S14胎2回目のパピーレクチャー

公開日: : 第三話 シオン, パピーレクチャー

5月8日

2回目のパピーレクチャーが行われました。

シオンをお預かりしてくださったステイウォーカーさんと協会でお会いすることができ、ステイ中のシオンの様子もお伺いすることができました。

シオンはステイウォーカーさんに可愛がられ、楽しい時間を過ごしていたことをお伺いして、とても嬉しかったです。

ありがとうございました。

今回のレクチャーの内容は

  • 夢中作りの確認
  • お散歩について
  • 階段の昇り降り/外周を歩こう

でした。

夢中作りの確認

1回目のレクチャーで学んだ「夢中作り」ですが、それぞれに家庭で練習した成果を披露しました。

シオンとは2週間離れていたので、うまくコミュニケーションがとれるかどうか心配でした。

シオンの番だよ。

DSCF0994

シオン Sit

どのおもちゃで遊ぼうか?

何が出て来るのか、ワクワクして待つシオンです。

よし、これにしよっと。

DSCF0995

OK

と言うと尻尾がブンブンになっていますね。

遊ぶ気満々のシオンです。

DSCF0996

おもちゃを咥えさせたら、しばらく引っ張りっこをしてあげます。

私が犬を人に注目させるためによく使う方法は、犬がおもちゃを咥えて夢中になってきたら、引っ張りっこの手を離して、犬におもちゃを渡してあげちゃいます。

DSCF0997

そして、そのまま後ろに下がりながら

Come

と呼びます。

シオンはおもちゃを持っていますが、おもちゃではなく私に注目して

ママ待って~!

と下がっていく私を追いかけてくれています。

ついでに、遊びながら

Come

も教えられるという一石二鳥技です(笑)

これでいつでもどこでも呼べば来るようになるというものでもないのですが、Comeの導入として犬に解りやすいと思います。

DSCF0998

そばまで来てもらって

OUT

DSCF0999

おもちゃを離してもらいます。

シオンと私が見つめ合ってLOVELOVEなのがわかりますか?(^_-)

遊ぶのが好きな仔って、楽しいですね。

シオンもいい顔しています。

2週間のブランクが一気に吹き飛んだ?

かな??

おもちゃに飛びついちゃう仔については、訓練士さんがシオンを使って対処法をご指導してくれました。

DSCF1008

おもちゃで遊んでいます。

DSCF1015

リードを踏んでおもちゃを犬の目線より上に上げます。

飛びついておもちゃをとろうと思っても、リードを踏まれているので飛びつけませんよね。

DSCF1016

飛びつかずに座ったらGoodと褒めて、おもちゃで遊んであげます。

ツムギのときもこんな風にやってみました。

関連記事→子犬 ゲームで飛びつきをやめさせられるかも?

犬が楽しい体験の中で、人と一緒に暮らすルールを学んでくれるといいですね。

写真を撮り忘れましたが、訓練士さんがスミレを使って「Down」の教え方もご指導してくれました。

その時は

なんでスミレと遊ぶんだよ!!

もっとぼくとあそんでよ!!

わんわんわん!!

と訓練士さんに向かって吠えるシオンでした。

出た~!

ジコチュー&オレ様シオン!!

いつも自分が中心でいたいし、自分を構って欲しいんだよね。

シオンのこういうところ、とても可愛いです。

これがどんな風に成長して心が大人になっていくのか、伸びしろがたくさんあるような気がして楽しみなんですよね~。

お散歩について/階段の昇り降り/外周を歩こう

リードの持ち方や、カラーのゆるみなどを確認した後、3頭ずつ2組に分かれて建物内の階段の昇り降りと、訓練センターの周りをお散歩しました。

階段の昇りはトットコ昇るシオンですが、降りるのは怖いらしいです。

DSCF1019

え~っ!

ここ降りるんですか~!!

最初は途中まで抱っこで降りて、最後の2~3段を自分で降りるようにしました。

何度かやるうちに慣れて降りられるようになりました。

DSCF1017

まだ身体が小さいので、怖いと思います。

大きくなれば大丈夫だと思うので、のんびりやっていこうと思います。

CIMG0722

お散歩は、まだまだ人と一緒に歩くのは難しく自分のペースになりがちです。

CIMG0725

それでも、いい感じで歩ける時間帯もありました。

シオンはお散歩は大好きなようなので、上手に歩けている時をたくさん褒めて人と一緒に歩く楽しさを伝えてあげたいです。

おうちに帰ってきたシオン。

部屋に入ると

あれぇ?

ここはどこだっけ?

というように少し戸惑うような顔をしていましたが、やっぱり盛りだくさんのレクチャーが疲れたようで

DSCF1021

コテッ。

DSCF1023

幸せそうな寝顔だな~。

シオぴ~と一緒に暮らせる時間。

ゆっくりゆっくり流れてね。

お帰り、シオン。

また一緒に楽しく過ごしていこうね。

関連記事→S14胎1回目のパピーレクチャー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬生後3か月 ホームセンターでペット用カートデビュー
NEXT
犬がブラッシングを嫌がるのなら気持ちいい時間だと思わせよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    ご無沙汰しています。
    シオン、大きくなったし目覚ましい成長ぶりですね!
    お散歩もまだまだかもしれないけど、私からしたら十分上手に歩いてるよ~っ手褒めてあげたいです!
    2週間お家にいなかったのですね。
    犬にとってはブランクとかあんまり関係ないかな、と思います。
    いつも、今を、楽しく懸命に生きていますからね。
    どんどん楽しい引き出しが増えて、心身ともに大きくなっていきますね。
    やんちゃで「オレさま」なシオン、余裕のママさんパパさんに
    大きく伸ばしてもらえますね。
    安定したよい子だなあ・・・

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      お久し振りです~♪
      この頃の子犬は身体もどんどん大きくなるので、2週間ぶりに会ったら大きくなって重くなっていてビックリしました。

      お散歩は、なかなかまっすぐ歩いてくれないのですが、まあ・・・こんなもんかな?という感じです。
      少しずつ人と一緒に歩く楽しさを教えていけたらいいなと思います。

      シオンの方はブランクなんか関係なく、楽しく遊んでくれました。
      ブランクを感じたのは私でしたね~。
      夢中作りの時、訓練士さんには指摘されませんでしたが、夫から
      褒めてあげて欲しいところで褒めていない
      とツッコミが入りました。
      自然に笑顔とGoodが出るほどリラックスしていなかったんですね。

      シオン、伸びしろがたくさんありそうなので、これからがとっても楽しみです♪

  2. リーベPW より:

    シオン君お帰りなさい。
    パパ・ママを見たときの反応はどうでしたか?
    きっと尻尾をブンブンを振って喜んだんでしょうね。
    まさか、「誰?」なーんて事はないですよね。(笑)
    この頃のレクチャーって人は屈んだり、座ったりと腰が痛くなしますよね。
    パピーも沢山の刺激を受けて疲れるようで家に帰ると無防備な格好で爆睡。
    ごはん大好きなリーベ、ごはんの時間になってフードを量る音がしても
    爆睡。面白かったです。

    • gd.vol より:

      リーベPWさん
      シオン、戻ってきましたよ~。
      私達を見たときの反応は、もちろん尻尾ブンブン大歓迎です!
      しかし
      イズモならともかく、ツムギとシオンは人と見れば誰にでも尻尾をブンブン振って愛想を振りまく奴らなので、本当にパパママってわかっていたのかなあ~?(笑)

      この頃のレクチャーは人も疲れますよね~。
      自分の番じゃないときはおとなしく伏せて待つということも、まだ出来ないので、待ち時間も気を張っているような感じですしね。
      おまけにシオンは訓練士さんにも
      タフですよね~!
      と呆れられるほど疲れを知らない?仔なんです。
      この胎、元気な仔が多いです。
      イズモもタフでしたから、ラルゴ君の血?
      それでも、身体も使って頭も使って、移動もあって家に帰るとバタンキューですね。
      リーベちゃんも、レクチャーから帰るとごはんを忘れるほどよく寝ていたんですね~♪

関連記事

ずっとずっと一緒にいたいよ

家に来た頃は甘噛みがものすごかったシオン。 私は犬に歯を当てられることすら苦手です。 噛

記事を読む

キャリアチェンジの理由は顔がボコボコだから・・・?

シオンがキャリアチェンジになりました。 シオン君 決断早いねぇ。 オレ様は盲導犬の

記事を読む

ぬいぐるみと犬

最後のレクチャー

2014年6月15日 最後のレクチャーでした。 7家族7頭、全員集合で最後のレクチャーを迎えられ

記事を読む

お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?

先日、盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」にて開催された「盲

記事を読む

歩きたくない犬

散歩中に突然スイッチが入ったように飛びついたり噛みつく子犬

シオンとのお散歩・・・。 なかなか難しいです。 散歩は好きではないのか?外が不安なのか? シオンは

記事を読む

絶賛後追い中の子犬 人がいなくても落ち着けるように練習中

家中をどこまでもついてくるシオン。 可愛いいです。 でもね 成長とともに、いちいち家族を追いか

記事を読む

お散歩 飛び石を渡る

みなさんの街には、橋の代わりに飛び石を使っている川がありますか? 京都鴨川の飛び石が、外国人観

記事を読む

ごはんだよ。OKと言われるのを待つ子犬

ハウスが嫌いな子犬はごはんでも釣れない!ハウストレーニング苦戦中

日本盲導犬協会では、夜間や留守番時など、人が目を離すときは犬をケージに入れるように指導しています。

記事を読む

噛み犬って言われちゃうよ 西湖にて

  7月30日のボランティア夏祭りの前に、富士五湖の一つである西湖に寄ってみました。

記事を読む

子犬特有の好奇心を安全に配慮しながら満たしてあげよう!お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検しよう~!

記事を読む

伏せる犬
犬がいても蚊取り線香や蚊取りマットを使って問題ない?

暑くなってくると悩まされるのが、天敵「蚊」ですね。 刺されたときの痒

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑