犬がアイコンタクトをしない|お散歩でのアイコンタクトの教え方

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

昨日、ウェルシーが初めて人を見上げるようなアイコンタクトをしてくれたことを記事にしました。

見上げてくれるのは初めてで、とても嬉しくなりました。

と書いたところ

関連記事→お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

うちは、お散歩中にアイコンタクトなんてしてくれません。

どうやって教えるのですか?

というお問い合わせを、何人かの方からいただきました。

なので、アイコンタクトについて考えてみました。

名前は大切に

犬を注目させたいときに名前を呼ぶと思いますが、名前への反応はいかがでしょうか?

訓練士さんからは名前で叱らないようにご指導をいただいています。

ウェルシー!NO!

ウェルシー!イケナイ!

など、名前で叱ってしまうと、犬は名前を呼ばれたら嫌なことが起こると関連付けてしまい、呼ばれても目を合わせてくれなくなってしまいます。

名前を呼んだからには、楽しいことが起こらないと!

なので、無駄に名前を呼ぶのもやめておきましょう(笑)

犬にとっての名前は「注目!」という意味合いがあります。

人に注目すると良いことが起こる。

ここがポイントになります。

お散歩の状態を確認する

おうちの中ではアイコンタクトをしてくれても、散歩ではなかなかできないこともありますね。

外の世界は犬を夢中にさせるものが多いですからね。

子犬の場合は、外の世界は不安もありワクワクもありですしね。

なので、お散歩中の犬の状況を確認します。

人と一緒に歩くことに慣れる

リードに繋がれて飼い主さんと一緒に歩くことに慣れるのを優先しましょう。

お散歩デビューしたばかりの子犬は、タカタカ走ったり急に立ち止まったり、好きな方に行ったりしますが、少しずつ人と一緒に歩いていることに慣れていきます。

落ち着いて歩けるようになるのを待つ

次にお散歩のときに、落ち着いて歩けているかどうか気にかけてみましょう。

心がソワソワしている状態だと、気持ちに余裕がなかったり、自分が興味のあることしか頭になかったりします。

そんな状態だと人を意識できませんし、名前を呼んでも聞こえてくれないので、落ち着いてゆったり歩くことを優先しましょう。

アイコンタクトの教え方

犬がお散歩を楽しめているようであれば、いよいよアイコンタクトを練習してみます。

お散歩中に名前を呼んだり、太ももを叩いたりして犬の注意を人に向けます。

犬が人を見てくれたら「Good♪」

目が合わなくても、人を気にかけられたら褒めてあげることが大切です。

そして

落ち着いて楽しいお散歩ができるようになると、犬は何も言わなくても多少なりとも人を意識するようになります。

たいていの仔は、人が気付かない程度の傾きと速度で人を横目でチラッと見ます。

こんな感じ?

この「チラッ」を見逃さず褒めてあげるのがコツです。

顔や肩などを触ってあげて「Good♪」

でも、そのためには

  • 「Good」は褒められていること。
  • 撫でられるのはいいこと。

ということを犬が理解していなければいけませんね。

うちにはGood♪と撫でられると、ぴゅ~ん!と走っちゃう仔もいました。

その仔には、撫でるのはやめておきました(笑)

まとめのようなもの

アイコンタクトは

  • 犬の気を引いて気を向けてくれたら褒める。
  • 犬が自発的に少しでも人を見たら褒める。

ということを根気よく繰り返していけば、できるようになっていきます。

しかしそのためには

  • Goodなどの褒め言葉や撫でられることを、犬が「楽しい♪」「褒められている♪」と感じている。
  • 名前を呼ばれるのは楽しいこと。
  • お散歩は落ち着いて歩けること。(散歩の時間全部を落ち着いて歩けなくても、落ち着いている時間帯にアイコンタクトを練習できるといいと思います)

このように、日々の接し方も大切ですね。

おまけ

以前シオンの散歩の様子を動画に撮って、訓練士さんに見ていただいたことがありました。

そして、褒めるタイミングなどもご指導いただきました。

そのときの動画がこちらに貼ってあります。

関連記事→お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

犬が

人と一緒に歩くって楽しいね!

と思ってくれると、本当によく目を合わせてくれて

ママ、楽しいね。

猫がいたね。

大きな音がしてびっくりしたね。

でも大丈夫だね。

みたいな感じで、目で話しかけてくれるようになります。

犬と暮らしたことが無かった私は

犬ってこんなにおしゃべりなんだ!

って、本当にびっくりしました。

こうなってくると、目と目が合ってニコッ。

犬との散歩は本当に楽しいです。

しかし、犬からのアイコンタクトに気付かなかったり無視してしまうばかりだと、次第に犬は自分勝手に歩くようになってしまいます。

アイコンタクトは犬と人との絆を強めていく「言葉」なのかもしれませんね。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね
NEXT
犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    褒めるタイミングって、めっちゃ難しいですよね…

    預かってすぐぐらいに遡ってサナの事、もっと褒めてあげられてたならなぁ…

    と、つい思ってしまいました。
    いつかまた預かる事があったらいっぱい褒めてあげたいです♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      褒めるのも叱るのも本当にタイミングが難しいですね。
      タイミング良く褒めたり叱ったりできるようになれば、訓練士になれるんじゃないかと・・・。
      ほんと、たくさん褒めてあげられるように、いいところをたくさん見ていきたいです。

関連記事

聴導犬に向いているかも?

ある日、自分のマットでくつろいでいたウェルシーが突然立ち上がり、部屋の扉の前に立ちました。 閉

記事を読む

犬が疲れた心を癒してくれる理由

夜寝るまでのくつろぎタイム。 人ものんびりしたり、お茶を飲んだりしてくつろぎます。 パパ

記事を読む

W-15胎 4回目のパピーレクチャー

9月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 今回は、3家族でのレクチャーでした。 それ

記事を読む

芝生を歩く犬

犬が芝生や草を食べるのはなぜ?犬が草を食べるのは問題ないの?

お散歩中に草をパクってやる仔はいませんか? お腹が空いていなくても何でも拾い、口に入れたがるのがラ

記事を読む

テンションが高めの子犬を落ち着かせるには|3回目の家庭訪問

3回目の家庭訪問がありました。 ウェルシーは嬉しくても興奮し、不安や怖いときもパニックという形の興

記事を読む

ボール遊びをする子犬

公園でボール遊びと自由散策

ウェルシーと一緒に大きな公園に行ってみました。 残暑の厳しい日でしたが、木が多く日陰があり、芝

記事を読む

パピーウォーカーの原点に改めて気づいた日

11月5日のBSジャパンで、盲動犬ユーザーとエナ号を取材した番組 「運命の日ニッポンの挑戦者た

記事を読む

生後9か月のウェルシーへ

ウェルシーは1月14日で生後9か月になりました。 体重は 前足が掛かってしまい見

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 お散歩も落ち着いてきたよ

生後5か月を過ぎてもパパにだけカミカミしていたシオンですが、ようやく噛まなくなりました。 悩み

記事を読む

隙間に入る子犬

委託6日目のお部屋探検

委託された日と翌日のウェルシーは、ケージが置いてある部屋から一歩も出られませんでした。 廊下の

記事を読む

ボールを持って走る犬
【動画】犬の「持ってこい」の教え方は?犬と楽しく遊ぼう

持って来い遊びは、飼主さんがボールなどを投げて持ってきてもらう遊びで

伏せる犬
大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接

ボール遊びをする犬
ラブラドールレトリバー3歳9か月|もう若いって言えないわ!

2021年を迎えました。 明けましておめでとうございます。 ウェルシ

ホームセンターのカートに乗る犬
犬の飼い主はなぜホームセンターに犬を連れて行きたがるの?

タイトルは、私の友人の疑問です。 これは、非難しているわけではなく

薬師神社前
盲導犬パピーママ犬に会う!母子はお互いを覚えているのかな?

ウェルシーとワトソン君の子犬たち(D-18胎)は2020年12月15

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑