お散歩と自由散策

公開日: : 第二話 ツムギ, 散歩

1年で一番寒い頃に、北の国で生まれたツムギ。

初めての夏を迎えました。

お散歩デビューをして2か月半、お散歩はすっかり楽しくなったようです。

リードを見ると逃げたり、リードを着けても玄関に行くのを拒否していたのが嘘のようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段のお散歩の様子です。

人のちょっと後ろを歩くことが多いです。

人の歩調が速くなってくると、トットットっとついて来ます。

つむたん、行くよ~。

と言われて、大急ぎでついてくることもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

待って待って、パパ早いよお。

興味のあるものの方に行ってしまったりすることもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何を見つけたのでしょうね?

こういうところは、やっぱりまだまだ子供なのね。

そして、最近のツムギは、さりげなくグレーチングをまたいで避けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あらよっと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こっちも、ひょいっと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然な感じでひょいとまたぐんですよね。

それだけ歩幅も大きくなったのでしょうね。

夏の日差しで金網は熱くなっているので、ヤケドしないように上手にまたいでね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして私が好きなのが、広い場所での自由散策です。

危なくない広い場所でロングリードに付け替えます。

社会のルール上、ノーリードというわけにはいかないので、完全にで自由ではありませんけどね。

つむたん、好きなように歩いていいよ。

ボール投げや追いかけっこはしないで、ただのんびり歩くだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

くんくんもしていいよ。

DSCF9891

真剣に草むしり中(笑)

ちぎってはペッ!

ちぎってはペッ!

楽しいのかなあ?

DSCF9892

つむたん

なあに?

一緒に歩いてみよっか。

DSCF9888

こうやってただ歩くだけ。

犬がはしゃいでもつられず、人はおばあちゃんが歩くようなイメージでのんびり歩くこと。

長めのリードを使い、犬の自由度を高くすること。

普段のお散歩は、どうしても自動車や人などに気をつけなくてはいけないので、人も犬も知らず知らずに緊張した状態になってのお散歩になっていると思います。

特にロングリードにして自由度を上げたときに走り出す仔は、普段のお散歩の緊張度または興奮度が高いと思います。

リラックスして歩く時間を作ると人の心が穏やかになるので、犬にも良い影響を及ぼすのではないかなと思っています。

ただね。

こういう広い場所が近くに無いんですよね・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
いたずらパピー
NEXT
ツムギ生後6か月齢の備忘録

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    確かに、散歩中に自由時間があると、ワンコも、

    「お散歩楽しい♪」「お散歩、
    行きた~い!」

    って気持ちになってくれると思いますし、仰るようにワンコにとってプラスなことはあると私も思います。

    自宅のすぐ近くに海岸、砂浜があってそこがワンコ達の社交の場であり、ドッグランの場でもあった為、サナにとっては良かったのかな、と思います。

    でも逆に、サナは少しワガママっちになっちゃったかな、とも思います。

    入所する前、私がお散歩連れて行った時は、結構、

    「サナはこっちに行くんだもん!」

    って、言うこと聞かないことが多々、ありました…(汗)

    バランス上手くとってコミュニケーション取れるとベストですよね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      うちの場合、近くに安全で広い場所がありません。
      住宅地の公園は「犬を入れないでください」の立札が・・・。

      近くに海岸があり、自由にできるところがあって羨ましいです。
      サナちゃん、ちょっとだけワガママになったのですね。
      お父さんに甘えていたのでしょうね。

      うちはイズモが「まだ帰りたくないもん」と家の前でストライキ。
      動かなくなることが多々ありました。
      イズモの気持ちを尊重して、もう少しだけ歩いて家に帰ると
      すんなり入ってくれたりしました。
      多分甘えで、サナちゃんも自分の主張を通してみたいお年頃
      だったのではないでしょうかね?

  2. ロとラママ より:

    ひんやりベストがぴったりになってきましたね~

    もうすっかりお散歩も好きになって、のんびり歩いているところがツムたんらしい(*^_^*)

    広いところでロングリード。ゆったりしていてとてもいいなあ。
    たくさん鼻を使って…大事なことですよね。

    こっちが犬に集中しすぎず、の~んびりリラックスして、ゆっくり歩く。
    それだけで、犬の散歩も変わりますね。
    リードもゆるゆる…→ホント大切ですね。

    うちの方は、この季節、安全な(ダニーがいない)広い場所がなくて、
    自由遊びはもっぱら裏の川で泳ぐ!です。
    ここのところは、犬も人間も「あぢ~~」ですから、
    日に何度となく川に入りました。
    雨がたくさん降った後で、水量も多くてきれいでありがたい。

    でも、広~い野原で走り回って遊びたいです。

    圏央道でいろんなところも近くなったし、早朝に出て海で遊んで
    さあ~っと帰ってくる、というのもありかな、とも思いました(*^_^*)

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      ひんやりベストがつんつるになってきました。

      ツムギも楽しそうにお散歩に行ってくれるようになって
      本当に良かったです^^

      広い場所でボール遊びや走り回るのも楽しいですが
      これはこれで、リラックスできる良さがあって好きです。

      川にすぐに行けて、泳げていいですね。
      ロッキー&ランボー君は泳ぎは得意なんですね。
      ツムギをまだ川に連れて行っていないので
      水遊びをしたり、河原探検などをさせてあげたいです。

関連記事

T13胎2回目のパピーレクチャー

5月23日に2回目のレクチャーがありました。 車が苦手なツムギは、前回のレクチャーの往復は抱っ

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

ツムギ生後3か月齢の備忘録

5月になりましたね。 ここにきて急に夏のような気温になりました。 見事に全身真っ黒のツムギさん、

記事を読む

犬が身体を掻くしぐさ

犬は時々自分の身体をカキカキって掻きますね。 後ろ足で掻くことが多いと思いますが、みなさんのわ

記事を読む

子犬の社会化 国営武蔵丘陵森林公園

秋晴れの10月最初の日曜日、国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県)に行ってみました。 とりあえず、広い

記事を読む

子犬と散歩 におい嗅ぎばかりで歩かないよ

ゴールデンウィークにお散歩デビューしたツムギ。 慎重な性格からか、地面のにおいをクンクン嗅いでいま

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!治療中の経過報告

ツムギは12月9日から咳込んでしまい、その日に病院に行きました。 関連記事→犬のこんな咳はケンネル

記事を読む

初雪

1月18日、つむたん地方に初雪が降りました。 つむたん地方は冬は空風が強く、すご~く寒いのです

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

子犬の社会化 芝生を体験

家から歩いて30分くらいのところにある市営の公園に行ってみました。 ここは芝生の上もわんこOK

記事を読む

散歩する犬
犬が怖いのでお散歩で他犬に会うと吠えちゃうんです

犬が大好き過ぎて、犬を見つけると突進してしまうフレンチブルドッグちゃん

キバナコスモスと犬
犬が大好き過ぎてお散歩で他犬に突進しちゃうんです

9月も半ばを過ぎ、朝夕は大分涼しくなってきて、お散歩に行きやすくなって

沈丁花店内
わんこOK!川越クレアモールの「チンチョウゲ」でランチにしました

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の川越で川越七福神めぐりを楽しんだよ。 関

布袋尊
秋晴れの犬連れ川越七福神めぐり

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の川越に連れて行ってもらったよ。 今回は七

ユオン&ココア子
利己的だっていい!私がボランティアを続ける理由

私たちは盲導犬育成にかかわるボランティアに参加していますが、人はなぜボ

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑