排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。

こちら→留守番は苦手なの!

では、シオンが得意なことはなんだろう?

と考えていたら、あった!

排泄です。

盲導犬の排泄の方法は?

盲導犬は公共の場所にも出入りしますし、電車やバスにも乗るので、外出中にどこでも排泄されては困りますよね。

そこで、指示で排泄ができるようにしつけていくわけです。

こちら→ワンツー上手にできるよ トイレのしつけ

排泄のしつけはパピーウォーカーが苦労するところで、月齢が小さいうちにうまくいっても途中で崩れることがあったり、自我が出て来ると

お外じゃ嫌だもん!

とか、逆に

お外じゃないとしたくないもん!

とか

指示されるなんて嫌だもん!

などなど、いろいろあるわけですよ。

パピーウォーカーさんのそんな話を聞いていると、わが家に来たパピーたちは、たまたまどの仔も排泄はあまり苦労しなかったなと思います。

部屋でも外でも

ワンツー=排泄

というのは5~6か月齢で身についてくれました。

しかしどの仔も

ワンツー=排泄

はできるようになっても

指示の無いときは排泄しない

というところが、いまいちのまま入所の日を迎えてしまいました。

排泄リズムができるので、日常ではそろそろかなという頃に排泄させておけば失敗はしません。

しかし、旅行やお出かけなどでリズムが狂ったり、環境が変わると排泄をさせても30分もしないうちにまたしてしまったりして、わんこもデリケートだなあと思ったものです。

シオンの場合

委託当初のシオンは、排泄したいそぶりが分かりにくくて、何度も失敗させてしまいました。

1週間くらいで「今したいと思っている」というのがわかるようになってきたら、あとはトントン拍子でした。

今は家でも外でも「ワンツー」ですぐ排泄してくれます。

そして、歴代パピーたちが苦労した

指示の無いときには排泄しない

というところも、100%とは言いませんが、滅多に失敗はありません。

外出の時は、出かける前に排泄。

さっきしたばっかりだしな~。

というときは、到着して車を降りてから排泄。

それをワンツーコールで確実にしてくれるので、その後の心配がないんですよね。

外出先では、家でのリズムよりやや早めに排泄に誘うようにしています。

そのときに排泄してくれて、その後勝手に排泄してしまうことは滅多にありません。

シオン

ツーでるかな?

ワンツー、ワンツー・・・。

IMG_2497

ここで排泄させたいなというところでワンツーコールをして、しゃがんだらお尻の下にビニール袋を入れて排泄。

Goodです♪

シオンのツーは可愛いハート形なんですよ(笑)

パピーによっては排泄ベルトを導入している仔もいると思います。

IMG_2507

もう!

そんな恥ずかしい写真を載せないでよ!!

排泄を失敗させないコツ

あくまでもシオンの場合ですが・・・。

シオンが排泄上手になったのは、シオンが持って生まれた資質によるところが大きいと思います。

ただ、私達も3頭目のパピーということで犬が

排泄したいよ。

と訴えている「声」を聞きとる力がついてきたのだと思います。

経験による力ですね。

その表現はその仔によって違うと思いますが、例えばシオンの場合は、歩いている途中で排泄したくなると、頻繁に人の顔を見上げます。

歩き方がソワソワしてきたり、ツーの場合はお尻をフリフリし始めます。

そうやって、シオン的には

ぼく排泄したいんだよ~!

と訴えているわけです。

それに気づいてあげられないとシオンは

ぼく、おしっこって言ってるのにママったらわかってくれないんだもん。

ここでしちゃえ~!

と指示がなくても勝手に排泄してしまうという行動に出るわけです。

失敗体験を積ませてしまうことになりますよね。

気付いてあげられて、排泄できそうな空き地や路地に早めに誘導してあげられれば「指示で排泄」が成功。

成功体験を積ませてあげられますね。

成功してGoodと褒めてもらえる体験をたくさん積んでいるので

指示をされてから排泄だよね。

ということが身についてきているのだと考えています。

成功体験を積む→褒める→嬉しい→次も同じようにする

この流れが犬にとっては分かりやすいんだろうなと思います。

犬はおしゃべりだ~

今までに3頭のパピーを育ててみて

犬って、本当はよくしゃべるんだな。

と思いました。

人の言葉を話さないので、こちらが気付かないだけなんですね。

犬はコミュニケーションを取ろうと思って、いろいろな表情やボディーランゲージを駆使して、たくさん話かけてくれます。

しかし、人がそれに気づかないと犬は諦めてしまい、話かけてくれなくなりますし、自分がしたいように動くようになります。

それを、言うことを聞かない犬だなどと思って、命令口調でコマンドを出したり威圧的に振る舞うとますます言うことを聞かない犬になる・・・。

悪循環なんですよね、きっと。

犬と仲良く暮らしたいと思ったら、犬を従わせようとするのではなく

犬の気持ちを理解しようと努める

犬の心を満たしてあげる

そこが大切なんだろうな~と思うようになりました。

ぼくたちにも心があるんだよ。

当たり前なのですが、イズモのパピーウォーキングの中盤くらいまでは、ついイズモにこちらの言うことばかり聞かせようと思ってしまっていました。

犬語を理解するためには

ひたすら犬を観察するしかありません。

多分シオンは

パパとママはぼくの言いたいことの半分もわかってくれてないよね。

と思っているはずです。

それでも、未熟な私達に一生懸命話しかけてくれるシオン。

シオンに私達の

大好きだよ!

の気持ちは伝わっていると信じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
留守番は苦手なの!
NEXT
盲導犬ユーザーさんのお話を聞いてきました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ワンコの気持ちを理解してあげることと、ワンコの心を満たしてあげること、そして誉めてヤル気を出させてあげること…

    大切なことですよね、難しいですけど…

    そこに気付かれてシオン君を立派に育てられたパパさんママさん素晴らしいです♪
    ワンツー理解させてきちんと出来るようにさせるのは並大抵のことではないと思いますので♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      わんこは褒められるのを喜んでくれる生き物なので、子育て(人間の)に近いかもしれないですね。
      うまくいかないこともたくさんありますが、ひとつひとつパピーたちに教えてもらって成長したいです。

  2. ぢゃい より:

    そのとおりだなーと思います。

    必ず、私達に意思表示を
    してくれてるんですよねー。

    うちの子になって、数回だけ
    通ったしつけ方教室の先生に
    末娘は何でも理解しているが
    お母さんの指示がずれていて
    わかりにくいから、やらない
    だけですよー。って。

    ずれてるつもりは、まったく
    ないんですけどね(笑)

    • gd.vol より:

      ぢゃいさん
      犬は人を良く観察していますよね。
      それに比べて、人の方は見過ごしていることばかりだと感じます。
      ずれている訳ではないと思いますが、犬にとって分かりやすい伝え方ってきっとあるのでしょうね。

      お互いに寄添い合いながら、心を通わせていける時間がたくさんあるので、楽しんでたくさん仲良しになってくださいね。

  3. ケインママ より:

    シオンくん、ワンツー上手なんですね〜♪
    ちゃんとワンツーコールでできるの素晴らしいです。
    これもママさんたちがよくワンコを観察されているからですよね。
    ケインのパピーの時はワンツー苦戦したなぁ〜
    あの頃はいつワンツーしたいのか私も分からなくて、お腹も緩かったのか、散歩途中ですぐにツーしてしまい、毎回バタバタしてたのを思い出します(^^;)
    シオンくん、すごいな〜♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      うちに来た仔は、たまたまみんなワンツーの苦労は少なかったと思います。
      散歩中のツーは、パピーは身体の造りが未熟なため仕方ないところもありますよね。
      身体と心の成長を待つしかないですよね。
      バタバタしたのも今は良い思い出ですね♪

関連記事

仲良く眠る犬と飼い主

1歳1か月過ぎ まだまだパピーだなと思うとき

シオンと河原の遊歩道を散歩しました。 ここはジョギングの人はいますが、車が入らないのでゆったり

記事を読む

雨上がり 水たまりで遊ぶ子犬

シオン地方では例年9月の中頃から終盤にかけて、概ね二週間くらいという年が多いのですが、雨がよく降りま

記事を読む

ストライキ!夜だけはケージで寝るのを嫌がる犬

イズモはハウスが好きな仔で、昼間は部屋で寝ていても本格的に寝るときは自らケージに入って眠る仔でした。

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

散歩が嫌いな子犬には気長にのんびり散歩に付き合おう

7月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は都合が合わず、今回は欠席でした。 来月か

記事を読む

正しい犬の叱り方? 犬に「あかんやろ~!」を伝えるのは難しい

古靴下を丸めて作ったおもちゃは齧っても、うっかり出しっぱなしにしたパパの靴下は齧らない。 ぬい

記事を読む

見上げる犬

盲導犬御用達ワンツーベルトを使うことにしました

今さら感がありますが、ウェルシーの屋外での排泄に盲導犬が使うワンツーベルトを使ってみようと思いました

記事を読む

お日様最強 飼い主より日向ぼっこが好き?

1月も半ばになり、いよいよ冬将軍も力を増してきましたね。 日本海側や北海道では雪が降っていると

記事を読む

ゴミ箱は高い場所に?

パピーウォーキングを始めるとき、子犬を迎えるにあたって部屋の環境を整えました。 子犬は何にでも興味

記事を読む

犬が頭を使って遊べる!おもちゃ探しゲーム

わが家に来るパピーは、みんなやらされるゲーム。 それは おもちゃ探しゲーム! シオンもルールを

記事を読む

子犬生後1か月
母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑