犬がブラッシングを嫌がるのなら気持ちいい時間だと思わせよう

公開日: : 第三話 シオン, 健康管理

わんこのお手入れでブラッシングは大切ですが、ブラッシングが好きな仔も苦手な仔もいますね。

苦手な仔は、ブラッシングの何が嫌なのでしょう?

嫌がる理由を知り、犬がブラッシングを気持ちいいことだと感じる方法を考えていきます。

犬がブラッシングを嫌がる理由

1.体を触られるのが嫌

子犬であっても性格はいろいろです。

人に触られるのが好きな仔ばかりではありませんよね。

ブラッシング以前に、生活の中のいろいろな場面で撫でたり、褒めるときに優しく触ってあげて、人に触られることが「良いこと」という印象を持たせていきます。

触られるのが嫌な仔には少しずつやっていき、無理強いしないように気をつけます。

触られることが「好き」にはならなくても「別に大丈夫」だと、犬に安心感を与えられるといいですね。

2.ブラシが怖い、痛い

見慣れないものへの反応は個体差があり、その仔によってはブラシを怖いものだと感じることもあります。

ブラッシングで痛い経験をしてしまうと、ブラシは痛いものだと認識して嫌いになってしまうこともあります。

ブラシへの抵抗が強い仔には、手袋タイプの商品を利用してみるといいかもしれません。

3.押さえつけられるのが嫌

犬が動いてしまうとブラッシングがしにくいので、つい押さえつけてしまったりしませんか?

押さえつけられるのは犬にとってストレスになります。

ついつい力が入ってしまい、犬に不快な思いや怖い思いをさせてしまうと、ブラッシングが嫌いになってしまいます。

1回で全身ができなくても嫌がる前に終わりにして、毎日少しずつ慣れていってもらいます。

4.ブラシをおもちゃだと思う

好奇心の強い仔はブラシをおもちゃのように思い、じゃれついてしまったりします。

そうなるとブラッシングどころではありませんね。

じゃれつくからと叱ると、ブラシやブラッシングに嫌なイメージがついてしまうこともあるので、叱らず対策を考えます。

わが家でお預かりした仔の中には、ウッディ・タフ・スティックを齧ってもらいながら、ブラッシングをした仔もいました。

成長と共にウッディ・タフ・スティックが無くても、ブラッシングができるようになりました。

眠くなったタイミングでブラッシング

シオンはお手入れ系は割合大丈夫のようですが、人が手に持つものには何にでも興味を示し、何でもおもちゃだと思って、じゃれようとします。

被毛のブラッシングもブラッシング自体は嫌いではなさそうですが、ブラシがおもちゃになってしまうんですよね。

なので今は、眠くなってお膝に上がってきたときなどにブラッシングを行っています。

ブラッシング中に眠る子犬

ブラッシングをしている間に気持ち良くなって、コテッと寝ちゃいます。

全身はできなかったりしますが、ブラッシングは心地いいという印象を与えて、少しずつやっていこうと思っています。

だんだん、ブラシはおもちゃじゃないことも理解してもらえるといいですね。

抜け毛

ちょっとやるだけでも、けっこう抜けます。

白い毛は目立ちますね。

シオンが身体を振るうだけでも、たくさんの毛が舞う季節になってきました。

まとめのようなもの

犬がブラッシングを嫌がるのには、様々な理由があります。

ブラシや人に触られることに慣れてもらうことも必要ですが

  • 犬に合ったブラシを使い、力を入れず優しくブラッシングする。

わが家は短毛種ラブラドールなので、ラバーブラシです。

  • 無理強いしないで少しずつ慣れてもらう。

嫌がっても叱らず、その日はお終いにして、また次のタイミングに少しずつ行う。

完璧にやらなくても、犬の健康にすぐに悪影響が出るわけではありません。

  • 犬がリラックスしているときに行う。

優しく話しかけたり、褒めながら行うと安心してくれる仔もいます。

お気に入りのおもちゃをかじりながらとか、眠くなったタイミングで行うと受け入れてくれる仔もいます。

一生懸命になりすぎると、知らず知らず飼い主さんも怖い顔になってしまったりしますよね。

ブラッシングが「嫌なもの」ではなく「心地いいもの」になるように、人も犬も落ち着いてリラックスしている時間に、少しずつやっていきます。

落ち着いていられたら優しく褒めて、犬にとっても人にとってもブラッシングの時間が心地いい時間になるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
S14胎2回目のパピーレクチャー
NEXT
生後3か月齢 落ち着きがでてきた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオンくん、お帰りなさい〜
    ステイ先でも楽しく過ごせたようですね。
    パパさん、ママさんとの再会はどうでしたか?
    早速のパピーレクチャーもお疲れさまでした。

    そうそう、最初は何でもオモチャに見えちゃうんだよね〜
    眠くなりかけた頃にブラッシングっていいかも。
    そのうちブラシを見ると、喜んで飛んで来るようになると思いますよ♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ただいま~です^^
      またまた賑やかになりました。
      あ・
      ケインママさんがおっしゃっていたように夜鳴きはしなかったです。
      夜の3時頃、ぴ~は言いましたけど・・・。
      排泄させてまた眠ってくれました。

      お散歩から帰ると足を拭くタオルをカミカミ
      ブラッシングしようとするとブラシをカミカミ
      ブラシを見ると喜んで飛んでくるようになるといいなあ。
      楽しみにしていますね♪

関連記事

子犬がやってきた 初日の様子

委託式が終わり、家に帰ります。 車の中で爆睡中のシオン君。 車に酔うかどうかまだわからないの

記事を読む

ごはんタイムにできる子犬のしつけ

毎日のごはんはわんこの楽しみですね。 ごはんは毎日のことなので、その都度犬にいろいろなしつけをする

記事を読む

子犬の心の成長を見守っていこう

ある日、シオンとお散歩に出かけました。 途中で出会った70代くらいの男性に 可愛い犬だね

記事を読む

遊んだりのんびりしたり 子犬の散歩

梅雨の中休み と言っても晴れると30℃越えになります。 暑くて外へ行く気もしませんが、午

記事を読む

膝で丸くなる犬

大型犬にできやすい「肘タコ」の治し方と予防法

愛犬の前足の肘の部分が禿げたり、カサカサして固くなっていませんか? 多くの場合、肘タコと考えられま

記事を読む

犬も笑うんだよ

お散歩中、シオンを座らせてみました。 Sit シオン~♪ 名前を呼ぶと

記事を読む

本格的な夏が来る前に!犬の熱中症の予防と対策を学んでおこう

梅雨真っ盛りのウェルシー地方です。 だんだん暑くなってきて、熱中症が心配ですね。 犬の熱中症の

記事を読む

主従関係は間違い?犬は損得で動いている!

一般的に 犬とは主従関係を築かなくてはいけない。 上下関係をはっきりさせないといけない。 と言わ

記事を読む

子犬の初雪体験

11月24日、シオン地方に初雪が降りました。 首都圏で11月に降雪を観測するのは54年ぶりのこ

記事を読む

犬に人と一緒に歩く楽しさを伝えたい

シオンがお散歩デビューして1か月半くらい経ちました。 だんだんお散歩が楽しくなってきたようなの

記事を読む

カートに乗る子犬
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

コロナ禍でおうち時間が増える中、犬や猫の飼育頭数は増えていますが、そ

飼主と並ぶ犬
ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。 ユオン君

河口湖
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、奥

新倉山浅間公園
犬連れ富士山と桜旅|新倉山浅間公園

ウェルシーだよ。 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、新

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑