体表腫瘤 愛犬の身体 どこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見しました。

最初は、虫に刺されたのかな?

と思ったのですが、1週間近く経っても治ってきません。

10月9日にレクチャーがあったので、訓練士さんに見ていただき相談すると

心配なので病院で診てもらってください。

ということでした。

病院に行くと、患部を診るために毛を刈られました。

寝ているところをちょっと失礼~。

丸で囲んだ部分です。

CIMG3072

CIMG3071a

しこりになっているのが、わかるでしょうか?

触ると固いです。

体表腫瘤と診断され、良性のものか悪性のものかを調べるため、組織を少し取って細胞診検査を行いました。

検査結果は

ほぼ良性のものであろう。

ということでした。

100%安心!

と言っていただけなかったのが不満でしたが、訓練士さんにご報告すると

なかなか100%安心とは言ってもらえないんですよね~。

と言われました。

ほぼ大丈夫。

ということながら経過を観察していくことになりました。

DSCF1606

盲導犬のユーザーさんは、触ることで犬の身体の状態を確認するため、私達パピーウォーカーも犬がどこを触られても嫌がらないように、小さいころから身体を触られることに慣れる練習をするようにお願いされています。

今回のしこりも、日頃から身体を触っていたからこそ気付きました。

毛に覆われているので、見ているだけではわからなかったと思います。

撫でられるのが苦手な仔ってやっぱりいますよね?

うちはツムギは大丈夫でしたが、イズモとシオンは身体に触れられることに対して過敏でした。

特に委託当初のイズモは、人が手を伸ばすと逃げる。

そして、ちょっとでも触ろうものならガブガブ噛んでくる仔で

ラブラドールでこんなに人見知りな仔もいるんだなあ・・・。

しかも、生後2か月かそこらの仔で?

と思ったものです。

シオンはそこまでひどくはありませんでしたが、やっぱりご機嫌によっては

触んないでよ!

ガブッ!!

でした。

そういう仔の場合は、少しずつ慣れてもらうしかありませんね。

犬は身体の不調を訴えられませんから、やはりどこを触っても嫌がらないということのメリットは、一般家庭犬であっても大きいと思います。

DSCF1664

無駄に甘やかせているわけじゃないもんね~。

パパより(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
馬に学びたいおとなの対応 ボディランゲージ
NEXT
富士ハーネス10周年記念イベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオンくんのしこりは心配でしたね。
    結果が良性なもので良かったですが、100%の安心じゃないとなるとえーって私も思っちゃいます。

    日頃から犬の体を触ることが習慣化できてれば体調の変化を見つけやすいですよね。
    ライリーの膿皮症も体を触っていたら硬いもの(かさぶた)の感触があり何これ!って毛をかき分けてみたらかさぶたや吹き出物ができてました。
    シオンくんとライリーは似てるところがあるんですけど
    ライリーも機嫌悪いと触らせてくれなくて噛み付いてきました。
    今は噛みつきはしないけど触られたくないときは逃げます^^;
    そろそろさわられるのに慣れて欲しいと願いながら撫で続けるのでした(汗)

    • gd.vol より:

      mikoさん
      シオンとライリー君、血縁があるためなのか似ているところもありますね。

      わんこも触られたり撫でられるのが好きな仔ばかりではないんですよね。
      少しずつ慣れてもらえるように、お互いに毎日いいこいいこしましょうね♪

  2. ピオレPW より:

    シオンくんにもしこりが見つかったのですか!
    ピオレもです。9月中旬に左頬部にです。
    ピオレとは違う種類のしこりみたいですね。
    私の場合は、シオンママさんの様に冷静な対応ができなくて、訓練士さんにご迷惑をかけてしまいました。
    シオンくんのしこりはその後いかがですか?

    • gd.vol より:

      ピオレPWさん
      そうなんです。
      あれっ?
      という感じで、ある日突然できました。

      シオンのしこりは、今のところ
      ほぼ良性のものであろう。
      ということで経過観察ですが、小さくなっています。

      大きくなったり増えたりせず、治っていくようであればそのままでいいのですが、ノミダニのお薬を出していただくため病院に行くときに、先生にもう一度診ていただこうと思っています。

      ピオレちゃん、いかがですか?

  3. サナ父ちゃん より:

    シオン君、心配ですね…。
    これからも何事もなければと思います…。

    パピー達には健康であって欲しい。
    私達人間はその為に、出来る限りのことをしてあげないと…!ですね。

    今日は仙台のさくまつりに行って来ました。
    昼は暑くて、夕方はめっちゃ寒かったです。
    今日は仙台泊まってゆっくりします。

    さくまつりの様子はきっとケイン君のママさんのブログをお楽しみに♪(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      とりあえず、ほぼ良性ということで、小さくなってきていますので、様子を見ていきます。
      心身ともに健康でお返ししないとですよね。

      さく祭りは楽しかったですか?
      寒暖の差が大きい季節なので、お身体に気を付けてくださいね。

関連記事

ずっとずっと一緒にいたいよ

家に来た頃は甘噛みがものすごかったシオン。 私は犬に歯を当てられることすら苦手です。 噛

記事を読む

お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

先日、盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」にて開催された「盲

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

コミュニケーションが取れるようになってきた

盲導犬のお仕事のひとつに 「段差を教える」 というのがあります。 ある日シオンとお

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

盲導犬ユーザーさんのお話を聞いてきました

2月5日、来月入所を控えたS-14胎のパピーとパピーウォーカーさん達が、訓練センターに集合しました。

記事を読む

お散歩の課題 拾い食い

お散歩中の拾い食いの悩みはありませんか? シオン 目につくものは何でも拾います。

記事を読む

芝生で遊ぼう

いよいよ本格的なお散歩が出来るようになったので、シオンと一緒に芝生のある公園に行ってみました。

記事を読む

待機の練習をしてみました

花園フォレスト(埼玉県)に行ってみました。 ここのバームクーヘンがお気に入りです。 オン

記事を読む

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでした

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカ

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあ

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか?

生後6か月のウェルシーへ

10月14日で、ウェルシーは生後6か月になりました。 体重は

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑