子犬の甘噛みは叱っていいの?いけないの?

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。

子犬の甘噛みについて、訓練士さんからまだ齢の低い(生後2~3か月)子犬への接し方のお話がありました。

伏せる子犬

子犬の甘噛みは犬としては正常なこと

ツムギは甘噛みをほとんどしませんでしたが、むしろそれが珍しく、パピーなら甘噛みはするものというのが大大前提になります。

人にとっては痛いので不快な行為になりますが、子犬にとっては自然なことで異常でも困った行為でもありません。

まずはそこを頭に置きます。

なぜ子犬は甘噛みをするのでしょう?

訓練士さんからのお話を要約してみます。

  1. 手は魅力的なおもちゃ
  2. 自分の意思を「噛む」という方法でしか表現できない。
  3. 歯が抜け替わる頃は、身体的に何かを噛みたい要求が強い

などが考えられます。

1.手は魅力的なおもちゃ

パピーにとって目の前で動く人の手はとても魅力的に見えます。

噛まれると人は反射的に手を引くので、逃げるものを追いたくなる本能から、犬はつい噛みたくなります。

また、人がキャーキャー声を上げたり、叱っているつもりで「NO!」とか「ダメ!」とか言っても、この頃の子犬は人の言葉を理解していないので、叱られていることがわからず、人が反応してくれることが報酬になったりもします。

2.自分の意思を「噛む」という方法でしか表現できない

甘えたい、構って欲しいなどという気持ちを、噛むことで表現したりします。

その他にも

なでようとしたら噛んできた。

甘噛みを叱ったら、さらに噛んできた。

などという場合があり、人の方は

この仔は反抗的だ!

などと思いがちですが、犬だって撫でられるのが嫌なこともありますし、撫でられることが良いことだと理解していないのかもしれません。

噛むという表現で

触っちゃやだ!

と言っているだけなので、人の方がそれ以上反応せず、犬から視線を外すだけで犬は落ち着くこともあります。

そんな時は、今は構って欲しくないのね。

と思ってあげて、犬から少し距離をとることも必要ですね。

3.歯が抜け替わる頃は、身体的に何かを噛みたい要求が強い

噛んでいいおもちゃを与えて、要求を満たしてあげます。

おもちゃを噛んでいる時を褒めて、噛んでいいのはおもちゃだよ。

と犬に伝えられるといいですよね。

ロープを齧る子犬

こういったお話の中から訓練士さんは

甘噛みを叱るのはダメではないが、今の月齢だと叱るよりも噛まれるのを避けるようにする。

犬がもう少し大きくなって

人の手は噛むものではなく、撫でてくれるもの。

ということを理解しているのにもかかわらず噛んでくる場合は

それは違うでしょ!

という意味で叱る。

というお話をしてくださいました。

叱るとさらに噛んでくる子犬

甘噛みを叱ったら余計に噛んでくるようになった。

実際、こういう人も多いのではないでしょうか?

シオンにもそういう傾向があります。

やはり、まだ噛むということでしか自分の気持ちを表現できないので、叱られることで自分の気持ちを否定されると、シオンはどうしたらいいのかわからなくなって

なんで~なんで~!!

ガブガブ!!

となってしまうんですよね。

なので、手を噛んできたら

手を隠す。

立ち上がる。

噛んだ瞬間に

あ!

などと言うと

なんだ?

と離すこともあるので、その瞬間に脱却。

離さない場合も、なるべく早く脱却(笑)

そのあとは無視です。

無視の三原則

見ない 声をかけない 触らない

戸惑ってウロウロしたり座ったりするので、座ったら「Good」と褒めますが、撫でるとまたその手を噛んでくることもあるので「Good」だけにしておきます。

犬はバカじゃありませんからね。

そのうち考えます。

どうやらこの行為は、パパやママに歓迎されていないみたいだぞ・・・と。

時間はかかると思います。

でも、シオンの場合は訓練士さんのお話のように

甘噛みは「叱る」ではなく「回避する」という方針で進めていこうと思っています。

今のところ、生後4か月齢くらいまではかかると思っているのですが、どうなるでしょうか?

補足として、噛んでなかなか離さない子の場合、さらに手を口の中に押し込むと苦しくなって離す。

ということもお話していました。

それで一発で甘噛みをやめたという仔もいますが、離しても次の瞬間にまた噛んでくる仔もいるので注意は必要です。

うちではイズモがそのタイプで、噛むことを強化してしまった痛い体験があります。

まとめのようなもの

乳歯の頃の子犬の甘噛みは、子犬としては正常な行動です。

それを「問題行動」と捉え、強く叱ったりすると信頼関係を崩してしまうこともあります。

しかし

噛むのは噛んでいいおもちゃにしてもらい、人を噛むのはやめてもらうように伝えなければなりません。

月齢が低い子犬は叱るよりも回避することを基本にします。

そのうえで、その仔に合う対応を考えていくことになると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
S-14胎1回目のパピーレクチャー
NEXT
子犬は好奇心の塊?探検が大胆になってきたよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    うちも大変でした。
    母親のもとで、兄弟と学ぶべきことを何一つ学んでいない仔ですから…手加減がわからないんです

    でも家具を咬むとかは、ありませんでした。

    でもシートやぬいぐるみ、手はやられましたよ

    いまは、自然とやらなくなりましたが…
    スプレーをはじめいろいろ試しました

    何が良かったのかは不明です

    • gd.vol より:

      くるみさん
      チョコちゃんは、母犬と兄弟で過ごす時間が短かったですものね。

      おうちに迎えてから、おとうさんおかあさんと信頼関係が築けて、チョコちゃんの心が安定して噛む必要がなくなったのかなと思います。

  2. サナ父ちゃん より:

    遊びとして、オモチャで甘噛みを楽しむ、って感じでした。
    手はオモチャとは思ってなかったみたいでした。

    間違って噛んじゃった時は、
    「ごめんなさい…大丈夫?」
    みたいな感じで心配そうにしていたのを覚えています。

    ただ、誤飲だけは凄く注意してましたね。

    カミさんは、「ん!」と思ったらすぐ
    「あ~んしてあんしてあんあんあん♪」
    とか歌いながら口を開けさせてチェックしていました。

    誤飲防止の参考になれば、と…
    ならないか(笑)。
    すみませんでしたm(__)m

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      甘噛みひとつとっても個体差は大きいのですね。
      ツムギはサナちゃんみたいな感じでした。
      手を噛むということは、まずありませんでした。
      夫にだけは歯を当てて、ねえねえ♪みたいな甘え方をすることはありましたけど・・・。

      今回のS‐14胎の仔たちは、もれなく甘噛みはすごいみたいです。
      しかも気に入らないと噛んでくるみたいな、人の側から見ると(あくまでも人の感じ方ですが)攻撃的な感じさえあります。
      シオンもすごいですよ。
      飛びかかって来て噛みますもん。
      忍者のように(笑)かわしています。

      でも、口の中は触らせてくれるので
      「ん!」と思ったらあ~んさせて、手を入れさせてくれます。
      歌いながらっていいですね。
      まねしよっと^^

関連記事

入所から2週間 オレ様は元気だぜ!

シオンが神奈川訓練センターに入所して2週間が経ち どうしているかしら~? なんて思ってい

記事を読む

抱っこでお散歩 散歩デビュー前に屋外の雰囲気に慣れよう

子犬が生まれると混合ワクチンを接種しますが、日本盲導犬協会では1回目のワクチンは委託の前に協会で接種

記事を読む

甘える子犬

体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

上下関係ができていない?これって犬が人を試しているよね?

犬が素直に言うことを聞く人と、そうでない人の違いってどこにあるのでしょう? 犬が 従った方がいい

記事を読む

わがままではない!散歩で歩かない犬には理由がある

7月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は都合が合わず、今回は欠席でした。 来月か

記事を読む

やれば出来る仔

田貫湖で遊んでの帰りがけに、シオン様ご愛用のウッディタフスティックが小さくなってしまったので、盲導犬

記事を読む

子犬と芝生の上で持って来い遊びをしたよ

いよいよ本格的なお散歩が出来るようになったので、シオンと一緒に芝生のある公園に行ってみました。 こ

記事を読む

犬も笑うんだよ

お散歩中、シオンを座らせてみました。 Sit シオン~♪ 名前を呼ぶと

記事を読む

子犬のいたずらによる誤飲に注意!

やられました。 子犬のいたずら、人の目があるときは油断しやすい 私達が食事をしている時、壁際でシ

記事を読む

秋冬の風物詩 ひなたぼっこする犬

朝のお散歩から帰ってきたシオン。 窓際に行ったと思ったら、どっかり座り込みました。 足を

記事を読む

エリザベスカラー
繁殖引退犬6歳、避妊手術をしました!手術の流れと方法を解説

8月に盲導犬繁殖犬を引退したウェルシーですが、9月半ばに避妊手術をし

待合室にて
動物病院を受診するコツ!獣医さんに聞きました

わが家でお預かり中の、盲導犬繁殖犬ウェルシーですが、この度「引退」と

大型犬(フリー)エリア座る犬
【わん’s広場in秩父】暑くても寒くても雨の日だって遊べる秩父最大のドッグラン&カフェ

ウェルシーだよ♪ 今年(2023年)のウェルシー地方の夏は、めちゃく

散歩する犬
【サミーフィッシュ】いつものごはんにふりかけるだけ!犬猫の肝臓・脳・関節をサポートするサプリ

わが家のウェルシーさん、6歳を過ぎて相変わらず活発なおてんば娘…いや

ペットの命を守る本
うちのこの救急隊員になる!ペットセーバー講習を受講しました

夫が「ペットセーバー講習」を受講しました。 ペットセーバーって何?

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑