犬がブラッシングを嫌がるのなら気持ちいい時間だと思わせよう

公開日: : 第三話 シオン, 健康管理

わんこのお手入れでブラッシングは大切ですが、ブラッシングが好きな仔も苦手な仔もいますね。

苦手な仔は、ブラッシングの何が嫌なのでしょう?

嫌がる理由を知り、犬がブラッシングを気持ちいいことだと感じる方法を考えていきます。

犬がブラッシングを嫌がる理由

1.体を触られるのが嫌

子犬であっても性格はいろいろです。

人に触られるのが好きな仔ばかりではありませんよね。

ブラッシング以前に、生活の中のいろいろな場面で撫でたり、褒めるときに優しく触ってあげて、人に触られることが「良いこと」という印象を持たせていきます。

触られるのが嫌な仔には少しずつやっていき、無理強いしないように気をつけます。

触られることが「好き」にはならなくても「別に大丈夫」だと、犬に安心感を与えられるといいですね。

2.ブラシが怖い、痛い

見慣れないものへの反応は個体差があり、その仔によってはブラシを怖いものだと感じることもあります。

ブラッシングで痛い経験をしてしまうと、ブラシは痛いものだと認識して嫌いになってしまうこともあります。

ブラシへの抵抗が強い仔には、手袋タイプの商品を利用してみるといいかもしれません。

3.押さえつけられるのが嫌

犬が動いてしまうとブラッシングがしにくいので、つい押さえつけてしまったりしませんか?

押さえつけられるのは犬にとってストレスになります。

ついつい力が入ってしまい、犬に不快な思いや怖い思いをさせてしまうと、ブラッシングが嫌いになってしまいます。

1回で全身ができなくても嫌がる前に終わりにして、毎日少しずつ慣れていってもらいます。

4.ブラシをおもちゃだと思う

好奇心の強い仔はブラシをおもちゃのように思い、じゃれついてしまったりします。

そうなるとブラッシングどころではありませんね。

じゃれつくからと叱ると、ブラシやブラッシングに嫌なイメージがついてしまうこともあるので、叱らず対策を考えます。

わが家でお預かりした仔の中には、ウッディ・タフ・スティックを齧ってもらいながら、ブラッシングをした仔もいました。

成長と共にウッディ・タフ・スティックが無くても、ブラッシングができるようになりました。

眠くなったタイミングでブラッシング

シオンはお手入れ系は割合大丈夫のようですが、人が手に持つものには何にでも興味を示し、何でもおもちゃだと思って、じゃれようとします。

被毛のブラッシングもブラッシング自体は嫌いではなさそうですが、ブラシがおもちゃになってしまうんですよね。

なので今は、眠くなってお膝に上がってきたときなどにブラッシングを行っています。

ブラッシング中に眠る子犬

ブラッシングをしている間に気持ち良くなって、コテッと寝ちゃいます。

全身はできなかったりしますが、ブラッシングは心地いいという印象を与えて、少しずつやっていこうと思っています。

だんだん、ブラシはおもちゃじゃないことも理解してもらえるといいですね。

抜け毛

ちょっとやるだけでも、けっこう抜けます。

白い毛は目立ちますね。

シオンが身体を振るうだけでも、たくさんの毛が舞う季節になってきました。

まとめのようなもの

犬がブラッシングを嫌がるのには、様々な理由があります。

ブラシや人に触られることに慣れてもらうことも必要ですが

  • 犬に合ったブラシを使い、力を入れず優しくブラッシングする。

わが家は短毛種ラブラドールなので、ラバーブラシです。

  • 無理強いしないで少しずつ慣れてもらう。

嫌がっても叱らず、その日はお終いにして、また次のタイミングに少しずつ行う。

完璧にやらなくても、犬の健康にすぐに悪影響が出るわけではありません。

  • 犬がリラックスしているときに行う。

優しく話しかけたり、褒めながら行うと安心してくれる仔もいます。

お気に入りのおもちゃをかじりながらとか、眠くなったタイミングで行うと受け入れてくれる仔もいます。

一生懸命になりすぎると、知らず知らず飼い主さんも怖い顔になってしまったりしますよね。

ブラッシングが「嫌なもの」ではなく「心地いいもの」になるように、人も犬も落ち着いてリラックスしている時間に、少しずつやっていきます。

落ち着いていられたら優しく褒めて、犬にとっても人にとってもブラッシングの時間が心地いい時間になるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
S14胎2回目のパピーレクチャー
NEXT
生後3か月齢の子犬に落ち着きがでてきた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオンくん、お帰りなさい〜
    ステイ先でも楽しく過ごせたようですね。
    パパさん、ママさんとの再会はどうでしたか?
    早速のパピーレクチャーもお疲れさまでした。

    そうそう、最初は何でもオモチャに見えちゃうんだよね〜
    眠くなりかけた頃にブラッシングっていいかも。
    そのうちブラシを見ると、喜んで飛んで来るようになると思いますよ♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ただいま~です^^
      またまた賑やかになりました。
      あ・
      ケインママさんがおっしゃっていたように夜鳴きはしなかったです。
      夜の3時頃、ぴ~は言いましたけど・・・。
      排泄させてまた眠ってくれました。

      お散歩から帰ると足を拭くタオルをカミカミ
      ブラッシングしようとするとブラシをカミカミ
      ブラシを見ると喜んで飛んでくるようになるといいなあ。
      楽しみにしていますね♪

関連記事

川遊び初体験 子犬の心の動きを観察してみた

梅雨の中休みに晴れると暑くなりますね。 シオンを連れて川に行ってみました。 先日池に飛び

記事を読む

子犬の肉球

犬の肉球のひび割れの救世主【肉球ぷにぷにジェル】FREAi

犬の肉球って、ぷにぷにしていて気持ちいいですよね。 しかし、いつの間に固くなったりひび割れたりして

記事を読む

伏せる子犬

子犬の甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 子犬の甘噛

記事を読む

大きな枝を拾う子犬

落ちているものを拾う子犬を叱る?お散歩を楽しんでいることを喜ぼう

生後8か月齢、最近のシオンは拾い食いはだいぶ減りました。 しかし、落ちているものを全く拾わなくなっ

記事を読む

ごはんだよ。OKと言われるのを待つ子犬

ハウスが嫌いな子犬はごはんでも釣れない!ハウストレーニング苦戦中

日本盲導犬協会では、夜間や留守番時など、人が目を離すときは犬をケージに入れるように指導しています。

記事を読む

ラブラドールの標準体重はどのくらい?体重を増やしたい

ウェルシーだよ♪ ありがとう平成 こんにちは令和 だね。 令和元年はあたしにとって幸先が良さ

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

甘える子犬

体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

散歩する犬

冬に気を付けたい犬の泌尿器系の病気|予防法とチェックポイント

先日、協会スタッフさんとお話しする機会がありました。 冬は膀胱炎になりやすいんですよ。 水を飲む量

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑