ロングリードを使ってトレーニング|犬が散歩上手になりました

公開日: : 第二話 ツムギ, 犬育て

ツムギと一緒に歩くと片道30分くらいで歩ける距離に市営の公園があります。

ここは芝生の中にも犬を入れられるので、朝の散歩の時に夫がよくツムギを連れて行きます。

ロングリードのトレーニング効果

公園ではよくロングリードを使いますが、ロングリードはしつけ面の効果がありました。

  • お散歩上手になった。
  • 遊びの中でコマンドの練習ができる。

見ていきますね。

お散歩上手になった

公園までいく様子です。

毎日のお散歩だと思ってくださいね。

人の横で歩きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し後ろ(暑そうですね)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと前。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいたいこの範囲で、リードを張らずに歩いてくれます。

脇目も振らずいうわけでもなく、ときどき人の顔を見たり、あちこち見たり、風のにおいを嗅いだり地面のにおいを嗅いだりしながら、人の動きも気にしながら歩いています。

穏やかな表情ながら案外いい顔で歩いていますね。

なんか・・・表情が訓練犬みたい♪(親バカ笑)

ツムギは小さい頃はマイペースに歩いていましたが、毎日のお散歩トレーニングにプラスしてロングリードを取り入れて行ったら、いつものお散歩も上手になりました。

「Wait」や「Come」のトレーニング

公園に着きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロングリードに付け替えて遊びます。

ツムギを座らせてWait。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Come

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立ったままツムギを待たせて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Come

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パパのところへ到着すると、ゴロゴロ転がったりしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つむたん、それって何?

なんて言っているの?

嬉しいってこと?

相変わらずツムギ語が解読できない私です。

こんな風に、定番の「待て」と「おいで~」で遊んだり、おもちゃを持って行けば持って来い遊びをしたり、楽しく遊びます。

遊びながら人とコミュニケーションをとってトレーニングをするのも、散歩で人を意識することにつながっていきますね。

自由散策

広い場所でツムギと一緒によくやるのが自由散策です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お散歩は、ツムギが人のペースで人に合せて歩いてくれるのを目標にしていますが、危なくない公園の中では「OK」の合図でツムギが好きなように歩いて、人がついていってあげます。

におい嗅ぎをするときは待っていてあげます。

ルールはひとつだけ。

人は、おばあちゃんが歩くようにゆっくり歩くこと。

もしツムギが早足になったら、リードを固定して止めてすぐにゆるめます(引っ張り返さない)

そうすると

なあに?

早い?

と見てくれるのでまた自由に歩きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

におい嗅ぎ、満喫中(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ある程度歩くと満足するのか、不思議と人の方に寄ってくれるんですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暑いですぅ~。

あくまでツムギの場合で、どの仔にも当てはまるわけではないのかもしれませんが、こんな風に車や自転車の動きなどに気を使わずに、ゆったりと自由に歩ける時間を作っていくことで、人も犬も心が落ち着いていくようです。

そうすると、ツムギも人と一緒に歩くことが楽しいなと思ってくれるみたいです。

ツムギの場合は何かをさせようとするよりも、自発的に人が望んでいる方向に寄ってくれるのを待つ方がうまくいくみたいなんですよね。

結果的に普段のお散歩の歩き方も良くなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お水を飲んで休憩です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歩いたり走ったり探検したり・・・。

動くと暑いけれど、楽しいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ママ、芝生の上は気持ちいいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ママ、くっつくと余計暑いんですけど・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

芝生がふかふかして気持ちいいね。

また遊びに来ようね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰り道。

つむたん、どうしたの?

疲れた?

頑張って歩かないと信号が赤になっちゃうよ!

まとめのようなもの

遊びながら人とコミュニケーションを取るのも犬にとって人を意識する学びになると思います。

  • 人と遊ぶのは楽しいね。

という気持ちを

  • 人と一緒に歩くのは楽しいね。

という気持ちに繋げてあげられたらいいですね。

広い場所でロングリードが活躍しますね。

自由散策も落ち着いた環境でリラックスしてゆっくり歩くことで、犬が自然と人に意識を向けるようになっていきます。

良い運動になりリラックスもできて犬の満足度も高く、帰ったらぐっすりです。

関連記事→ロングリードのおすすめの使い方と遊び方|楽しく遊ぶ!しつけもできる!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬から大人の犬へ 今が頑張り時
NEXT
子犬生後7か月|急にお姉さんに?人と他犬への興奮が落ち着いてきたよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 匿名 より:

    芝生の公園、いいなあ~~~
    歩いて行ける距離に公園がないので、車で連れて行くことしかできないけれど、
    こうして、30分ほど散歩して、公園でたくさん鼻を使って歩かせてもらえて、
    ちょっと学ぶ時間もあって、とっても充実してますね。
    お家に帰ったらバタンキュ~ですよね。

    表情がとってもやわらかくて、穏やかで、楽しい~~!という感じが伝わってきます。
    ロングリードは持っているけど、なかなか使えません。
    1頭ずつ散歩する機会も増やしているので、それに加えようかな。
    ロングリード2本は無理ですからね~(^_^;)

    • gd.vol より:

      匿名さん
      もう少し公園が近ければ・・・と思いますが
      歩いて行けるので良しとしなければですね。
      散歩の時間が1時間以上になるので、バタンキュ~ですね。

      ロングリード2本はさすがに難しいですよね。
      おうちの周りの与えられた環境の中で
      わんこにとって楽しいお散歩が出来れば、それが一番ですね。

関連記事

抱っこ大好き犬

して欲しいことがあるとなんでも目で訴えるツムギ。 パパに抱っこ抱っこと、ラブラブ光線を送ります

記事を読む

愛しき日々

最近の夫は仕事が忙しいらしく、ツムギが起きている時間に帰宅出来ない日が多いです。 ツムギは夜1

記事を読む

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオ

記事を読む

子犬の社会化 芝生を体験

家から歩いて30分くらいのところにある市営の公園に行ってみました。 ここは芝生の上もわんこOK

記事を読む

いたずらパピー

夕食後のひと時、コタツの下でウッディタフスティックを齧って遊んでいるツムギさん。 エアコンの風

記事を読む

寝る仔は育つ 膝の上で寝る犬

子犬はよく寝ますね~。 起きる→トイレ→遊ぶ→寝る そこに1日に3回のごはんと、2~3回

記事を読む

子犬の後追いはいつまで続く?

ウェルシーは後追いをする仔で、文字通りどこにでもついて来る仔でした。 子犬なので、ちょこまかついて

記事を読む

犬が膝の上に乗ってくるのはいいの?いけないの?

私はパピーウォーカーをやるまで犬を飼ったことがなかったので、犬が人の膝の上に乗りたがって甘えたりする

記事を読む

ストライキ!散歩から家に帰りたくない犬

生後11か月を過ぎた頃から赤ちゃん返り現象が起きたイズモですが、この頃はストライキも度々していました

記事を読む

パピーウォーカー涙のお別れ|委託終了式

1月31日 1歳と9日目のこの日、私達にとっては卒業式、ツムギにとっては入学式の日を迎えました。

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑