犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。

パピーたちの肉球がカサカサになるので、今までの仔は1日に1~2回肉球クリームを塗っていました。

カサカサになるくらいなら良いのですが、ひどい場合はひび割れたりもしますよね。

ひび割れの治療はワセリンでいいの?

肉球のお手入れに、もちろんお好みのクリームで良いのですが、ワセリンやワセリンの入ったクリームを使っている人も多いと思います。

ワセリンの良いところは

融点が38℃

人肌でよく伸びます。

安い

よく伸びるので、たっぷり使えます。

入手しやすい

ほとんどの薬局で売っています。

安全・無干渉

生体に反応を起こさせず、他の薬の邪魔もせず、純粋に保湿・保護のために使えます。

カサカサになってしまった肉球の保湿と保護には、ワセリンは良いと思います。

ワセリンは生成してあるものほど白く、体に安全になるので白色ワセリンがお勧めです。

チューブタイプのものもあります。

しかし、カサカサにならないのであればそれに越したことはありません。

カサカサを予防する方法は無いのでしょうか?

そもそもカサカサの原因は何でしょう?

肉球の拭きすぎ

お散歩の後は、足の裏をウェットティッシュなどできれいに拭くというのは、多くの人がやっていますよね?

中には洗うという人もいます。

しかし、常に湿った状態になっていると雑菌も繁殖しやすいですし、濡れ拭きすることで肉球を保護している皮脂も落としてしまい、本来持っているはずの免疫機能も衰えていきます。

その結果、どんどん肉球が乾燥することになり、歳を重ねるごとに肉球の弱い犬になってしまいます。

加齢

犬も加齢とともに全身の水分量が減ります。

肉球も水分が減り、カサカサしたりひび割れたりしやすくなります。

加齢は避けられないことなので、ひび割れがある場合はケアが必要になります。

アスファルト

肉球はアスファルトを歩くのには適していません。

特に夏のアスファルトは熱くなり、肉球へのダメージが大きいです。

また引っ張る犬は肉球をこすってしまい、さらにダメージが大きくなります。

歩くときに体重を支えるのは足の裏ですから、太りすぎも肉球への負担は大きくなります。

アトピーなどの皮膚炎

アトピー性皮膚炎の犬の肉球は、皮膚が炎症を繰り返した結果、苔癬化(たいせんか)と言って、ゴワゴワになり分厚くなった状態になります。

悪化すると細菌感染が起こり腫れてしまうこともあります。

その他の皮膚炎でもひび割れにプラスして、赤味、腫れ、痒みなどが出ます。

これらの症状がある場合は、病院に行きましょう。

まとめのようなもの

肉球が、加齢、乾燥などですでにカサカサやひび割れた状態になっている場合は、ワセリンなどでケアしてあげる必要があります。

しかし、犬の肉球はウェットティッシュなどで拭いてはいけません。

肉球は濡れた状態にしてはいけません。

だって、それじゃあ汚いでしょ?

そうなんですけど・・・・。

それって人間の都合ですよね?

犬がいれば毛も抜けますし、そもそもお散歩に行けば足だけではなく身体だって汚れます。

ブルブルっと身体を振るったら、埃がふわ~んと舞ったりしていますからね。

それが嫌なら、家の中で犬なんか飼うな!!

って話ですよね。

肉球を濡らしては乾燥し、ひび割れてはケアし、また濡らして乾燥して・・・。

犬にしてみれば迷惑なことだったのですね。

そもそも動物には自己修復機能があり、健康な犬の肉球は自然に潤うようにできています。

それを人の都合で奪ってはいけないし、ある程度の硬さがあることで肉球を守っている訳ですから、人の好みで必要以上のぷるぷるぷにぷにの肉球を犬に求めてもいけないですよね。

ウェルシーはまだパピーなので、肉球にざらつきはありますが、カサカサにはなっていません。

今まではお散歩の後はよく絞ったタオルで拭いていましたが、これからは乾いたタオルで拭くことにします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由
NEXT
犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ツムギ母 より:

    参考になりました。
    我が家にツムギが来た時も真夏でしたので『少々ガサガサでもこんなもんか…プニュプニュの肉球触ってみたいな〜』なんて思っていました。
    が、今年の夏はガッサガサでなんで???と思っていたんです。去年はここまでじゃなかったぞ?
    夕方の散歩から夜の散歩に切り替えたから『大丈夫!』と思っていても、アスファルトは人間が思っている以上に肉球にダメージを与えるんですね。辛い夏が終わった頃から『成犬なら、こんな肉球じゃない?』に戻りました。
    ツムギ地方は冬の乾燥には無縁ですが、次ガサガサになったらワセリンを使ってケアします(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      犬にとっては土の上を歩くのが好ましいのでしょうが、毎日のお散歩はなかなかそうもいきませんね。

      こちらは夏のアスファルトの熱に加え、冬は空気がとても乾くので、乾燥も悩みです。
      まずはカサカサにならないように気を付けていこうと思います。

  2. やまと姉 より:

    勉強になりました。
    成犬だから硬いのかなと思っていましたが、早速ケアしてみます。

    • gd.vol より:

      やまと姉さん
      多分、成犬だから硬いのだと思います。
      しっかり歩くためには硬さは必要だと思うので、ひび割れたりしていなければケアはしなくて大丈夫です。

      肉球を拭きすぎないようにとか、熱くなったアスファルトは避けるようにするなど、予防に重点を置いてあげれば、硬いだけなら大丈夫ですよ♪

関連記事

要求吠えは諦めるまで待つ?

ウェルシーはもうすぐ生後3か月。 現在の課題は 人や家具へのカミカミ 要求吠え

記事を読む

生後51日目の子犬がやってきた

わが家の4頭目のパピー、ウェルシー。 生後51日でやってきました。 生後54日でやってき

記事を読む

わがままな犬だと思うときもあるけれど

朝から冷たい雨が降り、ウェルシーは朝の散歩に行けませんでした。 そんな日はまったり過ごすことが

記事を読む

子犬の歯の生え変わり

5月18日の夜、パパとおもちゃで遊んでいたシオンの口から何かがポロリ。 拾ってみると可愛い歯で

記事を読む

シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

ウェルシーを洗濯・・・じゃなくてシャンプーしました。 シャンプーの頻度は、概ね月に一度にしてい

記事を読む

就寝前のひととき

わが家で約10か月間、家族の一員として生活を共にする盲導犬候補パピーたち。 性格はそれぞれなの

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあります。 今、苦戦している

記事を読む

ハウストレーニング

協会からは、犬から目を離すときやお留守番のときは、パピーをケージやクレートに入れるようにお願いされて

記事を読む

生後5か月 反抗期に入ってきたかな?

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。 わんこにも人間の子供と同じように、

記事を読む

体表腫瘤 愛犬の身体 どこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

盲導犬パピー ショッピングモールを闊歩する?

ある日の休日、ウェルシーと一緒にショッピングモールに出かけました。

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所です

生後10か月のウェルシーへ

2月14日でウェルシーは生後10か月になりました。 体重は

2/13BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

ウェルシーだよ。 そうだ! ポチたま忘れてた! 本日

補助犬用トイレとワンツーベルト 

ウェルシーだよ~。 ママがね お散歩に行くからワンツーして

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
PAGE TOP ↑