花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

先日、地元の夏祭りがありました。

小さなお祭りですが、夜店が出たり打ち上げ花火も上がります。

昨年の夏はツムギを連れて出かけました。

関連記事→夏祭り

非日常な体験になるので、シオンも連れて行ってみたかったのですが、ちょうどわが家は来客があった日でした。

来客というだけで非日常ですし、シオンも長時間ケージに閉じ込められてストレスだったと思います。

その上さらに、同じ日に非日常な体験をさせるのは、悪ガキに見えてもデリケートなところもあるシオンには、ちょっと厳しいかな?

と思い、お祭りに出かけるのはやめておきました。

そして、シオンが眠くなって床に伏せてうとうとしだした頃・・・。

突然

ど~~~ん!

びっくりしたシオンは頭をあげ、耳を上げます。

もう一度

ど~~~ん!

シオンは立ち上がり、頭と耳をを上げ、ちょっとソワソワした様子でクンクンクン!

音の正体を確かめようとするのに鼻を使うところが犬ですよね。

私は床に座ったまま、そんなシオンを観察していました。

また

ど~~~ん!

シオンは床に座っている私のところにトコトコトコとやってきて、そのまま私の膝に座りました。

ど~~~ん!

そのまま、じっとしています。

CIMG2118

しょぼ顔(笑)

顔に力が入っていますし、不安そうですね。

オレ様なのに気が小さいところが憎めないシオン様です。

a0070_000233

雷や花火の音を怖がるわんこは多いみたいですね。

他にも車のクラクションやバイクの音、工事現場の音など、バーンと弾けるような音がわんこは苦手ですよね。

では、雷や花火を怖がるわんこ、どうしたらいいのでしょう?

対策を考えてみました。

  1. 犬を安心させる。
  2. 安心できる場所を用意する。
  3. 慣れさせる。
  4. お薬もあるらしいです。
  5. 怖い物は怖い。

1.犬を安心させる。

シオンくらいの怖がり方なら、私がとった方法で大丈夫です。

大きな音がしても何事も起こらないことに気付き、犬自身が自分で落ち着けるかもしれないですし、抱っこ~とやってきたらそのまま抱っこしてあげます。

しかし過剰に

怖かったね~。

大丈夫だからね~。

などと声をかけたり抱きしめたりはしません。

人が普通にしていることで、別になんでもないのかな?

と思ってくれるので、多少ソワソワしたりウロウロしたり吠えたりしても、人は反応せず何事も無いように普通にしていて、犬が自分で落ち着くのを待つ方がいいみたいです。

怖がる犬を抱き上げたりなだめたりすると

飼い主さんがいつもと違うってことは、なんか怖いことがおこる音なんだ~!

と犬に思わせてしまう場合もあるので、注意が必要です。

犬がいくらかでも落ち着いてきたら、なでる、抱っこする、家庭犬ならおやつをあげてもいいですし、そこで褒めてあげる方がうまくいくようです。

2.犬が安心できる場所を用意する。

シオンの場合、私の膝が安心できる場所だったみたいですが、ケージやクレートに入って落ち着けるのであれば、そこに入れます。

暗くした方が落ち着ける場合は、毛布などでケージやクレートを覆ってあげます。

3.慣れさせる。

そもそも音に慣れていないから怖がるという場合もあるので、普段からCDなどを使って音に慣れさせていくと大丈夫になる仔もいます。

例えば、こんなの・・・。

4.お薬もあるらしいです。

重度の恐怖症で、身体にかかるストレスが強い負担になってしまう場合は、鎮静剤や抗不安剤などの薬物を利用するという方法もあるそうです。

こちらは獣医さんに相談してくださいね。

5.怖い物は怖い

そんなこと言ったって怖い物は怖い!

慣れるなんて絶対無理!!

と言う場合もありますよね。

自分のことを考えても、慣れることができる「怖い物」と慣れるなんて絶対無理!という「怖い物」があり、それも個人差がありますよね。

犬だって同じ。

怖い物があったっていいんです。

個性です。

開き直りましょう~(笑)

そういう仔は無理に治そうと思うと余計に悪化します。

怖いと思う犬の気持ちに寄添って、なるべく犬が落ち着ける工夫をしてやり過ごしていきましょう。

怖がるのは治らないかもしれませんが、過剰な反応は少なくなっていくはずです。

時間はかかるかもしれませんし、ゼロにはならないかもしれませんが・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
赤ちゃん連れの来客 生後6か月の子犬をどうする?
NEXT
5回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    シオンくんは、まだ落ち着いている方ですね。

    チョコは、ガタガタ震え、息はハアハア、心臓バクバク怖くて落ち着きがなくなります。その延長で発作らしきものを起こしてしまうと困るので、こちらは平常心で、大丈夫よ。お父さんもお母さんもいるから。と声をかけ、クレートに入るようにいいます。しばらくはウロウロ落ち着きませんが、クレートでハアハア言っています。そのうち、音がもうしないと確信すると寝てしまいます。

    以前はテーブル下に隠れたり、玄関のスミに丸くなっていました。外がもっと怖いのに、逃げる行動に出ようとします。ひどいときは、しばらく抱っこしますが、こんな時はクレートが一番と教えています。雷は留守番のときにも鳴る可能性ありますもんね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      今までうちに来た仔で、雷や花火を極端に怖がる仔はいませんでしたが、小さい時は大丈夫でも大きくなると怖がる仔もいるので、イズモはどうかな?ツムギは大丈夫かな?と思ったりしています。

      チョコちゃん、前はもっとパニックになっていましたものね。
      眠れるようになったというのは、すごい進歩だと思います。
      これもおとうさんおかあさんが、チョコちゃんの気持ちに寄添って、一緒に居れば大丈夫!クレートの中は安心!と安心感を与えているからだと思います。
      最後の「怖い物は怖い」は、実はチョコちゃんを想って書きました。
      怖い物を怖くない物にすることは難しくても、やり過ごせるようになっていくということを、チョコちゃんから学びました。

      雷や花火が怖くて、外へ飛び出しちゃう仔もいるみたいですね。
      迷子になったり、事故にあったりしかねないので、飼い主さんは愛犬の安全確保に努めないとですね。

      • くるみ より:

        その時の、チョコの状態によるのかもしれませんが、同じドキドキハアハアブルブルでも、ハウスで花火や雷が終わるのを、待てる回数が増えましたね

        でも、やはり怖いものは怖いので、無理になれさせようとかはしませんし、おさまるまでは、ハウスからだしません。万が一にでも、家から飛び出したら困るので…いろんな音に敏感な子なんで、まだこれからですね

        • gd.vol より:

          くるみさん
          チョコちゃん、怖いと感じながらも待てるようになって、本当に偉いですね。
          くるみさんご家族が、チョコちゃんの気持ちに寄添って無理なく対処しているので、これからも少しずつ進化していくと思います。
          ゆっくりでいいですよね。

  2. miko より:

    パピーたちにとっては犬生初の花火ですもんね。
    インパクトは強いですもんね。
    幸いにもライリーは音にはビクッとしますが、
    その後落ちつこうとしてるのか、はたまた気絶仕掛けているのか^^;
    いつもの場所でじっと伏せてくれてます。
    1頭目の子はゴールデンということもあってガクブルしてました。
    病院の先生が「雷と花火の後は下痢になって通院してくる子が多い」と教えてくれたこともありました。
    平気そうにしてても精神的にストレスかかっちゃう子もいるんですよね。
    その子その子で耐性が違うからこうして段階踏むのが最善策ですね。

    シオンくんよく頑張りましたね〜。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      花火や雷の音、わんこの苦手な音のベスト5くらいには入りますよね、きっと。
      子犬の時は大丈夫でも、大きくなると怖がるようになる仔もいますしね。
      苦手なものはそれぞれなので、無理なく少しずつがいいですよね。

関連記事

DSCF1344

子犬の成長はある日突然に

生後8週齢で家に来たばかりの頃のシオンは、めちゃくちゃいたずらっ子でした。 何にでも興味を示し

記事を読む

CIMG2731

犬連れ秋の巾着田 曼珠沙華

秋の長雨で雨続きだったシオン地方にお日様が出ました。 せっかくの秋晴れなので、曼珠沙華(彼岸花

記事を読む

DSCF1474

パパさんの幸せな日々が復活 甘えん坊の抱っこ犬が戻ってきたよ

生後5か月を過ぎてもパパさんへの甘噛みがやめられなかったシオン。 訓練士さんのご指導で、噛んだ

記事を読む

CIMG3078

それな~に?何にでも興味津々の子犬

夫が何かのイベントで、不織布で作られた手提げ袋をもらってきました。 中はどうなっているのかな?

記事を読む

CIMG2384

お手くらいできるもん!

昨日の記事にシオンのことを 芸どころかお手すらもできない と書きましたが こちら→

記事を読む

CIMG4066

わんこの渦巻き

わんこのお尻って左右対称に毛が渦巻きになっていませんか? 可愛くて好きなんですよね。 つ

記事を読む

DSCF1640

7回目のパピーレクチャー

10月9日は7回目のパピーレクチャーでした。 この日のレクチャーの内容は 障害物にチャ

記事を読む

CIMG4982

犬と歩く越生梅林 梅まつり開催中

ポカポカ陽気だった週末、越生(おごせ)梅林(埼玉県)に行ってきました。 先日の河津桜はまだ咲き

記事を読む

CIMG2071

犬とおでかけ 田貫湖

いつの間にかツクツクボーシの声を聞くようになりました。 気付けばお盆も過ぎました。 夏休

記事を読む

o0400030013142701363[1]

ストライキ 寝るなんて・・・やだ!

寝る前にいじけるイズモです。 まずはトイレ編です。 夜、その日最後のトイレ。 トイ

記事を読む

CIMG5992a
最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻

CIMG5697
委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。

CIMG5960
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

ウェルシーを迎えて2週間半になりました。 家に来た頃は、ケージの

CIMG5967
病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のた

CIMG5938
頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り

シオンを迎えてくださったCCボランティアさんから、お手紙と写真が届きま

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑