体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

公開日: : 第三話 シオン, 健康管理

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見しました。

最初は、虫に刺されたのかな?

と思ったのですが、1週間近く経っても治ってきません。

10月9日にレクチャーがあったので、訓練士さんに見ていただき相談すると

心配なので病院で診てもらってください。

ということでした。

体表腫瘤

病院に行くと、患部を診るために毛を刈られました。

寝ているところをちょっと失礼~。

丸で囲んだ部分です。

太ももにできた腫瘤

体表腫瘤

しこりになっているのが、わかるでしょうか?

触ると固いです。

体表腫瘤と診断され、良性のものか悪性のものかを調べるため、組織を少し取って細胞診検査を行いました。

検査結果は

ほぼ良性のものであろう。

ということでした。

100%安心!

と言っていただけなかったのが不満でしたが、訓練士さんにご報告すると

なかなか100%安心とは言ってもらえないんですよね~。

と言われました。

ほぼ大丈夫。

ということながら経過を観察していくことになりました。

甘える子犬

どこを触っても嫌がらない犬に育てよう

盲導犬のユーザーさんは、触ることで犬の身体の状態を確認します。

なので、私たちパピーウォーカーも犬がどこを触られても嫌がらないように、小さいころから身体を触られることに慣れる練習をするように、ご指導いただいています。

今回のしこりも、日頃から身体を触っていたからこそ気付きました。

毛に覆われているので、見ているだけではわからなかったと思います。

撫でられるのが苦手な仔ってやっぱりいますよね?

うちはツムギは大丈夫でしたが、イズモとシオンは身体に触れられることに対して過敏でした。

特に委託当初のイズモは、人が手を伸ばすと逃げる。

そして、ちょっとでも触ろうものならガブガブ噛んでくる仔で

ラブラドールでこんなに人見知りな仔もいるんだなあ・・・。

しかも、生後2か月かそこらの仔で?

と思ったものです。

シオンはそこまでひどくはありませんでしたが、やっぱりご機嫌によっては

触んないでよ!

ガブッ!!

でした。

イズモやシオンは、ごはんや遊びの中で「Good」と撫でたり、落ち着いているときに優しく撫でて、少しずつ人に触られることに慣れてもらうようにしました。

しつこく撫でまわさないように気を付けながら、優しく撫でるようにしました。

犬は身体の不調を訴えられませんから、やはりどこを触っても嫌がらないということのメリットは、一般家庭犬であっても大きいと思います。

添い寝してもらう子犬

無駄に甘やかせているわけじゃないもんね~。

パパより(笑)

***

ペットの治療費は全額自己負担になるので、費用が高額になることもあります。

ペット保険に加入すると安心ですね。

でも、ペット保険っていろいろあってどれが良いのかわからないですよね。

一括で比較見積ができるサイトが便利です。

  • 1回の入力で、複数の保険会社に資料の請求ができる。
  • インターネットで加入申し込みができる。

といった特徴があります。

関連記事→ペット保険は要る?要らない?選ぶときのポイントとおすすめのペット保険5選

まとめのようなもの

シオンの太ももの部分に、固いしこりのようなできものができました。

犬の身体に何かできた場合は、悪性のものという可能性もあるので、動物病院を受診することをおすすめします。

犬が痒がったりすれば発見しやすいのですが、シオンのように自覚症状を示さない場合は、犬の身体は被毛に覆われていることもあり発見しにくいです。

日頃から愛犬とスキンシップをしながら、皮膚の状態をよく見ていくことが大切だと思いました。

そのためには、どこを触られても嫌がらないように

人の手は優しい♪

と感じるように育てていくことが大切ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた
NEXT
富士ハーネス10周年記念イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオンくんのしこりは心配でしたね。
    結果が良性なもので良かったですが、100%の安心じゃないとなるとえーって私も思っちゃいます。

    日頃から犬の体を触ることが習慣化できてれば体調の変化を見つけやすいですよね。
    ライリーの膿皮症も体を触っていたら硬いもの(かさぶた)の感触があり何これ!って毛をかき分けてみたらかさぶたや吹き出物ができてました。
    シオンくんとライリーは似てるところがあるんですけど
    ライリーも機嫌悪いと触らせてくれなくて噛み付いてきました。
    今は噛みつきはしないけど触られたくないときは逃げます^^;
    そろそろさわられるのに慣れて欲しいと願いながら撫で続けるのでした(汗)

    • gd.vol より:

      mikoさん
      シオンとライリー君、血縁があるためなのか似ているところもありますね。

      わんこも触られたり撫でられるのが好きな仔ばかりではないんですよね。
      少しずつ慣れてもらえるように、お互いに毎日いいこいいこしましょうね♪

  2. ピオレPW より:

    シオンくんにもしこりが見つかったのですか!
    ピオレもです。9月中旬に左頬部にです。
    ピオレとは違う種類のしこりみたいですね。
    私の場合は、シオンママさんの様に冷静な対応ができなくて、訓練士さんにご迷惑をかけてしまいました。
    シオンくんのしこりはその後いかがですか?

    • gd.vol より:

      ピオレPWさん
      そうなんです。
      あれっ?
      という感じで、ある日突然できました。

      シオンのしこりは、今のところ
      ほぼ良性のものであろう。
      ということで経過観察ですが、小さくなっています。

      大きくなったり増えたりせず、治っていくようであればそのままでいいのですが、ノミダニのお薬を出していただくため病院に行くときに、先生にもう一度診ていただこうと思っています。

      ピオレちゃん、いかがですか?

  3. サナ父ちゃん より:

    シオン君、心配ですね…。
    これからも何事もなければと思います…。

    パピー達には健康であって欲しい。
    私達人間はその為に、出来る限りのことをしてあげないと…!ですね。

    今日は仙台のさくまつりに行って来ました。
    昼は暑くて、夕方はめっちゃ寒かったです。
    今日は仙台泊まってゆっくりします。

    さくまつりの様子はきっとケイン君のママさんのブログをお楽しみに♪(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      とりあえず、ほぼ良性ということで、小さくなってきていますので、様子を見ていきます。
      心身ともに健康でお返ししないとですよね。

      さく祭りは楽しかったですか?
      寒暖の差が大きい季節なので、お身体に気を付けてくださいね。

関連記事

生後9か月のシオンへ

11月1日でシオンは生後9か月齢になりました。 体重は25㎏になりました。 ここまで見て

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬|最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

座る犬

犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも寒暖差が大きくなり、体調を崩し

記事を読む

膝に乗る犬 犬が乗りたがるのか? 人が乗せたいのか?

朝のほんのひと時、シオンとパパのラブラブタイム. ど~よ? この格好。 だ

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 甘えん坊の抱っこ犬が戻ってきたよ

生後5か月を過ぎてもパパさんへの甘噛みがやめられなかったシオン。 訓練士さんのご指導で、噛んだ

記事を読む

S-14胎6回目のパピーレクチャー~シオンの片思い~

9月11日、6回目のパピーレクチャーでした。 初めに、それぞれのパピーウォーカーさんがお散歩の悩み

記事を読む

胡坐をかく犬

お座り おね~さん座り? あ? 胡坐?? ほ~。 犬も

記事を読む

ぬいぐるみと犬

愛犬のかかりつけ動物病院の選び方|見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼れる存在です。 愛犬が健康で幸

記事を読む

3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね

7月16日に3回目のワクチン接種のために動物病院に行ってきました。 本格的なお散歩がはじまるよ

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み|なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生え変

記事を読む

伏せる犬
犬がいても蚊取り線香や蚊取りマットを使って問題ない?

暑くなってくると悩まされるのが、天敵「蚊」ですね。 刺されたときの痒

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑