犬の目やにの色と病気のサイン

公開日: : 健康管理

目やにの有無は飼い主さんが気付きやすい変化です。

しかし、目やにが出ていても必ずしも病気とは限りません。

心配な目やにと、心配のない目やにについて調べてみました。

どんな目やにが病気のサイン?

目やにとは、目頭やまぶたなどについた分泌物です。

生理的な目やにとは、眼の表面やまぶたの裏側に入ったゴミやホコリなどの異物や老廃物を目の外に出すために、涙の成分が包んだ状態のことです。

心配のない目やに

茶色や黒っぽい目やに

初めてのパピー、イズモの目元に、赤茶色っぽい目やにがついていることがありました。

白目が赤っぽくなることもあって、初めての犬育てで心配だった私は訓練士さんに相談しました。

赤茶色や黒っぽい目やには、分泌される涙の成分に老廃物や汚れなどが混ざることで、このような色になるということでした。

興奮すると白目が赤くなることがあるので、イズモの場合はそれなので病気の心配はないということでした。

人間で言うところの「目が血走る」ってやつですかね?

眼がしょぼしょぼしていたり、白目が何日も赤く充血したり、眼をこすったりする様子が見られる場合は病気の可能性があるので、その場合は病院へ行きましょう。

また、目やにが涙やけの原因になるので、濡らしたコットンなどでそっと拭き取ってあげましょう。

ちなみに、ウェルシーもこの色の目やにです。

白やグレーっぽい目やに

薄いグレーや白の目やにも、基本的には心配ありません。

涙に脂質やタンパク質が混ざった正常な分泌物です。

うちは、ツムギとシオンが白っぽい目やにでした。

要注意な目やに

ただし、白い目やにに強い粘りがある場合や、急激に量が増えていくようであれば、目の病気の初期症状である可能性があります。

委託当初のツムギが粘りのある白い目やにが出ていて、協会から目薬を処方されていました。

目薬をさすツムギ

この場合は経過をよく観察して、続くようなら病院に行きましょう。

黄色や緑の目やに

要注意なのが、黄色や緑色がかった目やにです。

粘度の高い白の目やにから黄色に変化したり、緑色の目やにが出るようであれば、すぐに動物病院へ行くようにしましょう。

このような色の場合、菌が繁殖していて膿(うみ)になってしまっていると考えられ、結膜炎や緑内障など、目の病気が疑われます。

シオンが薄緑色の目やにが出ていたことがあり、病院に行きました。

結膜炎ということで、しばらく目薬をさして改善しました。

普段は白っぽい乾燥した目やにだったのが、やや粘り気のある薄緑色の目やにになったので気づきました。

普段の様子を知っておくことが大切ですね。

目やにが急に増えたときは病院へ

目やにの色を見て問題がなさそうでも、ある日、急に目やにが増えたと感じたり、ちょこちょこ拭き取らないとすぐに汚れる、などという状況であれば病院に行きましょう。

また、目やにが増えるとともに目が充血しているようであれば、角膜に傷がついていたり、炎症が起きている可能性もあります。

動物病院で診てもらうようにしましょう。

まとめのようなもの

犬の目やにには数種類の色があることが分かりました。

生理的なもので心配のない場合もありますが、普段と違う色の目やにだったり、普段より量が多いことが数日続くようであれば、動物病院を受診しましょう。

目やにが出ているときは、こまめに拭き取り目の周りを清潔に保ちましょう。

(写真はイズモ、ツムギ、シオンです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬にコマンドで排泄させるのは虐待なのか?
NEXT
犬がごはんの前に要求して吠えるんです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

散歩する犬

犬は雨を予測できると思う?

カエルならともかく、犬が雨を予測できるというのは聞いたことがないですよね? 多分偶然なのでしょ

記事を読む

犬のフケがすごいんですけど!原因と対策を調べてみました

1月26日にウェルシーのシャンプーをしました。 そして、翌日からフケがすごいです。 イエ

記事を読む

3回目のワクチン接種

5月22日に地元の動物病院で3回目のワクチンの接種をしました。 待合室でパパに抱っこされ、神妙

記事を読む

犬の伸び「後ろ足編」

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

換毛期を乗り切る3つの対策

3月に入った頃からウェルシーの抜け毛が増えてきました。 ここのところ急に暖かくなり、ちょっとブ

記事を読む

散歩する犬

犬も夏太りする

夏になると食欲減退で夏痩せする人もいれば、冷たくて甘いおやつをつい食べて?夏太りするという人もいます

記事を読む

マットに伏せる犬

犬が手足を舐めるのはストレス?寝る前だけや舐め続けなければ心配無し

犬のしぐさを見ていると手や足を舐めていることがありませんか? ウェルシーは前足をペロペロ舐めている

記事を読む

犬用ブラシ ハゲチャビンになるんじゃない?と思うほど抜け毛が取れる

先日の記事「抜け毛がつきにくく洗える犬ベッド&ペットの毛が落ちやすくなる洗剤」の中の、ウェルシーをブ

記事を読む

朝散歩

ツムギの咳は、悪化もしない代わりに抜けきりません。 治りそうで治らない日々が続き、嫌な感じです

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑