犬がアイコンタクトをしない お散歩でのアイコンタクトの教え方

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

昨日、ウェルシーが初めて人を見上げるようなアイコンタクトをしてくれたことを記事にしました。

見上げてくれるのは初めてで、とても嬉しくなりました。

と書いたところ

関連記事→お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

うちは、お散歩中にアイコンタクトなんてしてくれません。

どうやって教えるのですか?

というお問い合わせを、何人かの方からいただきました。

なので、アイコンタクトについて考えてみました。

目と目が合うと嬉しいと伝えよう

ウェルシーは、ごはんや遊んでもらえるなど、自分にとって「お得」なときは何も言わなくても自発的にアイコンタクトを取ってきます。

それはそれで嬉しいですが、こちらが「注目して欲しい」と思うときにもアイコンタクトを取って欲しいですよね。

名前は大切に

犬を注目させたいときに名前を呼ぶと思いますが、名前への反応はいかがでしょうか?

訓練士さんからは名前で叱らないようにご指導をいただいています。

ウェルシー!NO!

ウェルシー!イケナイ!

など、名前で叱ってしまうと、犬は名前を呼ばれたら嫌なことが起こると関連付けてしまい、呼ばれても目を合わせてくれなくなってしまいます。

名前を呼んだからには、楽しいことが起こらないと!

なので、無駄に名前を呼ぶのもやめておきましょう(笑)

犬にとっての名前は「注目!」という意味合いがあります。

人に注目すると良いことが起こる。

ここがポイントになります。

散歩でのアイコンタクト

おうちの中ではアイコンタクトをしてくれても、散歩ではなかなかできないこともありますね。

外の世界は犬を夢中にさせるものが多いですからね。

子犬の場合は、外の世界は不安もありワクワクもありですしね。

人と一緒に歩くことに慣れる

なので、リードに繋がれて飼い主さんと一緒に歩くことに慣れるのを優先しましょう。

うちでお預かりした仔の中には、散歩デビュー当初からよく人の顔を見上げてくれる仔がいました。

この仔は生まれつき、人を意識して歩くことを「楽しいこと」と理解しているのだろうか?

いいことだ~!!

と思いましたが、実は外が怖くて不安なので見上げて来るだけでした。

そんなこともあります(苦笑)

あたちじゃないけどね~。

落ち着いて歩けるようになるのを待つ

次にお散歩のときに、落ち着いて歩けているかどうか気にかけてみましょう。

心がソワソワしている状態だと、気持ちに余裕がなかったり、自分が興味のあることしか頭になかったりします。

そんな状態だと人を意識できませんし、名前を呼んでも聞こえてくれないので、まず落ち着いてゆったり歩くことを優先しましょう。

アイコンタクトの教え方

犬がお散歩を楽しめているようであれば、いよいよアイコンタクトを練習してみます。

お散歩中に名前を呼んだり、太ももを叩いたりして犬の注意を人に向けます。

犬が人を見てくれたら「Good♪」

目が合わなくても、人を気にかけられたら褒めてあげることが大切だそうです。

そして

落ち着いて楽しいお散歩ができるようになると、犬は何も言わなくても多少なりとも人を意識するようになります。

たいていの仔は、人が気付かない程度の傾きと速度で人を横目でチラッと見ます。

こんな感じ?

この「チラッ」を見逃さず褒めてあげるのがコツだそうです。

顔や肩などを触ってあげて「Good♪」

でも、そのためには

  • 「Good」は褒められていること。
  • 撫でられるのはいいこと。

ということを犬が理解していなければいけませんね。

うちにはGood♪と撫でられると、ぴゅ~ん!と走っちゃう仔もいました。

その仔には、撫でるのはやめておきました(笑)

まとめのようなもの

アイコンタクトは

  • 犬の気を引いて気を向けてくれたら褒める。
  • 犬が自発的に少しでも人を見たら褒める。

ということを根気よく繰り返していけば、できるようになっていきます。

しかしそのためには

  • Goodなどの褒め言葉や撫でられることを、犬が「楽しい♪」「褒められている♪」と感じている。
  • 名前を呼ばれるのは楽しいこと。
  • お散歩は落ち着いて歩けること。(散歩の時間全部を落ち着いて歩けなくても、落ち着いている時間帯にアイコンタクトを練習できるといいと思います)

このように、日々の接し方も大切ですね。

おまけ

以前シオンの散歩の様子を動画に撮って、訓練士さんに見ていただいたことがありました。

そして、褒めるタイミングなどもご指導いただきました。

そのときの動画がこちらに貼ってあります。

関連記事→お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

犬が

人と一緒に歩くって楽しいね!

と思ってくれると、本当によく目を合わせてくれて

ママ、楽しいね。

猫がいたね。

大きな音がしてびっくりしたね。

でも大丈夫だね。

みたいな感じで、目で話しかけてくれるようになります。

犬と暮らしたことが無かった私は

犬ってこんなにおしゃべりなんだ!

って、本当にびっくりしました。

こうなってくると、目と目が合ってニコッ。

犬との散歩は本当に楽しいです。

しかし、犬からのアイコンタクトに気付かなかったり無視してしまうばかりだと、次第に犬は自分勝手に歩くようになってしまいます。

アイコンタクトは犬と人との絆を強めていく「言葉」なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね
NEXT
犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    褒めるタイミングって、めっちゃ難しいですよね…

    預かってすぐぐらいに遡ってサナの事、もっと褒めてあげられてたならなぁ…

    と、つい思ってしまいました。
    いつかまた預かる事があったらいっぱい褒めてあげたいです♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      褒めるのも叱るのも本当にタイミングが難しいですね。
      タイミング良く褒めたり叱ったりできるようになれば、訓練士になれるんじゃないかと・・・。
      ほんと、たくさん褒めてあげられるように、いいところをたくさん見ていきたいです。

関連記事

生後2か月のウェルシーへ

ウェルシーは6月14日で生後2か月齢になりました。 体重は4.8㎏ そんなに嫌そうな顔を

記事を読む

甘えん坊な犬

ねえねえ、ママちゃん、抱っこ。 窓辺でくつろいでいたウェルシーが、私の膝に顎をのせて抱っこのお

記事を読む

散歩する犬

雨上がりの犬の散歩で気をつけたいこと

久し振りに一日中雨になりました。 ウェルシーは、小雨くらいなら気にせずお散歩に行きますが、しとしと降

記事を読む

犬の下痢は兆候があったらふやかしフードを与えて様子を見よう

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

生後11か月のウェルシーへ

3月14日でウェルシーは生後11か月になりました。 体重は 21.8㎏

記事を読む

これって警戒吠え?

吠えネタが続きます。 ウェルシーをケージに入れて留守番させて、原付で出かけて約1時間で帰宅しま

記事を読む

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

ママ~。 早くお散歩に行こうよ~。 (いつもリードを咥えてくるわけではありません)

記事を読む

犬連れ越生梅林 春は近いかな?

越生梅林(埼玉県)は関東では有名な梅のお花見スポットです。 水戸偕楽園、熱海梅園と共に関東三大

記事を読む

犬も人も癒される!抱っこの数だけ絆が強くなるらしい?

わんこも寒くなってくると人の温もりが欲しくなるのでしょうか? 犬には癒し効果があると言われますが、

記事を読む

犬が疲れた心を癒してくれる理由

夜寝るまでのくつろぎタイム。 人ものんびりしたり、お茶を飲んだりしてくつろぎます。 パパ

記事を読む

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑