馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた

公開日: : 第三話 シオン, 社会化

小さな牧場に行ったときのことです。

周囲をお散歩しました。

柵の向こうに馬がいるので、やたらと気にしているシオンです。

牧場を歩く子犬

馬に学ぶボディランゲージ

すると

なんと、お馬さんがそばにトコトコ歩いてきてくれました。

観光牧場なので、犬連れの人も見慣れているのでしょうか?

フレンドリーな仔で、顔を柵より少し前に出してくれました。

自分を見てくれた~♪

と思って大喜びのシオン。

馬に向かってダッシュします。

馬に向かってダッシュする子犬

わ~~~い!

ぼく、シオンだよ。

君は誰?

馬と対面する子犬

シオンは犬でも猫でも馬でも、みんな友達だと思っています。

気持ちはフレンドリーなのですが、突進してしまって相手を驚かせてしまうんですよね。

もう少し穏やかに、相手に接するということができてくれると助かるんですけどね。

柵の隙間を飛び越えそうな勢いなので、リードを固定します。

目線を下げる馬

キャピキャピのわんこに、全く動じないお馬さん。

パパとゆっくり近付いたら、頭を下げて目線をシオンに合わせてくれました。

子犬と対面する馬

これはおとなが小さい子供と話をするとき、しゃがんで目線を合わせてあげるのと同じで、相手を驚かせないようにしているのだと思います。

興奮気味の子犬に

落ち着いてね。

という気持ちもあるのかもしれませんね。

乗り出すシオンに、程よい距離をとってくれるところもさすがです。

優しい目でシオンを見つめてくれているように見えます。

しばし見つめ合って、二人は何か会話をしたでしょうか?

顔を背ける

突然

馬がすっと顔を横に背けました。

顔を背ける馬

パパちゃん、引き時です。

お馬さんに

じゃあね♪

と言われました。

馬の気持ちを理解しないシオンが

遊ぼうぜ~!

と吠えてしまう前に引き上げましょう。

吠えさせてしまうとシオンも興奮しますし、馬を驚かせてしまうかもしれないので、どちらにとってもいいことはありませんよね。

しかし、よく出来たお馬さんでした。

まさにおとなの対応。

せっかくマナーを教えてもらったのに・・・。

理解できるほどシオンの心はおとなになっていないんだよな~。

でも、少しはいい経験になったかな?

シオンが馬の対応から少しでもマナーを学んでくれたらいいなと思います。

まとめのようなもの

子犬の社会化では、なるべく多くの人や犬(日本盲導犬協会では他犬と遊ばせるのは禁止)、いろいろな動物に触れ合わせることが大切とされています。

どう扱われようと全く動じない仔もいるかもしれませんが、犬の触り方を知らない人に触れ合わせたり、社会化のできていない犬に触れ合わせてしまうと、子犬が他人や他犬は「怖い」と学んでしまうこともあります。

怖がるだけではなく、シオンのようにフレンドリーな気持ちであっても、相手に突進するのもマナー違反です。

そういう相手と常に接していると、例えば、人や犬猫を見たら突進するのが当然というような良くないマナーを学んでしまうこともあります。

盲導犬協会のパピーは、兄弟姉妹の中で育ってきてはいますが、相手へのマナーはその後も学ばなければ身に着きません。

なので子犬の社会化は、今回の馬のように穏やかにボディランゲージを使って交流してくれる相手を選ぶことが大切です。

いくらお願いしても上から手を出したり、犬を興奮させるような声を出したり「人」が一番難しいです(苦笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
それな~に?何にでも興味津々の子犬
NEXT
体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    お馬さんすごい大人〜な対応ですね。
    シオンくんとお馬さんは何を話したんでしょうね〜。
    優しい気持ちがお馬さんからシオンくんに伝えられたのかもしれませんね〜^^

    • gd.vol より:

      mikoさん
      馬は自分が大きいことをわかっていました。
      シオンは、自分が大きいことをわかっていないので、小型犬に対してもダッシュで突進して、相手を怖がらせてしまいます。
      なので、近付けられません(苦笑)
      優しく近付いて、穏やかに挨拶して、さらっと別れる。
      これが出来たらいいのですけどね。

関連記事

犬が掃除機を怖がって吠える場合の3つの対策

イズモが家に来て3日目か4日目に掃除機をかけると吠えるようになりました。 初日は大丈夫だったのです

記事を読む

クレートに入る犬

子犬の夜鳴きがひどすぎて眠れない!

子犬が家にやってくると、最初は大抵夜鳴きしますよね? 子犬の夜鳴きの理由は、体調が悪いこともありま

記事を読む

S-14胎5回目のパピーレクチャー

8月20日は5回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は4回目のパピーレクチャーを欠席したので

記事を読む

階段を1段だけ昇る子犬

犬が飼い主の気を引くためにする行動いろいろ

犬は日々飼い主さんのことを観察しています。 そして、大好きな飼い主さんの気を引くために様々な行動を

記事を読む

お散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種まで抱っこでお散歩

犬を家庭に迎えて、人と一緒に仲良く生活するためには 人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え

記事を読む

思い切り走ろう!ドッグラン初体験

河原の遊歩道にお散歩に行きました。 そこにはドッグランがあります。 無料なので、周りをフェンスで

記事を読む

お散歩のおみやげ

元気に朝のお散歩に出かけたパパとツムギ。 やがて 「ただいま~♪」 と帰ってきまし

記事を読む

いろいろ体験中

イズモが好きなもの。 ごはん、遊ぶ、散歩、お出かけ、それから電車。 電車? お散歩

記事を読む

掃除機初体験

委託から1週間が経った頃、初めて掃除機を使いました。 それまで掃除しなかったんかい!! そうなん

記事を読む

見上げる子犬

子犬は好奇心の塊?探検が大胆になってきたよ

部屋の中を探検中のシオンです。 パピーと一緒に遊ぶのも楽しいのですが、目の端に入れながら知らん顔を

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑