犬がアイコンタクトをしない|お散歩でのアイコンタクトの教え方

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

昨日、ウェルシーが初めて人を見上げるようなアイコンタクトをしてくれたことを記事にしました。

見上げてくれるのは初めてで、とても嬉しくなりました。

アイコンタクト見上げる子犬

と書いたところ

関連記事→お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

うちは、お散歩中にアイコンタクトなんてしてくれません。

どうやって教えるのですか?

というお問い合わせを、何人かの方からいただきました。

なので、アイコンタクトについて考えてみました。

名前は大切に

犬を注目させたいときに名前を呼ぶと思いますが、名前への反応はいかがでしょうか?

訓練士さんからは名前で叱らないようにご指導をいただいています。

ウェルシー!NO!

ウェルシー!イケナイ!

など、名前で叱ってしまうと、犬は名前を呼ばれたら嫌なことが起こると関連付けてしまい、呼ばれても目を合わせてくれなくなってしまいます。

名前を呼んだからには、楽しいことが起こらないと!

なので、無駄に名前を呼ぶのもやめておきましょう(笑)

犬にとっての名前は「注目!」という意味合いがあります。

人に注目すると良いことが起こる。

ここがポイントになります。

お散歩の状態を確認する

おうちの中ではアイコンタクトをしてくれても、散歩ではなかなかできないこともありますね。

外の世界は犬を夢中にさせるものが多いですからね。

子犬の場合は、外の世界は不安もありワクワクもありですしね。

なので、お散歩中の犬の状況を確認します。

1.人と一緒に歩くことに慣れる

リードに繋がれて飼い主さんと一緒に歩くことに慣れるのを優先しましょう。

お散歩デビューしたばかりの子犬は、タカタカ走ったり急に立ち止まったり、好きな方に行ったりしますが、少しずつ人と一緒に歩いていることに慣れていきます。

座る子犬

2.落ち着いて歩けるようになるのを待つ

次にお散歩のときに、落ち着いて歩けているかどうか気にかけてみましょう。

心がソワソワしている状態だと、気持ちに余裕がなかったり、自分が興味のあることしか頭になかったりします。

そんな状態だと人を意識できませんし、名前を呼んでも聞こえてくれないので、落ち着いてゆったり歩くことを優先しましょう。

アイコンタクトの教え方

犬がお散歩を楽しめているようであれば、いよいよアイコンタクトを練習してみます。

お散歩中に名前を呼んだり、太ももを叩いたりして犬の注意を人に向けます。

犬が人を見てくれたら「Good♪」

目が合わなくても、人を気にかけられたら褒めてあげることが大切です。

そして

落ち着いて楽しいお散歩ができるようになると、犬は何も言わなくても多少なりとも人を意識するようになります。

たいていの仔は、人が気付かない程度の傾きと速度で人を横目でチラッと見ます。

こんな感じ?

アイコンタクト、チラ見する子犬

この「チラッ」を見逃さず褒めてあげるのがコツです。

顔や肩などを触ってあげて「Good♪」

でも、そのためには

  • 「Good」は褒められていること。
  • 撫でられるのはいいこと。

ということを犬が理解していなければいけませんね。

うちにはGood♪と撫でられると、ぴゅ~ん!と走っちゃう仔もいました。

その仔には、撫でるのはやめておきました(笑)

まとめのようなもの

アイコンタクトは

  • 犬の気を引いて気を向けてくれたら褒める。
  • 犬が自発的に少しでも人を見たら褒める。

ということを根気よく繰り返していけば、できるようになっていきます。

しかしそのためには

  • Goodなどの褒め言葉や撫でられることを、犬が「楽しい♪」「褒められている♪」と感じている。
  • 名前を呼ばれるのは楽しいこと。
  • お散歩は落ち着いて歩けること。(散歩の時間全部を落ち着いて歩けなくても、落ち着いている時間帯にアイコンタクトを練習できるといいと思います)

このように、日々の接し方も大切ですね。

おまけ

以前シオンの散歩の様子を動画に撮って、訓練士さんに見ていただいたことがありました。

そして、褒めるタイミングなどもご指導いただきました。

そのときの動画がこちらに貼ってあります。

関連記事→お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

犬が

人と一緒に歩くって楽しいね!

と思ってくれると、本当によく目を合わせてくれて

ママ、楽しいね。

猫がいたね。

大きな音がしてびっくりしたね。

でも大丈夫だね。

みたいな感じで、目で話しかけてくれるようになります。

犬と暮らしたことが無かった私は

犬ってこんなにおしゃべりなんだ!

って、本当にびっくりしました。

こうなってくると、目と目が合ってニコッ。

犬との散歩は本当に楽しいです。

しかし、犬からのアイコンタクトに気付かなかったり無視してしまうばかりだと、次第に犬は自分勝手に歩くようになってしまいます。

アイコンタクトは犬と人との絆を強めていく「言葉」なのかもしれませんね。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク
PREV
お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね
NEXT
犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    褒めるタイミングって、めっちゃ難しいですよね…

    預かってすぐぐらいに遡ってサナの事、もっと褒めてあげられてたならなぁ…

    と、つい思ってしまいました。
    いつかまた預かる事があったらいっぱい褒めてあげたいです♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      褒めるのも叱るのも本当にタイミングが難しいですね。
      タイミング良く褒めたり叱ったりできるようになれば、訓練士になれるんじゃないかと・・・。
      ほんと、たくさん褒めてあげられるように、いいところをたくさん見ていきたいです。

関連記事

盲導犬パピー ショッピングモールを闊歩する?

ある日の休日、ウェルシーと一緒にショッピングモールに出かけました。 ここは、屋根付きの通路と店

記事を読む

散歩デビュー前の抱っこでお花見

4月2日にシオンを連れて、近くの公園にお花見に行きました。 10年くらい前は人出も少なく、穴場のお

記事を読む

座る犬

犬は可愛いけどお散歩は面倒?犬との散歩を楽しむ工夫

今年はお彼岸を過ぎても残暑が続いているのですが、10月に入り日差しは強くても湿度が少なくなってきまし

記事を読む

犬のわがままに適度に付き合う雨の日のお話

昨日のお話です。 朝のお散歩はパパと行かれましたが、お昼ごろから雨になりました。 お散歩に行けない

記事を読む

歩道橋の前に座る犬

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散歩に行っています。 この

記事を読む

お散歩は探検気分 台風一過

台風が去った翌日、さわやかな秋晴れになるかと思いきや、真夏の暑さが戻ってきました。 今回の台風は、

記事を読む

警戒心が強い犬の警戒を解く方法

ウェルシーの場合は、もともと警戒心がテリトリー意識とセットである仔なのだと思います。 警戒心が強めな

記事を読む

吠えをなんとかしたいその1 興奮吠え

ウェルシーには小さい頃から「吠える」という傾向があります。 最近のウェルシーが吠えるのは主に「興奮

記事を読む

マットの上に伏せる子犬

生後8か月のウェルシーへ

ウェルシーは、12月14日で生後8か月になりました。 体重は って、後ろ足が片方落ちてるじゃん!

記事を読む

生後9か月のウェルシーへ

ウェルシーは1月14日で生後9か月になりました。 体重は 前足が掛かってしまい見

記事を読む

下りの段差
盲導犬PR犬が盲導犬について少しお話しするよ

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ あた

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

展望台から見る龍岡城五稜郭
犬連れ龍岡城五稜郭|展望台から美しい星を見よう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 長野

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑