指示語は日本語?英語?

公開日: : しつけ, 生活ルールを覚える

愛犬に指示を出す時は日本語ですか?それとも英語ですか?

犬にとってはどちらが良いのでしょう?

私は犬の専門家ではないので本当のところはわかりませんが、家庭犬ならどちらでも良いのでは?と思います。

その家庭でわかりやすく使いやすい言葉がいいですよね。

 

盲導犬の場合は、生まれてからユーザーさんの元にやってくるまでに、いろいろな人のところで過ごします。

なので「おいで」「来い」など、一つの動作に対する言い方の違いや、方言による言い方の違いや、男女の言葉の違いなどを統一するため、指示語には英語が使われています。

実際にはカタカナ英語ですし「Good」も「グッド」だったり「グッ」だったり若干イントネーションの違いなどが出てしまいます。

それでも犬にとっては一つの動作に付き、一つの言葉に近くなるのでしょうね。

o0400030013067088078[1]

Sit

o0400030013068272472[1]

Down

o0400030013050647816[1]

ゴロン

うそです。

甘えているだけです。

 

この英語の指示っていうのがね~。

最初のうちは難しいんですよね。

普段使い慣れていないのでとっさに出てこないんですよね。

「よ~し・・・じゃなかった・・・Good」

なんて言ってしまって、犬からしたら??ですよね。

褒めるのも叱るのもタイミングが大切なので、最初は戸惑いました。

だんだん慣れてきて、自然に出て来るようになるのですが「Good」や「OK」のときに

つい

「ハイ!グ~ッ」

とか

「ハイ!オッケー」

とか言ってしまいました。

だから「ハイ」は要らないっちゅーの!

と自分で突っ込んでいましたが、とうとう直りませんでしたね。

普段話しているのは日本語なので、日本語の方が感情を乗せやすいというのもありました。

それもだんだん慣れてきます。

長い文章を英語で話すわけではないのでね。

 

犬はいったいどのくらいの数の言葉を理解するのでしょうね?

犬と何年も生活している人は、犬は人の言うことを何でもわかっていると感じませんか?

私達はパピーウォーカーなので、イズモとは1年程度しか一緒に生活をしませんでしたが、それでも「よくわかっているな~」と思うことがたくさんありました。

面白かったのは、イズモをクレートに入れて夫と一緒に車で出かけて、途中でコンビニなどに寄る時でした。

イズモを置いて行くのですが、車がコンビニの駐車場に入りエンジンを切ると一声「ぴ~」って言うんですよね。

寂しげに(笑)

それが「私待ってるわ」と夫に言うと、イズモは「ぴ~」って鼻鳴らしをしないんです。

「私も行こうかな」なんて言うと「ぴ~」

不思議でしたね。

人が話す言葉の文脈を理解しているわけではないのでしょうが、声の調子や人の表情やしぐさなどで、いろいろなことを総合的に判断するのでしょうね。

健気ですよね。

それに比べて、私達はどれだけ一緒にいる犬を理解してあげようと思ったかな~と考えてしまいます。

SitやDownが出来るようにとか、生活の中で好ましいことや好ましくないことを教えようとか、犬に要求することばかり多くて、犬を理解しようという気持ちが薄かったかなと感じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ゴミ箱は高い場所に?
NEXT
ご褒美は・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. インディーPW より:

    お引越し後の初コメントです。
    過去のブログも引越し先に移せるんですね。知らなかったです。

    初めてのPWの時、最初散歩で近所の人の前で「シット」「グッド」を言うのが恥ずかしかった事を思い出しました。何だかカッコつけているみたいにおもわれそうで、小さい声で犬の耳元で言っていました(笑)

    ある人が盲導犬への指示語は英語というのを盲導犬との会話(指示語以外も)は英語と勘違いした話を聞いて驚きしました。本当だったら大変ですよねー。

    訓練士さんにイントネーションについて質問した事があります。日本人が言うカタカナ発音の「グッド」と英語圏の人が言うネイティブ発音の「グッド」両方を犬に言った時犬は両方とも理解できますか?
    と、答えは普段聞いている発音の「グッド」にしか反応しないそうです。
    ここは人間と同じ感覚なんですね。

    犬ってよく人間の事をじーっと見て(観察)いますよね。
    恥ずかしいぐらい…(笑)

    • gd.vol より:

      インディーPWさん
      コメントありがとうございます。

      ブログのお引越し、出来るんですよぉ。
      私も知らなかったんですけどね。

      英語の指示、カッコつけているみたいに思われないかって・・・
      確かにそれはありますね。
      気恥ずかしいです。

      訓練士さんのお話も興味深いですね。
      うちは「シット」でしたが、ご近所さんはイズモに「スィッ」って感じの音で言っていましたが、イズモは両方座りました。
      比較的よく会う人だったのでどちらの音でも「座ること」と思っていたのかもしれませんね。
      ちなみに「おすわり」と言われても??でしたけど(笑)

      犬は人のことをよく見ていますよね。
      なので、いつでも誰でも同じように対応しなくてはと思うのですが
      これがなかなか難しい・・・。

      コメントは承認制になっています。
      ちゃんと届いているので大丈夫ですよ~^^
      コメントはブログの方へいただけるとありがたいです。

  2. ケインママ より:

    普段からケインに対して『グッド〜』ってしょっちゅう言ってるものですから、すっかり身に付いてしまいました。

    先日も知り合いの赤ちゃんを抱っこした時に、思わず『グッドだね〜』と声をかけてしまいました。。。
    ワンコじゃないんだから、気をつけなくちゃ〜笑

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      それ、わかります。
      もう身についてしまいましたよね。
      気をつけなくちゃ~笑

      ケイン君は、家族のみんなに毎日たくさん褒めてもらっているので
      いつも笑顔全開なのでしょうね!
      ケイン君の出張も終わり、また楽しいわんこライフですね。

  3. ロとラママ より:

    うふふ・・・
    簡潔な言葉が、犬にとってはわかりやすいのだということはわかってはいるのですが、人間の言葉、相当わかっているのではないか?と思います。
    うちでは先代犬もそうでしたが、例えば、
    台所に入ってきて、「むこういってなさい!」というと、居間の自分の居場所に2頭そろって戻るし、
    「good」「よし」「そうそう」も同じ意味として分かっているし、
    「no!」「ダメ!」「いけない!」
    「マテ!」「待ってて」
    「ハウス!」「おうち入りなさい」
    も同じ意味として分かって反応します。面白いですね~
    話し言葉を相当理解していると思える場面がたくさん!
    簡潔な言葉で言ってあげるのが、一番良いですけどね。
    人と暮らしているから、人の話し言葉の海に浸かっているようなものなのかな。
    最近は本当に大変だけど、犬ってますます面白いです。(*^_^*)

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      犬ってよくわかっていますよね。
      1歳が近くなると、ずいぶん意思疎通が出来るようになってくる気がします。

      うちは自分の犬ではなかったので、指示語は英語というのを守っていましたが
      指示語以外の言葉・・・例えば
      「パパは?パパの方に行っておいで」とか・・・絶対日本語ですよね。
      観察力を駆使して、しぐさや表情なども見て、言葉を理解しようとするのでしょうね。
      大変なところもありますが、犬って面白いですね。

関連記事

動画 ごはんだよ~♪ 成長編

いつの間にか落ち着いてごはんが来るのを待てるようになったツムギです。 どれだけお姉さんになった

記事を読む

人の食事中は伏せて待っててね

ねーねー。 なに食べてるの? くんくん いいにおい。 ねーねー。

記事を読む

駄々っ子卒業?

シオンは夜人が寝る前に最後の排泄をさせてケージに入れて おやすみなさ~い。 また明日遊ぼ

記事を読む

フードの与え方

人でもわんこでも、ごはんは毎日の楽しみです。 ラブラドールは、歩く胃袋などと揶揄され、ほんとに

記事を読む

留守番は苦手なの!

朝から用事があり、あまりシオンの相手をしてあげられませんでした。 その上に出かけなければなりま

記事を読む

しつけ Down 伏せ

今日は Down 伏せ です。 生後4か月の2回目のレクチャーでDownが出来る仔はいたかな?

記事を読む

ハウスなんてやだもん! 毎晩駄々をこねる犬

夜は人が寝る前に最後の排泄をさせて、シオンをケージに入れます。 夕食後の時間帯のシオンは、くつ

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりし

記事を読む

赤ちゃんがやってきた 賢い犬はどう対応する?

夏に遊びに来てくれた赤ちゃん連れのお客様が、久しぶりに遊びに来てくれました。 そのとき、赤ちゃ

記事を読む

お留守番頑張ったよ

シオン~。 ママはお出かけだからお留守番頼むね。 House 日本盲導犬協会では、

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑