしれませんね。

訓練士さんが言うように

根気よく毅然と

ですね。

この方法もその仔によっては、もっと噛むようになる場合もあるそうなので、うまくいかないようだったらまた相談をしてくださいということでした。

DSCF1357

眠くなるとぐずってパパを噛んじゃうシオン。

さっさとお膝に来て寝ればいいのに

と思うのですが、まだまだおこちゃまなのでしょうね。

シオンの心の成長も待ちつつ、噛んではいけないということをしっかり教えていきたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
噛み犬って言われちゃうよ 西湖にて
NEXT
室内の涼しい場所を探し求めてさまよう夏の犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    いい方向に行きそうですね。
    良かったです♪
    パパさんへの甘え方をシオぴ~が学んでくれたらもう大丈夫でしょう。

    夏祭りの様子では

    「あれ?」

    って感じたことがなかったので、視野を広げさせてあげて、いろんな経験、体験をさせてあげても大丈夫そうかな…と。

    「おはよ~♪」と「お帰り~♪」のペロペロッ♪はサナには普通にさせてました。
    私とカミさん以外には…

    あっ、でも

    「初めまして~♪サナだよっ♪」

    って場合には誰にでもやってたっけ…(汗)

    でも、それで人間に寄り添おう、優しくしようという気持ちを伸ばしてあげられたかなぁ…と思ってます。

    顔ペロッ♪=飛びつき
    なのでダメなのでしょうけど、サナは後ろ足で立って前足を肩に「ふわり」と置いてペロッ♪でしたので、サナなりに人に対する接し方を自分で考えてくれたんだと思います。

    なので、シオぴ~もきっとそのうち…♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      夏祭りからもうすぐ1週間経ちますが、パパさんとシオンの攻防は続いています。
      朝は噛まなくなってきましたが、夜の寝ぐずり噛みがもうちょっとですね。
      劇的に良くなることは無いので、やっぱり根気ですね。

      最近、お散歩をだいぶ楽しんでくれるようになってきたので、そろそろいろいろなところへ連れて行ってみようと思います。

      サナちゃん、可愛いですね。
      今日もユーザーさんを気遣いながら、楽しくお出かけかな?

関連記事

わんこのお手入れ 眠くなったところでブラッシング

シオンはお手入れ系は割合大丈夫のようですが、人が手に持つものには何にでも興味を示し、何でもおもちゃだ

記事を読む

子犬のいたずらによる誤飲に注意!

やられました。 子犬のいたずら、人の目があるときは油断しやすい 私達が食事をしている時、壁際でシ

記事を読む

子犬の問題行動を治すキーワードは「落ち着き」

3月26日にシオンが家にやってきて、2か月ちょっとが経ちました。 6月1日でシオンは生後4か月齢に

記事を読む

生後7か月のシオンへ

9月1日でシオンは生後7か月になりました。 体重は22㎏ 家に来た頃のシオンは、動きが活

記事を読む

人とコミュニケーションが取れる犬になってきた

わんことコミュニケーションが取れるようになってくると、犬との暮らしが楽しくなりますね。 人の言葉を

記事を読む

古代を感じるお散歩 さきたま古墳群

繁殖犬ケイン君と家族と一緒に、さきたま古墳群(埼玉県)に行きました。 この日は朝から雨。 古墳の

記事を読む

夜寝るときにケージに入るのを拒否!排泄も拒否する犬

夜、人が寝る前にシオンに最後の排泄をさせるのですが、ちょっと前まで仰向けになって駄々をこねていました

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 お散歩も落ち着いてきたよ

生後5か月を過ぎてもパパにだけカミカミしていたシオンですが、ようやく噛まなくなりました。 悩み

記事を読む

馬に学びたいおとなの対応 ボディランゲージ

小さな牧場に行ったときのことです。 周囲をお散歩しました。 柵の向こうに馬がいるので、や

記事を読む

わんこの渦巻き

わんこのお尻って左右対称に毛が渦巻きになっていませんか? 可愛くて好きなんですよね。 つ

記事を読む

散歩する犬
凶暴な犬は飼い主が作る?犬が攻撃的な行動を見せるときの対処法

人に対して犬が吠える、唸る、噛むなどの行動を取ると、反抗的だとか攻撃

散歩する犬
犬のマーキングの意味と盲導犬がマーキングをしない理由

お散歩中にオス犬が片足を上げて、あちこちにチョロっとおしっこをひっか

座る犬
犬に信頼されるには|母親のコミュニケーションをマネしよう

前回の記事では、犬に信頼される飼い主さんになるためには、信号機みたい

抱っこされる子犬
犬に信頼されるには|分かりやすく一貫した態度で接しよう

あなたは、愛犬に信頼されていますか? この仔、本当に自分のことを信頼

散歩中に人を見上げる犬
愛されている犬は見た目で判断できる

犬を見かけると この仔、可愛がられているのだろうな。 と思ったり こ

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑